ポレポレ坐 お知らせ

2016.12.23 ダニー・ネフセタイ 『国のために死ぬのはすばらしい?』出版記念講演会

ダニー・ネフセタイ
『国のために死ぬのはすばらしい?』(高文研)出版記念講演会

イスラエル生まれ、秩父在住の木工作家、
ダニー・ネフセタイさんが初の著書を出版しました。
出版記念講演会&交流会を開催します!

■日時:2016年12月23日(金・祝) 13:30開場 / 14:00 開演
■料金:3,000円(書籍『国のために死ぬのはすばらしい?』1冊つき)
       ※既に本をお持ちの方は受付時にお申し出ください。
        料金は本の代金を差引いて1500円になります。
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
    E-mail:event@polepoletimes.jp


〈著作紹介〉
イスラエル国防軍の空軍兵士だった著者が、退役後、バックパッカーとなってアジア諸国を放浪の旅に出た。
日本の土を踏んだのは1979年10月、以来40年近くを日本で暮らしている。
家具作家の著者は、「世の中を良くすることも物づくりをする人間の使命である」という信条をもち、戦乱の絶えない祖国イスラエルを批判、「3.11」後の日本で脱原発の道を進むことを願い、活動をつづけている。
本書は2部構成で、第1部では「イスラエル出身の私が日本で家具作家になった理由」として、著者の生い立ち、イスラエルの愛国心教育、軍隊経験を中心に、日本で根を下ろすまでを描いた。第2部は「私はなぜ脱原発と平和を訴えるのか」として、本業の家具製作のかたわら、平和運動・脱原発の活動を通して仲間と出会い、イスラエルと日本のより良い未来を築くための提言をまとめた。

Israel_cover.jpg


ダニー・ネフセタイ(Dany Nehushtai)
1957年イスラエル生まれ。高校卒業後、徴兵制によってイスラエル国防軍に入隊。3年間、空軍に所属。退役後アジアの旅に出て来日。日本各地をヒッチハイク。その後神奈川の家具会社に勤める。1988年末、埼玉県秩父郡皆野町に居を構え、「木工房ナガリ家」を開設。自宅のログハウスを夫婦で自力建設。夫婦で注文家具、遊具、木工小物、社会性オブジェの創作活動に従事。個展、グループ展など開催。講演のタイトルは「原発危機と平和」「外国人の目に映る人権」「イスラエルの歴史と今・そして日本」など。
木工房ナガリ家ホームページ:http://nagariya.web.fc2.com


dani hida1a.jpg

2016.12.21三上敏視のお神楽ナイトVol.27 年末特別企画祝福編

三上敏視のお神楽ナイトVol.27 年末特別企画祝福編
神楽ビデオジョッキー&ライブスペシャル

「お神楽ナイト」、27回目となります。
暮れの時期なのでテーマは「祝福」。
「祝福」はほんらいの神楽の目的ではないですが、
その要素は古くからあり、また江戸時代には祝福芸の影響を受けたりもしました。
あとちょっとで「おめでとうございます」と言い合うこの時期に「祝福」に関する神楽のいろいろな場面を紹介します。

また、恒例のミニライブも年末スペシャルとして、
初めてのゲスト、サックス奏者の森英記さんを迎えます。
これまでやらなかった初演曲もあるのでどうぞお楽しみに。

■日時:2016年12月21日(水)18:00open / 19:00start
■出演:三上敏視(音楽家、神楽・伝承音楽研究家)
■ゲスト:森英記(サックス奏者)
■料金:予約2,000円/当日2,300円(+要ワンオーダー)*お食事のメニューがあります。
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)E-mail : event@polepoletimes.jp

☆三上敏視(みかみ としみ)
1953年 愛知県半田市生まれ、武蔵野育ち。
93年に別冊宝島EX「アイヌの本」を企画編集。
95年より奉納即興演奏グループである細野晴臣&環太平洋モンゴロイドユニットに参加。
日本のルーツミュージックとネイティブカルチャーを探していて里神楽に出会い、
その多彩さと深さに衝撃を受け、これを広く知ってもらいたいと
01年9月に別冊太陽『お神楽』としてまとめる。
その後も辺境の神楽を中心にフィールドワークを続け、
09年10月に単行本『神楽と出会う本』(アルテスパブリッシング)を出版、
初の神楽ガイドブックとして各方面から注目を集める。
神楽の国内外公演のコーディネイトも多い。
映像を使って神楽を紹介する「神楽ビデオジョッキー」の活動も全国各地で行っている。
現在は神楽太鼓の繊細で呪術的な響きを大切にしたモダンルーツ音楽を
中心に多様な音楽を制作、ライブ活動も奉納演奏からソロ、ユニット活
動まで多岐にわたる。また気功音楽家として『気舞』『香功』などの作
品もあり、気功・ヨガ愛好者にBGMとしてひろく使われている。
多摩美術大学美術学部非常勤講師。

161221kagura_DM高解像度.jpg

14958933_1143907808978114_1662067725_o.jpg

2016.12.18 三遊亭時松独演会「時松歳時記〜冬煌めく〜」

三遊亭時松独演会「時松歳時記〜冬煌めく〜」

■日時:2016年12月18日(日) 18:30 open /19:00 start
■出演:三遊亭時松
■助演:古今亭文菊、柳家花ん謝
■木戸銭:前売/当日共2000円(ワンドリンク付)ポレポレ坐にて販売予定。
 
  ※年末恒例落語協会カレンダー抽選会あります

■予約・問い合わせ:常盤松会 03-3771-3727(FAX共通) 
          (留守電の場合はお名前と枚数連絡先をお教え下さい。)
          E-mail : to.ki.ma.tsu_sanyu-tei@nifty.com

2016.12.17 けえらんねえら 唄いじょうら! ~先島から、この世のすべての島へ

けえらんねえら 唄いじょうら!
~先島から、この世のすべての島へ、声を結んで、歌え、いのちのうた!~

■日時:2016年12月17日(土) 12:30 open / 13:00 start(16:00終演予定)
■料金:予約 3,000円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp

<先島からの声を放つ人> 
大田静男(唄者、八重山芸能を歌い語れる人、八重山戦史研究家)
山里節子(唄者、ゆんたの名手、いのちと暮らしを守るおばーたちの会世話人)
八重洋一郎(詩人 本人は上京せず、詩のみ参加。代読)
砂川哲雄 (詩人 本人は上京せず、詩のみ参加。代読)
渡久山章 (宮古島の人)


<声を結ぶ人々:出演者> 
今福龍太(詩を読む人)
山福朱実&末森樹(歌う人、ギターを弾く人)
李政美&矢野敏広(歌う人、ギターを弾く人)
ジャンミッシェル・キム(ピアノを弾く人)
大熊ワタル(路上のクラリネット吹き)&こぐれみわぞう(太鼓たたいて歌う人)


主催:「先島の声を東京に放つ」実行委員会
(姜信子・松村正治・辛淑玉 他)

事務局:wildfrances@yahoo.ne.jp 070-5556-6241

2016.12.15 伊藤多喜雄/小室等「民謡を旅する」

「民謡を旅する」
唄とともに、もうひとつの日本を探す旅__

添乗員:伊藤多喜雄
同行者:小室等

土地の風土と、人々の人生から生まれてきた唄、民謡。
民謡歌手伊藤多喜雄は、日本各地の民謡を訪ねる旅を続けてきました。
唄から見えてくる地域、時代、人々の姿を小室等とともに語り、時には唄います。
この旅を通して、見落としていたもうひとつの日本を見つけられるかもしれません。

■日時:2016年12月15日(木)18:30 open / 19:00 start
■出演:伊藤多喜雄、小室等
■料金:予約 3,000円 / 当日 3,500円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp

minyo-omote01.jpg


page top