ポレポレ坐 お知らせ

2018.4.24〜5.7 丸木俊「本のたのしみ」絵本・装幀・挿絵を一挙展示

丸木俊「本のたのしみ」
100冊を超える刊行物を一挙展示!

Space&Cafeポレポレ坐ではこのたび、
原爆や水俣病、沖縄戦などの記録絵本を残している
丸木俊さんを紹介する企画展「本のたのしみ」を開催します。
1987年にポレポレ坐のオープン企画として
丸木位里・俊「ひろしまのピカ・みなまた海のこえ 絵本原画展」を開催しました。
この度、31年ぶりに丸木作品がポレポレ坐へやってきます。
 1940年に刊行された『赤道海流』(著・木村荘十、富士出版社)の
挿画からはじまった俊さんの本にかかわる仕事は150冊以上にのぼります。
日本の統治下にあったパラオ群島をはじめ、
モスクワ、ヨーロッパ、中国、沖縄、そして都幾川...。
世界各地で生きる人びとや営み、自然と文化を見つめ精力的にスケッチを行なった俊さん。
その美しく生命力あふれる描写は絵本の世界でも生き続けています。
 今回は、初期の代表作『ヤシノミノタビ』(1942年帝国教育出版部刊)から
最晩年の絵本『どんぶらこっこすっこっこ』(1999年福音館書店刊)まで、
現存する「本」そのものを100点以上展示することで、俊さんの多彩な仕事をご紹介します。
また、一部の刊行物は実物をお手に取ってご覧いただけます。
俊さんは「経験したときには、もう死んでいる。原爆とはそうしたものなのです。
だけど、あなたがたは想像力をもっているのよ。」と語っています。
本展を通じ豊かなイマジネーションと生命力を感じ取っていただければ幸いです。

■期間:2018年4月24日(火)〜5月7日(月)
 連日11:30〜21:00(※26日のみ17時まで)会期中無休

■関連イベント(1)
丸木ひさ子(絵本作家)岡村幸宣(丸木美術館学芸員)
本橋成一(写真家・映画監督)によるトーク
■日時:2018年4月26日(木)18:30開場/19:00開始
■料金:予約1,500円(ワンドリンク付)
■予約:予約フォーム→https://goo.gl/forms/8NUH85JVy0k90hEg2
   (電話予約:03-3227-1405 ポレポレタイムス社/平日10:00〜18:00対応)


■関連イベント(2)
「絵本 読み聞かせの会」
■日時:4月27日(金)16:00開始
■参加費:500円/飲みもの付
 予約優先(電話予約:03-3227-1405 ポレポレタイムス社/平日10:00〜18:00対応)

俊本展DM.jpg


2017.5.16-28 樹の実工房 山福朱実作品展

樹の実工房 山福朱実作品展

在京35年の最後の個展を、20代前半にお世話になった古巣のポレポレ坐で開催!
創作絵本「ぐうるんぐるん」(農文協)の原画版画全点のほか、倉庫に眠っていた作品たちを
できるだけ飾り、可能な限り販売いたします。皆様のご来場を心よりお待ちしています。
九州Uターン壮行宴会は持込み大歓迎!お気軽に遊びにいらしてくださいませ。
山福朱実

■日時:2017年5月16日(火)〜28日(日)月曜休
    10:00〜19:00
    ※カフェの営業は18:00まで
    ※5/18(木)、5/27(土)はイベントのため16:00まで
__

九州Uターン壮行宴会!
■日時:2017年5月27日(土)18:30 open / 19:00 start
■出演:原マスミ、よしだよしこ、イマイアキノブ、渡部八太夫、山本由也、末森樹 ほか
■料金:3,000円+ドリンクオーダー
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Email : event@polepoletimes.jp
__

17949667_1335647353193714_237700985_o.jpg

2017.4.18-28 本橋成一写真展「ベラルーシ再訪2017」

本橋成一写真展「ベラルーシ再訪2017」

■日時:2017年4月18日(火)〜28日(金)
    10:00〜18:00
    月曜休 入場無料

チェルノブイリ原子力発電所の事故から31年となる今年、
『ナージャの村』(1997)、『アレクセイと泉』(2002)の
監督本橋成一は、両作品の撮影地ベラルーシを再訪しました。
ナージャ、アレクセイの家族をはじめ、
汚染されたふるさとに住み続ける「サマショール」(自ら住む人)と
呼ばれる人びとの現在の暮らしを写真で伝えます。
自然と文明のなかで人はどう生きるのかを繰り返し問われる今、
多くの人に届けたいレポートです。この機会に是非ご来場ください。

2017.1.24~29 『奔流の椅子』をポレポレ坐に置く

『奔流の椅子』をポレポレ坐に置く

■期 間:2017年1月24日(火)~29日(日)
    火~土 11:30〜23:00/日 11:30〜18:00 入場無料
        ※会期は前後に延長する可能性があります。

ちょっと風変わりな椅子がポレポレ坐にやってきます。
高さ165㎝もあるゆったり大きなオブジェにも思える椅子・・・。
なんとこの椅子に座ってお茶を飲んだり本を読んだりカレーを食べたりしてもOKなのです。

「椅子の作品を普段使いの趣でカフェに置いて実際に座ってほしい」という
作家の盧興錫さんの想いにより、開催となります。

陰陽五行の大きな手に包まれながら
    一杯のコーヒーを味わってみませんか?

奔流.gif

2016.10.25~10.30 林優希×松尾布祐子 描きたいままに

林優希×松尾布祐子 描きたいままに

■期 間:2016年10月25日(火)~30日(日)
    火~土 11:30〜23:00/日 11:30〜18:00 入場無料
■林優希http://ukihayashi.wixsite.com/ukihp
 松尾布祐子http://fuyukomatsuo.tumblr.com

『描きたいままに』

絵を描く
ひとりぼっちで描く
わたしの中の
本当のわたしが 目を覚ます

絵の具の触感
墨のにおい
キャンバスを掻く音
にじみ、ゆがみ、まざった色

描き上げた瞬間
ひとつ気もちが落ちつくけれど
すぐに別の気もちが
押し寄せてきて

わたしたちは
今日もねむれない。

   (※作家在廊中は作品の販売をします。)

DM絵いち.gif

2016.4.19~5.8.新版『無限抱擁』(本橋成一写真集)刊行記念写真展

新版『無限抱擁』(本橋成一写真集)刊行記念写真展

チェルノブイリ原発事故から5年後の1991年、本橋成一は初めて現地を訪れた。
石棺の前に立った時、病院の子どもたちに笑顔を向けられた時、とても写真な
ど撮れるものではないと思ったという。しかし、チェチェルスク地区で汚染され
た大地に暮らし続ける人々との出会いから、現地に度々足を 運ぶこととなる。

美しく雄大にあり続ける大地と、そこから離れない人々。「どこへ行けというの
か、人間の汚した土地だろう」とつぶやく老人。
文明に追いすがること なく自分たちの暮らしを生きる。
汚染された地にも草木はまた芽生え、季節がめぐる。

天は、地に生きるものの喜びも、悲しみも、愚かささえも、未だ抱擁し続ける。

チェルノブイリ事故から30年、東日本大震災から5年を経たいま再び注目を集め
る、生きることの原風景を写し出した写真群。

■日時:2016年4月19日(火)~5月8日(日)月曜定休
    火~土 11:30~23:00/日 11:30~18:00 入場:無料
    ※ 21(木)は夕方からイベントのためご覧になれません。

mugen.jpg
■お問い合わせ:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Email : event@polepoletimes.jp 

2016.4.15~17第8回相馬友子QUILT創作展

相馬友子QUILT創作展

■期 間:2016年4月15日(金)~17日(日)
    金・土 11:30〜18:00/日 11:30〜17:00 入場無料

~チャリティー東日本大震災の義援金および飼い主のいない猫たちへの支援~


相馬さん個展ハカ-キ.gif

PREV

CATEGORIES

BACKNUMBER

RSS


page top