ポレポレ坐 お知らせ

2016.11.16 タブレット純&平井"ファラオ"光 「プラネタリウム」


タブレット純&平井"ファラオ"光 「プラネタリウム」

■日時:2016年11月16日(水)18:30受付開始 / 19:00開場 / 19:30 開演
■料金:予約(当日精算):3,000円 / 当日:3,500円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社/平日のみ対応)
    E-mail:event@polepoletimes.jp
    ※予約受付順に整理番号を発行します。
    18:30より開始の受付で、整理番号札をお渡しし
    19:00開場時より、整理番号順にご入場いただきます。
    ※9月27日火曜10時予約開始

ファラオ純.JPG

2016.11.13 いのちを育む共働学舎

いのちを育む共働学舎

収穫祭のあともポレポレへ。共働学舎ってどんなとこ?を紹介します。

■日時:2016年11月13日(日)16:00〜
■参加費:1000円
■問合せ:Tel :03-3227-1405 (ポレポレタイムス社)E-mail :event@polepoletimes.jp

共働学舎は、社会で弱い立場にある人たちと共をに自労自活・自主自立を基本に生活する場として1974年に長野県小谷村で発足しました。
現在は小谷村立屋、真木、北海道小平町寧楽、新得町、東京都東久留米市南沢の5箇所を拠点に農業、酪農、工芸などの生産的勤労生活をしています。
「共働学舎の収穫祭」では、共働学舎をより深く知っていただくためのトークイベントを開催しています。

■第1部...共働学舎の活動紹介・暮らし紹介■
各地の学舎での生産、生活の様子をスライドを交えて紹介します。
メンバーも多数集まり、どんな人がいま学舎で暮らしているかも感じていただけます。

■第2部...トークイベント「学舎で育った子どもたち」■
学舎内で両親が結婚し、生まれてきた子ども、学舎に家族でやってきた子ども、
親元を離れ学舎に来た子ども・・・。
共働学舎にはいつもたくさんの子どもたちがいる。
学び、社会に出てゆくもの、離れるもの、再び学舎での暮らしを選び、戻ってくるもの。
そんな「学舎で育った子どもたち」のトークです。
学舎と共にあった家族。親、兄弟姉妹への想いは?
学舎メンバーとどんな時間を過ごしてきたか?
そして今、自らも親になり育てる立場になり何を思うのか。
長く彼らを知る共働学舎理事の田中周子さんが聞き手となり、
これまでの学舎、これからの学舎を語り合います。

登壇者

・福澤雄幸(北海道・寧楽)
本場ドイツの味を身につけ、生ハムやサラミなど加工食品づくりに力を注ぐ人。
2女の父。

・村上杏奈(北海道・新得)
水彩画や発声を通してメンバーのこころをひらき見つめあうレッスンをする人。
1男1女の母。

・井上宗高(信州・立屋・真木)
茅葺など、古い手仕事に魅せられ実践する。先人の知恵を学び、生活に生かそうとする人。
1男の父。

聞き手

子ども生活アドバイザー
・田中周子(共働学舎・理事)
1958年自由学園卒業後、自由学園幼児生活団、初等部の教育に携わり、美術指導にあたる。
結婚後子どもを育てながら、子どもの生活、手仕事をテーマに執筆、講座、講演活動を続けている。
著者に「型紙のない子育て」(婦人の友社)などがある。

shukakusai2016いち.gif


2016.11.12~13 共働学舎とそのなかまたちの収穫祭 12回目!

共働学舎とそのなかまたちの収穫祭 12回目!

ポレポレ坐カフェメニューでもおなじみの、
共働学舎とその仲間たちの農産物がやってきてポレポレ坐が市場になる2日間。
年に一度の収穫祭、お出かけ下さい!

共働学舎とは、社会で弱い立場にある人たちと共に、自労自活・自主自立を基本
として農業、酪農、工芸など、生産的勤労生活をしているグループで す。
長野・東京・北海道に拠点があります。

■日時:2016年11月12日(土)10:00〜16:00
        11月13日(日)10:00〜15:00(終了後イベントあり)

■出品されるもの
   ●共働学舎より...
    大根、にんじん、かぼちゃ、白菜、キャベツ、お米、
    ソーセージ、チーズ、ベーコン、みそ、小豆、大豆
    手づくりクッキー、野草茶、工芸品、他

   ●仲間たちより...
    お野菜いろいろ、りんご、わさび、オーガニックコーヒー、ケーキ、
    びわ茶、、牛肉のつくだ煮、段ボール文具、他

■出品する人
    立屋、真木、寧楽、新得、南沢共働学舎のみなさん
    やまびこ舎さん
    風の畑さん
    前田農園さん
    須沢トマトさん
    まるとうわさびさん
    井出農場さん
    YMCA農村塾さん  
    段房具のなかやまさん
    あとみの店さん(祝島)
    北出精肉店さん
    anonimo coffeeさん
    などなど

■問合せ:Tel:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
     E-mail:event@polepoletimes.jp

■主催:共働学舎の収穫祭実行委員会
■共催:ぶどうの会(共働学舎父母の会)

shukakusai2016いち.gif

2016.11.10 小室等のコムロ寄席 番外編 文化の交差点「話の特集」物語 十七幕

小室等のコムロ寄席 番外編 文化の交差点「話の特集」物語 十七幕
「それでも、まだ話してない永六輔」の巻

毎度お馴染みポレポレ坐コムロ寄席。1965年に創刊した日本のミニコミ誌の草分けともいわれる雑誌『話の特集』の道筋をひもとくシリーズ、 元編集長矢崎泰久さんの交友録から、お一人ずつにスポットをあててお送りしています。今回は永六輔さんと長く付き合い、永さんの様々な活躍も、表には見せない顔も知りつくした矢崎さんだからこその、まだまだ尽きることない話をお聞きする夕べ。是非ご来場ください。

■日時:2016年11月10日(木)18:30 open / 19:00 start
■出演:小室等
■ゲスト:矢崎泰久(ジャーナリスト・「話の特集」元編集長)
■料金:予約 3,000円 / 当日 3,500円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp

2016.11.5 児玉奈央ライブatポレポレ坐

児玉奈央ライブatポレポレ坐

数々のCMソングでお馴染みの児玉奈央さん。
その唄声に、やさしく柔らかい印象をお持ちの方も多いと思いますが
ライブでの児玉さんはそれに加えカッコイー!
是非足をお運び頂きたいお勧めライブです!

■日時:2016年11月5日(土) 18:30pen/19:00 start
■出演:児玉奈央、佐藤克彦、菅沼雄太
■料金:予約 3,000円/当日 3,500円(ワンドリンク付)
■お問い合わせ:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
Email :event@polepoletimes.jp

◇児玉奈央(こだまなお)プロフィール

2005年唄とマンドリン、ギターからなるアコースティック・ユニット "YoLeYoLe" を結成。
湘南を拠点に全国の野外イベントやカフェ等多くのライブツアーを行い、各地で人気を得る。
2009年 1st Solo Album 『MAKER』 を、2010年 2st Album 『SPARK』 をリリース。
2011年7月 "児玉奈央と青柳拓次" 名義でカバーアルバム 『Family Songs』 を発表。
2013年4月永野亮プロデュースによるミニアルバム 『MAGIC HOUR』 をライブ会場と
Tuff Beats オンラインショップ限定でリリース。
2014年8月、活動を休止していた YoLe YoLe が再始動し、
2015年7月 2nd Studio Album 『こぶね』 をリリース。
現在はソロでの活動を中心に 「Fuji Rock Festival」 「頂」 などの野外フェスやイベントに多数出演。
花王リセッシュ、キューピーノンオイルドレッシング、
三菱電気ビルテクノサービスなどのTV-CMソングの歌唱でも活躍中。
心地よく柔らかいながらも、時に力強い唄は人の心にまっすぐ届く。
印象的なその唄声に魅了されるファンが多い。

◇佐藤克彦(さとうかつひこ)プロフィール

東京都出身。1986年にファンハウスからメジャー・デビュー。
1994年バンド解散後は数多くのセッションとスタジオワークに触れ
年間 200本を超えるステージ・レコーディング・プロデュースと精力的に活動。

〈レコーディング&サポート〉
クニ河内、小坂忠、友部正人、中井戸"CHABO"麗市、Mooney、日倉士歳朗、中川ひろたか、
ケロポンズ、覚和歌子、新沢としひこ、谷口國博、BanBanBazar、夏川りみ、東田トモヒロ、caravan 、
keison、おおはた雄一、Leyona、児玉奈央、Superfly、酒井杏、他多数。

◇菅沼雄太(すがぬまゆうた)プロフィール

近年の参加作品は、坂本慎太郎、pocopen、中納良恵、ハナレグミ、Leyonaなど。


1451_002児玉のいち.gif


2016.11.3 横浜ボートシアター「極楽金魚・どんぐりと山猫」

横浜ボートシアター「極楽金魚・どんぐりと山猫」

光と影、そして力強い語りと音が織りなす
創作影絵人形の世界
村娘おさきの数奇な運命と
いのちの不思議がゆらぐ
死と再生の物語

〈極楽金魚〉
『極楽金魚』は、四国高松に伝わる「奉公さん人形」の由来話を元に創作した作品。「奉公さん人形」とは病気の子に添い寝させると病を引き受けてくれ、明朝海に流すという身代わり人形のこと。50年以上前に遠藤啄郎がラジオドラマとして執筆・放送、その後、演劇、人形劇、日舞、説経節として上演、また児童文学として出版された名作です。とくに舞台作品は、ヨーロッパでも3ヶ月半にわたりを巡演されたほど好評を博しました。
<遠藤作品の原点>ともいえるこの作品は、創作ながら、本当の民話と思える力強さで、貧しい娘おさきと娘を買い受けた長者、病いに臥す長男回復のため娘の生け贄を進言する山の巫女等が登場します。終盤、朝焼けの海の上で、おさきは船もろともに焼かれ、その炎の中おさきは憧れの金魚「頂天眼」となり、首なし馬とともに金の雨、氷の鱗を降らせながら天へと昇る。女優・吉岡紗矢がたった一人で影絵人形を遣い、語り、松本利洋のライブ演奏とともに壮絶な最期を演じきる舞台は、私たち日本人の哀しみの原質にふれるような感動を呼び起こします。

作・演出:遠藤啄郎
人形制作:竹内英梨奈
音楽:松本利洋
語り・人形操作:吉岡紗矢

〈どんぐりと山猫〉
宮澤賢治の代表作『どんぐりと山猫』を柿澤あゆみが一人語り(演奏:松本利洋)。山猫の誘いで奇妙な世界へ踏み込んだ少年の成長物語としてより、「誰が一番えらいか!?」という風刺や人間存在の本質を問いかける普遍性を持って生き生きと描きます。ふたつの作品から、日本語の語りのもつ豊かさ、影絵の夢幻的な美術や音楽と一体となった物語の醍醐味を存分にお楽しみください。

作:宮澤賢治
演出:遠藤啄郎
音楽:松本利洋
語り:柿澤あゆみ

〈スタッフ〉
舞台進行:奥本 聡
制作:斎藤 朋(マルメロ)+横浜ボートシアター

■日時:2016年11月3日(木祝)18:00 open / 18:30 start
■料金:[一般]3,000円/当日:3,500円[学生]2,000円/当日:2,500円(いずれもワンドリンク付)
■お問合せ:[TEL] 080-6737-5208
     [MAIL] yokohama.boat.theatre@gmail.com
     [FAX] 03-3761-6358
     http://www.yokohama-boattheatre.org/contact/kingyo-donguri-reserve

gokurakukingyo2016_flyer_yokohama_tokyoomote.jpg

2016.10.25~10.30 林優希×松尾布祐子 描きたいままに

林優希×松尾布祐子 描きたいままに

■期 間:2016年10月25日(火)~30日(日)
    火~土 11:30〜23:00/日 11:30〜18:00 入場無料
■林優希http://ukihayashi.wixsite.com/ukihp
 松尾布祐子http://fuyukomatsuo.tumblr.com

『描きたいままに』

絵を描く
ひとりぼっちで描く
わたしの中の
本当のわたしが 目を覚ます

絵の具の触感
墨のにおい
キャンバスを掻く音
にじみ、ゆがみ、まざった色

描き上げた瞬間
ひとつ気もちが落ちつくけれど
すぐに別の気もちが
押し寄せてきて

わたしたちは
今日もねむれない。

   (※作家在廊中は作品の販売をします。)

DM絵いち.gif

PREV


page top