ポレポレ坐 お知らせ

2017.9.18 福島映像祭 「福島中央テレビの現場から」

2017.08.17
イベント

福島映像祭
「福島中央テレビの現場から」

福島中央テレビによるローカルニュースを上映する毎年恒例企画。
いま、福島のテレビ局は日々、何を、どう伝えているのか?
なぜ、それを報道するのか?
福島中央テレビ常務取締役報道制作局長の佐藤崇さんをゲストに、
あまり語られることのないテレビの"裏側"の思いを聞く。

<ゲスト> 佐藤 崇(福島中央テレビ 常務取締役報道制作局長)
1956年福島県相馬市生まれ。中学高校時代を双葉郡富岡町で過ごす。
1980年福島中央テレビ入社、イヌワシや尾瀬などの自然保護をテーマにした取材が多い。
原発監視カメラの設置を提案し、茨城JCO事故の翌2000年に実現。
2011年、福島第一原発事故の瞬間をとらえた唯一のカメラとなる。

<聞き手> 七沢 潔(NHK放送文化研究所・上級研究員)
1981年早稲田大学卒業後、NHK入局。テレビディレクターとしてチェルノブイリ、
東海村、福島などの原子力事故を長期にわたり取材、番組化。
2004年より現職に。ETV特集『ネットワークでつくる放射能汚染地図』で
文化庁芸術祭テレビドキュメンタリー部門大賞、ドイツ世界映像祭銀賞などを受賞。

■日時:2017年9月18日(月・祝) 12:30open/13:00start
■ゲスト:佐藤 崇(福島中央テレビ 常務取締役報道制作局長)
 聞き手:七沢 潔(NHK放送文化研究所・上級研究員)
■料金:予約/当日 1,500円(福島映像祭3回券使用可)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)E-mail : event@polepoletimes.jp

0918.jpg

CATEGORIES

BACKNUMBER

RSS


page top