ポレポレ坐 お知らせ

2017.8.26 映画一揆外伝 ~破れかぶれ~ 井土紀州最新作『漂着物』上映

映画一揆外伝 ~破れかぶれ~ 井土紀州最新作『漂着物』上映

新作『漂着物』上映決定!お待たせしました! 
『百年の絶唱』『ラザロ』の井土紀州による
スピリチュアル・ムービーズ製作としては8年ぶりの新作がついに完成しました!
なんと新作のコンセプトは近未来、2020年に開催される
東京オリンピック以後の世界が舞台です。
未来から現在へとさかのぼる独自の視点で、人間の愚かさと愛おしさを描きだす本作は、
まさに必見です。また『漂着物』と共に映画一揆外伝では
初の上映となる『泥の惑星』(2010年)を併映します。
これまでのスピリチュアル・ムービーズとは一味も二味も違う、
新たな幕開けを是非ともご覧あれ!

■日時:2017年8月26日(土)
■開場:18:30
■開映:19:00 「漂着物」32分
19:35 トーク 60分
       井土紀州、 細江祐子、本多章一(予定)
20:35 休憩
20:50「泥の惑星」53分
■料金:1,500円(当日券のみ)

■お問い合わせ 090−4395−4852(担当:高橋)
Email: spiritualmovies@hotmail.co.jp
___

『漂着物』
出演:細江祐子 本多章一
監督:井土紀州 脚本:小谷香織 井土紀州 撮影:高橋和博 照明:俵謙太
録音:中川究矢 ドローン撮影:上田茂 俗音:近藤崇生 編集:桑原広考
助監督:遠藤晶 題字:翠川英人 プロデューサー:吉岡文平
製作:スピリチュアル・ムービーズ
2017年/日本映画/デジタル/16:9/カラー/ステレオ/32分

○ストーリー
202X年、東京オリンピックの喧騒は過ぎ去り、様々な廃墟と凄まじい量の
廃棄物が残された首都・東京。都心から吐き出された多くのゴミは、
潮の流れに乗って東京湾の片隅に流れ着いていた。
西澤修也は、海辺の廃墟に住みつき、流れ着いたゴミを拾って生計を立てている。
隠遁者のように暮らす修也の生活圏に、一人の女・咲が迷い込んできた。
言葉を交わし、触れ合ううちに、次第に明らかになる二人の過去。
それはのっぴきならぬ事態に二人を追い込んでいくのだった。

監督:井土紀州
(プロフィール)
1968年生まれ。シナリオライター・監督。高校時代からの友人である吉岡文平らと
SPIRITUAL MOVIESを結成し、映画を作り始める。主な監督作に『百年の絶唱』(98)、
『LEFT ALONE』(05)、『ラザロ―LAZARUS―』三部作(07)、『行旅死亡人』(09)、
『彼女について知ることのすべて』(12)など。主な脚本作に『雷魚』(97)、
『HYSTERIC』(00)、『MOON CHILD』(03)、『ニセ札』(09)、『溺れるナイフ』(16)、
『64(ロクヨン)』(16/脚本協力)などがある。

出演:細江祐子
(プロフィール)
2003年 「ばかのハコ船」(山下敦弘監督)でデビュー。以降多くの映像作品に参加。
近年では 「Sweet Sickness」(西村晋也監督) 「知らない町」(大内伸悟監督)など。

本多章一
(プロフィール)
2004年より役者を始める。映画を中心にドラマやTV-CM、雑誌等に出演。
近年の出演映画は、'17年『光』(河瀬直美監督)劇中映画「その砂の行方」、
'16 年『断食芸人』(足立正生監督)『つむぐもの』(犬童一利監督)
『イノセント15』(甲斐博和監督)、'15年『新しき民』など。
現在、KIRINオーストラリア「恵み」の広告に出演中。


漂着物_表面_見本.jpeg

___

『泥の惑星』
出演:千葉美紅・上川原睦・小林歩祐樹 
監督:井土紀州 脚本:天願大介 撮影:高橋和博 照明:吉川慎太郎 録音:岩丸恒
装飾:森田博之 音楽:平山準人 整音:福田伸 助監督:川﨑龍太
制作進行:吉川正文・冨永威允 協力プロデューサー:吉岡文平
制作協力:スピリチュアル・ムービーズ プロデューサー:天願大介・加瀬愼一
企画・製作:日本映画学校
2010年/53分/HDV/カラー

○ストーリー
農業高校に通うハルキ達は毎日泥まみれになってレンコンを収穫し、
なんとなく楽しく過ごす日々。
「ずっとこんな感じだったら、それって幸せかな。不満かな」
そんな問いにも答えられないある日、ハルキは天文部の転校生、アキに一目惚れしてしまう。
そうして回り始めたハルキの歯車につれられるようにして、仲間達の歯車もまた回り始める。
一方、校内の植物は原因不明のまま枯れ始め・・・。
「星座を破壊せよ。星と星の間に、新しい一本の線を引け」
彼らに、新しい線は引けるのか。


2017.8.10 伊藤多喜雄/小室等「民謡を旅する」 Vol.2 盆唄の会

唄とともに、もうひとつの日本を探す旅__
民謡を旅する Vol.2 盆唄の会

添乗員:伊藤多喜雄
同行者:小室等

土地の風土と、人々の人生から生まれてきた唄、民謡。
民謡歌手伊藤多喜雄は、日本各地の民謡を訪ねる旅を続けてきました。
唄から見えてくる地域、時代、人々の姿を小室等とともに語り、時には唄います。
この旅を通して、見落としていたもうひとつの日本を見つけられるかもしれません。

今回は「盆唄」をテーマにお送りします。
日本全国、それぞれの土地、コミュニティで培ってきた盆の風習。
青森ではお墓の近くでお盆を過ごすそうですが、沖縄もまた同じ。
送り、送られる盆唄、盆踊りを通じて、人々の暮らしがみえてきます。
民謡には祝い唄はいっぱいあるけど、むべ唄はないね、
と多喜雄さんを挑発したのは永六輔さんでした。
それなら永さん書いてよ、ということになって生まれた
新しい見送り唄「あの世とこの世」もご披露しつつの一夜。
是非お出かけください。


■日時:2017年8月10日(木)18:30 open / 19:00 start
■出演:伊藤多喜雄、小室等
■料金:予約 3,000円 / 当日 3,500円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp

2017.8.4 ワカキコースケのDIG!聴くメンタリー at ポレポレ坐 Vol.5

昭和の廃盤ドキュメンタリー・レコードを聴く会、5回目です!
「恐山のレコード」とは一体......!?謎は8月4日、東中野のポレポレ坐で明らかになる!
ワカキコースケのDIG!聴くメンタリー at ポレポレ坐

■日時:2017年8月4日(金)19:00open/19:30start
■料金:2,000円(ワンドリンク付/当日券のみ)
■出演:ワカキコースケ(若木康輔)
■協力:大澤一生(nondelaico)・小林和貴(クオリアノート)・neoneo編集室
■問い合わせ先:Tel:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
        Email :event@polepoletimes.jp


〈聴くメンタリーとは〉
レコードとは本来、記録という意味である。
1877年12月6日、エジソンが自分の声を、
錫箔を巻いた円筒に針を通して吹き込む実験に挑戦した時。
その目的は〈人類は音をかたちとして残すことが出来るか〉という夢の実現にあった。
そして、見事に音声記録の原理が成功して大きな市場が生まれ、
LPやドーナツ盤の時代に入るとレコードといえばもっぱら音楽を指すことになった。
一方で、時の人物の発言や演説、事件の現場の実況録音、
遠い地の風物の現地録音などを音盤にすることも弛まず行われていたのである。
ケネディ大統領の就任演説、月面着陸に成功したアポロ11号の通信記録、
長島茂雄の引退あいさつ......こうした歴史的な音声が、
一種の記念品として市販化された。同時に戦前からの大衆芸能や物売りの声など、
時代によって失われていく音も。つまり、レコードの世界にも
ドキュメンタリーは存在していたのだ。
こうしたドキュメンタリー・レコードの、CD化もされず
廃盤になったままのものを少しずつ買い集め、
1枚ずつ吟味しては内容を紹介しているのが「ワカキコースケのDIG!聴くメンタリー」だ。
寡聞にして知らなかったものの、3年前からウェブサイトで連載が始まり
http://webneo.org/)、実際にお客さんに聴いてもらうイベントも
東中野で4回行われているそうだ。なかなか興味深い取り組みである。
今年の夏に5回目のイベントがあるそうなので、ぜひ足を運んでみたい。

映画評論家 金原一
-----------------------------------------------------------------------

★当日かける予定
◎毒舌コメディアンの元祖、レニー・ブルース絶頂期の舞台。
「貴方(白人)が黒人と打ち解けるためのパーティー・ジョーク」など、
保守層をコケにしまくる危険ネタ(翻訳ご用意します。ついでにウディ・アレンも)。
◎日本の声帯模写名人集も。
解説する若き日の立川談志はあにさん達に対して謙虚......意外で感動的!
◎世界の大地震の波形をシンセで再現したパニック映画ならぬ"パニック・レコード"
◎戦後唯一? 誘拐犯人に向けてだけ歌われたメッセージ・ソング
◎前回のアンコールは「博徒の仁義」。俳優が演じているのか本職なのか、
未だに謎の放送禁止盤。推理してみてください
◎そして、下北半島の恐山レコ。実録と銘打たれたイタコの......などなど

170804_omote.jpg

2017.8.2 ECフィルム12 「荒俣宏プレゼンツ 夏休み懐かしの理科映画+ECフィルム」

20世紀の映像百科事典
エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ(ECフィルム)を見る
連続上映会12「荒俣宏プレゼンツ 夏休み懐かしの理科映画+ECフィルム」

本上映会シリーズは、20世紀を代表するこの壮大な映像アーカイブを今に生きる私たちの目線で読み直し、
虫干しして、多彩な分野の人々との対話を通して新しい息吹をふき込む試みである。
これらの映像の中に、私達の未来に必要な宝物を見つけられるかもしれない。


■日時 :2017年8月2日(水)18:30開場/19:00開演
■ゲスト:荒俣宏(博物学者)
 聞き手:下中弘
■予約:03-3227-1405 event@polepoletimes.jp(ポレポレタイムス社)
料金:予約:1,500円/当日:2,000円(ワンドリンク付)

公益財団法人下中記念財団、ポレポレタイムス社 共催


〈上映プログラム〉
【特別上映】
■映画「サーカス水族館」 企画:平凡映画部
・この映画は荒俣宏さんが水族館の資料収集のなかで手に入れた16mmプリントを自費でデジタル化し、上映するものです。版権にお心当たりのある方は主催者までお知らせ下さいませ。
・原作「サーカス水族館」末広恭雄著 河出書房刊 1956年
・原作初出 1955年4月~1956年3月 学研「6年の学習」連載

■ヒカリキンメの生態(撮影:荒俣宏)
■生まれたてのジンベエザメ(撮影:荒俣宏)

【ECフィルムより】
■イザリウオの一種 有対びれを用いての走行 1960年撮影 5分30秒 モノクロ サイレント
■押し伸ばし技法による土器づくり モロッコ リフ・ベルベル族 1950年撮影 6分 モノクロ サイレント
■キタリス 餌の陰匿 (未経験の幼仔) 1960/61年撮影 7分 モノクロ サイレント


〈連続上映会12「荒俣宏プレゼンツ 夏休み懐かしの理科映画+ECフィルム」〉
水族館の歴史を執筆中の荒俣さんが、ネットで購入したという古い秘蔵の16㎜フィルム。その名も「サーカス水族館」。昭和天皇に生物学をたびたびご進講し「お魚博士」として知られた末広恭雄(1904~88年)の原作を映画化したものだ。なんと若き殿山泰司も出演しているのだという。末広恭雄は東大を退職した後、水族館京急油壺マリンパークの館長を務め、条件反射を利用した学習で魚を訓練し展示を演出した。まさに「サーカス水族館」を築きあげた人物。これは珍品。きっと水族館の輝かしい歴史の一場面が映っているに違いない!胸を高鳴らせつつ試写にのぞむと...。実はその内容は想像していたものとはだいぶ違っていた。少年の心芽生えた「なぜ魚が音楽に合わせて踊るのか?」という疑問は、波瀾万丈のうちにゆっくりと育ち、大人達は優しくそれを見守る。戦後間もない頃に科学者が描いた物語は、焼け跡の中で生きる少年少女の好奇心の芽を大切に育む理科映画だったのだ。すぐ検索、最短距離で正解にたどり着くことがよいことであるかのような風潮の昨今、その姿は新鮮でもあり、うらやましくもある。同時代に始ったECフィルムの理科映像と併せて観ながら、あの時代の空気を感じたい。現代の「お魚博士」荒俣先生が熱く語ります。荒俣さんがペナンで撮影したお宝最新映像も同時上映。

〈ゲスト〉
荒俣宏(博物学者)

〈プロフィール〉
作家、翻訳家、博物学・幻想文学研究家。ジャンルを越えた執筆活動を続け、その訳著書は300冊を超える。博物画や稀覯書の収集家でもある。1987年『帝都物語』で日本SF大賞、1989年『世界大博物図鑑』でサントリー学芸賞受賞。TVなどでも活躍。海中の不思議な生物の観察や飼育を愛好。EC映像活用委員会の応援団長


〈エンサイクロペディア・シネマトグラフィカとは?〉
ECフィルム=「エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ」は、世界中の知の記録の集積をめざした映像による百科事典です。1952年、ドイツ・国立科学映画研究所で、科学映像をめぐる一大計画が始まり、以後30年近くを費やして数多くの研究者・カメラマンが世界各地に赴き、現在は失われた暮らしの技法や儀礼などの貴重な記録を含む、3000タイトル強の映像アーカイブを制作しました。演出や解説、BGMを徹底的に避け、比較を可能にする体系的な映像を目指して作られたECフィルムは、20世紀の民族誌映像のひとつの型を作ったとも言われています。制作されたECフィルムは各国機関に渡り、日本でも1970年より下中記念財団によって、アジアで唯一のフルセットの映像が管理・運用されています。現在もECフィルムの日本国内での上映、教育的な利用については、(公財)下中記念財団が権利を持っています。

〈本上映にあたり〉
「エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ」の映像群からは今、動物、人間がどのようにして生きているか、また、生きる上で必要なものは何か、という普遍的なものが見えてきます。本上映シリーズでは、ゲストと一緒に映像の中に記録された世界を旅するように見ていきます。テロップやナレーションで説明されるのではなく、じっと観察するように映し出される映像。そこから受け取るものは、人それぞれに違うかもしれません。じっと観察し、気になったことから思索を深めていく。クリックひとつの検索ですぐに答えにたどり着ける便利な生活の中で失いがちな、探究心くすぐる時間を楽しみにお出かけください。

■共催:公益財団法人 下中記念財団(平凡社の創立者下中弥三郎を記念し、教育・出版に関する助成を実施)、ポレポレタイムス社
■企画:EC活用委員会/下中菜穂(エクスプランテ)、丹羽朋子 (FENICS)、ポレポレタイムス社
■協力:川瀬慈(国立民族学博物館)、岡田一男(東京シネマ新社)、NPO法人 FENICS
■デザイン:大橋祐介

ec12A.jpg

2017.7.27 小室等のコムロ寄席 番外第二十幕 愛煙家の矢崎泰久が昨今の喫煙事情を語る

小室等のコムロ寄席 番外編 文化の交差点「話の特集」物語 二十幕
「愛煙家の矢崎泰久が昨今の喫煙事情を語る」の巻

毎度お馴染みポレポレ坐コムロ寄席。
1965年に創刊した日本のミニコミ誌の草分けともいわれる
雑誌『話の特集』の道筋をひもとくシリーズ、
元編集長矢崎泰久さんの交友録から、
様々な方にスポットをあててお送りしています。
が、最近は「矢崎泰久が巷を語る」ような志向にもなって参りました。
今回は最近話題の倉本聰脚本のテレビドラマ
「やすらぎの郷」を切り口に、最近の喫煙事情について、
愛煙家の矢崎さんがおおいに語ります。
はたして「やすらぎの郷」の出演者のうちで、
本当の喫煙者はどのくらいいるのでしょうか?
禁煙するなら死んだほうがまし!と語る矢崎さん。
タブー知らずのスモーキングトークにぜひお出かけください!

■日時:2017年7月27日(木)18:30 open / 19:00 start
■出演:小室等
■ゲスト:矢崎泰久(ジャーナリスト・「話の特集」元編集長)
■料金:予約 3,000円 / 当日 3,500円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp

2017.7.21 第十回ポレポレ浮世亭 桂梅團治の会

第十回ポレポレ浮世亭 桂梅團治の会

■日時:2017年7月21日(金) 18:15open/18:45start
■出演:桂梅團治「鴻池の犬」「皿屋敷」
    ゲスト予定だった橘家蔵之助が緊急入院のため、桂春蝶が代演いたします。
     桂小梅「子ほめ」
■料金:予約 3,000円 / 当日:3,500円(ワンドリンク付)自由席
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp

umedanji.jpg

2017.7.10 徹の部屋vol.42 伝統と現代はコインの裏表だった!

徹の部屋vol.42
「雅楽・邦楽の新しい奏者たちとの共演 伝統と現代はコインの裏表だった!」

■日時:2017年7月10日 (月)19:00 開場 19:30 開演
■出演:
ミッシェル・ドネダ(ソプラノサックス)
レ・クアン・ニン Le Quan Ninh(打楽器)
田中悠美子(三味線・大正琴・声)
黒田鈴尊(尺八)
深山マクイーン時田(箏)
大塚惇平(笙)
■料金: 予約3,500円/当日4,000円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp
______________

【お知らせ】
齋藤徹さんの本公演への出演がキャンセルとなりました。
同ツアーのアテンド、ゲストのコーディネートふくめ、
すべて手がけられた齋藤徹さんの不在は大変残念なことではありますが、
他のメンバーはそのままに、日時も変更なく開催する予定でおります。
とても素敵なライブになることと思いますので、ぜひご参加いただけたらと思います。
ご来場心よりお待ちしております。

2017/6/19 space&cafeポレポレ坐

以下、齋藤徹さんからのメッセージです。
______________

急告!

大変苦渋の報告をしなければなりません。

私の病状が変化し、手術を少しでも急がねばならないことになりました。
本当に本当に残念ですが、ミッシェル・ドネダ、レ・クアン・ニンさんとの
日本ツアーに参加出来ない状況になってしまいました。
(最後の方には回復して駆けつけることを夢想しています。)

7月16日に予定されていた岡本寺はキャンセルですが、
その他の全てのLIVEは予定通りに行います。
16日は、大阪でLIVEを行うことになりました。
(場所等は決まり次第お伝えします)
元々、お二人のデュオ結成30周年記念ワールドツアーの
一環でしたので、まったく問題はございません。

私は手術を乗り越えて、2人とのツアーを
近い日に補填・実施することを励みに何としても生き延びるつもりです。

どうぞ、ご理解・ご了承の程、よろしくお願い申し上げます。 

6月19日 齋藤徹 拝
______________

______________

ポレポレ坐に徹の部屋が帰ってきます。

私が病気入院している間にいろいろな演奏現場が無くなってしまっていました。
それを考えるとこの徹の部屋、何と嬉しいことでしょう!
数えて42回目。私の音楽史が未来へ繋がったのです。

今回は、親友ミッシェル・ドネダ(ソプラノサックス)と
レ・クアン・ニン(打楽器)と私のトリオツアーの一環です。
前回の来日の時もポレポレ坐で「こいつぁめでたい大千秋楽」としてやりました。
素晴らしい想い出です。
それは2011年、地震・原発の影響がまだまだ濃い時期で、
来日ミュージシャンのキャンセル、国外脱出などが頻繁だった中のツアーでした。

6年後の2017年7月、彼らが共演30周年ワールドツアーの一環としての来日です。

さて、ポレポレ坐ではどういう趣向にしようか?最もふさわしい迎え方は?

昨年夏、スイスのピアニスト、ジャック・ディミエールさんが来日した時、
邦楽・雅楽の演奏家との共演のライブをいくつか作りました。
何か大きな新しい波が来ていることを実感させる素晴らしい時間でした。
そうだ、これだ!これしかない!

ということで、ゲストがあっと言う間に決まりました。
いずれも国内外で大活躍中の素晴らしい演奏家です。
邦楽・雅楽(伝統音楽)をやっているという事を軽く越えた意識で、
広く大きく現代を、音楽を捉え、世の中に刺激を与えている人達です。

即興音楽を貫いて来たミッシェル、ニン。

出逢い・共演するのは「今」「ポレポレ坐」!

これは「偶然ではなく必然だった」と 将来みんなで話すことになるのです。
(齋藤徹)

tetsu42.jpg

PREV

PREV

CATEGORIES

BACKNUMBER

RSS


page top