ポレポレ坐 お知らせ

2018.12.15 徹と徹の部屋vol.3 (徹の部屋vol.45)

徹と徹の部屋vol.3 (徹の部屋vol.45)

■日時:2018年12月15日(土)18:30 open / 19:00 start
■出演:岩下徹(舞踊家)、齋藤徹(コントラバス演奏・作曲)
■料金:予約2,500円、当日3,000円(ワンドリンク付)
■予約 電話:03-3227-1445 Mail:polepoleza@co.email.ne.jp

_______

岩下徹さん、ジャン・サスポータスさんをワークショップにお招きしたことがあります。
おふたりは、山海塾・ピナ・バウシュ舞踊団との長年にわたる活動で知られ、
世界中が新しい時代のダンスとして刮目した活動の中心にいました。
そのおふたりが異口同音に「自分はテクニックがないのです」とおっしゃったので驚いてしまいました。

私は病を得て、副作用による痺れ・浮腫み、手足の硬化、筋肉の衰えなどで、
思ったように演奏はできません。「こうしたい」のにできない、「ああしたい」のにこうなってしまう、という状況が続いています。

なり始めの頃は、「テクニック」が落ちたな~これじゃ40年前の初心者と同じだわな〜と
諦観せざるを得ませんでした。リタイアも考えねばと、とても哀しい気持ちでした。
しかし、お世辞かも知れませんが「前より良いよ!」「ビンビン伝わってくるよ」と
言ってくれる人も複数いらっしゃいました。
2回の「徹と徹の部屋」も大きな励ましになりました。
音にならなかったもの、でて来れなかった音達も加わって伝わっているのかな~
とも想像しました。それを思うとテクニックとは、単に「自己満足」の領域かもしれません。

やれることとやれないことの統合した一人のニンゲンとして、楽器を前にし、
岩下徹さんと対峙する!そんなことができるのか、私は何をやるのか?
ワクワクドキドキ、いやある意味イノチガケです。
楽器を持たずに演奏家がどうやって立っていられるか?という
海童道の詰問がまさにこの目の前にあります。

「テクニック」には、1:基礎技術(現在に至るまで、関わってきた人達の業績・歴史と願い・夢)があります。
科学における「基礎研究」と似ていて一見無駄なことも多い。
そこから、2:「自分の言いたいことが実現出来る技術があれば良いのでは」という考え、
さらに3:「自分の言いたいことを超えたものが来た時にそれを受け止めて自分を通すことができる方法」としてのテクニックも有り得ます。
自分の思ったとおりは、実はツマラナイし、たかが知れています。自己満足でしかありません。

岩下徹さんは、よく、自分を投げ出す、自分を通して出てくるものに従う、とおっしゃいます。
長年、きびしく身体を鍛えていらっしゃるのは、そのためかと推察します。
「その時のために準備をしている」と推察できるのです。私は最近それを強く感じています。
その時・その場でのできる限りのあらゆる情報を汲み取って、
身体と心を開いてなげだして「即興」的に処理する、それしかありえない!

当分、一期一会、総力戦・持久戦が続きます。
何はともあれ、いま・ここに生きていることを寿ぎ、愉快に、堂々と、ポレポレ坐に立ちたいと強く思います。
この状態での私を受け入れてくださっている岩下徹さんとポレポレ坐に深く感謝します。

齋藤徹
_____
岩下徹(舞踊家)http://www.iwashitatoru.com/
国際的な舞踏集団<山海塾>ダンサー。
ソロ活動では<交感(コミュニケーション)としての即興ダンス>の可能性を追求。
1957年東京生まれ。82~85年石井満隆ダンスワークショップで即興を学び、
83年ソロ活動開始。かつて精神的危機から自分のからだを
再確認することで立ち直ったという経験を原点とするソロダンスは、
等身大のからだひとつで立つことから始まり、
場との交感から生まれる即興として踊られる。
代表作に、「放下」、「みみをすます」、音楽家との即興セッション等。
1989年より滋賀県/湖南病院(精神科)で医療の専門スタッフと
共にダンスセラピーの試みを継続実施中。日本ダンスセラピー協会顧問。
桜美林大学、滋賀県立総合保健専門学校非常勤講師。


齋藤徹(コントラバス演奏・作曲)http://travessiart.com
ダンス、舞踏、演劇、美術、映像、詩、書、邦楽、雅楽、能楽、
西洋クラシック音楽、現代音楽、アストルピアソラなどタンゴ、
ジャズ、即興音楽、韓国やアジアのシャーマニズムと深く関わってきている。
アジアとヨーロッパを繋ぐ「ユーラシアン・エコーズ」「オンバク・ヒタム」、
ジャン・サスポータスとのダンスシアター「私の城」などを継続中。
1994年アヴィニオンの国際コントラバス祭に招かれ、
この頃から頻繁にヨーロッパに行き、ミッシェル・ドネダ、
バール・フィリップスらと演奏を展開している。
神奈川フィルの委嘱で2つの二重協奏曲を作曲、演奏。
上智大学・早稲田大学などで講義、障害者との共演・ワークショップ。
世界各国でのコントラバス祭に招待されワークショップや演奏を行う。

2018.12.6 民謡を旅する Vol.5

唄とともに、もうひとつの日本を探す旅__
民謡を旅する Vol.5

添乗員:伊藤多喜雄
同行者:小室等

土地の風土と、人々の人生から生まれてきた唄、民謡。
民謡歌手伊藤多喜雄は、日本各地の民謡を訪ねる旅を続けてきました。
唄から見えてくる地域、時代、人々の姿を小室等とともに語り、時には唄います。
この旅を通して、見落としていたもうひとつの日本を見つけられるかもしれません。

■日時:2018年12月6日(木)18:30 open / 19:00 start
■出演:伊藤多喜雄、小室等
■料金:予約 3,000円 / 当日 3,500円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1445 Mail:polepoleza@co.email.ne.jp

2018.11.26 三上敏視のお神楽ナイトVol.34「神楽と子供+神楽談議」

三上敏視のお神楽ナイトVol.34
「神楽と子供+神楽談議」

■日時:2018年11月26日(月) 18:30open/19:00start (21:00終了予定)
■出演 : 三上敏視(神楽・伝承音楽研究家)
■料金:予約2,000円/当日2,300円(+要ワンオーダー)
■予約:polepoleza@co.email.ne.jp
   (電話予約:03-3227-1445 ポレポレ坐)


年内最後の「お神楽ナイト」は11月26日(月)です。実はSNSなどでは載せていないんですが私の誕生日です。
これまでけっこう週末に当たる年が多くて、神楽を見に行っていて、ひとりで祝ってもらってるつもりになってたことが多かったですね(^^)
そんなわけで今回は気分だけ「バースデースペシャル」とさせてもらいます。
内容は「子供の頃神楽に出会ってたらどうしてたろうなあ」ということで、『神楽と子供』です。
『子供の神楽』としなかったのは、神楽での子供の存在にはそれぞれの事情でいろいろなあり方があるんですね。
そのあたりを紹介しながら「子供らしいかわいい舞」や「大人顔負けの立派な舞」を60分ほどやります。
そして30分位が「神楽談議」。
いつも伝えたいことが多くて一方的に喋りまくっているのでお客さんとやり取りをしながら、
そこから映像を選んでいきたいと思っています。
ミニライブもソロになると思いますが予定しています。
楽しんでください。よろしく、お待ちしています。

IMG_0215.jpeg

宮崎県・都農(つの)神楽 「御神楽」は清めの舞で、子供が腰を深く落とし地面を踏みつける、見事な返閇の舞を見せる。

fukue.jpeg

長崎県・五島の福江神楽は今、子どもたちが伝承している。盆を落とさずにアクロバティックな「折敷」を大人顔負けに舞う少年。

2018.11.14〜25 企画展「天幕の見世物小屋、サーカスの時間」

企画展
「天幕の見世物小屋、サーカスの時間」本橋成一資料コレクションを中心に

写真家・映画監督の本橋成一(1940年-)は、1968年「炭鉱(ヤマ)」で
第5回太陽賞受賞以来、サーカス、上野駅、屠場、築地魚河岸、
大衆演劇など市井の人びとの営みを写真に撮り続けてきました。
1990年以降は、チェルノブイリ原発事故とその被災地ベラルーシへ通いながら、
汚染地帯で暮らす人びとをテーマに、社会の基底にある人間の営みの豊かさを記録しています。

なかでも、1970年代には日本のサーカス、1980年代には韓国のサーカスを訪ねて歩きまわり、
のちに写真集『サーカスの時間』(初版1980年、新版2013年)、
『サーカスが来る日』(初版1989年、新版2000年)を制作。
サーカス団員全員が、家族として仮設小屋で寝食を共に過ごし、開演すれば、
舞台で命がけの芸をみせて脚光をあびる彼らの姿。丸太を組んで数百人収容の
天幕の小屋を建てる光景── そうした、今はなきサーカス一座で生きる人びとの側に、
カメラは向けられています。
本展は、本橋成一がサーカスを取材し、収集してきた「本橋成一資料コレクション」を中心に、
サーカスゆかりの関係者の協力を得て、さながら、渡り鳥のようにさすらい巡業の旅をくり返し、
またやって来る「天幕の見世物小屋」、サーカスの記録を紹介します。

■期間:2018年11月14日(水)〜11月25日(日)
連日11:30〜21:00(※17日のみ16時まで)20日(火)休

【関連イベント】
第20回 2018年度 見世物学会総会
「見世物としてのサーカス」

登壇者
● 本橋成一(写真家・映画監督)
● 鵜飼正樹(学会会長)
ほか学会諸氏

■日時:2018年11月17日(土)17:00開場/17:30開始〜19:30(予定)
■料金:[一般]資料代2,000円※別途ドリンク代500円をお支払い頂きます
■予約: email) (見世物学会事務局 真島)

●タイムスケジュール
17:30 学会総会、会計報告(約10分)
17:40 特別対談「見世物としてのサーカス」 スライド上映などあり
19:30 終了

企画:見世物学会、ポレポレタイムス社


 misemono.jpg

2018.11.10、11 共働学舎の収穫祭2018

共働学舎とその仲間たちの収穫祭2018

ポレポレ坐カフェメニューでもおなじみの、共働学舎とその仲間たちの農産物がやってきてポレポレ坐が市場になる2日間。
年に一度の収穫祭、お出かけ下さい!

共働学舎とは、社会で弱い立場にある人たちと共に、自労自活・自主自立を基本
として農業、酪農、工芸など、生産的勤労生活をしているグループで す。
長野・東京・北海道に拠点があります。


▼収穫祭販売
日時:2017年11月10日(土) 10:00~17:00→終了後「アラヤシキの住人たち」上映あり
     11日(日) 10:00~17:00→終了後イベントあり

▼販売品 
○共働学舎より 
野菜、米、豆、味噌、パン、チーズ、ソーセージ、クッキー、工芸品 他

○仲間たちより
野菜、りんご、わさび、オーガニックコーヒー、ケーキ、びわ茶 他

▼イベントその1)共働学舎の紹介・報告会
日時:2017年11月11日(日)17:00〜
会場:ポレポレ東中野
参加費:1,000円
(当日先着順入場 / 16:45〜)

「共働学舎の収穫祭」では、毎年共働学舎をより深く知っていただくためのトークイベントを開催しています。
今年は、共働学舎の子育てへの可能性、子どもにとって、人にとって、幸せに生きていくには何が大切かを探ります。


○第一部:共働学舎の活動、暮らし紹介
北海道、長野、東京の各学舎での生活の様子を写真を交えてご紹介します。
そして、学舎の中で子どもを育てるとは、どんな悩み、喜びがあるのだろう。
各地紹介の後は、幼児期の子どもを抱えている家族にスポットをあててご紹介します。
収穫祭にあわせて上京したメンバーたちも会場に集まります。

○第二部:子どもが育つ、人が育つ
共働学舎では様々な人が暮らしていますが、関係が密になる共同生活では「人と人がどう交わるか」がいつも課題です。
生活を共にしているからこそ起こる日々の様々な課題を消化しつつ、自然の中で協力しながら生活を作り上げていく過程は、大人にとっても学びの日々です。
二部ではゲストに、新潟県上越市で森のようちえんを立ち上げ、子どもたちの成長と子どもたちを取り巻く大人たちを長年見守ってきた小菅江美さんと、
保育士を目指す学生たちを育てている青山女子短大の菅野幸恵先生を迎え、子育て世代の学舎メンバーと共に、今の日本の教育への課題や希望、学舎の子育てへの可能性、子どもにとって、人にとって幸せに生きていくには何が大切なのか、探ろうと思います。

登壇者 小菅江美(森のようちえん「てくてく」)
    菅野幸恵(青山女子短期大学)
________________________


▼イベントその2) 映画『アラヤシキの住人たち』アンコールロードショー
北アルプスの山裾、長野県小谷村。
車の通わない山道を1時間半歩いたところにある
真木共働学舎の四季を追ったドキュメンタリー。

本橋成一監督作品
2015年/117分/HD

日時:11/10(土)~16(金)※11/11(日)は上記イベントのため休映
  連日17:30より 1日1回上映
初日11/10(土)は宮嶋信(信州共働学舎代表)ほかによる舞台挨拶あり!
会場:ポレポレ東中野
03-3371-0088 / www.mmjp.or.jp/pole2/
料金:1300円均一

kyodogakusha2018omote.jpg

2018.11.8 六文銭 ニューアルバム「自由」発売記念ライブ・その1

「六文銭 ニューアルバム「自由」発売記念ライブ・その1」

【東京 2days!!】
日時:2018年11月8日(木)
開場 19:00 / 開演 19:30
料金:前売 ¥4,000 / 当日 ¥4,500(ワンドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:ポレポレタイムス社
e-mail event@polepoletimes.jp
tel 03−3227−1405

2018.11.7 六文銭 ニューアルバム「自由」発売記念ライブ・その1

「六文銭 ニューアルバム「自由」発売記念ライブ・その1」

【東京 2days!!】
日時:2018年11月7日(水)
開場 19:00 / 開演 19:30
料金:前売 ¥4,000 / 当日 ¥4,500(ワンドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:ポレポレタイムス社
e-mail event@polepoletimes.jp
tel 03−3227−1405

PREV

CATEGORIES

BACKNUMBER

RSS


page top