ポレポレ坐 お知らせ

2016.1.15.音楽と読み語りによる宮沢賢治「土神と狐」

音楽と読み語りによる宮沢賢治「土神と狐」

----二人はごうごう鳴って汽車のように走りました。----

宮澤賢治の『土神ときつね』は、「一本木の野原の、北のはずれ」を舞台にした、
短いけれどピリリと刺激の効いたお話です。趣味がよくってカッコいいけどちょっぴりウソつきな「きつね」と、
粗野で怒りん坊だけど正直者の「土神」が、奇麗な女の「樺の木」を巡っておりなす恋と嫉妬の物語。
キラキラした理想と、どろどろとした現実が行き交う好短編は、画家・小林裕児の世界とどこか響きあうものを持っています。

と、今回はそんなお話を女優・内田慈が一人語りでお送りいたします! 
演奏にコントラバス奏者の齋藤徹を迎え、音楽劇仕立てで三者のぐるぐるを語ります。
しゃべって、歌って、ちょっと踊って、音楽と美術に彩ろられたにぎやかな一夜を、どうぞお見逃しなく! (広田淳一)


■日時:2016年1月15日(金)18:30 open /19:00 start
■出演: 内田 慈(女優)齋藤 徹(コントラバス奏者・作曲家)小林裕児(絵画)
■演出 :広田淳一(劇作家・演出家、劇団アマヤドリ主宰)
■料金:予約:3,000円/当日:3,500円(ワンドリンク付)
■予約:Tel:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp

⭐︎内田慈(女優)
1983年神奈川県出身。小劇場から商業演劇まで幅広く活躍する、実力派舞台女優のひとり。
最近の出演作は、舞台NODA・MAP「エッグ」、「ガラスの仮面」、ブス会*「女のみち2012 再演」、「サイケデリックペイン」、井上ひさし追悼公演「黙阿彌オペラ」映画「きみはいい子」(呉美保監督)、「恋人たち」(橋口亮輔監督)、他。朝の連続テレビ小説「まれ」移住者の京極ミズハ役。また、幼児向けテレビ番組「みいつけた!」(Eテレ)では人気キャラクター・デテコの声を担当するなど、ナレーションの仕事も数多くおこなっている。

⭐︎齋藤徹(コントラバス奏者・作曲家)
舞踊・演劇・美術・映像・詩・書・邦楽・雅楽・能楽・西洋クラシック音楽・現代音楽・タンゴ・ジャズ・インプロビゼーション・韓国文化・アジアのシャーマニズムなど様々なジャンルと積極的に交流。ヨーロッパ、アジア、南北アメリカで演奏・CD・DVD制作。コントラバスの国際フェスティバルにも数多く参加。コントラバス音楽のための作曲・演奏・ワークショップを行う。齋藤徹・喜多直毅・さとうじゅんこの「うたをさがしてトリオ」では2作のCDを発表。自主レーベルTravessia主宰。

⭐︎広田淳一(劇作家・演出家、劇団アマヤドリ主宰)
1978年東京生まれ。劇作家・演出家、アマヤドリ主宰。2001年に劇団を旗揚げして以降、全作品で脚本・演出を担当。さりげない日常会話ときらびやかな詩的言語を駆使し、
近年は社会問題にも深くコミットした骨太な作品を発表。随所にクラッピングや群舞など音楽・ダンス的な要素も取り入れ、身体と空間、テキストのぶつかり合う舞台を志向している。

⭐︎小林裕児(画家)
1948年東京生まれ。1989年にそれまでのテンペラによる細密な画風を転換、大胆な色面と単純化された線による象徴化されたイメージを生み出した。1996年「夢酔」で第39回安井賞を受賞。現在、国内外で多数の個展、グループ展を行うほか、1999年に齋藤徹氏と共にスタートしたライブペインティングをはじめとした様々なイヴェントでは国内外の音楽家、ダンサー、演劇人とのコラボレーションを行い観客とともにある美術の新しい楽しみ方を模索している。一般社団法人春陽会会員、多摩美術大学教授 日本美術家連盟委員

kitsune.jpg

2015.12.26.「ノノ 見つけた!僕のコトバ 」上映会

「ノノ 見つけた!僕のコトバ 」上映会

第一回 フィリピン台風チャリティ上映会 IN TOKYO
フィリピンの映画を観て、大型台風被災地復興の支援をしよう!

お隣の国、南国フィリピンでは、毎年大きな台風に襲われ、多大な被害を受けています。
特に2013年11月には超巨大台風によってたくさんの人々が亡くなり、
多くの家屋や子ども達の学校は未だに壊れたままです。

そこでAngat (元青年海外協力隊有志等の団体)は、フィリピンの映画やカルチャーを紹介し、
その収益の一部を認定NPO団体ICANを通じて
フィリピン被災地の方々への寄付金としてお送りします。

最初の上映作品は、フィリピンに住む母と息子の愛と勇気をいきいきと描いた愛すべき作品、『ノノ / NONO』。

また上映後には、フィリピンで活躍する青年海外協力隊を描いた
映画『クロスロード』のすずきじゅんいち監督(元青年海外協力隊モロッコ配属)による
トークショーや、フィリピンのコミックやアクセサリー、
ハーブや食材を販売する『フィリピンサリサリマーケット』も開催致します。

("サリサリ"とは...:フィリピンのことばで「色々な」という意味。
フィリピンのまちかどには、"サリサリ"と呼ばれるコンビニの原型のような商店がたくさんあります。)


************************************

「ノノ 見つけた!僕のコトバ 」
第一回 フィリピン台風チャリティ上映会 IN TOKYO

■日時:2015年12月26日(土)12:30 open / 13:00 start
※上映後、すずきじゅんいち監督(『クロスロード』上映中http://crossroads.toeiad.co.jp/index.html)によるトーク
※「フィリピンサリサリマーケット」併催

■料金:予約1,000円 / 当日1,500円 *学生の方、お子様は無料です
■予約: angatjp@gmail.comまでお名前と人数をお知らせ下さい。
■主催:Angat(元青年海外協力隊有志等の団体)
■協力:Someone's garden、社団法人障害者映像文化研究所、ワークショップラボ湘南
このイベントに関するお問い合わせ先:angatjp@gmail.com(Angat代表:永井愛子)

最新情報はAngat facebookページへ→ https://www.facebook.com/angatnpo


上映作品『ノノ 見つけた!僕のコトバ』について
口唇裂を持って生まれてきたトトはよく喋る活発な8歳の男の子だが、
発声が上手くできなくて学校生活は苦難の日々。
でも、元気なママの助けを借りて、スピーチコンテストに出場する決意をする...。
母と息子の愛と勇気をいきいきと、そしてコミカルに描いた愛すべき作品です。
ベルリン国際映画祭出展、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012で審査員特別賞受賞。
(2011年/フィリピン/115分/監督・製作・脚本・撮影:ロメル・トレンティーノ)

NONO Poster.jpg

2015.12.22.リツコエレクトロニカ「秘密のマリンバ」ライブツアー

リツコエレクトロニカ「秘密のマリンバ」ライブツアー

■日時:2015年12月22日(火)19:00 open / 19:30 start
■出演:リツコエレクトロニカ
■料金:3,000円+別途ワンドリンクオーダー
■お問い合わせ:ritsukomarimba@gmail.com

ritsukoelectronica.jpg

2015.12.13.三遊亭時松独演会「時松歳時記〜冬煌く〜」

三遊亭時松独演会「時松歳時記〜冬煌く〜」

■日時:2015年12月13日(土) 18:30 open /19:00 start
■番組:三遊亭時松
■助演:柳家ろべえ
■木戸銭:前売/当日共2000円(ワンドリンク付)ポレポレ坐にて販売予定。
■予約・問い合わせ:常盤松会 03-3771-3727(FAX共通) 
          (留守電の場合はお名前と枚数連絡先をお教え下さい。)
          
*年末恒例落語協会カレンダー抽選会あります!

2015.12.10.小室等のコムロ寄席 其の二十三

小室等のコムロ寄席 其の二十三~2015年を振り返るの巻~


毎度おなじみポレポレ坐コムロ寄席。
いつものように永六輔さんをゲストにお迎えします。
年の瀬の近づくこの季節、いろいろあった2015年を振り返って、パーキンソンの
キーパーソンである永さんに
"パーキンソンから見えた2015年"を語っていただきます。
ぜひお立ち会い下さい!

■日時:2015年12月10日(木)18:30 open / 19:00 start
■出演:小室等
■ゲスト:永六輔
■料金:予約 3,500円/当日 4,000円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp

2015.12.8 ECフィルムを見る 連続上映会11「子どもからの世界」

20世紀の映像百科事典
エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ(ECフィルム)を見る
連続上映会11「子どもからの世界」

本上映会シリーズは、20世紀を代表するこの壮大な映像アーカイブを今に生きる私たちの目線で読み直し、
虫干しして、多彩な分野の人々との対話を通して新しい息吹をふき込む試みである。
これらの映像の中に、私達の未来に必要な宝物を見つけられるかもしれない。


■日時 :2015年12月8日(火)18:30開場/19:00開演
■ゲスト:齋藤紘良(さいとうこうりょう)しぜんの国保育園園長兼学童施設長/作曲家
     分藤大翼(ぶんどうだいすけ)信州大学准教授/映像人類学
■予約:03-3227-1405 event@polepoletimes.jp(ポレポレタイムス社)
■料金:予約:1,500円/当日:2,000円(ワンドリンク付)

公益財団法人下中記念財団、ポレポレタイムス社 共催


〈上映プログラム〉
【ECフィルムより】
■中央アフリカ バヤカ・ピグミー族 与える 取る 分ける/1975-80年
■中央アフリカ バヤカ・ピグミー族 母子関係/1975年
■パプアニューギニア トリブリアンド人 3歳半の幼児と遊び仲間との相互関係/1984年
■南西アフリカ  ヒンバ族 幼児と4歳の少女の遊びの発展/1985年
■南西アフリカ ヒンバ族 少女の1人遊びと幼児による完成/1985年
■ベネズエラ ヤノマミ族 少女の乳児の世話/1983年


【特別上映】
■バカ・ピグミーの子供たちによるエロチック・パフォーマンスなど(分藤大翼)
※昭和初期のモノクロ視聴覚教育映像も。お楽しみに!

〈連続上映会11「子どもからの世界」〉
人類の一生は、何万年の間、さしたる変化を感じません。子が生まれ、成長し、学び、家庭を持ち、伝え、老いて死ぬ。文化によって多少の相違はありますが、人生の本質は一貫しています。特に、子育ての本質はホモ・サピエンス以降変わっていないのではないでしょうか。「強く育ってほしい」という子育ての本質。私たち人類の、古くからの子育ての願いはこんな具合にシンプルなはずなのに、ついつい余計なこと考えているうちに、この願いを見失ってしまう。しかし、ECの映像を見ていると、見失う前のことを思い出します。そして、「ああ、そうだった、こんなだった。」と、何万年も前の、子育ての本質の生まれた瞬間が蘇ってくるのです。保育園という場で子どもに日々向き合う齋藤紘良さん、バカ・ピグミーたちが暮らす森をフィールドに研究する分藤大翼さんとともに貴重な映像資料から各所の民族の子育て観をのぞき、人類における子育ての本質を考えてみませんか。


〈ゲスト〉
齋藤紘良(さいとうこうりょう)
しぜんの国保育園園長兼学童施設長/作曲家
森の循環システム「里山文化」を体現するプログラムと、長期にわたりヨーロッパの福祉や文化を視察してきた経験をもとに、芸術と自然、そして食を基盤とした保育実践を行っている。映像番組への楽曲提供や様々な場所でのワークショップ、他ジャンルのアーティストとのコラボレーションを行う。子どもと大人を文化でつなぐレーベルsaitocnoやソロ活動、齋藤紘良&ミラージュ楽団などを主催、チルドレンミュージックバンドCOINNメンバー、季刊誌BALLADをプロデュース。

分藤大翼(ぶんどうだいすけ)
信州大学学術研究院総合人間科学系・准教授/映像人類学。
1996年よりカメルーン共和国の熱帯雨林地域に暮らすBaka(バカ)という狩猟採集民の調査研究を行っている。2002年より調査集落において記録映画の制作を開始。主な映像作品は『Wo a bele -もりのなか-』、『Jengi』、『jo joko』。主な共著は『フィールド映像術』、『commmons:schola vol.11 Traditional Music in Africa』。


〈エンサイクロペディア・シネマトグラフィカとは?〉
1951年、ドイツ・国立科学映画研究所で、科学映像をめぐる一大計画が始まっ た。「エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ」(EC)と題するこのプロ ジェクトは、世界中の知の記録の集積をめざした映像による百科事典。以後30年 近くの歳月を費やして数多くの研究者・カメラマンが世界 各地に赴き、現在は 失われた暮らしの技法や儀礼などの貴重な記録を含む、2000タイトル強の映像アーカイブが制作された。ECはさらに各国機関 に渡り、日本でも1970年より下 中記念財団によって、アジアで唯一のフルセットの映像が管理・運用されている。だが21世紀現在、本家ドイツの ECプロジェクトは解散、日本でも16mmフィルムという記録媒体が障壁となり上映機会はほぼ途絶えていた。


〈本上映にあたり〉
「食べる」「寝る」「子を産む」...さまざまな行動をテーマに、微生物から人間までを記録した生物学シリーズ。民族学分野では「パン作り」だけで世界40地域のタイトルが並ぶ。
提唱者G.ウォルフは、演出や解説、BGMを徹底的に避けて比較を可能にする映像スタイルを目指し、ECは20世紀の民族誌映画のひとつの型を作ったとも言われる。
ケータイ動画やYoutube......あらゆる断片映像の波に溺れる私たちの日常。こんな時代だからこそ、映像記録の原点ともいえるこの映像の百科事典が、新たな輝きを放つ。さあ魅惑の標本箱、ECアーカイブの宝探しにくり出そう。

■共催:公益財団法人 下中記念財団(平凡社の創立者下中弥三郎を記念し、教育・出版に関する助成を実施)、ポレポレタイムス社
■企画:EC上映班/下中菜穂(暮らしの自由研究室)、丹羽朋子 (FENICS)、ポレポレタイムス社 
■協力:川瀬慈(国立民族学博物館)、岡田一男(東京シネマ新社)、NPO法人 FENICS
■デザイン:大橋祐介

sample-01.png


page top