ポレポレ坐 お知らせ

2017.9.29 三上敏視のお神楽ナイトVol.30

お神楽ナイトVol.30 神楽の音楽パート2 "かっこいいお囃子30連発!!"

■日時:2017年9月29日(金) 18:00open/18:30start(20:30終了予定)
■出演:三上敏視(音楽家、神楽・伝承音楽研究家)
■料金:予約2,000円/当日2,300円(+要ワンオーダー)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)E-mail : event@polepoletimes.jp

「お神楽ナイト」も30回目を迎えます。これまで色々なテーマでやってきましたが、
今回は前回に引き続いて「神楽の音楽」の2回目で、間に合えば「新刊の刊行記念」にもなります。
神楽の音楽の中でもお囃子はいろいろかっこよくて、「ノリの良いかっこよさ」、
「不思議なかっこよさ」、「珍しいかっこよさ」、などなど色々あります。
今回は30回目にもかけて、「30連発」と銘打って選りすぐりの映像を用意します。
どうぞお楽しみに。

2007_0408_131947AA.JPG

DSCF1483.JPG


三上敏視(みかみ としみ)
1953年 愛知県半田市生まれ、武蔵野育ち。
93年に別冊宝島EX「アイヌの本」を企画編集。
95年より奉納即興演奏グループである細野晴臣&環太平洋モンゴロイドユニットに参加。
日本のルーツミュージックとネイティブカルチャーを探していて里神楽に出会い、
その多彩さと深さに衝撃を受け、これを広く知ってもらいたいと
01年9月に別冊太陽『お神楽』としてまとめる。
その後も辺境の神楽を中心にフィールドワークを続け、
09年10月に単行本『神楽と出会う本』(アルテスパブリッシング)を出版、
初の神楽ガイドブックとして各方面から注目を集める。
神楽の国内外公演のコーディネイトも多い。
映像を使って神楽を紹介する「神楽ビデオジョッキー」の活動も全国各地で行っている。
現在は神楽太鼓の繊細で呪術的な響きを大切にしたモダンルーツ音楽を
中心に多様な音楽を制作、ライブ活動も奉納演奏からソロ、ユニット活
動まで多岐にわたる。また気功音楽家として『気舞』『香功』などの作
品もあり、気功・ヨガ愛好者にBGMとしてひろく使われている。
多摩美術大学美術学部非常勤講師。

2017.8.27 夏休み {生命誌ウィーク} 関連企画 中村桂子先生の『いのちのひろがり』を読む会

ポレポレ東中野 夏休み {生命誌ウィーク} 関連企画
中村桂子先生の『いのちのひろがり』を読む会

▼中村桂子先生の『いのちのひろがり』を読む会
■日時:8月27日(日)13:00~13:45
■参加費:一般 1,000円 当日券のみ 定員80名
     ※親子割引 大人1名と小・中学生1名ペアで1,000円(+子ども1名あたり500円)
※開始時間までに会場へお越しください。
※定員となり次第、受付を終了します。

2017.8.26、27 夏休み {生命誌ウィーク} 関連企画 立体・生命誌絵巻ワークショップ

ポレポレ東中野 夏休み {生命誌ウィーク} 関連企画
「立体・生命誌絵巻」ワークショップ

■日時:8月26日(土) 11:15~, 13:00~, 16:00~
    8月27日(日)11:15~,16:00~
■参加費:500円(ペーパークラフト・セット代含む)
     各回定員20名(親子参加も可)
※開始時間までに会場へお越しください。
※定員となり次第、受付を終了します。

2017.9.15 ECフィルム連続上映会13「口をめぐるものがたり」

20世紀の映像百科事典
エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ(ECフィルム)を見る

本上映会シリーズは、20世紀を代表するこの壮大な映像アーカイブを
今に生きる私たちの目線で読み直し、虫干しして、
多彩な分野の人々との対話を通して新しい息吹をふき込む試みである。
これらの映像の中に、私達の未来に必要な宝物を見つけられるかもしれない。

* * *
連続上映会13「口をめぐるものがたり」

■ゲスト:赤坂憲雄(民俗学者)
     三上敏視(音楽家、神楽・伝承音楽研究家)

ECのインデックスめくる。さまざまなタイトルの中から、
「お!これは」と目が止まったものを次々にピッアップしていく。
一見気ままに選んだタイトル。しかしそれは、赤坂憲雄さんの、
今まさにホットな思索の跡をあぶり出すようなものになった。
「食べる/交わる/殺す」ことに埋もれた不可思議な繋がりとは何なのか?
いのちの根源との遭遇をめざした思索の書「性食考」を書き終えて間もない
赤坂さんと観るEC映像は、私達の前に新しい姿で立ち現れるに違いない。
もうひとりのゲストは神楽研究をライフワークとする音楽家
(なんと、赤坂さんとは高校の同級生でもある)三上敏視さん。
彼がセレクトした口琴や歌の映像と並べてみると見えてきた「口(くち)」という共通項。
食べ、語り、口ごもり、歌い、キスし、震える...口。
あまりにも身近なこの身体を改めて意識しつつ、
気ままな映像の旅をごいっしょしましょう。

* * *

〈上映プログラム〉
【口移しでの給餌】(南西アフリカ/カオコラント/ヒンバ族)1973-77年撮影 5分 サイレント
【ムングゴンナの女たちの豚の解体と調理】(西ニューギニア中央高地/アイポ族)1976年撮影 30分30秒
【犬とのつきあい(餌の口移し なでる 寄生虫除去】(西ニューギニア中央高地/アイポ族)1970年撮影 10分 サイレント
【農家の夕食】(中央ヨーロッパ/チロル)1966年撮影 16分30秒 サイレント
【イセーの口琴の合奏】(バリ島/カランガセム地区)1973年撮影 6分30秒
【サンヒアンとケチャ踊り】(バリ島/カランガセム地区)1926年撮影 5分 サイレント
【シャーマニズムの踊り】 (北西パキスタン/ギルギット/ダート族)1955/56年撮影 4分 サイレント
【楽弓の伴奏による王女マゴゴ・カ・ディヌズルの三つの歌】(南アフリカ/ナタール/ズールー族)1968年撮影 10分

* * *

■日時 :2017年9月15日(金)18:30開場/19:00開演
■予約:03-3227-1405 event@polepoletimes.jp(ポレポレタイムス社)
■料金:予約:1,500円/当日:2,000円(ワンドリンク付)
公益財団法人下中記念財団、ポレポレタイムス社 共催

* * *

エンサイクロペディア・シネマトグラフィカとは?
ECフィルム=「エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ」は、
世界中の知の記録の集積をめざした映像による百科事典です。
1952年、ドイツ・国立科学映画研究所で、科学映像をめぐる一大計画が始まり、
以後数多くの研究者・カメラマンが世界各地に赴き、
現在は失われた暮らしの技法や儀礼などの貴重な記録を含む、
3000タイトル強の映像アーカイブを制作しました。
演出や解説、BGMを徹底的に避け、比較を可能にする体系的な映像を目指して
作られたECフィルムは、20世紀の民族誌映像のひとつの型を作ったとも言われています。
制作されたECフィルムは各国機関に渡り、日本でも1970年より下中記念財団によって、
アジアで唯一のフルセットの映像が管理・運用されています。
現在もECフィルムの日本国内での上映、教育的な利用については、
(公財)下中記念財団が権利を持っています。

▼本上映にあたり
「エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ」の映像群からは今、
動物、人間がどのようにして生きているか、また、生きる上で必要なものは何か、
という普遍性が見えてきます。本上映シリーズでは、
ゲストと一緒に映像の中に記録された世界を旅するように見ていきます。
テロップやナレーションでの説明はなく、じっと観察するように映し出される映像。
そこから受け取るものは、人それぞれに違うかもしれません。
観察し、気になったことから思索を深めていく。
クリックひとつの検索ですぐに答えにたどり着ける便利さの中で失いがちな、
探究心くすぐる時間をお楽しみください。

URL:http://ecfilm.net/

* * *

▼ゲストプロフィール
赤坂憲雄(あかさかのりお)
学習院大学教授、福島県立博物館館長、遠野文化研究センター所長。
民俗学をベースに東北の文化や歴史を掘り起こす「東北学」を提唱。
震災後は東日本大震災復興構想会議の委員を務め、東北の復興について、
積極的に発言を続けている。著書に『異人論序説』、
『東北学/忘れられた東北』、『岡本太郎という思想』、『震災考』ほか多数。

三上敏視(みかみとしみ)
音楽家、神楽・伝承音楽研究家
多摩美術大学美術学部非常勤講師。
日本のルーツミュージックとネイティブカルチャーを探すなかで里神楽に出会い、
その多彩さと深さに衝撃を受け、辺境の神楽を中心にフィールドワークを続けている。
著書に別冊太陽『お神楽』、『神楽と出会う本』(アルテスパブリッシング)など。
映像を使って神楽を紹介する「神楽ビデオジョッキー」の活動も各地で行う。
音楽活動では細野晴臣&環太平洋モンゴロイドユニットに太鼓、ギター、ディジェリドゥーで参加。
MICABOX名義でアルバム『ひねもす』をリリースするなど広く活躍している。

■共催:公益財団法人 下中記念財団(平凡社の創立者下中弥三郎を記念し、教育・出版に関する助成を実施)、ポレポレタイムス社
■企画:EC活用委員会/下中菜穂(エクスプランテ)、丹羽朋子 (FENICS)、ポレポレタイムス社
■協力:川瀬慈(国立民族学博物館)、岡田一男(東京シネマ新社)、NPO法人 FENICS
■デザイン:大橋祐介

2017.8.26 映画一揆外伝 ~破れかぶれ~ 井土紀州最新作『漂着物』上映

映画一揆外伝 ~破れかぶれ~ 井土紀州最新作『漂着物』上映

新作『漂着物』上映決定!お待たせしました! 
『百年の絶唱』『ラザロ』の井土紀州による
スピリチュアル・ムービーズ製作としては8年ぶりの新作がついに完成しました!
なんと新作のコンセプトは近未来、2020年に開催される
東京オリンピック以後の世界が舞台です。
未来から現在へとさかのぼる独自の視点で、人間の愚かさと愛おしさを描きだす本作は、
まさに必見です。また『漂着物』と共に映画一揆外伝では
初の上映となる『泥の惑星』(2010年)を併映します。
これまでのスピリチュアル・ムービーズとは一味も二味も違う、
新たな幕開けを是非ともご覧あれ!

■日時:2017年8月26日(土)
■開場:18:30
■開映:19:00 「漂着物」32分
19:35 トーク 60分
       井土紀州、 細江祐子、本多章一(予定)
20:35 休憩
20:50「泥の惑星」53分
■料金:1,500円(当日券のみ)

■お問い合わせ 090−4395−4852(担当:高橋)
Email: spiritualmovies@hotmail.co.jp
___

『漂着物』
出演:細江祐子 本多章一
監督:井土紀州 脚本:小谷香織 井土紀州 撮影:高橋和博 照明:俵謙太
録音:中川究矢 ドローン撮影:上田茂 俗音:近藤崇生 編集:桑原広考
助監督:遠藤晶 題字:翠川英人 プロデューサー:吉岡文平
製作:スピリチュアル・ムービーズ
2017年/日本映画/デジタル/16:9/カラー/ステレオ/32分

○ストーリー
202X年、東京オリンピックの喧騒は過ぎ去り、様々な廃墟と凄まじい量の
廃棄物が残された首都・東京。都心から吐き出された多くのゴミは、
潮の流れに乗って東京湾の片隅に流れ着いていた。
西澤修也は、海辺の廃墟に住みつき、流れ着いたゴミを拾って生計を立てている。
隠遁者のように暮らす修也の生活圏に、一人の女・咲が迷い込んできた。
言葉を交わし、触れ合ううちに、次第に明らかになる二人の過去。
それはのっぴきならぬ事態に二人を追い込んでいくのだった。

監督:井土紀州
(プロフィール)
1968年生まれ。シナリオライター・監督。高校時代からの友人である吉岡文平らと
SPIRITUAL MOVIESを結成し、映画を作り始める。主な監督作に『百年の絶唱』(98)、
『LEFT ALONE』(05)、『ラザロ―LAZARUS―』三部作(07)、『行旅死亡人』(09)、
『彼女について知ることのすべて』(12)など。主な脚本作に『雷魚』(97)、
『HYSTERIC』(00)、『MOON CHILD』(03)、『ニセ札』(09)、『溺れるナイフ』(16)、
『64(ロクヨン)』(16/脚本協力)などがある。

出演:細江祐子
(プロフィール)
2003年 「ばかのハコ船」(山下敦弘監督)でデビュー。以降多くの映像作品に参加。
近年では 「Sweet Sickness」(西村晋也監督) 「知らない町」(大内伸悟監督)など。

本多章一
(プロフィール)
2004年より役者を始める。映画を中心にドラマやTV-CM、雑誌等に出演。
近年の出演映画は、'17年『光』(河瀬直美監督)劇中映画「その砂の行方」、
'16 年『断食芸人』(足立正生監督)『つむぐもの』(犬童一利監督)
『イノセント15』(甲斐博和監督)、'15年『新しき民』など。
現在、KIRINオーストラリア「恵み」の広告に出演中。


漂着物_表面_見本.jpeg

___

『泥の惑星』
出演:千葉美紅・上川原睦・小林歩祐樹 
監督:井土紀州 脚本:天願大介 撮影:高橋和博 照明:吉川慎太郎 録音:岩丸恒
装飾:森田博之 音楽:平山準人 整音:福田伸 助監督:川﨑龍太
制作進行:吉川正文・冨永威允 協力プロデューサー:吉岡文平
制作協力:スピリチュアル・ムービーズ プロデューサー:天願大介・加瀬愼一
企画・製作:日本映画学校
2010年/53分/HDV/カラー

○ストーリー
農業高校に通うハルキ達は毎日泥まみれになってレンコンを収穫し、
なんとなく楽しく過ごす日々。
「ずっとこんな感じだったら、それって幸せかな。不満かな」
そんな問いにも答えられないある日、ハルキは天文部の転校生、アキに一目惚れしてしまう。
そうして回り始めたハルキの歯車につれられるようにして、仲間達の歯車もまた回り始める。
一方、校内の植物は原因不明のまま枯れ始め・・・。
「星座を破壊せよ。星と星の間に、新しい一本の線を引け」
彼らに、新しい線は引けるのか。


2017.8.10 伊藤多喜雄/小室等「民謡を旅する」 Vol.2 盆唄の会

唄とともに、もうひとつの日本を探す旅__
民謡を旅する Vol.2 盆唄の会

添乗員:伊藤多喜雄
同行者:小室等

土地の風土と、人々の人生から生まれてきた唄、民謡。
民謡歌手伊藤多喜雄は、日本各地の民謡を訪ねる旅を続けてきました。
唄から見えてくる地域、時代、人々の姿を小室等とともに語り、時には唄います。
この旅を通して、見落としていたもうひとつの日本を見つけられるかもしれません。

今回は「盆唄」をテーマにお送りします。
日本全国、それぞれの土地、コミュニティで培ってきた盆の風習。
青森ではお墓の近くでお盆を過ごすそうですが、沖縄もまた同じ。
送り、送られる盆唄、盆踊りを通じて、人々の暮らしがみえてきます。
民謡には祝い唄はいっぱいあるけど、むべ唄はないね、
と多喜雄さんを挑発したのは永六輔さんでした。
それなら永さん書いてよ、ということになって生まれた
新しい見送り唄「あの世とこの世」もご披露しつつの一夜。
是非お出かけください。


■日時:2017年8月10日(木)18:30 open / 19:00 start
■出演:伊藤多喜雄、小室等
■料金:予約 3,000円 / 当日 3,500円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp

2017.8.4 ワカキコースケのDIG!聴くメンタリー at ポレポレ坐 Vol.5

昭和の廃盤ドキュメンタリー・レコードを聴く会、5回目です!
「恐山のレコード」とは一体......!?謎は8月4日、東中野のポレポレ坐で明らかになる!
ワカキコースケのDIG!聴くメンタリー at ポレポレ坐

■日時:2017年8月4日(金)19:00open/19:30start
■料金:2,000円(ワンドリンク付/当日券のみ)
■出演:ワカキコースケ(若木康輔)
■協力:大澤一生(nondelaico)・小林和貴(クオリアノート)・neoneo編集室
■問い合わせ先:Tel:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
        Email :event@polepoletimes.jp


〈聴くメンタリーとは〉
レコードとは本来、記録という意味である。
1877年12月6日、エジソンが自分の声を、
錫箔を巻いた円筒に針を通して吹き込む実験に挑戦した時。
その目的は〈人類は音をかたちとして残すことが出来るか〉という夢の実現にあった。
そして、見事に音声記録の原理が成功して大きな市場が生まれ、
LPやドーナツ盤の時代に入るとレコードといえばもっぱら音楽を指すことになった。
一方で、時の人物の発言や演説、事件の現場の実況録音、
遠い地の風物の現地録音などを音盤にすることも弛まず行われていたのである。
ケネディ大統領の就任演説、月面着陸に成功したアポロ11号の通信記録、
長島茂雄の引退あいさつ......こうした歴史的な音声が、
一種の記念品として市販化された。同時に戦前からの大衆芸能や物売りの声など、
時代によって失われていく音も。つまり、レコードの世界にも
ドキュメンタリーは存在していたのだ。
こうしたドキュメンタリー・レコードの、CD化もされず
廃盤になったままのものを少しずつ買い集め、
1枚ずつ吟味しては内容を紹介しているのが「ワカキコースケのDIG!聴くメンタリー」だ。
寡聞にして知らなかったものの、3年前からウェブサイトで連載が始まり
http://webneo.org/)、実際にお客さんに聴いてもらうイベントも
東中野で4回行われているそうだ。なかなか興味深い取り組みである。
今年の夏に5回目のイベントがあるそうなので、ぜひ足を運んでみたい。

映画評論家 金原一
-----------------------------------------------------------------------

★当日かける予定
◎毒舌コメディアンの元祖、レニー・ブルース絶頂期の舞台。
「貴方(白人)が黒人と打ち解けるためのパーティー・ジョーク」など、
保守層をコケにしまくる危険ネタ(翻訳ご用意します。ついでにウディ・アレンも)。
◎日本の声帯模写名人集も。
解説する若き日の立川談志はあにさん達に対して謙虚......意外で感動的!
◎世界の大地震の波形をシンセで再現したパニック映画ならぬ"パニック・レコード"
◎戦後唯一? 誘拐犯人に向けてだけ歌われたメッセージ・ソング
◎前回のアンコールは「博徒の仁義」。俳優が演じているのか本職なのか、
未だに謎の放送禁止盤。推理してみてください
◎そして、下北半島の恐山レコ。実録と銘打たれたイタコの......などなど

170804_omote.jpg

PREV

CATEGORIES

BACKNUMBER

RSS


page top