ポレポレ坐 お知らせ

2014.12.24.徹の部屋Vol.34「今日は私の日------さとうじゅんこ編 」

徹の部屋vol.34「今日は私の日------さとうじゅんこ編 」

■日時:2014年12月24日(水)19:00 open / 19:30 start
■出演:うたをさがしてトリオ:さとうじゅんこ(うた)、喜多直毅(ヴァイオリン)、齋藤徹(コントラバス)
   ゲスト: 熊坂路得子(アコーディオン)、矢萩竜太郎(ダンス)
■料金:予約3,000円/当日3,500円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Email : event@polepoletimes.jp

○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

このところずっと、じゅんこさんにはいろいろと無理なお願いを聞いてもらっています。
オペリータ「うたをさがして」(乾千恵さんの言葉)を歌って!
アルゼンチンタンゴをアルゼンチンなまりのスペイン語で歌って!
ブラジル音楽をポルトガル語で歌って!
クルトワイルのフランス語の歌を歌って!
ロルカやファリャのスペイン語の歌を歌って!
パラグアイの歌をグラアニ語で!
母の葬儀で歌って!
適当に即興して!
適当にハーモニー付けて歌って!
ドイツの詩を詠んで!
クラシックの曲を歌って!
オリジナルに日本語付けたから歌って!
宮沢賢治をオーストラリアの女優さんと朗読して!

ちょっと思い出しただけで、それはそれは大変な要求でした。スミマセン。でもすべてシッカリ120%成し遂げました。偉い!パチパチパチパチ!
それで、今回の徹の部屋は、じゅんこさんの好きなようにしてもらってお礼をしたいと思いました。
「今日は私の日」というのは、CD「うたをさがして」の中に収録したアンゲロプロス監督の映画「永遠と1日」の中の曲名です。
「なぜって今日は私の日、おどりましょう、おどるのが嫌いでも・・」(齋藤徹)


//////////////////////////////////////////

このたびは身に余る贈り物を賜りました次第。
これまで徹さん直毅さんと積み重ねてきた音楽と、
よりによってこの日お運びくださる訳アリなみなさまと、
どんなイヴを過ごしたいのか得意の妄想が暴走。
半ばヤケクソ自爆必至な陽炎をおずおずと提案する私に
サンタさんは「いいんじゃない?」と軽くおっしゃいました。

スナックじゅんじゅん、さとうの血祭り、腹黒ミサ。
あやういほど美しく苦い曲ばかり。
よいこは見ちゃダメねじれたオトナの聖夜にございます。(さとうじゅんこ)

//////////////////////////////////////////

齋藤徹(コントラバス)
舞踊・演劇・美術・映像・詩・書・邦楽・雅楽・能楽・西洋クラシック音楽・現代音楽・タンゴ・ジャズ・ヨーロッパ即興・韓国の文化・アジアのシャーマニズムなど様々なジャンルと積極的に交流。ヨーロッパ、アジア、南北アメリカで演奏・CD制作。コントラバスの国際フェスティバルにも数多く参加。コントラバス音楽のための作曲・演奏・ワークショップを行う。自主レーベルTravessia主宰。

さとうじゅんこ(うた)
秋田市生まれ。東京藝術大学音楽学部声楽科ソプラノ専攻修了。歌い手/作曲家。フランスアクスマティック音楽の作曲と演奏に触れ独自の音響芸術の実践に取り組む一方で、ジャワガムランのプシンデン(女声歌手)として演奏活動を行う。グローバリズムの抱える問題とも向き合いながら創造力豊かなアートネットワークの構築を目指す。種子田郷と共にproject suaraを主宰。

喜多直毅(ヴァイオリン)
盛岡市生まれ。国立音楽大学にてヴァイオリンを専攻した後、英国で主に映像作品の為の作編曲を、アルゼンチンにてタンゴ奏法を学ぶ。自身のグループを主宰する他、邦人タンゴ演奏家のコンサートやレコーディングに多数参加する。その後音楽的関心の領域は広がり、現在は主に自作品や即興演奏によるライヴを行っている。アルゼンチンタンゴやクラシック音楽をルーツとしつつも、ヴァイオリン音楽の可能性を様々な角度から追求している。

熊坂路得子(アコーディオン)
さいたま市(旧浦和市)生まれ。6歳よりピアノを始め、18歳の時、アコーディオンと出会った。美大に在学中、学校行事や個展等で演奏を始める。卒業後演奏活動に入り、現在では、ソロ演奏から、ジャンルを超えて様々なミュージシャン達とのセッションを展開。精力的に演奏活動を続けている。2014年12月 バイオリンニスト・柴田奈穂とのユニット<トワトワト>の初アルバムをリリース。

矢萩竜太郎(ダンス)
ロンドンのAMICI DANCE THEATRE COMPANYの主催者Wolfgang Stange氏との出会いが始まりとなり、
活動開始。岩下徹・ジャンサスポータスらに師事。2014年は「竜太郎10番勝負!」東京とドイツで開催。齋藤徹・喜多直毅・さとうじゅんこ・熊坂路得子・松本泰子・ウテフォルカー・セバスチャングラムスらミュージシャン、上村なおか・庄崎隆志・南雲麻衣・堀川久子・岩下徹・ジャンサスポータスらダンサー、美術家らとコラボレーションを大成功させた。

tetsu_34.jpg

2014.12.17.三上敏視のお神楽ナイトVol.20「今年の神楽のハイライト集」

三上敏視のお神楽ナイトVol.20「今年の神楽のハイライト集」〜ビデオジョッキー&ミニライブ〜

「お神楽ナイト」も20回目となりました。今年訪ねた神楽は「北上大乗神楽公演」、
「諸塚南川神楽」「諸塚戸下神楽」「布川花祭」「大原神職神楽」「北上大乗神楽大会」
「隠岐島前神楽」「隠岐久見神楽」「御園花祭」「椎葉嶽之枝尾神楽」「遠山下栗霜月祭」などで、
去年よりは少なかったけれど「平年並み(笑)」でした。
今回の「お神楽ナイト」は今年訪ねて撮影した神楽の中から選りすぐりの場面を選んで「今年の総決算」としたいと思います。
リクエストも受け付けて楽しく過ごしたいと思うのでちょっと忘年会気分でしょうか。
---三上敏視

■日時:2014年12月17日(水)18:00open / 19:00start
■出演:三上敏視(音楽家、神楽・伝承音楽研究家)
■料金:予約2,000円/当日2,300円(+要ワンオーダー)*お食事のメニューがあります。
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)E-mail : event@polepoletimes.jp

三上敏視(みかみ としみ)
1953年 愛知県半田市生まれ、武蔵野育ち。
93年に別冊宝島EX「アイヌの本」を企画編集。
95年より奉納即興演奏グループである細野晴臣&環太平洋モンゴロイドユニットに参加。
日本のルーツミュージックとネイティブカルチャーを探していて里神楽に出会い、
その多彩さと深さに衝撃を受け、これを広く知ってもらいたいと
01年9月に別冊太陽『お神楽』としてまとめる。
その後も辺境の神楽を中心にフィールドワークを続け、
09年10月に単行本『神楽と出会う本』(アルテスパブリッシング)を出版、
初の神楽ガイドブックとして各方面から注目を集める。
神楽の国内外公演のコーディネイトも多い。
映像を使って神楽を紹介する「神楽ビデオジョッキー」の活動も全国各地で行っている。
現在は神楽太鼓の繊細で呪術的な響きを大切にしたモダンルーツ音楽を
中心に多様な音楽を制作、ライブ活動も奉納演奏からソロ、ユニット活
動まで多岐にわたる。また気功音楽家として『気舞』『香功』などの作
品もあり、気功・ヨガ愛好者にBGMとしてひろく使われている。
多摩美術大学美術学部非常勤講師、
同大芸術人類学研究所(鶴岡真弓所長)特別研究員。

okagura20-1.jpg

okagura-20-2.jpg

okagura20-3.jpg

2014.12.14. 写真家・森下一徹 半世紀の軌跡 トーク&記念パーティー

写真家・森下一徹 半世紀の軌跡 トーク&記念パーティー

世界ヒバクシャ展を始めた写真家・森下一徹が1964年に広島、長崎の被爆者と出会ってから、今年で50年になりました。
被爆者と永年触れ合いながら撮影した力強く生きる被爆者の写真は、多くの人々の共感を呼びました。
この機会に、森下一徹と世界ヒバクシャ展の半世紀を振り返り、戦後70周年となる2015年以降、
どのようにしてヒバクシャの思いを世界に届け、核のない世界を実現していくかを語り合う、
トーク&記念パーティーを開催いたします。ぜひご参加ください。

■日時:2014年12月14日(日)
    第一部 トークイベント 16:00?18:00
    第二部 記念パーティー 18:15?20:15

    第一部 トークイベント 16:00?18:00
   ◎ビデオ上映 「広島、長崎、...そして福島」
   ◎振り返りトーク
    「被爆者の最高の姿を撮りたかった」
      森下一徹 写真家、世界ヒバクシャ展設立
   ◎車座トーク
    「広島、長崎...そして福島?ヒバクを世界にどう伝えるか」
      田中照巳 日本原水爆被害者団体協議会事務局長
      大石又七 第五福竜丸元乗組員
      豊?博光、本橋成一、森住卓 世界ヒバクシャ展の写真家 

  第二部 記念パーティー 18:15?20:15・オーガニックの雑穀料理をお楽しみいただきます。
■会費:一部・二部通し 8,000円(学生は4,000円)
■主催:NPO法人世界ヒバクシャ展
■参加申込・お問合せ先:メール hibakushaten@gmail.com
              FAX 03-3723-1004 電話 080-3558-3369(安在)*参加申し込み締め切り 11月30日

2014.12.13.三遊亭時松独演会「時松歳時記〜冬煌く〜」

三遊亭時松独演会「時松歳時記〜冬煌く〜」

■日時:2014年12月13日(土) 18:30 open /19:00 start
■番組:三遊亭時松
■助演:春風亭一蔵
■木戸銭:前売/当日共2000円(ワンドリンク付)ポレポレ坐にて販売予定。
■予約・問い合わせ:常盤松会 03-3771-3727(FAX共通) 
          (留守電の場合はお名前と枚数連絡先をお教え下さい。)
          E-mail : to.ki.ma.tsu_sanyu-tei@nifty.com

*開催日が14日(日)→13日(土)に変更になりましたので、ご注意下さい。

2014.12.11.小室等のコムロ寄席 其の十九 永さんってどのくらい元気なの!?の巻

小室等のコムロ寄席 其の十九
永さんってどのくらい元気なの!?の巻〜

毎度おなじみポレポレ坐コムロ寄席。
いつものように永六輔さんをゲストにお迎えします。
TBSラジオ「だれかとどこかで」のお休み、
週刊金曜日「無名人名語録」の連載バトンタッチなど、
仕事に区切りをつけていくことの多い近頃の永さん。
お元気なの?どうしているの?と思っているあなた、
1年の終わりにホンモノをたしかめに、ぜひいらしてください!

■日時:2014年12月11日(木)18:30 open / 19:00 start
■出演:小室等
■ゲスト:永六輔
■料金:予約 3,500円/当日 4,000円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp

小室等(こむろひとし)
1943年東京生まれ。1968年 グループ「六文銭」を結成。
1971年 第2回世界歌謡祭にて「出発の歌」(上條恒彦と六文銭)でグランプリを獲得。
1975年 泉谷しげる、井上陽水、吉田拓郎と「フォーライフレコード」を設立。
現在は,自身のコンサートを中心に活動する中、
谷川賢作(pf)とのセッション、さがゆき(vo)とのユニット「ロニセラ」、
娘であるこむろゆい(vo)とのデュオ「Lagniappe(ラニヤップ)」などのライブ活動も。
また他ジャンルのミュージシャンとのコラボレーションやイベントプロデュースも多数。
テレビドラマ(NHK金曜時代劇「蝉しぐれ」TBS「高原へいらっしゃい」
「遠い国から来た男」他)映画(ドキュメンタリー「ナージャの村」他)
舞台(ミュージカル「スパイ物語」他)に音楽を提供するなど幅広く活動している。

☆永六輔(えいろくすけ)
1933年東京・浅草生まれ
1952年早稲田大学文学部中退
中学のとき、NHKラジオ『日曜娯楽版』に投書をして以来ラジオ中心に作詞、
テレビ、出版の仕事を続けている。
生活の大部分は旅ぐらしで、そこで感じた矛盾や感動を語り、
書き、時には市民運動やボランティア活動を手伝っている。
1992年NHK放送文化賞受賞。
1994年都民文化栄誉賞受賞。
2000年菊池寛賞受賞。

2014.12.11.タブレット純のポレポレ歌声喫茶?「純子の枯葉シャンソニエ」

タブレット純のポレポレ歌声喫茶

芸人・タブレット純のルーツは、ムード歌謡歌手(元和田弘とマヒナスターズ)
更にそれ以前には、歌声喫茶(新宿ともしび)に勤務しておりました。
タブレット純が原点の歌に立ち返り、懐かしの歌声喫茶の雰囲気で、
叙情歌・流行歌などをギターとハーモニカの伴奏で、皆様と共に唱い語らう会です。

■日時:2014年12月11日(木)14:00 open / 14:30 start 〜16:00
■出演:タブレット純
■ゲスト:鍵盤屋たけやん(ピアノ)、鈴木和美(フルート)
■料金:1,500円(お茶付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)E-mail:event@polepoletimes.jp

★タブレット純
幼少時よりAMラジオを通じて古い歌謡曲に目覚め、思春期は中古レコードを蒐集しながら愛聴、研究に埋没する日々を送る。
高校卒業後は古本屋、介護職など芸事と関係のない仕事をしていたが、27才の時、ある日突然ムード歌謡の老舗グループ、
和田弘とマヒナスターズに芸名「田渕純」としてボーカルで加入。以後二年間和田弘氏逝去まで同グループにて活動した。
グループ解散後都内のライブハウスにてネオ昭和歌謡、サブカル系のイベント出演の他、寄席・お笑いライブにも進出。
ムード歌謡漫談という新ジャンルを確立し、異端な存在となっている。

2014.12.5.ECフィルムを見る 連続上映会8「木のつくる暮らし」

20世紀の映像百科事典 エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ(ECフィルム)を見る
連続上映会8「木のつくる暮らし」

本上映会シリーズは、20世紀を代表するこの壮大な映像アーカイブを今に生きる私たちの目線で読み直し、
虫干しして、多彩な分野の人々との対話を通して新しい息吹をふき込む試みである。
これらの映像の中に、私達の未来に必要な宝物を見つけられるかもしれない。

■日時:2014年12月5日(金)18:30 open / 19:00 start
■ゲスト:関根秀樹(古代技術史・民族文化史研究家)
■料金:予約1,500円/当日2,000円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Email :event@polepoletimes.jp
■共催:公益財団法人 下中記念財団(平凡社の創立者下中弥三郎を記念し、教育・出版に関する助成を実施)、ポレポレタイムス社
■企画:第7回EC上映班/下中菜穂(暮らしの自由研究室)、丹羽朋子(FENICS)、ポレポレタイムス社 
■協力:川瀬慈(国立民族学博物館)、岡田一男(東京シネマ新社)

〈木のつくる暮らし〉
木は人類の文化を支える最も重要な素材であり、資源だった。石器時代、青銅器時代、鉄器時代というが、それらの刃物の最大の用途は木を切り、槍の柄や弓や焚き木、食器や楽器、家屋や舟など、さまざまな道具を創り出すことにあった。今回お届けする映像では、臼を作るために木を切り倒した斧刃が、彫る作業では鑿に変わる。作業の姿勢や火の扱いにも注目したい。アマゾンに残る織物以前の樹皮の布。北斎の浮世絵「遠江の木挽
にそっくりなモロッコの板作り。自然エネルギーの威力と可能性を再発見できる北欧の水車鋸その他、木の香りとぬくもりが伝わってきそうな楽しい映像ばかり。会場に関連する道具や木を持ち込んで、簡単な実演もまじえながら、木のある暮らしを考えてみたい。


〈ゲスト〉関根秀樹(せきねひでき)(古代技術史・民族文化史研究家)
1960年福島県生まれ。文系・理系・芸術系・身体系の多分野を気ままに往還するフリーの研究者&もの書き&もの作り。非常勤講師として和光大学では「火の人間史」と「音響人類学」。桑沢デザイン研究所ではプロダクトデザイン「手で考える道具と技術」。多摩美術大学では日本画・油画の「絵具実習」を担当。研究分野は幅広く、各地でさまざまなワークショップや実験講座を展開。主な著書に『焚き火大全』(創森社/編著)、『原始生活百科』『縄文生活図鑑』『新版 民族楽器をつくる』(以上創和出版)、『縄文人になる!』(山と渓谷社)、『たくさんのふしぎ 火』(福音館書店)、『宮沢賢治キーワード図鑑』(平凡社/共著)、『鉱石キッズ』(小学館)、『刃物大全』(共著/ワールドフォトプレス)などがある。キリモミ式発火法で火種まで5秒の「火起こし世界チャンピオン」で、ネイティブアメリカンの長老たちに火起こしを教えたこともある。人間学研究所研究員(教育人間学)。日本口琴協会会員。和光大学空手部顧問。

EC8.jpg

PREV


page top