ポレポレ坐 お知らせ

2015.5.23.オホーツク太郎 東京公演vol.3

オホーツク太郎 東京公演vol.3

■日時:2015年5月23日(土)15:30 open / 16:00 start
■出演:オホーツク太郎
■ゲスト:有働智章(三味線・都々逸)
■料金:2,500円(ワンドリンク付き)
■ご予約・お問い合わせ:湧楽座 (北海道紋別郡湧別町栄町37-25)
            Tel:01586-5-3933 担当 / 馬場
            Fax:01586-5-2880

2015.5.22.タブレット純と歌のなかまたち Vol.1

タブレット純と歌のなかまたち Vol.1

★ ★ ★
本公演はご予約で満席となりました。
当日券の販売予定はございません。
何卒ご了承ください。
★ ★ ★

■日時:2015年5月22日(金)19:00 open / 19:30 start
■出演:タブレット純
■ゲスト:仲雅美
■料金:予約:2,500円 / 当日3,000円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)E-mail:event@polepoletimes.jp

★仲雅美
1950年 東京都中野区生まれ。1968年 歌手デビュー。
1970年、深夜番組で歌う姿を見ていた木下惠介氏が、TBSドラマ『木下惠介 人間の歌シリーズ 冬の雲』のキャストに大抜擢。以降、歌手活動以外にも俳優・バラエティなど活躍の場を広げる。歌手としてはロシア民謡をカバーした『ポーリュシカ・ポーレ』が大ヒット。役者としては、映画『同棲時代−今日子と次郎−』や映画『愛と誠』、ドラマ『家光が行く』、『さぼてんとマシュマロ』、『あかんたれ』など、映画・ドラマ・舞台に数多く出演。最近では映画『女たちの都~ワッゲンオッゲン~』、ドラマ『ペテロの葬列』、バラエティ『爆報!THEフライデー』など、幅広く活動している。
【公式HP】http://nakamasami.com  
【ブログ】 http://ameblo.jp/masami-naka/

★タブレット純
幼少時よりAMラジオを通じて古い歌謡曲に目覚め、思春期は中古レコードを蒐集しながら愛聴、研究に埋没する日々を送る。高校卒業後は古本屋、介護職など芸事と関係のない仕事をしていたが、27才の時、ある日突然ムード歌謡の老舗グループ、和田弘とマヒナスターズに芸名「田渕純」としてボーカルで加入。以後二年間和田弘氏逝去まで同グループにて活動した。グループ解散後都内のライブハウスにてネオ昭和歌謡、サブカル系のイベント出演の他、寄席・お笑いライブにも進出。ムード歌謡漫談という新ジャンルを確立し、異端な存在となっている。

tabujun-01.gif


2015.5.17.浮世の桃源郷

浮世の桃源郷

独特な世界観を持つ唄い人が二人、
マリオネットと人形に命を吹き込む人形使いが二人。
異なる四人が集まれば、そこは絵本のような不思議な世界。
ようこと、桃源郷へ・・・

■日時:2015年5月17日(日)13:00 open / 13:30 start
■出演:中田真由美、沢田ナオヤ、
    国本享裕(道後温泉ワニとサイ)山本由也(かわせみ座)
■料金:おとな 3,200円 こども 500円
■ご予約・お問い合わせ:tact.cook.project@gmail.com

tougenkyo.jpg

2015.5.14.小室等のコムロ寄席 番外編 文化の交差点「話の特集」物語 其の十一

小室等のコムロ寄席 番外編 文化の交差点「話の特集」物語 其の十一
井上ひさしさんの巻

毎度お馴染みポレポレ坐コムロ寄席。1965年に創刊した日本のミニコミ誌の草分
けともいわれる雑誌『話の特集』の道筋をひもとくシリーズ、 元編 集長矢崎泰
久さんの交友録から、お一人ずつにスポットをあててお送りしています。
今回は井上ひさしさんの巻。「ひょっこりひょうたん島」や「吉里吉里人」をは
じめ、誰もが一度は作品を目にしたことがある井上ひさしさん。遅筆堂 (ちひ
つどう)を名乗ることもあったという井上さんでもありますが、「話の特集」の
原稿では矢崎さんとのかけひきもあったのでしょうか。公私とも におつきあい
の深かった矢崎さんから、今宵はどんなお話が飛び出すやら。是非おたのしみに
ご来場くださいませ!


■日時:2015年5月14日(木)18:30 open / 19:00 start
■出演:小室等
■ゲスト:矢崎泰久(ジャーナリスト・「話の特集」元編集長)
■料金:予約 3,000円 / 当日 3,500円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp

小室等(こむろ ひとし)
1943年東京生まれ。1968年 グループ「六文銭」を結成。
1971年 第2回世界歌謡祭にて「出発の歌」(上條恒彦と六文銭)でグランプリを獲得。
1975年 泉谷しげる、井上陽水、吉田拓郎と「フォーライフレコード」を設立。
現在は,自身のコンサートを中心に活動する中、
谷川賢作(pf)とのセッション、さがゆき(vo)とのユニット「ロニセラ」、
娘であるこむろゆい(vo)とのデュオ「Lagniappe(ラニヤップ)」などのライブ活動も。
また他ジャンルのミュージシャンとのコラボレーションやイベントプロデュースも多数。
テレビドラマ(NHK金曜時代劇「蝉しぐれ」TBS「高原へいらっしゃい」
「遠い国から来た男」他)映画(ドキュメンタリー「ナージャの村」他)
舞台(ミュージカル「スパイ物語」他)に音楽を提供するなど幅広く活動している。

☆矢崎 泰久(やざき やすひさ)
1933年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科に学び、日本経済新聞社に入社。
その後内外タイムスに移り社会部記者としてキャリアを積む。
'65年に父が経営する出版社、日本社から「話の特集」を創刊。
以来、'95年の休刊まで編集長を務める。
また映画、テレビ、舞台などのプロデューサーとしても数多く手腕をふるった。
現在はフリーのジャーナリスト。『月刊創』『週刊金曜日』などで連載企画をもつ。
正しい歴史を学び、現在おこっている世の中の真実を見据える
「学校ごっこ」講師でもある。
近著に永六輔さんとの対談集『ぢぢ放談激闘篇』がある。

2015.4.25.公開収録 ラジオフォーラム〜リスナーとパーソナリティーの明日の集い〜

公開収録 ラジオフォーラム〜リスナーとパーソナリティーの明日の集い〜
「ラジオは真実を報道できるか〜市民が支える『ラジオフォーラム』の挑戦」
(岩波書店)刊行記念

★ ★ ★
本公演は3月25日時点でご予約で満席となりました。
当日券の販売予定はございません。
何卒ご了承ください。
★ ★ ★

■日時:2015年4月25日(土)17:30 open / 18:00 start
■出演:「ラジオフォーラム」パーソナリティー
    石井彰(放送作家)谷岡理香(東海大学教授)湯浅誠(社会活動家・法制大学教授)
■特別ゲスト:「ラジオフォーラムという希望」小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)
■料金:予約 2,000円 (ワンドリンク付)定員80名
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp
■主催:ラジオフォーラム

2012年9月、毎日放送の報道番組「たね蒔きジャーナル」が突然打ち切られました。
この番組の存続運動の中から、市民がスポンサーになって制作放送するラジオ番組「ラジ
オフォーラム」が2013年1月から始まりました。現在、KBS京都、南海放送、長崎放送、熊本放送、ラジオ沖縄、全国のコミュニティFM46局で毎週1時間放送中です。
番組開始2周年とラジオフォーラムの本「ラジオは真実を報道できるか」が岩波書店から
刊行されることを記念して、リスナーとパーソナリティーの集いを開催します。特別ゲス
トには番組でレギュラーコーナーを担当する小出裕章さんを迎えて、この番組のこれまで
とこれからを語り合います。まだ番組を聴かれたことがない方の参加も大歓迎です。

2015.4.21.~5.10.本橋成一写真絵本展『アレクセイと泉のはなし』『アラヤシキの住人たち』

本橋成一写真絵本展  『アレクセイと泉のはなし』『アラヤシキの住人たち』

映画『アラヤシキの住人たち』にあわせ、本橋成一写真展『アレクセイと泉のはなし』『アラヤシキの住人たち』を開催致します。

■会期:2015年4月21日(火)~5月10日(日)月曜定休(4日は18時まで営業)入場無料
■時間:火曜~土曜11:30~23:00 日曜:11:30~18:00
*4月25日(土)はイベント開催のためご覧頂けない時間帯がございます

2014.4.17.三上敏視のお神楽ナイトvol.21『現代神楽の基礎知識part1』

三上敏視のお神楽ナイトvol.21『現代神楽の基礎知識part1』

ポレポレ坐での「お神楽ナイト」も21回目を迎えます。
だいたい年に4回のペースでやって来たので5年を経過、6年めに入ります。
それで、今回はあらためてスタートラインに戻り、「神楽とは何か」という入門編的な内容をテーマにしました。
昨年暮れに丸善出版から刊行された『民俗学事典』で「鎮魂の芸能」というテーマのページを担当して神楽解説を執筆したので、
その内容に沿いながら様々な神楽映像を紹介します。
新たに撮影した映像も多いのでお楽しみに。おまけのミニライブも相変わらずあります。
また開場から開演までの時間にも解説はつきませんが、神楽映像を流します。

■日時:2015年4月17日(金)18:00open / 19:00start
■出演:三上敏視(音楽家、神楽・伝承音楽研究家)
■料金:予約2,000円/当日2,300円(+要ワンオーダー)*お食事のメニューがあります。
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)E-mail : event@polepoletimes.jp

三上敏視(みかみ としみ)
1953年 愛知県半田市生まれ、武蔵野育ち。
93年に別冊宝島EX「アイヌの本」を企画編集。
95年より奉納即興演奏グループである細野晴臣&環太平洋モンゴロイドユニットに参加。
日本のルーツミュージックとネイティブカルチャーを探していて里神楽に出会い、
その多彩さと深さに衝撃を受け、これを広く知ってもらいたいと
01年9月に別冊太陽『お神楽』としてまとめる。
その後も辺境の神楽を中心にフィールドワークを続け、
09年10月に単行本『神楽と出会う本』(アルテスパブリッシング)を出版、
初の神楽ガイドブックとして各方面から注目を集める。
神楽の国内外公演のコーディネイトも多い。
映像を使って神楽を紹介する「神楽ビデオジョッキー」の活動も全国各地で行っている。
現在は神楽太鼓の繊細で呪術的な響きを大切にしたモダンルーツ音楽を
中心に多様な音楽を制作、ライブ活動も奉納演奏からソロ、ユニット活
動まで多岐にわたる。また気功音楽家として『気舞』『香功』などの作
品もあり、気功・ヨガ愛好者にBGMとしてひろく使われている。
多摩美術大学美術学部非常勤講師、
同大芸術人類学研究所(鶴岡真弓所長)特別研究員。

150325_DMdesignA.jpg

PREV


page top