ポレポレ坐 お知らせ

2016.9.24 ワカキコースケのDIG!聴くメンタリー atポレポレ坐vol.2

ワカキコースケのDIG!聴くメンタリー atポレポレ坐vol.2
今よみがえる、昭和のドキュメンタリー・レコード! 廃盤アナログを聴く会

neoneowebで連載中、毎回、廃盤アナログレコードの「その他」ジャンルからドキュメンタリーを掘り起こす「ワカキコースケのDIG!聴くメンタリー」、6月に開催した前回が大変好評につき、レギュラー化をかけた第2回が早くも開催されます。
CD化されることもなく、中古レコ屋の、リサイクルショップの「全て100円」の箱のなかでねむっていた正味で稀少盤の数々を、じっさいに聴いてもらいます。耳で聴くドキュメンタリーは、実は、たからの山。おいでくださったみなさんと、発見のよろこびを分け合いたいです!

■日時:2016年9月24日(土) 18:30open/19:00start(2時間強の予定)
■出演:ワカキコースケ(若木康輔)
■料金:2000円(ワンドリンク付き/当日券のみ)
■協力:大澤一生(nondelaico)
   小林和貴(クオリアノート)
   neoneo編集室
■問い合わせ先:Tel:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
        Email :event@polepoletimes.jp

★当日かける予定のレコードはこちら
◎ちらしでもフィーチャー、王さんホームラン世界新記録の瞬間 ◎風流すぎて何を売ってるのか分からない、東京下町の物売りの声 ◎これぞ日本のゴスペル、東本願寺の声明、史上初の本格録音 ◎ちょうど季節に合う秋の野鳥の声でしっとり ◎「耳栓を用意して」と注意される、F-15の雲を切り裂く飛行音 ◎バッシングの最中に「演歌の女王」がステージで語った気合のMC ◎深作が作詞した敗戦メモワールを文太が......などなど


前回に引き続き、今回もハワイ在住の人気ラジオ・パーソナリティ、ふじさわのぶやさん(ワイキキ・コミュニティFMで『昭和サウンド旅缶』放送中)から推薦文が届いています。

---------------------------------------------------------------------------------------------
6月26日にポレポレ坐では初めて行われた、『ワカキコースケのDIG!聴くメンタリー』のライブ版。
筆者も出かけたので、まずそのレポートから。「空いてる席以外は超満員」(笑福亭鶴光得意のつかみフレーズ)のなか、従来のトーク・ショウイベントとは一味違い、レコード・コンサートともまた趣きの異なる、ユニークなイベントだった。
聴くメンタリーは、ワカキコースケの造語で〈耳で聴くドキュメンタリー〉のこと。歴史的事件の実況や人物の肉声、車や飛行機の走行音・飛行音......など、音楽ではないアナログ・レコードだ。客席の大半は、そんな音を聴く集まりであるともう呑みこんでいる様子だったが、夫や友人知人に誘われてやってきた人も、すぐ、音のタイムカプセルを次々と開いていく面白さに付き合えたようだ。特にウケが良かったのは、「ピチョン、チョン......」と岩間で滴が落ちる最源流から「ザーッ」と流れる下流まで、川の流れを音で辿れる『黒部川』や、井伏鱒二やアーサー・ミラーの自作朗読。梵鐘の、奈良と鎌倉期の聴き比べ(渡来の鐘の模倣からだんだん国産のオリジナルの音、和鐘になっていく)にも、客席から感心する声が上がった。
「特に嬉しかった感想は、最高にムダな時間だった、なんだよ」とワカキコースケは後日、打ち明けてくれた。「ムダな時間を楽しむ贅沢さを久々に思い出した」と言われて、またやる意味はあるかな、と思い始めたそうだ。
そう、9月24日の第2回目は今後の定期化を視野に入れた、重要な開催になる。好評だった〈人の声〉をメインテーマに据えて、neoneo web(http://webneo.org/)の連載でもまだ取り上げていない、今年に入ってから掘り出した盤をどんどんかける予定らしい。季節が変わる頃には、いつも聴くメンタリーの会がある。そんな、気軽に顔を出せるイベントに成長したら素晴らしいことではないか。
ラジオ・パーソナリティ ふじさわのぶや

147203279249812222.gif

wakaki_002_flyer_uraその211.gif

2016.9.22 トークセッション「飯舘村を語る~全村避難、そして避難解除~」

トークセッション「飯舘村を語る~全村避難、そして避難解除~」

来年3月、帰還困難区域を除く全域の避難指示が解除される福島県・飯舘村。
原発事故後の飯舘村を記録してきた、酪農家の長谷川健一さん、
映画監督の豊田直巳さん、古居みずえさんが、村の5年の歩みを振り返る。
また、国と村が推し進めてきた帰還政策の実態と、揺れ動く村民の想いを探っていく。

公式サイト:http://fukushimavoice.net/2016/08/2454

■日時:2016年9月22日(木祝)18:00 open / 18:30 start~21:00
■料金:予約・当日:1,500円
      *三回券もご使用いただけます。(別途予約必要)
■出演:長谷川 健一
    豊田 直巳
    古居 みずえ
■予約、お問い合せ:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp

<ゲスト>
長谷川 健一(酪農家/飯舘村前田地区区長)
豊田 直巳(フォトジャーナリスト/映画監督「遺言~原発さえなければ」「奪われた村」)
古居 みずえ(フォトジャーナリスト/映画監督「飯舘村の母ちゃんたち 土とともに」ほか)

<進 行> 白石 草(OurPlanet-TV)

ふくしま.gif

2016.9.19 市民部門上映&トーク「わたしが伝える福島」

市民部門上映&トーク「わたしが伝える福島」

市民部門に寄せられたビデオの中から2作品を上映。それぞれの作品の制作者、関係者をゲストに作品に込めた想いを聞く。

<上映作品>
『私たち地元で結婚しました ―東日本大震災を乗り越えて―』
(2015年/33分/制作:茅島佑佳子)
福島第一原発事故後に、原発30キロ圏内の南相馬市で
結婚式を挙げたカップル、ブライダル関係者を大学生が取材。
原発事故被災者の結婚をテーマにしたドキュメンタリー。

『家族をさがして ~第1章「警戒区域に阻まれた捜索」大熊町~』
(2011年~2015年/24分/制作:笠井千晶)
「福島の津波被害」は、決して過去のものではない。
分別すらされていない瓦礫からは、亡くなった方の遺体が見つかり続けている―。
原発20キロ圏内周辺の沿岸部で、幼い子どもを亡くした
家族たちの年月を追ったドキュメンタリー。

公式サイト:http://fukushimavoice.net/2016/08/2451

■日時:2016年9月19日(月祝)12:30 open / 13:00 start~15:00
■料金:予約・当日:1,500円
      *三回券もご使用いただけます。(別途予約必要)
■出演:下村 健一
    平野 隆章
■予約、お問い合せ:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp

<ゲスト> 市民部門 上映作品 制作者ほか

<コメンテーター>:下村 健一(慶應義塾大学特別招聘教授)
1960年、東京都出まれ。
85年、TBS報道アナに。99年退社後、フリーキャスターとして
「サタデーずばッと」「筑紫哲也NEWS23」などで取材・出演を続ける。
2010年から2年間、菅首相の要請で民間登用の内閣官房審議官(内閣広報担当)。
現在、慶応大学特別招聘教授、関西大学特任教授など。
著書に「首相官邸で働いて初めてわかったこと」(朝日新書)
「10代からの情報キャッチボール入門――使えるメディア・リテラシー」(岩波書店)ほか多数。

<ファシリテーター>平野 隆章(OurPlanet-TV)

ふくしま.gif

2016.9.18 上映&トーク「福島中央テレビが伝える5年目の福島」

上映&トーク「福島中央テレビが伝える5年目の福島」

震災・原発事故から5年が過ぎた現在、福島のテレビ局は日々、何をどう伝えているのか?
全国ニュースになることが少なくなった福島の日常―。
地元感覚を組み入れながら取材を続ける地元のテレビの想いとは―。
福島中央テレビによるニュースクリップを上映しながら、
福島中央テレビ常務取締役報道制作局長の佐藤崇さんにお話を伺う。
地元メディアの眼差しを共有し "5年目のふくしま"をともに考える。

公式サイト:http://fukushimavoice.net/2016/08/2448
■日時:2016年9月18日(日)12:30 open / 13:00 start~15:00
■料金:予約・当日:1,500円
      *三回券もご使用いただけます。(別途予約必要)      
■出演:佐藤 崇
    岩崎貞明
■予約、お問い合せ:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp
      


<ゲスト> 佐藤 崇(福島中央テレビ 常務取締役報道制作局長)
      1956年福島県相馬市生まれ。
      中学高校時代を双葉郡富岡町で過ごす。
      1980年福島中央テレビ入社、イヌワシや尾瀬などの自然保護をテーマにした取材が多い。
      原発監視カメラの設置を提案し、茨城JCO事故の翌2000年に実現。
      2011年、福島第一原発事故の瞬間をとらえた唯一のカメラとなる。

<聞き手> 岩崎 貞明 (専修大学特任教授/「放送レポート」編集長)

ふくしま.gif

2016.9.16「 田辺鶴瑛の介護講談」完成披露試写会

「田辺鶴瑛の介護講談」劇場公開試写会

2016年3月に浅草・木馬亭にて収録いたしました、「田辺鶴瑛の介護講談」劇場公開前試写会を行います。
女流講談師・田辺鶴瑛さんが、ご家族の在宅認知症高齢者介護の実体験を基に創作した、
オリジナル講談の高座をライブ収録しました。
高齢化社会の現代、誰にとっても決して他人事とは思えない「家族の介護」にどのように向き合うべきか?
目からウロコのヒントが満載です。

ーあらすじー
幕開きとともに、鶴瑛先生のお嬢様である講談師・田辺銀冶さんが、
講談とは何か?からはじまる、見事な枕(本題に入る前の短い話)を務めます。

そして真打・田辺鶴瑛先生の登場です。
オリジナル講談『認知症カフェ』。そして、認知症介護の実体験を基にした『介護講談』へと続きます。

締めくくりは、実はならではなの当時のDVD映像。
実際のおじいちゃんと田辺母娘の介護の様子が映し出されます。
そして、講談の後の母娘のアフタートーク。

涙と笑いで織りなす家族の絆が語られます。


■日時:2016年9月16日(金) 18:40open/19:00start~21:00
■出演:田辺鶴瑛
■定員:30名
■料金:予約/当日共に 1500円
   ※当日の受付にてお支払いになります。
■予約・お問い合わせ:kamikon32@gmail.com

kaigo2.gif

kaigo1.gif

2016.9.10 「ブリンギング・チベット・ホーム~故郷を引き寄せて~」日本初上映スペシャルイベント

「Bringing Tibet Home /ブリンギング・チベット・ホーム~故郷を引き寄せて~」日本初上映スペシャルイベント

ドキュメンタリー「ブリンギング・チベット・ホーム~故郷を引き寄せて~」日本初上映を記念して、
監督によるトークとQ&Aに加え、劇中歌を担当したチベット人アーティスト、テンジン・チョーギャルのミニライブと豪華スペシャル企画が実現!
ミニライブにはバーンスリ―寺原太郎さんもゲストで参加!この機会をお見逃しなく!!

「Bringing Tibet Home ブリンギング・チベット・ホーム ~故郷を引き寄せて〜」
チベット人現代アーティストのテンジン・リグドルによる、20トンもの土をインドからチベットへ運ぶ一大アートプロジェクトを追い、
チベット難民の抱える煩悶と望郷、そして帰郷への希望へと昇華していく過程を見事に描き出した若手チベット人監督による話題作。

2014  アメリカ / 韓国 / インド  82分
製作 Five by Nine Films
監督 テンジン・ツェテン・チョクレイ
音楽 ジョエル・ダイアモンド
   テンジン・チョーギャル

〈ストーリー〉
「死ぬまでに一度、故郷チベットの土を踏みたい」
叶えられることのなかった父親の遺言に突き動かされ、チベット難民2世の現代アーティスト、テンジン・リグドルは
20トンもの土をチベットからインドへ運ぶ一大アートプロジェクトを決行する。
亡命者の道程さながら多くの困難を乗り越え、土はチベット難民が暮らすインド・ダラムサラに到着する。
引き寄せられた故郷の土を踏んだ時、チベット人たちの心に秘めた想いが溢れ出す...。
かつてない手法でチベットと帰郷を待ち望む人々を結び付けた
前代未聞のアートプロジェクトを追った、若手チベット人監督による秀作ドキュメンタリー。

■日時:2016年9月10日(土)13:00 open / 13:30 start(16:15終了予定)
■出演:テンジン・ツェテン・チョクレイ (監督)
    テンジン・チョーギャル(音楽)
    寺原太郎(バーンスリー奏者)
■料金:予約2500円/当日3000円
■予約:「こくちーず」ページよりお申込み下さい。
        http://www.kokuchpro.com/event/bthjapan
■お問合せ:bthjapan@gmail.com

ブリンギングチベットホーム.gif  チベット裏面.gif

2016.9.8 【満席となりました】小室等のコムロ寄席其の二十五「永六輔とその一味の巻」

★ ★ ★
本公演はご予約で満席となりました。
当日券の販売予定はございません。
何卒ご了承ください。
★ ★ ★

小室等のコムロ寄席其の二十五「永六輔とその一味の巻」

毎度おなじみポレポレ坐コムロ寄席。
2010年より永六輔さんをゲストに開催してきました。
まだまだたくさんのお話しの種を残したまま、この世からいなくなってしまった永さん
恒例のコムロ寄席の予定だった日に、永さんをよく知る方々が集い、
永さんのことをあれこれにぎやかに語る、歌舞音曲ありの一夜。
ぜひご来場ください。

■日時:2016年9月8日(木)18:30 open / 19:00 start
■出演:「永六輔とその一味バンド」=小室等、佐久間順平、竹田裕美子、李政美、オオタスセリ、こむろゆい
※飛び入り出演あり...かも!?
■料金:予約 3,500円/当日 4,000円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp

PREV


page top