ポレポレ坐 お知らせ

2018.11.10、11 共働学舎の収穫祭2018

共働学舎とその仲間たちの収穫祭2018

ポレポレ坐カフェメニューでもおなじみの、共働学舎とその仲間たちの農産物がやってきてポレポレ坐が市場になる2日間。
年に一度の収穫祭、お出かけ下さい!

共働学舎とは、社会で弱い立場にある人たちと共に、自労自活・自主自立を基本
として農業、酪農、工芸など、生産的勤労生活をしているグループで す。
長野・東京・北海道に拠点があります。


▼収穫祭販売
日時:2018年11月10日(土) 10:00~17:00→終了後「アラヤシキの住人たち」上映あり
                          11日(日) 10:00~17:00→終了後イベントあり

▼販売品 
○共働学舎より 
野菜、米、豆、味噌、パン、チーズ、ソーセージ、クッキー、工芸品 他

○仲間たちより
野菜、りんご、わさび、オーガニックコーヒー、ケーキ、びわ茶 他

▼イベントその1)共働学舎の紹介・報告会
日時:11月11日(日)17:00〜
会場:ポレポレ東中野
参加費:1,000円
(当日先着順入場 / 16:45〜)

「共働学舎の収穫祭」では、毎年共働学舎をより深く知っていただくためのトークイベントを開催しています。
今年は、共働学舎の子育てへの可能性、子どもにとって、人にとって、幸せに生きていくには何が大切かを探ります。


○第一部:共働学舎の活動、暮らし紹介
北海道、長野、東京の各学舎での生活の様子を写真を交えてご紹介します。
そして、学舎の中で子どもを育てるとは、どんな悩み、喜びがあるのだろう。
各地紹介の後は、幼児期の子どもを抱えている家族にスポットをあててご紹介します。
収穫祭にあわせて上京したメンバーたちも会場に集まります。

○第二部:子どもが育つ、人が育つ
共働学舎では様々な人が暮らしていますが、関係が密になる共同生活では「人と人がどう交わるか」がいつも課題です。
生活を共にしているからこそ起こる日々の様々な課題を消化しつつ、自然の中で協力しながら生活を作り上げていく過程は、大人にとっても学びの日々です。
二部ではゲストに、新潟県上越市で森のようちえんを立ち上げ、子どもたちの成長と子どもたちを取り巻く大人たちを長年見守ってきた小菅江美さんと、
保育士を目指す学生たちを育てている青山女子短大の菅野幸恵先生を迎え、子育て世代の学舎メンバーと共に、今の日本の教育への課題や希望、学舎の子育てへの可能性、子どもにとって、人にとって幸せに生きていくには何が大切なのか、探ろうと思います。

登壇者 小菅江美(森のようちえん「てくてく」)
    菅野幸恵(青山女子短期大学)
________________________


▼イベントその2) 映画『アラヤシキの住人たち』アンコールロードショー
北アルプスの山裾、長野県小谷村。
車の通わない山道を1時間半歩いたところにある
真木共働学舎の四季を追ったドキュメンタリー。

本橋成一監督作品
2015年/117分/HD

日時:11/10(土)~16(金)※11/11(日)は上記イベントのため休映
  連日17:30より 1日1回上映
初日11/10(土)は宮嶋信(信州共働学舎代表)ほかによる舞台挨拶あり!
会場:ポレポレ東中野
03-3371-0088 / www.mmjp.or.jp/pole2/
料金:1300円均一

kyodogakusha2018omote.jpg

2018.11.8 六文銭 ニューアルバム「自由」発売記念ライブ・その1

「六文銭 ニューアルバム「自由」発売記念ライブ・その1」

【東京 2days!!】
日時:2018年11月8日(木)
開場 19:00 / 開演 19:30
料金:前売 ¥4,000 / 当日 ¥4,500(ワンドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:ポレポレタイムス社
e-mail event@polepoletimes.jp
tel 03−3227−1405

2018.11.7 六文銭 ニューアルバム「自由」発売記念ライブ・その1

「六文銭 ニューアルバム「自由」発売記念ライブ・その1」

【東京 2days!!】
日時:2018年11月7日(水)
開場 19:00 / 開演 19:30
料金:前売 ¥4,000 / 当日 ¥4,500(ワンドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:ポレポレタイムス社
e-mail event@polepoletimes.jp
tel 03−3227−1405

2018.10.27 ワカキコースケのDIG!聴くメンタリー Vol.9 feat. ブーマー先輩(野球盤)

ワカキコースケのDIG!聴くメンタリー  Vol.9
feat. ブーマー先輩(野球盤)

"東の聴くメンタリー 西の野球盤 異色の対決が遂に実現!
レコード日本シリーズ、東中野でプレイボール!"

構成作家 / ライターとして活動する若木康輔がレコード・コレクションからセレクトした
梵鐘、ベトナム戦争の実況、水の音など"音楽以外の音"を収録した
ドキュメンタリー性に富む廃盤レコードを聴くイベント
〈ワカキコースケのDIG!聴くメンタリー〉の第9弾が
東京・東中野 space & cafe ポレポレ坐にて10月27日(土)に開催されます。
 2017年12月には、BSフジにて関根 勤と清水ミチコをMCに迎えた
「珍盤アワー 関根勤の聴くメンタリー!」として特番化されるなど、注目を浴びる〈聴くメンタリー〉。
第8弾では、"野球のレコード"を収集されているブーマー先輩さん。
ブーマー先輩さんが秘蔵する野球レコードのあれこれがついにポレポレ坐でお披露目されます。
当日はどんな化学反応が起こるのか、是非その耳で確かめに来てください!

■日時:2018年10月27日(土)18:00open/18:30start(※休憩はさんで約3時間の予定)
■料金:2,000円(ワンドリンク付/当日券のみ)
■出演:ワカキコースケ、ブーマー先輩
■協力:大澤一生(nondelaico)・小林和貴(クオリアノート)・neoneo編集室
■問い合わせ先:Tel:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
        Email :event@polepoletimes.jp

【当日かける予定のレコード】
◎長島と王と川上のプライベート録音が聴ける巨人軍黄金期盤
◎78年のヤクルト初優勝を感動パッケージ
◎野球もの史上の名盤!76年の甲子園、桜美林とPLの名勝負がなぜか爽やか青春ソングに......
これでもブーマー先輩にとっては序の口!
聴くメンタリーも、ケンちゃんシリーズの牟田悌三が新兵の過酷な1日を解説する
〈旧日本軍版フルメタル・ジャケット〉など新ネタをお届けします。

1810-omote_02_2.jpgのサムネール画像

2018.10.20 リーディング公演『ちょっくら戯曲集vol.2』

リーディング公演
『ちょっくら戯曲集vol.2』

日本劇作家協会主催戯曲セミナー2017年度生の有志により立ち上げ。
「無理なく・気楽に・長々と」劇作を続けていこうとする劇作家集団が、表にひょっこり現れます。
「戯曲を通して色んな人とコミュニケーションをしたい!」
「沢山の人の意見を聞いて、劇作が上手になりたい!」
そんな熱い思いの詰まった企画です。

​■日時:2018年10月20日(土)18:30open/19:00start(~21:00)
​■入場料:500円※ワンドリンク付
​■予約:フォームより → https://ssl.form-mailer.jp/fms/c940501f586192
ご予約後の人数変更、キャンセルは直接以下にご連絡ください。
MAIL:cho.kura.playwright@gmail.com(けちゃ)


【作品/キャスト】
■「花とモノクローム」
脚本:青野ひろみ

■「冷たいカプセル」
脚本:南侑里

※2作品各30分の予定
 途中劇作家へのインタビュー、トーク、休憩あり

■出演者(五十音順)
小川麻里奈(パフォーマンスユニット kasane)
金本大樹(虚構の劇団)
塚崎綾(パフォーマンスユニット kasane)
橋本菜摘(劇団青年座)
加賀谷幸子

演  出  :木内希
宣伝デザイン:豊丸利恵
企画制作  :劇作家ユニットちょっくら
主  宰  :けちゃ
       おおしまひろこ、越智良知、島倉泰子
       椿紅鼓、三輪令子、山口香織

stage_77405.jpg

2018.10.11 コムロ寄席番外 二十六幕「ミニメディアの勇士たち」の巻

文化の交差点「話の特集」物語 二十六幕
「ミニメディアの勇士たち」の巻

毎度お馴染みポレポレ坐コムロ寄席。
1965年に創刊した雑誌『話の特集』 元編集長矢崎泰久さんをお迎えしてお送りしています。
今回は「ミニメディアの勇士たち」の巻。
「通販生活」「週刊金曜日」「世界」「創」「サイゾー」「WiLL」「宝島」などの雑誌や、
近年増えているウェブメデア、震災後に活発になったコミュニティラジオなど、
情報発信の形はさまざまに広がっています。
ミニコミ誌の草分けで、マスコミをも凌駕する勢いだった『話の特集』の矢崎さんは
昨今のミニメディアをどう見るのでしょう。
ミニメディアを論評しつつエールを送る一夜。ぜひご来場ください。

■日時:2018年10月11日(木)18:30 open / 19:00 start
■出演:小室等
■ゲスト:矢崎泰久(ジャーナリスト・「話の特集」元編集長)
■料金:予約 3,000円 / 当日 3,500円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp

2018.9.29 30 プラテーロとわたし&「天体ヘキサプリズム」

プラテーロとわたし&「天体ヘキサプリズム」

詩人がロバに語りかける、穏やかな日々の輝きと憂い

■日時:2018年9月29日(土)17:30 open / 18:00 start
        9月30日(日)16:00 open / 16:30 start
■出演:日渡奈那(ギター)、ナカヤマカズコ(作・朗読)
    山本由也(人形操演)、
 ゲスト:侘美秀俊(作曲・鍵盤ハーモニカ)
■料金:大人3500円/子供1,000円(全席自由)
■チケット予約・問い合わせ先
 電話予約:しずくまち♭オフィス 090-1791-5452
 ネット予約:日渡奈那オフィシャルHP http://www.nanahiwatari.com

【プログラム】
ファン・ラモン・ヒメネス著、マリオ・カステルヌーヴォ・テデスコ作曲
「プラテーロとわたし」より抜粋
ナカヤマカズコ著、侘美秀俊・作曲
「天体ヘキサプリズム」


【プログラム解説】
ノーベル賞作家ヒメネスの散文詩に鬼才テデスコが曲をつけたギター作品「プラテーロとわたし」
朗読とギター、そして人形のプラテーロとともに楽曲×物語を息遣いの伝わる距離で味わうひととき
ライブ後半では、侘美秀俊のギターソロ曲から発想した新作短編を朗読・演奏する


【作品紹介】
「プラテーロとわたし」とは
スペインの詩人ファン・ラモン・ヒメネス(1881-1958)が26歳の頃に書いた作品。
若くして文壇デビューしたものの心身共に病み、故郷モゲールに戻り
静養中に書いたこの作品は、故郷の自然と素朴な生活のなかにある日常の美しさ、
人生の喜びと哀しみを詩人がロバのプラテーロに語りかけるかたちでつづられる。
138編からなるこの散文詩からイタリアの作曲家マリオ・カステルヌーヴォ・テデスコ(1895-1968)は
28編を選び、ギターと朗読のための作品を作曲した。
今回は第1巻を中心に7曲公演する。

「天体ヘキサプリズム」とは
侘美秀俊が2013年に日渡に献呈したギターソロ作品(2015年初演)。
今回は、さらにこの作品に想を得て、ナカヤマカズコが近未来を舞台に、
少女の旅の物語を書き下ろす。


主催:N企画
制作協力:しずくまち♭ H-t Studio
後援:かわせみ座

チラシ絵・デザイン:本間ちひろ 大倉ゆうき

PREV

PREV

CATEGORIES

BACKNUMBER

RSS


page top