ポレポレ坐 お知らせ

2018.5.9 「真実・事実・現実 あることないこと」完成記念ライブ(3)

映画『獄友』連動企画
「真実・事実・現実 あることないこと」完成記念ライブ(3)

獄友イノセンスバンドの4人(小室等さん・谷川賢作さん
こむろゆいさん・河野'菌ちゃん'俊二さん)と
冤罪音楽プロジェクト賛同ミュージシャンの
「真実・事実・現実 あることないこと」完成記念ライブです。

映画『獄友』を観た後は、ぜひ「真実・事実・現実 あることないこと」
完成記念ライブへ♬ 映画の特別鑑賞券・半券を提示すれば1ドリンクつき!

◼︎日時:5月9日(水)18:30open/19:00start 
◼︎出演:獄友イノセンスバンド(小室等・谷川賢作・こむろゆい・河野'菌ちゃん'俊二)
    &伊藤多喜雄
    &大熊ワタル
    &こぐれみわぞう
◼︎ 料金:前売(前日までの予約)3,000円 / 当日3,500円
    *映画『獄友』の特別鑑賞券・または半券提示で1ドリンクつき
◼︎予約先:キムーンフィルム
TEL:042-316-5567
E-mail:info@gokutomo-movie.com
*席数が限られていますので、必ずご予約ください。

2018.4.14 ワカキコースケのDIG!聴くメンタリー Vol.7

ワカキコースケのDIG!聴くメンタリー Vol.7
feat. 数の子ミュージックメイト

「聴くメンタリー」と「身内音楽」、奇跡のツーマンが決定!
グルーヴ一切無きレコードイベントが絢爛と春に咲く!

"音楽ではない"廃盤レコードをお聴かせする
「ワカキコースケのDIG!聴くメンタリー」、
毎回好評を博しながら開催して参りましたが、
今回からは新機軸の対バン形式を始めます!。
初回のお相手は、都内を中心にDJ活動を展開している
数の子ミュージックメイトさん。
かつて存在していた自主制作盤のレコード、
それも学芸会や卒業式、会社のカラオケ大会といった
究極のプライヴェート・レコードを「身内音楽」と称して
集めている数の子ミュージックメイトさんのセレクトは、
なんだかワカキコースケ氏の聴くメンタリーと通ずるものが。
当日はどんな化学反応が起こるのか、是非その耳で確かめに来てください!


■日時:2018年4月14日(土)18:30open/19:00start(※休憩はさんで約3時間の予定)
■料金:2,000円(ワンドリンク付/当日券のみ)
■出演:ワカキコースケ(若木康輔)、数の子ミュージックメイト
■協力:大澤一生(nondelaico)・小林和貴(クオリアノート)・neoneo編集室
■問い合わせ先:Tel:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
        Email :event@polepoletimes.jp

★スペシャル対談 〈聴くメンタリー×身内音楽〉は最新のエクスペリメント(実験)だ!

ワカキ/聴くメンタリーのイベントは今年、少し実験的に
 ゲストを招いてやってみたいと思っている。
 それで最初に声をかけたのが数の子さん、あなたってワケ。
 昔の洋楽の日本盤ライナーノートの文体風に答えてくれよな?

数の子/ワオ、気分は外タレの来日直前メッセージだね。OK!
 他にもいろんなイベントに呼ばれて正直目の回る忙しさだけど、
 聴くメンタリーとのブッキングは光栄さ。もともと身内音楽と
 聴くメンタリーは相性がいいと思っていたから。

ワカキ/フムフム。聴くメンタリーは廃盤アナログの中から音楽じゃない、
 ドキュメンタリー・レコードを掘り出して紹介しているんだけど、
 身内音楽の基本は音楽でしょ?

数の子/そう、かつて全国の学校や施設ではよく、
 合唱コンクールや演奏会などの録音を記念にレコードにしていた。
 市販じゃない究極のプライヴェート盤。それが身内音楽なんだ。

ワカキ/前に聴かせてもらったけど、最高に面白かったヨ!
 これぞオルタナティブ。学校の行事だから練習が足りないまま
 披露している吹奏楽部の演奏や、普段はおゆうぎソングばかりの
 幼稚園の先生が気晴らしで歌い込んだ歌謡曲には、前衛すら越えた、
 パッションのみを浴びる感動があったね。

数の子/そういうものをコツコツ集めていると、
 わざわざ録音した事実に奥深いドラマを感じさせる、
 とってもエキサイトなレコードが見つかるんだよ。
 せっかくワカキさんとやるんだから、
 いつもの身内音楽では回しにくいドキュメント寄りのものをフィーチャーして、
 日本のオーディエンスの度肝を抜かしたいナ。

ワカキ/ナルホド、身内音楽と聴くメンタリーが
 実はブラザーだってことが、ポレポレ坐で明らかになるワケだ。
 楽しみにしていてほしいね!

★当日かける予定のレコード
ワカキ
◎「横井、よかったなあ」「...ウワーン!」
 ジャングルから発見された旧日本兵・横井庄一さんの壮絶音声
◎寺山修司のボキャブラ番長ぶりが爆発する伝説のレーサー・福沢幸雄の追悼盤 など

数の子
◎全部録りシリーズ:結婚式(余興もあるヨ) 
◎全部録りシリーズ:卒業式(一同、起立!) 
◎文化祭で銃撃戦が起きちゃった! など

kikumen07_omote.jpg

2018.4.13 「真実・事実・現実 あることないこと」完成記念ライブ(2)

映画『獄友』連動企画
「真実・事実・現実 あることないこと」完成記念ライブ(2)

獄友イノセンスバンドの4人(小室等さん・谷川賢作さん
こむろゆいさん・河野'菌ちゃん'俊二さん)と
冤罪音楽プロジェクト賛同ミュージシャンの
「真実・事実・現実 あることないこと」完成記念ライブです。

映画『獄友』を観た後は、ぜひ「真実・事実・現実 あることないこと」
完成記念ライブへ♬ 映画の特別鑑賞券・半券を提示すれば1ドリンクつき!


◼︎日時:4月13日(金)18:30open/19:00start 
◼︎出演:獄友イノセンスバンド(小室等・谷川賢作・こむろゆい・河野'菌ちゃん'俊二)
    &うじきつよし
    &白崎映美
    &アンサリー
◼︎ 料金:前売(前日までの予約)3,000円 / 当日3,500円
    *映画『獄友』の特別鑑賞券・または半券提示で1ドリンクつき
◼︎予約先:キムーンフィルム
TEL:042-316-5567
E-mail:info@gokutomo-movie.com
*席数が限られていますので、必ずご予約ください。

2018.4.9 三上敏視のお神楽ナイトVol.32「神楽の獅子舞」

三上敏視のお神楽ナイトVol.32
「神楽の獅子舞」

■日時:2018年4月9日(月) 18:30open/19:00start (21:00終了予定)
■出演 : 三上敏視(神楽・伝承音楽研究家)
■料金:予約2,000円/当日2,300円(+要ワンオーダー)
■予約フォーム https://goo.gl/forms/fPzFVvIjzXVeRJBe2
    (電話予約:03-3227-1405 ポレポレタイムス社)

獅子舞は日本で一番数が多い民俗芸能で、それだけ人気が高いわけですが、
神楽にも便宜的な分類で「獅子神楽」があり、
おそらくこれが全国に普及してそれぞれの場所で変化したのでしょう。
そしてその普及の一つの形としてそれ以外の神楽の中にも獅子舞があります。
神楽の獅子舞しか紹介できないけど、それでもいろいろあるのでお楽しみに。

写真は僕が一番カワイイと思っている「坂部の冬祭り」の獅子です。
舞もファンキーなんですよ。

okagura.jpeg

2018.4.7 ポレポレ浮世亭Vol.11 笑福亭松喬の会

第十一回ポレポレ浮世亭 笑福亭松喬の会

■日時:2018年4月7日(土) 13:30open/14:00start
■出演:笑福亭松喬「ぜんざい公社」「七福神」「お楽しみ」
■料金:予約 3,000円 / 当日:3,500円(ワンドリンク付)自由席
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp

shokyo_pole.jpg

2018.4.6 アラヤシキに水車をまわすプロジェクト 報告会(1)

アラヤシキに水車をまわすプロジェクト
報告会 vol.1

2017年より本格始動した「アラヤシキに水車をまわすプロジェクト」は、
たくさんの方から寄せられたご寄付と長野県の元気づくり支援金に支えられ、
工程が進んで参りました。
昨年は大工さんや真木を訪れる様々な人達とメンバーの手によって、
水源の確保、予定地の整地、小屋の上棟、
12 月には水車本体の完成までが完了しました。
今年は雪解けを待って水路づくり、製材機の仕組み作りを開始します。
応援くださっている皆様や、プロジェクトを気にかけてくださっている方たちに
経過をご報告したく、小さな会を催します。
ぜひお出かけください。

■日時:2018 年4 月6 日(金)18:30 open / 19:00 start
■登壇者:真木共働学舎メンバー、岩越松男さん、小野田健さん
■料金:一律1,000 円(フード、ドリンクの販売があります)
■予約:event@polepoletimes.jp
   (電話予約:03-3227-1405 / ポレポレタイムス社)

suisha_0406.jpg

2018.4.5 徹と徹の部屋vol.1 (徹の部屋vol.43)

徹と徹の部屋vol.1 (徹の部屋vol.43)

徹の部屋がポレポレ坐に帰ってきます。
もう一人の徹(岩下徹 ダンス)を伴って「徹と徹の部屋」です。何回か続けます!

■日時:2018年4月5日(木)19:00 open / 19:30 start
■出演:岩下徹(舞踊家)、齋藤徹(コントラバス演奏・作曲)
■料金:予約2,500円、当日3,000円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp

春です。と言ってもこれを書いているのは極寒の2月。
暖かな穏やかな桜の季節の想像をしています。
一昨年十月末にジャン・サスポータス、森田志保という
2人のダンサーとの「ポレポレ坐・徹の部屋vol.42、ジーラ・ジーラ」
直後から入院手術を繰り返し、再びこの場所に帰ってくることはとても感慨深いです。

前回、2人のダンサーと成熟したパフォーマンスが
できるようになったことをとても印象深く覚えています。
ここポレポレ坐で試行錯誤を42回繰り返し、聴衆と共に育って行き、
こういうことができるようになったのだな~としみじみ思ったものでした。

そして今回は岩下徹さんをお招きしての会になります。
「徹と徹の部屋」としてシリーズでやってみようと思います。
岩下さんとは同年代(還暦過ぎ)。名前の表記も同じ。(パートナーの名前も同じ)。
学生の時に「生き方として」それぞれの道を選んだことも同じ。
(幼少期から訓練し、なるべくしたなった人達とは大きく違います)

それぞれの道を選んで40年経ちました。
厳しい現実の中でも、多くのすばらしい出会いがあり、感動があり、
なんとか続けてくることができました。私の場合は、
止めることを考える余裕もありませんでした。

先日私のワークショップ(@いずるば)にゲストとしてお招きし、
大変素晴らしいパフォーマンスおよび対談をしていただきました。
その中で「私の中にはもう新しいものなどありません。開くしかないのです。
特に自然の中で開くと良いです。」という言葉がとても印象的でした。

お互い、40年のキャリアの中で多くの経験と知恵を身につけ、
人を知り、社会を知るなかで、だんだんと老いる身体を受け入れ、
その中でも「即興」の可能性を考え続けています。
その彼が「開くしかない」というのは印象的でした。

膨大な知恵と経験の中、テクニックや演出で、
いくらでも世の中を「騙し」自分を、偉そうに、秘密があるように、
見せることができるのに、老いゆく身体をさらして「開くしかない」と
おっしゃった境地はすばらしいと思いました。
次世代に希望や夢を抱かせるのは華々しい業績や成功ではなく
こういう生のことばではないでしょうか。

「若い者には負けないぞ~」という発想は全くありませんが、
2人の徹と徹はまだまだやる気満々ですし、やりたいことはたくさんあります。
是非、「徹と徹の部屋」をシリーズでご鑑賞いただき、
私たちと共に「開いて」いけば、「今はどういうときか?」
「ここはどこなのか?」「わたしたちはどこからきてどこへいくのか?」を
ご一緒に思うことができるのではと思っております。(齋藤徹)


岩下徹(舞踊家)http://www.iwashitatoru.com/
国際的な舞踏集団<山海塾>ダンサー。
ソロ活動では<交感(コミュニケーション)としての即興ダンス>の可能性を追求。
1957年東京生まれ。82~85年石井満隆ダンスワークショップで即興を学び、
83年ソロ活動開始。かつて精神的危機から自分のからだを
再確認することで立ち直ったという経験を原点とするソロダンスは、
等身大のからだひとつで立つことから始まり、
場との交感から生まれる即興として踊られる。
代表作に、「放下」、「みみをすます」、音楽家との即興セッション等。
1989年より滋賀県/湖南病院(精神科)で医療の専門スタッフと
共にダンスセラピーの試みを継続実施中。日本ダンスセラピー協会顧問。
桜美林大学、神戸大学、滋賀県立総合保健専門学校非常勤講師。

齋藤徹(コントラバス演奏・作曲)http://travessiart.com

ダンス、舞踏、演劇、美術、映像、詩、書、邦楽、雅楽、能楽、
西洋クラシック音楽、現代音楽、アストルピアソラなどタンゴ、
ジャズ、即興音楽、韓国やアジアのシャーマニズムと深く関わってきている。
アジアとヨーロッパを繋ぐ「ユーラシアン・エコーズ」「オンバク・ヒタム」、
ジャン・サスポータスとのダンスシアター「私の城」などを継続中。
1994年アヴィニオンの国際コントラバス祭に招かれ、
この頃から頻繁にヨーロッパに行き、ミッシェル・ドネダ、
バール・フィリップスらと演奏を展開している。
神奈川フィルの委嘱で2つの二重協奏曲を作曲、演奏。
上智大学・早稲田大学などで講義、障害者との共演・ワークショップ。
世界各国でのコントラバス祭に招待されワークショップや演奏を行う。

スクリーンショット 2018-02-28 13.27.00.png

PREV

PREV

CATEGORIES

BACKNUMBER

RSS


page top