ポレポレ坐 お知らせ

2015.2.10.小室等のコムロ寄席 番外編 文化の交差点「話の特集」物語 其の十

小室等のコムロ寄席 番外編 文化の交差点「話の特集」物語 其の十
色川武大・またの名を阿佐田哲也さんの巻

毎度お馴染みポレポレ坐コムロ寄席。1965年に創刊した日本のミニコミ誌の草分
けともいわれる雑誌『話の特集』の道筋をひもとくシリーズ、 元編 集長矢崎泰
久さんの交友録から、お一人ずつにスポットをあててお送りしています。今回は
色川武大またの名を阿佐田哲也さんの巻。小説家、随筆家、そして希 代の雀
士・・・。ひとことでは捉えきれないたくさんの顔を持ち、不思議な魅力で多く
の人に好かれた色川さん。話の特集での『怪しき来客簿』連 載をはじめ、矢崎
さんならではのエピソードと共に色川/阿佐田ワールドを語っていただきます。
是非ご来場くださいませ!

■日時:2015年2月10日(火)18:30 open / 19:00 start
■出演:小室等
■ゲスト:矢崎泰久(ジャーナリスト・「話の特集」元編集長)
■料金:予約 3,000円 / 当日 3,500円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp

小室等(こむろ ひとし)
1943年東京生まれ。1968年 グループ「六文銭」を結成。
1971年 第2回世界歌謡祭にて「出発の歌」(上條恒彦と六文銭)でグランプリを獲得。
1975年 泉谷しげる、井上陽水、吉田拓郎と「フォーライフレコード」を設立。
現在は,自身のコンサートを中心に活動する中、
谷川賢作(pf)とのセッション、さがゆき(vo)とのユニット「ロニセラ」、
娘であるこむろゆい(vo)とのデュオ「Lagniappe(ラニヤップ)」などのライブ活動も。
また他ジャンルのミュージシャンとのコラボレーションやイベントプロデュースも多数。
テレビドラマ(NHK金曜時代劇「蝉しぐれ」TBS「高原へいらっしゃい」
「遠い国から来た男」他)映画(ドキュメンタリー「ナージャの村」他)
舞台(ミュージカル「スパイ物語」他)に音楽を提供するなど幅広く活動している。

☆矢崎 泰久(やざき やすひさ)
1933年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科に学び、日本経済新聞社に入社。
その後内外タイムスに移り社会部記者としてキャリアを積む。
'65年に父が経営する出版社、日本社から「話の特集」を創刊。
以来、'95年の休刊まで編集長を務める。
また映画、テレビ、舞台などのプロデューサーとしても数多く手腕をふるった。
現在はフリーのジャーナリスト。『月刊創』『週刊金曜日』などで連載企画をもつ。
正しい歴史を学び、現在おこっている世の中の真実を見据える
「学校ごっこ」講師でもある。
近著に永六輔さんとの対談集『ぢぢ放談激闘篇』がある。

2015.2.5.ECフィルムを見る 連続上映会9「雪国の暮らし」

20世紀の映像百科事典 エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ(ECフィルム)を見る
連続上映会9「雪国の暮らし」

本上映会シリーズは、20世紀を代表するこの壮大な映像アーカイブを今に生きる私たちの目線で読み直し、
虫干しして、多彩な分野の人々との対話を通して新しい息吹をふき込む試みである。
これらの映像の中に、私達の未来に必要な宝物を見つけられるかもしれない。

■日時:2015年2月5日(木)18:30 open / 19:00 start
■ゲスト:林のり子(はやし のりこ)パテ屋/〈食〉研究工房
本橋成一(もとはし せいいち)写真家・映画監督
■料金:予約1,500円/当日2,000円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Email :event@polepoletimes.jp
■共催:公益財団法人 下中記念財団、ポレポレタイムス社

〈上映プログラム〉
【ECフィルムより】
中央ヨーロッパ シュレースヴィッヒ ホルムの領民の冬季漁撈アイスワーデ/1965年
南東ヨーロッパ ルーマニア ヴァデアの焼壺によるパン焼き/1969年
南東ヨーロッパ ルーマニア ヴァデアのトウモロコシ粥料理"ママリガ"/1969年
中央ヨーロッパ オーバーエステルライヒ アイゲン・シュレーゲルの橇犬による木材運搬/1968年
中央ヨーロッパ バーデン南部 エルツァッハのシュディッヒのカーニバルの行事/1963年

【特別上映】
「長野県北安曇郡小谷村真木集落の雪下ろし」(映画『真木で暮らすこと(仮)』より)
本橋成一監督最新作『真木で暮らすこと(仮)』予告編


〈雪国の暮らし〉
ヨーロッパや北アメリカ、そして東日本に広がる落葉広葉樹林帯〈ブナ帯〉。秋は鮮やかな紅葉、冬には一面の銀世界となり、雪解けの轟音とともに山菜の芽吹く春が始まる。ブナ帯に根差した暮らしには、数万年もの間はぐくまれてきた共通の文化がある。ブナ帯は豪雪地帯でもあり、今回上映するヨーロッパの映像には、雪を利用した木材運搬、氷上漁といった、たくましくも楽しい雪国ならではの生活が描かれている。日本のブナ帯である長野県北安曇郡小谷村での新作撮影を終えたばかりの映画監督・本橋成一さん、ブナ帯文化を研究するパテ屋・林のり子さんとともに映像を見ていく。林さんによる「ママリガ」的なブナ帯料理の実演・試食も!?


〈ゲスト〉林のり子(はやし のりこ)パテ屋/〈食〉研究工房
1938年生まれ。小学生時代のほとんどを瀬戸内の海辺、九州の里山で過ごす。ヨーロッパの建築事務所に勤務。帰国後の1973年にパテ、テリーヌなどの惣菜店・パテ屋を世田谷区玉川田園調布に開く。同時に世界の食のしくみを、気候や環境、さらには歴史や文化から探る<食>研究工房を設立。その作業の成果を、世界の「ブナ帯食ごよみ」など、さまざまな形で結晶させている。著書に『かつおは皮がおいしい パテ屋の店先から』(晶文社)ほか。2月27日〜3月16日に世田谷区・生活工房にて「ブナ帯☆ワンダーランド」展を開催。

本橋成一(もとはし せいいち)写真家・映画監督
1963年自由学園卒業。1968年「炭鉱〈ヤマ〉」で第5回太陽賞受賞。以後、サーカス、上野駅、築地魚河岸、大衆芸能、屠場など、市井の人々の生きざまに惹かれ写真に撮り続ける。1991年よりチェルノブイリ原発とその被災地ベラルーシに通い、汚染地で暮らす人々を写し撮る。写真家としての活動と同時に、ドキュメンタリー映画「ナージャの村」「アレクセイと泉」「バオバブの記憶」他を監督、「水になった村」「ある精肉店のはなし」他をプロデュース。最新監督作「真木で暮らすこと(仮)」2015年春公開。

EC-9.jpg

2015.2.1.三澤フラメンコ教室 発表会〜フラメンコギターとカンテの一夜〜

三澤フラメンコ教室 発表会〜フラメンコギターとカンテの一夜〜

■日時:2015年2月1日(日)19:00 open / 19:30 start
■料金:1,000円+ワンオーダー制
■ご予約・お問い合わせ:ookiisora@gmail.com

misawa.jpg

2015.1.24.SYNALONE シナロン ライブ

SYNALONE シナロン ライブ

〜夢と現(うつつ)のあわいを照らす 3ヴォーカル×3ベースのアンサンブルが織りなす音世界〜

■日時:2015年1月24日(水)19:00 open / 19:30 start
■出演:SYNALON---Vocal EMiKO VOiCE 、LUNA、高遠彩子
          Bass 飯田雅春、佐藤ハチ恭彦、田嶋真佐雄
■料金:予約3,000円/当日3,300円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Email : event@polepoletimes.jp

★EMiKO VOiCE vocal
5歳よりNHK東京児童合唱団で歌い始め、教育テレビ番組にレギュラー出演。早稲田大学卒。'99年より米バークリー音楽大学に奨学生として留学。卒業後はニューヨークでジャズ歌手として活躍し、2003年帰国。ジャズ歌手としては、数々のコンクールでグランプリを受賞し一躍脚光を浴びる。'05年よりピアニスト、スガダイローと結成した"Phase DUO"で、2枚のCDと1枚のライブDVDを発表。ブラジル音楽の歌手としては、ギタリスト助川太郎とのユニット「メヲコラソン」でメジャーデビュー。その他、日本語による端唄、小唄を追求するコンサートや、女性3人のボサノバコーラスグループ「トレス・パッサリ—ニョス」の活動、CMレコーディングなど、活動は多岐に渡る。

★LUNA vocal
音楽教師の父と筝曲大師範の母のもと、様々な音楽に触れて育つ。3才よりクラシックピアノを学ぶ。2001年よりvocalistとしてのキャリアをスタート。"心に響く歌"、c"血の通った音"を信条とする。ジャンルを超えた様々なミュージシャンとの共演も多く、自身の作詞作曲や他のミュージシャンとの共作にも意欲的に取り組んでいる。また、ソリストとして歌うだけでなく、様々な楽器とのアンサンブルにおいて楽曲を構成するひとつの音としての歌の在り方にも強い関心を抱き、幅広い演奏活動を展開している。ダイナミックかつ繊細、ブルージーでエモーショナルな天性の歌声に恵まれた、存在感のあるvocalist。

★高遠彩子 vocal
横浜生まれ。幼稚園に入った頃、歌への志を自覚する。
1999年、細野晴臣に見出されボーカリストとしての活動を開始、「環太平洋モンゴロイド・ユニット」にヴォーカリストとして加わる。Micabox、Miluqueのボーカリストとして海外のジャズフェスティバルやライブ等に参加。その他、山下洋輔、Giulietta Machineとのコラボレーション等、ジャンルを問わない自由なスタイルで様々なアーティストと活動している。執筆活動として「蕎麦こい日記」(飛鳥新社、2009年)を出版。

★飯田雅春 bass
1969年大阪生まれ、石川県出身。ジャズ・タンゴ・ブラジリアン・クラシック・民俗音楽・現代音楽・即興・エレクトロニクスなど多様な音楽性を基に、ジャンルを越境しながら新たな表現を目指すクリエイター。早稲田大学モダンジャズ研究会在学中からプロとして活動を開始したのち、廣木光一、齋藤 徹、藤原幹典、Rod Williamsらのレギュラーグループに参加するほか、数多くの音楽家、芸術家と共演。1998年 北海道・小樽に移住。近年の主な活動は、循環即興古楽楽団シクロ、廣木光一band、ハブカズコ Little Wing、 Mizuho、朗読と音楽のコラボレーション「おはなしの森」、舞踏家・田仲ハルとのデュオ「呼吸のゆくえ」など。2012年 活動の拠点をふたたび東京に移す。シナロン主宰。

★佐藤ハチ恭彦 bass
1968年、群馬県高崎市生まれ。早稲田大学モダンジャズ研究会にてコントラバスを始める。吉野弘志氏に師事。現在に至るまでストレートアヘッドなJazzを中心に演奏してきた。近年はユキアリマサ、鈴木央紹、若手では若井優也といった、演奏する度に体験した事のない世界に連れて行ってくれる音楽家、そして迷いを的確な言葉で光りの方向へ導いてくれる原大力という、得難い仲間と共に活動している。シナロン主宰の飯田雅春はジャズ研の一年後輩にあたる。

★田嶋真佐雄 bass
ジャズや即興演奏を基に、自由な発想を求め、様々なスタイルのミュージシャンや表現者との活動を行っている。活動は国内はもとより、韓国のタンゴ・ミロンガ公演や、アメリカで行われた国際ベーシスト協会(ISB)のコンベンションへの公演など、海外での活動も著しい。現在は、コントラバスソロやユニットを主宰する他、齋藤 徹(bs), レオナ(tap), 西田けんたろう(vn), 平山満(ts), マクイーン時田深山(箏)らのグループに参加している。 ISB(国際ベーシスト協会)会員。

SYNALONE_Flyer_omote1126B.jpg


2015.1.12.Kediler Parti 〜ねこたちの祝宴〜

Kediler Parti 〜ねこたちの祝宴〜

Kediler Parti(ケディレル・パルティ)は、トルコ語で「猫たちのパーティー」という意味。
2015年が素晴らしい一年になるよう、新年をダンスでお祝いします。

■日時:2015年1月12日(月・祝)17:30 open / 19:30 close
■DANCER:Almaaza / Mercan
■Drink Charge:1,000円
■ご予約・お問い合わせ:bellyhava@gmail.com

Kediler-Parti.jpg

2015.1.11. ポレポレ★浮世亭新春名人会「笑福亭鶴光・立川ぜん馬二人会」

ポレポレ★浮世亭新春名人会 「笑福亭鶴光・立川ぜん馬二人会」*対談「名人と鳴物」

■日時:2015年1月11日(日)12:30 open / 13:00 start
■出演:笑福亭鶴光、立川ぜん馬、笑福亭希光、立川寸志、岡田まい
■御入場料金:前売3,000円 /当日3,500円(ワンドリンク付き:税込・全席自由)
■御予約と御問合せ:
ポレポレタイムス社:Tel:03-3227-1405 E-mail: event@polepoletimes.jp
有限会社宮岡博英事務所Tel:046-876-9227 E-mail:hana-ni-awan@oct.email.ne.jp

ukiyotei.jpg

◎冬休みのお知らせ◎

◎冬休みのお知らせ◎

いつもご利用くださり、ありがとうございます。

まことに勝手ながら

12月27日(土)1月4日(日)

を冬休みとさせて頂き、
新年の営業は6日(火)からとなります。




宜しくお願い致します。


page top