ポレポレ坐 お知らせ

2016.8.30 三上敏視のお神楽ナイトvol.26「神楽の舞」

三上敏視のお神楽ナイトvol.26『神楽の舞』
「多様な神楽にある多彩な舞に通底するもの」


神楽の舞は何を表現しているのでしょうか。何のために舞っているのでしょうか。
神楽の大きな要素は呪術です。おそらく表現というより呪法なのでしょう。
古代からの知恵を基に、道教、陰陽道、密教、山岳信仰などから生まれた
修験道の修験者たちがおもに編集してきたのが神楽の舞だと考えられます。
神楽の舞の意味を解読するのは難しいことですが、
今回は多数、多様に存在する神楽に共通する動きを見つけたり、
ユニークな舞などを紹介して、考えるヒントを提供できれば、と思っています。


■日時:2016年8月30日(火)18:00open / 19:00start
■出演:三上敏視(音楽家、神楽・伝承音楽研究家)
■料金:予約2,000円/当日2,300円(+要ワンオーダー)*お食事のメニューがあります。
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)E-mail : event@polepoletimes.jp

☆三上敏視(みかみ としみ)
1953年 愛知県半田市生まれ、武蔵野育ち。
93年に別冊宝島EX「アイヌの本」を企画編集。
95年より奉納即興演奏グループである細野晴臣&環太平洋モンゴロイドユニットに参加。
日本のルーツミュージックとネイティブカルチャーを探していて里神楽に出会い、
その多彩さと深さに衝撃を受け、これを広く知ってもらいたいと
01年9月に別冊太陽『お神楽』としてまとめる。
その後も辺境の神楽を中心にフィールドワークを続け、
09年10月に単行本『神楽と出会う本』(アルテスパブリッシング)を出版、
初の神楽ガイドブックとして各方面から注目を集める。
神楽の国内外公演のコーディネイトも多い。
映像を使って神楽を紹介する「神楽ビデオジョッキー」の活動も全国各地で行っている。
現在は神楽太鼓の繊細で呪術的な響きを大切にしたモダンルーツ音楽を
中心に多様な音楽を制作、ライブ活動も奉納演奏からソロ、ユニット活
動まで多岐にわたる。また気功音楽家として『気舞』『香功』などの作
品もあり、気功・ヨガ愛好者にBGMとしてひろく使われている。
多摩美術大学美術学部非常勤講師。

2006_0503_131448AA.JPG

160830kagura_DM_1-01.gif

2016.8.20 徹の部屋vol.40 「Distance ー ディスタンス(距離)」

徹の部屋vol.40 「Distance ー ディスタンス(距離)」

■日時:2016年8月20日(土)18:30 open /19:00 start
■料金:予約:3000円 /当日3500円(ワンドリンク付)
■出演:久田舜一郎(小鼓)、イサベル・デュトア(ヴォイス・クラリネット)
    庄﨑隆志(身体表現)、齋藤徹(コントラバス)
■予約、問い合わせ先:Tel:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
        Email :event@polepoletimes.jp

伝統と現代、西洋と東洋、聞こえると聞こえない、男と女、作品と即興、
音楽と動き、さまざまなディスタンスをどう際立たせるのか?
どう乗り越えるのか?どう歩み寄るのか?どう逃げるか?

ああ麗はしい距離(ディスタンス)、
つねに遠のいていゆく風景・・・・・・
悲しみの彼方、母への、
捜り打つ夜半の最弱音(ピアニッシモ)『一穂』

hisada-4.gif

《プロフィール》
*久田舜一郎(小鼓)http://www.geocities.jp/syougetukai/sub1-1-hisada.htm
能楽 大倉流小鼓方 1944年生まれ。大倉流十五世宗家、大倉長十郎師に師事 1986年 重要無形文化財総合指定 認定日本能楽会会員、大阪能楽養成会 講師。
第五回日本伝統文化奨励賞「久田舜一郎プロデュース伝統芸能」シリーズ等、各地で、能囃子の「音楽としての可能性」を追求した企画、公演を続けている。

i1.gif

*イサベル・デュトア(ヴォイス・クラリネット)
現代音楽のクラリネット奏者としてブーレーズ、アペルギス、グロボカール、クセナキス、ベリオ、シェルシ、ラッヘンマンらと演奏。
現在はインプロを中心にヴォイス・クラリネットで世界中で演奏活動。日本に特別な興味があり、大鼓、居合道、義太夫を学ぶ。

shozaki-2.gif

*庄﨑隆志(身体表現)http://www.plusvoice.jp/shozaki/index.html
office風の器主宰。コトバや性別、年齢、国境を越えて楽しめることをモットーにして、無言劇、日本舞踊等、様々な手法を用い、
視覚的コミュニケーションを追求した舞台やコンテンポラリーダンスを創り、劇作家、演出、個性派俳優も手掛けます。
1981年より全国各地750箇所2000ステージ、欧州、米国、アジア等14ヶ国公演を経験。演出作品『Rasyomon』
『牡丹と馬(共演齋藤徹)』『雨月』『UKIYOE』『オルフェウス』等。シアターX提携公演、横浜赤レンガ倉庫、
ランドマークタワー、世田谷パブリック劇場での公演など演出プロデュースという実績を持つ。2010年横浜文化賞・文化芸術奨励賞受賞等。

tetsu-3.gif

*齋藤徹(コントラバス)http://travessiart.com
舞踊・演劇・美術・映像・書・邦楽・雅楽・能楽・タンゴ・ジャズ・即興音楽・クラシック音楽・アジアシャーマニズム・韓国伝統音楽、
障がい者などと積極的に交流。ヨーロッパ・アジア・アメリカでのフェスティバルで毎年公演・ワークショップを実施。
海外のコントラバス関連のイヴェントにも積極的に参加、新しい奏法、教育方法、ガット弦の使用などで注目されている。
2006年レーベルTravessiaを立ち上げCD・DVD制作、コンサート、ツアー、プロデュースを実施。アメリカ、フランス、イスラエル、
韓国、日本でCD、DVD製作多数。NHKBS「即興」番組、神奈川フィル委嘱作品など多岐にわたる。
sample.pngのサムネール画像

◎2016.夏休みのお知らせ◎

◎夏休みのお知らせ◎


いつもご利用くださり、ありがとうございます。

まことに勝手ながら

8月10日(水)~8月17日(水)

を夏休みとさせて頂き、
夏休み明けの営業は18日(木)からとなります。


2016.8.4 小室等のコムロ寄席 番外編 文化の交差点「話の特集」物語 十六幕 渥美清さんの巻

小室等のコムロ寄席 番外編 文化の交差点「話の特集」物語 十六幕 渥美清さんの巻

毎度お馴染みポレポレ坐コムロ寄席。1965年に創刊した
日本のミニコミ誌の草分けともいわれる雑誌『話の特集』の道筋をひもとくシリーズ、
元編集長矢崎泰久さんの交友録から、お一人ずつにスポットをあててお送りしています。
今回は渥美清さんの巻。
「寅さん」の演技で今も多くの人に親しまれる渥美さん。
私生活はそのイメージとは違ってとても物静かな人だったといいます。
密かに俳句づくりを楽しんでおられ、俳号は「風天」。
矢崎さんとは句会仲間でもあったそうです。
1996年の死去からちょうど20年となる日、浅草にはじまり、
テレビ、映画の現場で活躍した「渥美清」の様々な顔を矢崎さんに語っていただきます。
ぜひご来場くださいませ!

■日時:2016年8月4日(木)18:30 open / 19:00 start
■出演:小室等
■ゲスト:矢崎泰久(ジャーナリスト・「話の特集」元編集長)
■料金:予約 3,000円 / 当日 3,500円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp

2016.7.15 第7回ポレポレ★浮世亭「桂梅團治の会」

■日時:2016年7月15日(金)18:15 open / 18:45 start
■出演:桂梅團治「青菜」「鬼の面」
    戸田学(作家)との対談あり!
    開口一番
    桂小梅      
■料金:予約3,000円/当日3,500円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
Email :event@polepoletimes.jp

umedanji 5.jpg


page top