ポレポレ坐 お知らせ

2015.11.17〜12.6.人形師 山本由也 劇人形作品展 「Dragon」

人形師 山本由也 劇人形作品展 「Dragon」

「かわせみ座」を立ち上げたのが1982年。創設以来、すべての人形を自ら作り、操演してきました。すでに150体ほどになります。
糸操りが中心になりますが、物語を作り、その展開に合わせた動きを想定し、構造から人形を作っていきます。
完成までには、構造体の検証から表面素材の選択まで、長い時間を要します。今回は、人形師として、
独創的な構造と操作法を持つ人形たちを、動かない状態で、造形物として見てもらいたいと企画しました。
ステージ上でご覧いただくのとは別の人形たちが見えてくるのではないでしょうか?
また、展示した人形の操作実演も計画中です。リュウ15体から18体を中心に約30点を展示します。
会期中には、多彩なゲストを招いて、人形とのコラボレーションライブを開催します。体力の限界に挑戦です。
ぜひ、足を運んでいただければと思います。 山本由也

■会期:2015年11月17日(火)〜12月6日(日) 11月30日(月)休
■営業時間:火曜〜土曜 11:30〜23:00 
      *11月22日(日)11月23日(月・祝)12月6日(日)11:30〜18:00 
      *コラボライブのある日は、ご覧頂けない時間がございます。

【COLLABORATION LIVE EVERY LIVE】

会期中には、多彩なゲストを招いての人形とのコラボライブ、展示人形の操作実演を企画しています。
※...ライブの1時間前より、ライブ中は作品展観覧のみの入場は出来ません。ご注意ください。

■時間:18:30 open / 19:00 start (各日定員50名・要予約)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)E-mail : event@polepoletimes.jp
*ご希望の日、お名前、ご連絡先をお書き下さい。
■ライブ料金:3,000円 フリーパス:10,000円

★11月18日(水)【谷川賢作+山本由也 】
谷川賢作 (ピアノ、作編曲)
1960年東京生まれ。現代詩を歌う「DiVa」ハーモニカ奏者、続木力との「パリャーソ」詩人の谷川俊太郎とのデュオその他で活動。
連載中の「ほめちぎっちゃうぞっ!」

★11月19日(木)【シャルキィロマ+山本由也 】
シャルキィロマ
元有頂天のHackai(ウード / ブズーキ)、畔上昭仁(パーカッション)、関賢基(ヴァイオリン) ノスタルジーとエキゾチズム。
それはあたかも映画のワンシーンがごとく、めくるめく音の旅世界へと聴くものをいざなう。

★11月20日(金)【夏秋 文彦+山本由也 】
夏秋 文彦 (鍵盤ハーモニカ、ピアノ、口琴、コンツォフカ、etc.)
鍵盤ハーモニカや多くの楽器を操り、オリジナルの楽曲や即興演奏を中心のライブ活動を展開。
ソロライブ、多くのミュージシャンとのコラボレーションを日本と海外で続けている。伊那谷に棲む音の魔術師。

★11月21日(土)【寺尾紗穂+山本由也 】
寺尾紗穂(ピアノ弾き語り)
ピアノ弾き語り。07年『御身onmi』でメジャーデビュー、大貫妙子、坂本龍一、星野源らから賛辞を得る。2013年秋公開の安藤桃子監督作品「0.5mm」(安藤サクラ主演)の主題歌を提供。CM音楽やナレーション、エッセイ、書評等で活動中。

★11月22日(日)【じぶこん+山本由也 】
じぶこん(ディジュリドゥ、インディアンドラム、歌、フラメンコギター)
2001年に結成。ディジュリドゥを吹き、インディアンドラムを叩き、伸びやかに唄う近藤裕子。ホーメィを鳴らし、フラメンコギターでリズムを刻む辻岳春。数々のイベントに出演。沢山の人達との繋がりを求め全国ツアー中。ライヴハウス以外にも幅広く活躍。

★11月24日(火)【海沼正利+山本由也 】
海沼正利(パーカッション)
ノンジャンルで活躍するマルチパーカッショニスト。カリビアングループ「TumbaCreole」や様々なライブプロジェクトを主催し、
一方で多数のグループに在籍している。

★11月25日(水)【梅津和時+山本由也 】
梅津和時(サックス、クラリネット) 
日本フリージャズ界の先駆者として、70年代から現在に至るまで第一線で活躍を続ける。マルチリード・プレイヤー、作・編曲家。
現在のリーダーバンドはKIKI BAND、他。

★11月26日(木)【加藤修子+山本由也 】
加藤 修子(ピアノ弾き語り)
国立音楽大学声楽科卒業後、二期会会員時代にウィーン芸術週間3年連続出演。ボイストレーナーとして「究極のボイストレーニング」出版。
'14ピアノひきがたりライブ始める。

★11月27日(金)【chie+蔡 怜雄+山本由也 】
chie(チェロ&ヴォイス)
幼少から音楽を始め1994年チェロと出会う。故・井上頼豊氏に師事。インドやスペインで音楽の栄養を受け、チェロで様々なバンドに参加。
2012年よりチェロ弾き語りを始める。 
蔡 怜雄(トンバク、ダフ、フレームドラム)
トンバクやダフの繊細な表現、音色の豊かさ、楽器の美しさに惹かれてペルシャの打楽器奏者に。バークリー音楽大学卒。ボストンではペルシャ音楽のグループに参加し各地で演奏した。帰国後はペルシャ音楽を中心に活動している。

★11月28日(土)【星衛+小川紀美代+山本由也 】
星衛(チェロ・和笛)
幼少期をアフリカ大陸で過ごす。チェロ、エレクトリックチェロで活動の一方、東京無形文化財神田囃子を伝承、篠笛を吹く。著書に「聴覚刺激小説案内」(筆名・奥澤竹彦、音楽の友社)など。
小川紀美代(バンドネオン)
バンドネオンの音色に魅せられ独学で奏法を学び、単身ブエノスアイレスに渡る。アルゼンチンタンゴに限らず、独自の世界観での自由な演奏、作編曲は、ヨーロッパ、北欧、アジア諸国でも高い評価を受けている。

★11月29日(日)【三輪福+山本由也 】
三輪福(舞踊家、振動性音響アーティスト)
京都鳴滝出身。自然界に満ちる生命身を任せ表現する活動は多岐に渡り神秘。和製クリスタルボウルの響きを柱に自然遺産、全国の社寺などで活動。衣装家の時広真吾氏写真集「Sibyls~生きる女たち」のモデルを勤める。

★12月1日(火)【藤野由佳+立岩潤三+山本由也 】
藤野由佳(アコーディオン)
蛇腹姉妹、オオフジツボでの活動他、様々なライブや録音に参加、変幻自在なフレーズとエモーショナルなプレイが好評を博す。ソロアルバム「心ふるわすもの」他リリース多数。
立岩潤三(パーカッション)
中東のダルブカ、インドのタブラ、フレームドラム等の打楽器で各古典音楽やトラッドを演奏すると共に、その可能性を探るべく幅広いジャンルへのアプローチや作曲を行う。

★12月2日(水)【土井啓輔+山本由也 】
土井啓輔(尺八・作編曲)
ジャンルを問わない演奏に加え、作曲家として日本の古典音楽を源流に現在から未来へと向かう変幻自在な手法により、独自の音世界を創り続ける。

★12月3日(木)【BUN+山本由也 】
BUN(カリンバ、ネイティブアメリカンフルート)
カリンバ(親指ピアノ)奏者&制作。ソロ活動を軸にユニットでも活動。国内外でのフェスでパフォーマンスとスキルを披露。奈良天河神社での奉納や「ピースボート」の水先案内人、JAL国際・国内線やCM「メリーズ」に楽曲を提供。 

★12月4日(金)【松本雅隆+上野哲生+山本由也 】
松本雅隆(中世ルネサンス古楽器、作曲)
上野哲生(サントゥール、リュート、サズ等の古楽系弦楽器)

二人は1973年に結成された中世・ルネサンス音楽を演奏するカテリーナ古楽合奏団」の中心メンバー。1982年より古楽器や空想楽器で子ども達に音楽の夢を運ぶ「ロバの音楽座」を結成。長年にわたり中世・ルネサンス時代の古楽を研究し様々な楽器を演奏する。NHKの教育番組やかわせみ座の竜のシリーズの音楽などを担当する。

★12月5日(土)【ホッピー神山+山本由也 】
ホッピー神山(ピアノ、作編曲、音楽プロデューサー
レーベル「GODMOUNTAIN」を主宰。世界中のネットワークを築き上げ、多数のバンドに参加。 プロデューサー・アレンジャーとして、アンジェラ・アキ、小泉今日子、氷室京介、Chara、Judy&Mary等とかかわり、多数のヒットCM音楽を手がける。

山本由也(人形師・かわせみ座主宰)
1975年糸あやつりの「竹田人形座」(東京都無形文化財)に入団。人形制作を竹田喜之助し、操演を竹田扇之助氏に師事。1982年独立して「かわせみ座」を創立。オリジナルの人形構造と操作法、「出遣い」というスタイルで、人形劇の枠組みを超えた、ユニークでナイーブな舞台芸術活動を続けています。演出・操演・舞台美術、人形美術・デザイン、設計、製作を手掛け、従来の人形にはない、表現力豊かな独自のシステムと操作方法を考案し続けて来ました。木彫が基本。ビジュアルや構造力学にそって、木・皮・布・プラスチック・金属など、あらゆる素材を使い分け、融合させて、イメージする人形を創作。今までに、リード奏者の森順治氏、栗コーダーカルテットの栗原正己氏、鍵盤ハーモニカの夏秋文彦氏、尺八奏者の土井啓輔氏、ロバの音楽座の松本雅隆氏に音楽を依頼してきました。過去に、俳優の熊倉一雄氏、岡田真澄氏、植本潤氏(花組芝居)、西川右近氏(西川流家元)と舞台で共演もしており、海外での公演も数多く手掛けて来ました。


yoshiya-omote-2015.jpg

2015.11.15.共働学舎の日々の暮らしをのぞく夕べ 「いのちをつなぐ」

共働学舎の日々の暮らしをのぞく夕べ 「こんな生き方、どうでしょう」
収穫祭の夜もポレポレへ。共働学舎ってどんなとこ?がわかるトークイベントです。

■日時:2015年11月15日(日)17:00〜
■参加費:1000円
■問合せ:Tel :03-3227-1405 (ポレポレタイムス社)E-mail :event@polepoletimes.jp

1974年に長野県小谷村ではじまった共働学舎。
その後各地に広がり拠点が増え、今年で42年目を迎えます。
変わりゆく時代の中でも「競争社会ではなく協力社会を」という発足当初からの
理念のもと、様々な個性の人たちが共に暮らす居場所としてあり続 けています。
今年4月に帰天した創設者宮嶋眞一郎氏の志に思いを巡らせながら、共働学舎の
これまでとこれからを語る夕べ。

■第1部...共働学舎の活動紹介■
(1)共働学舎とは?...各地の共働学舎の暮らしの様子をお伝えします。
(2)南沢共働学舎...今年はクッキーづくりをている南沢学舎にスポットをあて、
 動画も交えてご紹介します。(撮影:佐藤ゆりか)
(3)福澤雄平と仲間たちのミニライブ...寧楽共働学舎で育った福澤雄平さんが、
 学舎や北海道の思い出とともに自作の曲を披露します。

■第2部...「共働学舎」ができたころ 宮嶋眞一郎さんの思いを明日へ■
いまから42年前、信州小谷の山の中に、赤い屋根の家がありました。電気もなく
水道もない...そんな小さな一軒からスタートした共働学舎。創設 者の宮嶋眞一郎
さんは当時、エネルギーあふれる52歳。学舎誕生と眞一郎さんの知られざるエピ
ソード、明日へつなぐ思いを、初めの一歩から共 に歩んできた人たちが語ります。

登壇者
・山路家子(元NHKディレクター)
 1980年秋、NHKラジオ「人生読本」に宮嶋眞一郎さんが出演したことがご縁で、以後共働学舎の応援を続けている。

・本橋成一(写真家・映画監督)
 自由学園の教師時代の宮嶋眞一郎さんのもとで中学、高校時代を過ごす。以来共働学舎発足後も交流を続けてきた。

・宮嶋信(信州共働学舎代表)

司会:雪山香代子(婦人之友社編集部)


2015.11.14〜15.共働学舍とそのなかまたちの収穫祭 11回目!!

共働学舍とそのなかまたちの収穫祭 11回目!!

ポレポレ坐カフェメニューでもおなじみの、
共働学舎とその仲間たちの農産物がやってきてポレポレ坐が市場になる2日間。
年に一度の収穫祭、お出かけ下さい!

共働学舎とは、社会で弱い立場にある人たちと共に、自労自活・自主自立を基本
として農業、酪農、工芸など、生産的勤労生活をしているグループで す。
長野・東京・北海道に拠点があります。

■日時:2015年11月14日(土)10:00〜16:00
        11月15日(日)10:00〜16:00(終了後イベントあり)

■出品されるもの
   ●共働学舎より...
    大根、にんじん、かぼちゃ、白菜、キャベツ、パン、お米、
    ソーセージ、チーズ、ベーコン、みそ、小豆、大豆
    手づくりクッキー、ハーブティー、工芸品、他

   ●仲間たちより...
    お野菜いろいろ、りんご、わさび、オーガニックコーヒー、ケーキ、
    びわ茶、はちみつ、牛肉のつくだ煮、段ボール文具、日本のやきもの、他

■出品する人
    立屋、真木、寧楽、新得、南沢共働学舎のみなさん
    やまびこ舎さん
    風の畑さん
    前田農園さん
    須沢トマトさん
    まるとうわさびさん
    井出農場さん
    YMCA農村塾さん  
    段房具のなかやまさん
    あとみの店さん(祝島)
    北出精肉店さん
    anonimo coffeeさん
    ゆき蜜さん
    標しもとさん
    などなど

■問合せ:Tel:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
     E-mail:event@polepoletimes.jp

■主催:共働学舎の収穫祭実行委員会
■共催:ぶどうの会(共働学舎父母の会)

2015.11.11.三上敏視のお神楽ナイトvol.23『現代神楽の基礎知識part3』

三上敏視のお神楽ナイトvol.23『現代神楽の基礎知識part3』

お神楽ナイトの今回のシリーズ、「現代神楽の基礎知識」も三回目となりました。
ここまで、場所を清めて神仏を招いて、それに応えて神が現れる。そして宴会状態になると
山から怒って文句を言ってくる荒ぶる神もあらわれる神楽もある。
というところまで紹介しました。
今回はそのあと、多様な「芸能色の強い演目が奉納される」というシーンをいろいろ紹介したいと思います。
ほぼ「面白い」演目が続きますのでお楽しみに。

■日時:2015年11月11日(水)18:00open / 19:00start
■出演:三上敏視(音楽家、神楽・伝承音楽研究家)
■料金:予約2,000円/当日2,300円(+要ワンオーダー)*お食事のメニューがあります。
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)E-mail : event@polepoletimes.jp

三上敏視(みかみ としみ)
1953年 愛知県半田市生まれ、武蔵野育ち。
93年に別冊宝島EX「アイヌの本」を企画編集。
95年より奉納即興演奏グループである細野晴臣&環太平洋モンゴロイドユニットに参加。
日本のルーツミュージックとネイティブカルチャーを探していて里神楽に出会い、
その多彩さと深さに衝撃を受け、これを広く知ってもらいたいと
01年9月に別冊太陽『お神楽』としてまとめる。
その後も辺境の神楽を中心にフィールドワークを続け、
09年10月に単行本『神楽と出会う本』(アルテスパブリッシング)を出版、
初の神楽ガイドブックとして各方面から注目を集める。
神楽の国内外公演のコーディネイトも多い。
映像を使って神楽を紹介する「神楽ビデオジョッキー」の活動も全国各地で行っている。
現在は神楽太鼓の繊細で呪術的な響きを大切にしたモダンルーツ音楽を
中心に多様な音楽を制作、ライブ活動も奉納演奏からソロ、ユニット活
動まで多岐にわたる。また気功音楽家として『気舞』『香功』などの作
品もあり、気功・ヨガ愛好者にBGMとしてひろく使われている。
多摩美術大学美術学部非常勤講師、
同大芸術人類学研究所(鶴岡真弓所長)特別研究員。

2015.11.10 タブ純フォーク村

★ ★ ★
本公演はご予約で満席となりました。
当日券の販売予定はございません。
何卒ご了承ください。
★ ★ ★

タブ純フォーク村

■日時:2015年11月10日(火)19:00 open / 19:30 start
■料金:予約:2,500円 / 当日3,000円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社/平日のみ対応)
E-mail:event@polepoletimes.jp
■出演:タブレット純 ※ゲスト有り

★タブレット純
幼少時よりAMラジオを通じて古い歌謡曲に目覚め、思春期は中古レコードを蒐集しながら愛聴、研究に埋没する日々を送る。高校卒業後は古本屋、介護職など芸事と関係のない仕事をしていたが、27才の時、ある日突然ムード歌謡の老舗グループ、和田弘とマヒナスターズに芸名「田渕純」としてボーカルで加入。以後二年間和田弘氏逝去まで同グループにて活動した。グループ解散後都内のライブハウスにてネオ昭和歌謡、サブカル系のイベント出演の他、寄席・お笑いライブにも進出。ムード歌謡漫談という新ジャンルを確立し、異端な存在となっている。

tabujun.jpg

2015.11.8.アルコールの夜 

アルコールの夜 

賢いお酒の楽しみ方とは・・・
そして、アルコール依存症をもっと知っていただくために
~啓発イベント・プログラム~

・アルコール依存症とは?
・アルコール依存症当事者の体験談
・アルコール依存症者によるメッセージ・パフォーマンス
・賢いお酒の楽しみ方とは・・・
・メッセージ

■日時:2015年11月8日(日)17:30 open / 18:00 start
■出演:
東ちづる(女優、Get in touch理事長)
香山リカ(精神科医)
見城美枝子(青森大学副学長・アルコール健康障害対策関係者会議委員)
小嶋洋子(アルコール依存症当事者・インダー女性サポートセンター代表)
笹井健次(アルコール依存症当事者・リカバリーパレード実行委員)
辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)
月乃光司(アルコール依存症当事者・こわれ者の祭典代表・アルコール健康障害 対策関係者会議委員)

(あいうえお順)

■MC:月乃光司・辛酸なめ子
■ギター伴奏:タダフジカ
■プロデュース:月乃光司 

●抽選で100名様、無料ご招待:お名前・人数・電話番号を記入して
otukisamacd■yahoo.co.jp (迷惑メール防止 ■→@)迄、メールを下さい。【件 名:アルコール予約】
締切り:10月30日(金)
◎当選発表は、当選通知メールの送信をもって代えさせて いただきます。
問合せ:TEL:080-6618-8806 FAX:025-265-4854(実行委員会)
主催:内閣府

2015.11.5.小室等のコムロ寄席 番外編 文化の交差点「話の特集」物語

小室等のコムロ寄席 番外編 文化の交差点「話の特集」物語 十三幕 筑紫哲也さんの巻

毎度お馴染みポレポレ坐コムロ寄席。1965年に創刊した日本のミニコミ誌の草分けともいわれる雑誌『話の特集』の道筋をひもとくシリーズ、 元編集長矢崎泰久さんの交友録から、お一人ずつにスポットをあててお送りしています。今回は『NEWS23』でみなさんご存知の筑紫哲也さんの巻。矢崎さんとは雑誌「週刊金曜日」の創刊当初からともに仕事を続けてきた縁の深い方です。今だからこそ知りたい筑紫さんの社会への視点 を、矢崎さんを通してお聞きできたらと思います。一方で、筑紫さんのギャンブル好きも密かに知れ渡っていたそう。矢崎さんとは雀友だった か。硬軟取り混ぜ、何が出ますか。ぜひみなさまご来場ください。

■日時:2015年11月5日(木)18:30 open / 19:00 start
■出演:小室等
■ゲスト:矢崎泰久(ジャーナリスト・「話の特集」元編集長)
■料金:予約 3,000円 / 当日 3,500円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp

PREV


page top