ポレポレ坐 お知らせ

2015.4.15.徹の部屋vol.36 「挟み撃ち!vol.3」

徹の部屋vol.36 「挟み撃ち!vol.3」

喜多直毅(vl.)と始めた「挟み撃ち!」シリーズ。
今回はいよいよホームグランド「徹の部屋」でギタリストの今井和雄さんを迎えます。
同い年の今井さんと50歳になった(2人で100歳)機会に「Orbit」というデュオシリーズを始動、Orbit0(デュオ)Orbit1(with Michel Doneda)Orbit2(withBarre Phillps, Urs Leimgruber, Jack Demieer,Lauren Newton)という3枚のCDを残しました。デュオ+沢井一恵、Michel Doneda、Le Quan Ninhで「影の時 Le Chance pour O'mble」を作りカナダ・フランスツアーにも出かけました。
いろいろな意味で「今だ!」と直感して今回の開催となりました。お楽しみに!

*挟み撃ち!シリーズは、齋藤徹と喜多直毅が、生楽器によるギリギリの即興演奏を、Barre Phillips, Michel Doneda, Le Quan,Ninh, Bertrand Gauguet, Xavier Charles, Sebastian Gramss,Tatsuya Nakatani, Roger Turnerをゲストに続けてきて成果を上げています。

■日時:2015年4月15日(水)19:00 open / 19:30 start
■出演:今井和雄(ギター)喜多直毅(バイオリン)齋藤徹(コントラバス)
■料金:予約3,000円/当日3,500円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Email : event@polepoletimes.jp

☆今井和雄(ギター)
70 年代から即興を始め、1991年サウンドインプロヴィゼーションシリーズ「ソロワークス」を開始。1997年より集団即興の為のプロジェクト「マージナル・コンソート」を企画。2005年に鈴木學(self-made electronics)、伊東篤宏(optron)と「今井和雄トリオ」を結成。2014年から不確定な作品の公開練習「リハーサル」を大崎l-eで開始。その他、国内外で活動している。

喜多直毅(ヴァイオリン)
国立音楽大学にてヴァイオリンを専攻後、英国にて作・編曲を学ぶ。その後ブエノスアイレスにてフェルナンド・スアレス・パス氏のもと、タンゴ演奏法を学ぶ。タンゴ演奏家としての活動後、翠川敬基(チェロ)、常味裕司(ウード)、鬼怒無月(ギター)各氏のグループに所属し活動。近年は自身の四重奏団およびヴァイオリン独奏に力を注ぐ。ヨーロッパを中心に海外公演も数多い。他に齋藤徹氏(コントラバス)のプロジェクトへの参加、黒田京子(ピアノ)とのデュオでも活動。

齋藤徹(コントラバス)
舞踊・演劇・美術・映像・詩・書・邦楽・雅楽・能楽・西洋クラシック音楽・現代音楽・タンゴ・ジャズ・インプロビゼーション・韓国文化・アジアのシャーマニズムなど様々なジャンルと積極的に交流。ヨーロッパ、アジア、南北アメリカで演奏・CD・DVD制作。
コントラバスの国際フェスティバルにも数多く参加。コントラバス音楽のための作曲・演奏・ワークショップを行う。齋藤徹・喜多直毅・さとうじゅんこの「うたをさがしてトリオ」では2作のCDを発表。自主レーベルTravessia主宰。

tetsu-36.jpg


--------------次回予告--------------
「徹の部屋vol.37」
■日時:2015年5月26日(木)19:00 open / 19:30 start
■出演:ジャンサスポータス(ダンス)ヴォルフガング・ズーフナー(チューバ)ウテ・フォルカー(アコーディオン)熊坂路得子(アコーディオン)田嶋真佐雄(コントラバス)齋藤徹(コントラバス)
■料金:予約3,000円/当日3,500円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Email : event@polepoletimes.jp


2015.4.11.田代まさし×近藤恒夫×月乃光司  依存症は病気です!

田代まさし×近藤恒夫×月乃光司
依存症は病気です!
~三人の依存症者によるメッセージ~
特別ゲスト:田口ランディ(作家)

薬物依存症やアルコール依存症は、意志や性格の問題ではなくて、治療が必要な病気
です。

「薬物依存症」のリハビリ施設ダルクに通いながら、薬物体験者として、全国の講演
会などで「薬物の本当の怖さ」を訴えている田代まさしと、薬物依存症者であり現在
はダルク代表を務める近藤恒夫、そしてアルコール依存症・処方薬依存症者であり現
在は朗読者として活動する月乃光司、三人の薬物依存症者によるメッセージ!
父親がアルコール依存症者だった田口ランディ(作家)を特別ゲストとして招き、赤
裸々に語り合うユーモア・トークライブ
■トークテーマ(予定)
・薬物依存症と認めた瞬間
・薬物依存症の治療とは?
・刑務所よりも治療が必要?
・「どん底」から「希望」へ!
・家族に依存症者がいたらどうするか?

■日時:2015年4月11日(土)17:30 open / 18:00 start
■出演:田代まさし・近藤恒夫・月乃光司
■特別ゲスト:田口ランディ(作家)
■料金:予約1,500円/当日2,000円(ドリンク代別)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Email : event@polepoletimes.jp
■問合せ080-6618-8806(実行委員会)
■主催:月乃光司

田代まさし
1956年生まれ。愛称はマーシー。「マーシーの薬物リハビリ日記」(泰文堂)著者。

近藤恒夫
1941年生まれ。1985年、日本初の民間による薬物依存者回復施設「ダルク」(現東京
ダルク)を開設。1995年、東京弁護士会人権賞。

月乃光司
1965年生まれ。「こわれ者の祭典」代表。2010年、新潟弁護士会人権賞。内閣府「ア
ルコール健康障害対策関係者会議」委員。

田口ランディ
1959年生まれ。作家。「コンセント」「生きなおすのにもってこいの日」「生きる意
味を教えてください―生と死をめぐる対話」「キュア」「サンカーラ」著作多数。
2001年「できればムカつかずに生きたい」で、第一回婦人公論文芸賞を受賞。

2015.4.5.三遊亭時松独演会「時松歳時記〜春匂う〜」

三遊亭時松独演会「時松歳時記〜春匂う〜」

■日時:2015年4月5日(日) 18:30 open /19:00 start
■番組:三遊亭時松「ちりとてちん」、他一席
■助演:春雨や雷太
■木戸銭:前売/当日共2000円(ワンドリンク付)ポレポレ坐にて販売予定。
■予約・問い合わせ:常盤松会 03-3771-3727(FAX共通) 
          (留守電の場合はお名前と枚数連絡先をお教え下さい。)
          E-mail : to.ki.ma.tsu_sanyu-tei@nifty.com

2015.3.27.「愛のゆくえ(仮)」上映 2015

「愛のゆくえ(仮)」上映 2015
「愛のゆくえ(仮)」×「サニー 永遠の仲間たち」
]

"今日、私は17年ぶりに本名を名乗ります" オウム逃亡犯とその生活を支え続けた女性とをモチーフに、出頭前夜。
二人の関係を映し出す。映画「愛のゆくえ(仮)」。
2012 年12月からポレポレ東中野にて公開され、第25回東京国際映画祭日本映画・ある視点部門などでも上映され話題を集める。
2013年、Space・Cafeポレポレ坐にて全6回の連続上映も好評を博す。
約一年ぶりに愛のゆくえ(仮)上映会を行う。
今回のカップリング作品は2012年に公開された「サニー 永遠の仲間たち」
「愛のゆくえ(仮)」と全く関係がない。では、なぜ、上映するのか? 好きだから。
自分が作った映画と一緒に上映したい。
こういう映画と出逢えたら、また上映会をやりたいと思う。
一日限り。必見! Memory×Melody。 
 「愛のゆくえ(仮)」撮影・プロデューサー 高橋和博

■日時:2015年3月27日(金)
■開場:19:00
■開映:19:30 〜「愛のゆくえ(仮)」
    21:10 〜「サニー 永遠の仲間たち」(※BDによる上映になります)
■料金:予約1,500円/当日1,800円
■予約:090-4395-4852(担当:高橋)Email :aikarimovie@yahoo.co.jp
*「愛のゆくえ(仮)」ブログ→http://aikari.exblog.jp/

aikari2015.jpg

2015.3.26.小室等のコムロ寄席 其の二十 『大往生』=クオリティ・オブ・デスの巻

小室等のコムロ寄席 其の二十 『大往生』=クオリティ・オブ・デスの巻


毎度おなじみポレポレ坐コムロ寄席。
いつものように永六輔さんをゲストにお迎えします。
質のよい死に方"クオリティ・オブ・デス"について考える人が増える昨今。
そこではたと手を打つ。永さんは自著「大往生」でとっくの昔に人間らしい死に
ついて語り合うことを提唱していたのではないで しょうか。
高齢化社会"という言葉もすっかり日常となったいま、
永さんにとっての『大往生』をあらためてお伺いします。
ぜひふるって ご参加ください!

■日時:2015年3月26日(木)18:30 open / 19:00 start
■出演:小室等
■ゲスト:永六輔
■料金:予約 3,500円/当日 4,000円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp

小室等(こむろひとし)
1943年東京生まれ。1968年 グループ「六文銭」を結成。
1971年 第2回世界歌謡祭にて「出発の歌」(上條恒彦と六文銭)でグランプリを獲得。
1975年 泉谷しげる、井上陽水、吉田拓郎と「フォーライフレコード」を設立。
現在は,自身のコンサートを中心に活動する中、
谷川賢作(pf)とのセッション、さがゆき(vo)とのユニット「ロニセラ」、
娘であるこむろゆい(vo)とのデュオ「Lagniappe(ラニヤップ)」などのライブ活動も。
また他ジャンルのミュージシャンとのコラボレーションやイベントプロデュースも多数。
テレビドラマ(NHK金曜時代劇「蝉しぐれ」TBS「高原へいらっしゃい」
「遠い国から来た男」他)映画(ドキュメンタリー「ナージャの村」他)
舞台(ミュージカル「スパイ物語」他)に音楽を提供するなど幅広く活動している。

☆永六輔(えいろくすけ)
1933年東京・浅草生まれ
1952年早稲田大学文学部中退
中学のとき、NHKラジオ『日曜娯楽版』に投書をして以来ラジオ中心に作詞、
テレビ、出版の仕事を続けている。
生活の大部分は旅ぐらしで、そこで感じた矛盾や感動を語り、
書き、時には市民運動やボランティア活動を手伝っている。
1992年NHK放送文化賞受賞。
1994年都民文化栄誉賞受賞。
2000年菊池寛賞受賞。

2015.3.3~3.8.黒崎彰 写真展「道輔さん」

黒崎彰 写真展「道輔さん」
多磨全生園・元ハンセン病図書館員 山下道輔氏の記録 2002~2014

国立療養所多磨全生園にハンセン病の苦難の歴史を残そうと患者たちがつくった図書館があった。
そのハンセン病図書館における資料の収集と活用に生涯をかけ、闘いつづけた孤高の人、山下道輔。
しかし、同時にユーモア溢れる語りと弾ける笑顔、その飄々とした人柄で多くの人を惹き付けた。
昨秋、惜しまれながら逝ってしまった図書館の戦士。彼の魅力を写し止めた写真パネル40点で偲ぶ追悼展。

■会期:2015年3月3日(火)〜3月8日(日) 入場無料
■営業時間:11:30〜23:00 最終日18:00まで 

くろさきあきら profile
新潟県小千谷市生まれ。コマーシャル、雑誌を舞台に主に人物撮影を中心に活動する。
日本写真家協会会員。
黒崎彰フォトギャラリー → http://aramusya.kuron.jp/

michisukesan.jpg

2015.2.24~3.1.「ビキニを見れば、ふくしまが見える」展

「ビキニを見れば、ふくしまが見える」展

■会期:2015年2月24日(火)〜3月1日(日) 入場無料
■営業時間:11:30〜23:00 最終日18:00まで 
※2/28(土)イベント開催時はご覧頂けませんのでご注意ください。

【会期中イベント】
第34回ビキニふくしまプロジェクト
■日時:2015年2月28日(土)13:30〜16:30
 13:30 写真絵本「ふるさとにかえりたい〜リミヨおばあちゃんとヒバクの島」朗読(羽生田有紀)
 14;15 島田興生スライドトーク「マーシャルの子どもたち」
 15:00 内田ボブ・弾き語りライブ
 16:00 朗読ライヴ「ビキニ追われて」(作/向井孝 演出:義野廃)
    出演:岩内博・酒井孝宏・田中敏治・西脇秀晴・野上龍彦・羽生田有紀・星本龍和・松山千穂・宮田慧・村雲司
スタッフ:田上正子・名取弘文
■入場料:1,000円(出入り自由)
■問い合わせ・申込み:ビキニふくしまプロジェクト tel&fax 0466-36-0624(名取)
 090-7638-5093(山本)bikini311@gmail.com

PREV

PREV


page top