ポレポレ坐 お知らせ

2017.3.3 映画『新地町の漁師たち』劇場公開記念コンサート

映画『新地町の漁師たち』劇場公開記念コンサート

ポレポレ東中野で3月11日からロードショーされる山田徹監督のドキュメンタリー映画『新地町の漁師たち』。
3月3日にプレイベントとして、詩人・和合亮一さんと、映画の音楽を担当した3日満月による、朗読と音楽のセッションを開催します!
--
"あの日、福島の海は終わったと言われた・・・
被災者の立場を超えた「私たちの復興」を問いかける、漁師たちの3年半の記録。"
-
■日時:2017年3月3日(金)19:00open/19:30start
■料金:2000円+1ドリンクオーダー
■出演:和合亮一、3日満月、山田徹監督
■ゲスト:古川麦
--
■予約:下記アドレスに必要事項を明記の上、メールをお送りください。
ignition.gallery@gmail.com
件名「和合亮一×3日満月『新地町の漁師たち』」
1.お名前(ふりがな)  2.当日のご連絡先  3.ご予約人数
*ご予約申し込みメール受信後、数日以内に受付確認のメールをお送り致します。
*メール受信設定などでドメイン指定をされている方は、ご確認をお願い致します。
*当日無断キャンセルの方にはキャンセル料を頂戴しております。定員に達し次第、受付終了いたします。

●イベントページ http://ignitiongallery.tumblr.com/
●映画『新地町の漁師たち』公式サイト http://songriver-p.com/shinchi-ryoshi/
--

『新地町の漁師たち』の山田監督は、東日本大震災時、東京の映画製作会社で働く27歳でした。この出来事を自分の言葉で語れるようにならないといけないと思いながらも、自分と災害の地との関係性が見出せず、現地に行く決心がなかなかつきませんでした。

そんなとき、山田監督は被災地の詩の礫を投げかける詩人・和合亮一さんの存在を知ります。和合さんの詩によって被災地の出来事が自分事に思えるようになった山田監督は、詩の中で描かれた新地町へと向かいました。

『新地町の漁師たち』は、山田監督が記録者としての当事者性をもって漁師たちと関わることができるようになった3年半の記録でもあります。

震災から6年が経とうする今、私たちの足元はどこに根ざしているでしょうか。
震災時の山田監督のように、自分と被災地との関係性がいまだ見出せない方も多いかもしれません。
その関係性を、距離を、あらためて見つめ直すひとつのきっかけに『新地町の漁師たち』はなると思います。

そして、今回のプレイベントでは、山田監督と新地町を繋げた詩人・和合亮一さんの詩の朗読と、映画の音楽を担当した3日満月の音楽によるセッションを行います。

被災地を生きる人々の物語を詩によって私たちに伝えてくれる和合亮一さん。
現実の記録としての映像に音楽をつけることで現地と私たちを繋ぐ架け橋となる3日満月。

3月3日、ひとつの空間で、朗読と音楽による震えを体験することで、私たちの足元は繋がっていることを実感することができたら。

"一本の中に時の全てが詰まっている。映画の光と闇の中で、無数のさざなみの音に耳を傾けてほしい。
震災があったから願うのではないのだ。
私たちはみな、いつも波と共に生きているのだ。"
(和合亮一)

セッション終了後には交流会も予定しています。ぜひ足をお運びください。
__

プロフィール:
和合亮一
1968年福島市生まれ。詩人。国語教師。福島県教育復興大使。
1998年、第一詩集『after』で第4回中原中也賞受賞。その後、第47回晩翠賞受賞、NHK放送文化賞、民友県民大賞など。
震災直後の福島から、Twitterにて「詩の礫」と題した連作を発表。海外でも多言語に翻訳され、オランダの世界的コンサートホール、コンセルトヘボウにて行われた東日本大震災追悼コンサート(主催:ロイヤル・コンセルトヘボウ・オーケストラ/ジャパンフェスティバル財団)に招致、世界三大オーケストラであるロイヤル・コンセルトヘボウ・オーケストラと共演、詩の礫を朗読し、被災地が抱える思いを発信する(2011年5月)。
書評・コラム・エッセーなどの全国紙での寄稿や連載、校歌や記念賛歌の作詞も手がける。
全国で講演・朗読・ワークショップ等多数。
詩集「廃炉詩篇」(思潮社)、エッセー集「心に湯気をたてて」(日本経済新聞社)、『木にたずねよ』(明石書店)など。
--
3日満月
権頭真由(アコーディオン/ピアノ/歌)、佐藤公哉(ヴァイオリン/歌)によるデュオ。2011年9月にチェコ共和国プラハで結成。不思議な縁で覚えた伝統音楽や、ある場所、ある作品、ある人、ある夢のためのオリジナル曲を演奏する。 2011年より子どもたちと創る音楽サーカス「音のてらこや」を主宰。4つの身体、4つの楽器による音楽の箱舟「表現(Hyogen)」のメンバーとして越後妻有アートトリエンナーレ、瀬戸内国際芸術祭などに参加。CIANアートアワード2013受賞。 音楽を担当したドキュメンタリー映画『新地町の漁師たち』(2016年/山田徹監督)が第3回グリーンイメージ国際環境映像祭グランプリを受賞。チェコ共和国での美術家、パペット作家等との共演や、イスラエルでのインバル・ピント&アブシャロム・ポラックダンスカンパニー作品への参加など、国内外の様々なアートシーンで活動している。
--
山田徹
1983年、東京新宿生まれ。自由学園卒。
映画美学校ドキュメンタリー科を経て、2009年からドキュメンタリー映画の製作会社である自由工房に勤務。記録映画作家である羽田澄子監督に師事する。演出助手の作品として『遙かなるふるさと 旅順・大連』(2011)、『そしてAKIKOは・・・あるダンサーの肖像』(2012)がある。
そのほか個人活動として、国内アートプロジェクトの記録映像に関わりつつ、2011年3月11日の東日本大震災から4年半をかけて映画『新地町の漁師たち』(2016)を完成させる。映画初監督となる本作でグリーンイメージ国際環境映像祭(2016)グランプリを受賞。
--
古川麦(ゲストミュージシャン)
カルフォルニア生まれ。音楽家。
3日満月が所属する表現(Hyogen)のメンバーの1人。幼少期より様々な土地を巡り、多様な文化に触れる。その経験から、ジャズ・クラシック・ポップス・南米音楽や民族音楽などの要素を渡り歩く独特なスタイルの音楽を紡ぎ出し、老若男女国籍問わず絶賛を浴びる。ソロ以外にもDoppelzimmer、cero、あだち麗三郎クワルテッットなど、多数のグループに参加。

shinchimachi.jpg

2017.2.4 ワカキコースケのDIG!聴くメンタリー at ポレポレ坐vol.3

昭和のドキュメンタリー・レコードを浴びる一夜、三たび!!
ワカキコースケのDIG!聴くメンタリー at ポレポレ坐vol.3

廃盤アナログの「音楽じゃない」ジャンルからドキュメンタリーを掘り起こす『DIG!聴くメンタリー』。
neoneo webの連載が2017年も、実際に聴けるイベントに! 
意外とトボけたお味の園遊会の昭和天皇に、レーニン、北ベトナム軍兵士......
今回もたっぷり、音のタイムトラベルへご案内します。

■日時:2017年02月04日(土)  18:30open/19:00start(約2時間半の予定)
■出演:ワカキコースケ(若木康輔)
■料金:2000円(ワンドリンク付き/当日券のみ)
■協力:大澤一生(nondelaico)
   小林和貴(クオリアノート)
   neoneo編集室
■問い合わせ先:Tel:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
    Email :event@polepoletimes.jp

★当日かける予定
◎好評につき、アンコール!『園遊会』より再び数人が登場 
◎ロシア革命100周年!2017年にこそ膝を正して聴きたいレーニンの演説
◎専門医が集めていた人間の○○○の音
◎事故死した伝説のレーサー・風戸裕。その青春の肉声と愛車ポルシェ908の爆走音
◎絶句するほどの臨場感!空襲下で戦い、逞しく歌う北ペトナム軍の兵士達 ......など

kikumen3_omote.jpg

2017.2.3 田丸雅智ショートショート即興ライブ with 難波里奈さん

ショートショート即興ライブ with 難波里奈さん

短くて不思議な小説「ショートショート」を、
その場で田丸雅智が即興創作する「即興ライブ」を開催します。
ゲストは東京喫茶店研究所二代目所長の難波里奈さん。
純喫茶のことを掘り下げ、難波さんからアイデアをいただきながら、
純喫茶をテーマにしたショートショートを田丸雅智が即興創作します。
イベント後は、難波里奈さんと田丸雅智のサイン会も開催します。

■日時:2017年2月3日(金)  19:00open/19:30start
(20:45終演 その後、サイン会を予定しています。)
■出演:田丸雅智、難波里奈
■参加費:2,500円(当日ご用意くださいませ。)
■予約:件名を「即興ライブ」とし、 名前、人数を明記の上、
short2.tamaru@gmail.com まで。
(3日経って返信がない場合はご連絡くださいませ。)
※キャンセルの場合は、事前に予約アドレスまでご連絡くださいませ。

170109.jpg

2017.1.21 文化人類学者が語り演じるアフリカン・ポップス!

文化人類学者が語り演じるアフリカン・ポップス!<第2弾>(東京)
~日本人の身体を通してアフリカ文化を表現する~

■日時:2017年01月21日(土)  18:30open/19:00start(21:30終了予定)
■出演:鈴木裕之(国士舘大学・教授)
    川瀬慈(国立民族学博物館・助教)
    矢野原佑史(京都大学アフリカ地域研究資料センター・研究員、国立民族学博物館・外来研究員)
    ニャマ・カンテ
■参加費:2500円(ワンドリンク付き)
■主催:アフリカン・ポップス!研究会
■共催:日本アフリカ学会関東支部
■問い合わせ先:suzukihi@kokushikan.ac.jp

アフリカのポップスをテーマに研究をすすめている文化人類学者が集まって立ちあげた「アフリカン・ポップス!研究会」は、
2016年1月~3月、「文化人類学者が語り演じるアフリカン・ポップス!」と題して、アフリカのポップスやサウンド・スケープを表現し伝達するため、
文化人類学者自身が「パフォーマー」となって、自由な形式でアフリカのポップスやサウンドについて「語り」「演じる」イベントを開催しました。
1月の東京、2月の名古屋、3月の京都、いずれもおおくの方々に参加していただき、熱いパフォーマンスをお届けすることができました。

でも、まだまだ言い足りません。演じ足りません。歌い足りません。踊り足りません。

2017年もまた、さらにパワーアップしたイベントを企画しました。
カメルーンの矢野原、エチオピアの川瀬、コート・ジヴォワールの鈴木は新ネタを用意。
アフリカの現場を知りつくした学者=パフォーマーが、それぞれの視点から独自の表現形態で、自分の「信ずる」アフリカの文化をお届けします。
もちろん、ニャマ・カンテによる迫力のステージは健在。
それに加え、今回はエンディングにDJ矢野原とニャマ・カンテとのアドリブ・セッションを用意しました。
研究者のみならず、アフリカ音楽に関心のある方すべてに参加していただきたいと思います。
なお、このイベントは京都(2月18日)、名古屋(3月25日)に続く予定です。


2016.12.23 ダニー・ネフセタイ 『国のために死ぬのはすばらしい?』出版記念講演会

ダニー・ネフセタイ
『国のために死ぬのはすばらしい?』(高文研)出版記念講演会

イスラエル生まれ、秩父在住の木工作家、
ダニー・ネフセタイさんが初の著書を出版しました。
出版記念講演会&交流会を開催します!

■日時:2016年12月23日(金・祝) 13:30開場 / 14:00 開演
■料金:3,000円(書籍『国のために死ぬのはすばらしい?』1冊つき)
       ※既に本をお持ちの方は受付時にお申し出ください。
        料金は本の代金を差引いて1500円になります。
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
    E-mail:event@polepoletimes.jp


〈著作紹介〉
イスラエル国防軍の空軍兵士だった著者が、退役後、バックパッカーとなってアジア諸国を放浪の旅に出た。
日本の土を踏んだのは1979年10月、以来40年近くを日本で暮らしている。
家具作家の著者は、「世の中を良くすることも物づくりをする人間の使命である」という信条をもち、戦乱の絶えない祖国イスラエルを批判、「3.11」後の日本で脱原発の道を進むことを願い、活動をつづけている。
本書は2部構成で、第1部では「イスラエル出身の私が日本で家具作家になった理由」として、著者の生い立ち、イスラエルの愛国心教育、軍隊経験を中心に、日本で根を下ろすまでを描いた。第2部は「私はなぜ脱原発と平和を訴えるのか」として、本業の家具製作のかたわら、平和運動・脱原発の活動を通して仲間と出会い、イスラエルと日本のより良い未来を築くための提言をまとめた。

Israel_cover.jpg


ダニー・ネフセタイ(Dany Nehushtai)
1957年イスラエル生まれ。高校卒業後、徴兵制によってイスラエル国防軍に入隊。3年間、空軍に所属。退役後アジアの旅に出て来日。日本各地をヒッチハイク。その後神奈川の家具会社に勤める。1988年末、埼玉県秩父郡皆野町に居を構え、「木工房ナガリ家」を開設。自宅のログハウスを夫婦で自力建設。夫婦で注文家具、遊具、木工小物、社会性オブジェの創作活動に従事。個展、グループ展など開催。講演のタイトルは「原発危機と平和」「外国人の目に映る人権」「イスラエルの歴史と今・そして日本」など。
木工房ナガリ家ホームページ:http://nagariya.web.fc2.com


dani hida1a.jpg

2016.12.21三上敏視のお神楽ナイトVol.27 年末特別企画祝福編

三上敏視のお神楽ナイトVol.27 年末特別企画祝福編
神楽ビデオジョッキー&ライブスペシャル

「お神楽ナイト」、27回目となります。
暮れの時期なのでテーマは「祝福」。
「祝福」はほんらいの神楽の目的ではないですが、
その要素は古くからあり、また江戸時代には祝福芸の影響を受けたりもしました。
あとちょっとで「おめでとうございます」と言い合うこの時期に「祝福」に関する神楽のいろいろな場面を紹介します。

また、恒例のミニライブも年末スペシャルとして、
初めてのゲスト、サックス奏者の森英記さんを迎えます。
これまでやらなかった初演曲もあるのでどうぞお楽しみに。

■日時:2016年12月21日(水)18:00open / 19:00start
■出演:三上敏視(音楽家、神楽・伝承音楽研究家)
■ゲスト:森英記(サックス奏者)
■料金:予約2,000円/当日2,300円(+要ワンオーダー)*お食事のメニューがあります。
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)E-mail : event@polepoletimes.jp

☆三上敏視(みかみ としみ)
1953年 愛知県半田市生まれ、武蔵野育ち。
93年に別冊宝島EX「アイヌの本」を企画編集。
95年より奉納即興演奏グループである細野晴臣&環太平洋モンゴロイドユニットに参加。
日本のルーツミュージックとネイティブカルチャーを探していて里神楽に出会い、
その多彩さと深さに衝撃を受け、これを広く知ってもらいたいと
01年9月に別冊太陽『お神楽』としてまとめる。
その後も辺境の神楽を中心にフィールドワークを続け、
09年10月に単行本『神楽と出会う本』(アルテスパブリッシング)を出版、
初の神楽ガイドブックとして各方面から注目を集める。
神楽の国内外公演のコーディネイトも多い。
映像を使って神楽を紹介する「神楽ビデオジョッキー」の活動も全国各地で行っている。
現在は神楽太鼓の繊細で呪術的な響きを大切にしたモダンルーツ音楽を
中心に多様な音楽を制作、ライブ活動も奉納演奏からソロ、ユニット活
動まで多岐にわたる。また気功音楽家として『気舞』『香功』などの作
品もあり、気功・ヨガ愛好者にBGMとしてひろく使われている。
多摩美術大学美術学部非常勤講師。

161221kagura_DM高解像度.jpg

14958933_1143907808978114_1662067725_o.jpg

2016.12.18 三遊亭時松独演会「時松歳時記〜冬煌めく〜」

三遊亭時松独演会「時松歳時記〜冬煌めく〜」

■日時:2016年12月18日(日) 18:30 open /19:00 start
■出演:三遊亭時松
■助演:古今亭文菊、柳家花ん謝
■木戸銭:前売/当日共2000円(ワンドリンク付)ポレポレ坐にて販売予定。
 
  ※年末恒例落語協会カレンダー抽選会あります

■予約・問い合わせ:常盤松会 03-3771-3727(FAX共通) 
          (留守電の場合はお名前と枚数連絡先をお教え下さい。)
          E-mail : to.ki.ma.tsu_sanyu-tei@nifty.com

PREV

PREV


page top