ポレポレ坐 お知らせ

2014.10.23.徹の部屋Vol.33「20年目のストーンアウト!withセバスチャン・グラムス」

徹の部屋Vol.33「20年目のストーンアウト!withセバスチャン・グラムス」


20年近く途切れていた韓国との関係が2年前、急に再開しました。ダンサーの南貞鎬さんとジャン・サスポータスさんがパリ時代に同じ先生に習っていたとのことで、南さんが「いずるば」のジャンさん気の道ワークショップに現れたのがきっかけでした。南さんとソウル・アヴィニオン・ルーマニアと共演(2カ所はジャンさんも一緒)。この7月にはソウルで姜垠一(ヘーグム)のコンサートに呼ばれました。しかし一番大きなものは昨年8月の「ユーラシアンエコーズ第2章」コンサートでした。(DVD化されています。)そこで演奏したのが「STONE OUT」。20年前にKOTO VORTEXに委嘱され韓国伝統音楽の要素を使ったものです。ユーラシアンと名づけたのは、日韓・韓日関係で閉じないようにと言う願いでした。モロッコ生まれ・ユダヤ系フランス人ジャン・サスポータスの参加もその意味で有意義でした。そして今回、越境を続ける「不可能」無きがごときドイツのベーシストセバスチャン・グラムス氏の来日公演に際し、この一連の流れも組み込みたいという願いから徹の部屋での開催に漕ぎ着けました。17絃の丸田美紀さんは委嘱者の一人。美紀さんに25弦箏の荒井実帆さんを紹介していただきました。オペリータ「うたをさがして」で奇跡の代役を果たしたくれた松本泰子さんが参加、尺八の黒田静鏡さんは「ノーベンバーステップス」を聴いて人生が変わってしまった若者です。海童道と金石出さんに最大の尊敬をもっているということで今回の企画にはまさにうってつけ。韓国でのコンチェルトの話も決まっているそうです。彼らの生み出す今日版「STONE OUT」に私は大きな大きな大きな興味と関心があります。 -------齋藤徹

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


■日時:2014年10月23日(木)19:00 open / 19:30 start
■出演:セバスチャン・グラムス(コントラバス)齋藤徹(コントラバス)
    丸田美紀(箏・17絃)荒井美帆(箏・25絃)黒田静鏡(尺八)松本泰子(歌)
■料金:予約3,500円/当日4,000円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Email : event@polepoletimes.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セバスチャン・グラムス(コントラバス)
1966年生まれ。2013年の独エコー賞を受賞。独ナンバーワンのベーシスト・作曲家。88年以来、インプロビゼーション・ジャズ・現代音楽の世界で活躍。50名のコントラバスアンサンブル"BASS MASSE"を仕切り、彼の作曲によるスコダニビオ追悼盤録音では世界の名だたる11名のベーシストが参加。グループUnderkarlはフランク・ザッパ以来のグループと称され、ピナ・バウシュ舞踊団に音楽を提供。ケルン音楽大学・オスナブリュッック音楽大学教授。齋藤徹とは5年前より数多く共演。ドイツ大使館、ゲーテインスティテュートが推薦していることで明らかなように、今後長期間、世界の音楽シーン、コントラバスシーンを牽引する逸材。今回初来日。

齋藤徹(コントラバス)
舞踊・演劇・美術・映像・詩・書・邦楽・雅楽・能楽・西洋クラシック音楽・現代音楽・タンゴ・ジャズ・ヨーロッパ即興・韓国の文化・アジアのシャーマニズムなど様々なジャンルと積極的に交流。ヨーロッパ、アジア、南北アメリカで演奏・CD制作。コントラバスの国際フェスティバルにも数多く参加。コントラバス音楽のための作曲・演奏・ワークショップを行う。自主レーベルTravessia主宰。

★丸田美紀(箏・17絃)
古典から現代曲の新作初演、録音、即興演奏等、国内外の音楽祭やリサイタルにソロとしても積極的に活動を行うほか、沢井忠夫合奏団団員、KOTO VORTEXやモノフォニー・コンソート(音楽監督・藤枝守)のメンバーとしても柔軟な感性とその適応力で様々なアプローチを行っている。高崎芸術短期大学音楽科器楽専攻(筝曲)専攻科卒業。沢井忠夫、沢井一恵に師事。三重大学日本音楽演習非常勤講師

★荒井美帆(箏・25絃)
7歳より箏・二十五絃箏・三絃を師事。生田流地唄箏曲松の実會 師範。NHK邦楽技能者育成会第42期卒。和楽器・洋楽器はじめ演劇・ダンス等、様々な分野との表現・作曲活動を展開。NHK テレビ・ラジオ等メディア出演も多数。薩摩琵琶とのDUO活動にて第一回桂座音楽賞・第二回和の響コンテスト最優秀賞。作曲では「野坂操壽×沢井一恵ふたりのマエストロ為の作品公募」三位入賞し、全国ツアーにて演奏される。第二回琴によるポップスコンクール優秀賞・第四回家庭音楽会賞受賞。東京都立晴海総合高校音楽科特別非常勤講師。文化庁や自治体主催の和楽器体験事業・ワークショップや学校公演等も積極的に行っている。

★黒田 静鏡(尺八)
幼少の頃よりピアノを学ぶ。20歳の夏、武満徹作曲「ノヴェンバー・ステップス」を聴き衝撃を受け、尺八に転向。人間国宝・青木鈴慕、青木彰時の両師に師事。2007年早稲田大学人間科学部人間情報科学科卒業。2011年東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業、2013年同大学院修士課程を修了。CAPCOM「大神 五重之音調」CD録音参加。以降、TV・ラジオなどへの録音提供多数。「アンサンブル室町」メンバーとして、2014年第13回佐治敬三賞受賞。「邦楽四重奏団」メンバー。近年は韓国やベルギーなどで協奏曲のソリストをつとめる。古典を軸にしつつ、精力的にジャンルを横断しながら、尺八の無限の可能性を精力的に追求している。

★松本泰子(歌) 
幼少の頃より教会に通い聖歌に親しみ、十代半ば、シンガーソングライターとしてライブ活動を始め、後ジャズヴォーカルと出会い、伊藤君子氏に師事。86年UCCジャズヴォーカル新人コンテスト特別賞受賞。90年を境に様々な民族音楽と出会い、自分の生まれ育った風土をもう一度自分の声で表現しようとジャンルにとらわれず、様々な歌に挑戦。2002年「マクベット」(イヨネスコ)2004年「オセロ」(原作W.シェイクスピア)の劇中生演奏においてイタリア・フランス・ルーマニアでの公演にてボイスパフォーマンスを披露。2005年「RabiSari」ポルトガル?ルーマニア公演。09年(財)さいたま市文化振興事業団主催「ス?パージュニアコーラス」演出・指揮。また、近年ボイストレーナーとして、様々な演劇ミュージカル俳優のトレーナーを努めている。

tetsu33.jpg


2014.10.19.「原発の町を追われて」上映&トーク

「原発の町を追われて」上映&トーク

ドキュメンタリー映画上映「原発の町を追われて」本編・続編
福島県双葉町民やボランティア学生などのトーク

■日時:2014年10月19日(日)13:30 open / 14:00 start
■料金:一般1,000円 / 学生800円 出入り自由、チラシ持参の場合、100円引
■お問い合わせ:http://goo.gl/cJnoJ2

datsugenpatsu.jpg

2014.10.18. モーモーモーライブvol.7 en ポレポレ坐

モーモーモーライブvol.7 en ポレポレ坐

丑年3人娘がお贈りしますカンテフラメンコライブももう7回目。
今回は場所をポレポレ坐に移して盛大に。時には切なく。時にはにぎやかに。
飲んで、食べて、カンテとギターをお楽しみください。
ところで「カンテ」って、フラメンコのうたのことです。
踊りはありませんので悪しからず。

■日時:2014年10月18日(土)19:00 open / 19:30 start
■出演:メグ・デ・ラ・ミーナ(炭鉱生まれのメグ・室田恵)
    コミホ・マルガリータ・モト(オートバイみたいにつっぱしるコミホ・田中実穂)
    ラ☆スーサ(ザ☆諏佐真代)
    ゴウ・ヘンミー・プリンシペ(我らが王子様・逸見豪)
■料金:1,500円(+要ワンオーダー)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Email : event@polepoletimes.jp

★メグ・デ・ラ・ミーナ(炭鉱生まれのメグ・室田恵)
歌うことが大好きでそして出会ったフラメンコ。近づく程に遠のいていくけれど、いつも夢中に探しています。

★コミホ・マルガリータ・モト(オートバイみたいにつっぱしるコミホ・田中実穂)
高校時代にスペイン語とフラメンコに出会う。びっくりして正気を失い今でもゆっくり
咀しゃく中。2005年サンティアゴ巡礼。  

★ラ☆スーサ(ザ☆諏佐真代)保育園児の頃よりロマ音楽に目覚め、小学生でアイドルを志す。
高校ではフラメンコ衣装でアコーディオンを弾き、気がつけばフラメンコを歌っている!「三つ子の魂」恐るべし!!

★ゴウ・ヘンミー・プリンシペ(我らが王子様・逸見豪)
4年半svillaとJerezで数々のアーティストに師事。2004年Rotaで行われたcastilla de la lunaにJose Mendezの伴奏で出演。
2005年日本フラメンコ協会新人公演・努力賞受賞。

2014.10.16.小室等のコムロ寄席 番外編 文化の交差点「話の特集」物語 其の九

小室等のコムロ寄席 番外編 文化の交差点「話の特集」物語 其の九
〜作曲家・いずみたくさんの巻〜

毎度お馴染みポレポレ坐コムロ寄席。1965年に創刊した日本のミニコミ誌の草分
けともいわれる雑誌『話の特集』の道筋をひもとくシリーズ、元編 集長矢崎泰
久さんの交友録から、お一人ずつにスポットをあててお送りしています。今回は
作曲家・いずみたくさんの巻。歌謡曲、フォークソングはじ め、幅広いジャン
ルの曲を作曲し、15,000曲にものぼる曲を世に残したいずみたくさん。矢崎さん
との交遊のなかで垣間見える意外な顔とは!?ぜひみ なさまご来場ください。

■日時:2014年10月16日(木) 18:30 open / 19:00 start
■出演:小室等
■ゲスト:矢崎泰久(ジャーナリスト・「話の特集」元編集長)
■料金:予約 3,000円 / 当日 3,500円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp

小室等(こむろ ひとし)
1943年東京生まれ。1968年 グループ「六文銭」を結成。
1971年 第2回世界歌謡祭にて「出発の歌」(上條恒彦と六文銭)でグランプリを獲得。
1975年 泉谷しげる、井上陽水、吉田拓郎と「フォーライフレコード」を設立。
現在は,自身のコンサートを中心に活動する中、
谷川賢作(pf)とのセッション、さがゆき(vo)とのユニット「ロニセラ」、
娘であるこむろゆい(vo)とのデュオ「Lagniappe(ラニヤップ)」などのライブ活動も。
また他ジャンルのミュージシャンとのコラボレーションやイベントプロデュースも多数。
テレビドラマ(NHK金曜時代劇「蝉しぐれ」TBS「高原へいらっしゃい」
「遠い国から来た男」他)映画(ドキュメンタリー「ナージャの村」他)
舞台(ミュージカル「スパイ物語」他)に音楽を提供するなど幅広く活動している。

☆矢崎 泰久(やざき やすひさ)
1933年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科に学び、日本経済新聞社に入社。
その後内外タイムスに移り社会部記者としてキャリアを積む。
'65年に父が経営する出版社、日本社から「話の特集」を創刊。
以来、'95年の休刊まで編集長を務める。
また映画、テレビ、舞台などのプロデューサーとしても数多く手腕をふるった。
現在はフリーのジャーナリスト。『月刊創』『週刊金曜日』などで連載企画をもつ。
正しい歴史を学び、現在おこっている世の中の真実を見据える
「学校ごっこ」講師でもある。
近著に永六輔さんとの対談集『ぢぢ放談激闘篇』がある。

komuro-b-9.jpg

------------------------------------------------------------------------------------
予告「小室等のコムロ寄席 其の十九」
■日時:2014年12月11日(木) 18:30 open / 19:00 start
■出演:小室等
■ゲスト:永六輔
■料金:予約 3,500円 / 当日 4,000円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp
------------------------------------------------------------------------------------

2014.10.12.坂東竹三郎トークショー

坂東竹三郎トークショー

11月明治座において、「夏姿女團七」(市川猿之助丈主演)で、
義平次婆おとらを再演する名優坂東竹三郎が、その「女團七」と芸談を語ります!

■日時:2014年10月12日(日)12:00 open / 12:30 start
■出演:坂東竹三郎
■料金:2,000円(税込・全席自由)*事前の電話ご予約をオススメします(確実にお座りいただけます)
■御予約と御問合せ:有限会社宮岡博英事務所Tel:046-876-9227 Email :hana-ni-awan@oct.email.ne.jp
03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Email : event@polepoletimes.jp


昨年の八月、国立文楽劇場にて行われた坂東竹三郎の自主公演「傘寿記念 坂東竹三郎の会」において上演された「夏姿女團七」。
これは、高名な「夏祭浪花鑑」の登場人物を女性に置換えた所謂書換狂言です。

竹三郎は、敵役の因業婆さん、義平次婆おとらに扮し、主演の團七縞のお梶を四代目市川猿之助丈に頼みました。
猿之助丈との丁々発止の掛合も素晴らしいもので、この上演は大変な好評となり、上述の如く、明治座さんの本興行で手掛けていただけることになりました。

この義平次婆は、金のためなら、義理も何も顧みずに悪事を働くとんでもない人物ではありますが、その憎々しさだけでなく、何とも言えない愛嬌が、竹三郎にマッチした当り役となりました。

「夏祭浪花鑑」では、團七が義平次を殺す、泥場と呼ばれる場面は、設定が「長町裏」ですが、「女團七」では、「浜町河岸」であり、上演される明治座と程近い場所です。
この場面での義平次婆の悪態、泥まみれの殺しが圧巻で、このハードな役を演じる坂東竹三郎の面目躍如たる見所です。

【坂東竹三郎からのメッセージ】

少しずつ秋を肌に感じる季節となってまいりました。

昨年上演いたしました「夏姿女団七」が十一月明治座さんの公演で手がけていただける事になりました。

自主公演で上演したものが本公演として、且つこんなに早く取り上げていただけるのは私自身初めての事で、自主公演をやってきた事に対しての何か「ご褒美」を頂いたような気持ちです。

しかしながら、この演目は四代目猿之助さんのおかげて成功することができ、立派な「四代目猿之助さんの芝居」にしていただけました。これは私の本望であります。

ですので私は「義平次婆」を皆さんの足を引っ張らないよう一生懸命務めるだけです。

ただ近頃は記録映像を見て芝居を覚えるということが多々あります。
去年の「女団七」はみんなが知恵を絞り出して生まれましたので、今回もそういうものに頼らず、みんなのハートで作り上げ、謂わば明治座の「女団七」が皆様にご覧頂ける事を願ってやみません。

最後になりましたが是非お話をということで十月十二日に催される事になりました。
もうここにあらまし書きましたので別段お話もないのですが、古い大阪の役者の雑談をお時間があればいらして下さい。

takesaburou.jpg

2014.10.11.鶴田照夫とサンフレンズコンサート HAWAIIAN&MOOD MUSIC

鶴田照夫とサンフレンズコンサート HAWAIIAN&MOOD MUSIC

サンフレンズ 久し振りのコンサートです。さわやかな初秋のトワイライトタイム・・・
第一部は、ハワイアンとHULA、第二部は、ムードコーラスやジャズ、ラテンなど、
昭和の名曲を演奏しますので、みなさまお誘い合わせのうえご来場ください。

■日時:2014年10月11日(土)15:30 open / 16:00 start
■出演:鶴田照夫とサンフレンズ
■ゲスト:山路まり子
■料金:3,500円(ワンドリンク付)
■主催:(有)サンプロダクション 03-6222-8288
■協賛:サトー音楽事務所 090-2903-7377
    多田そうべい事務所 03-3997-2472

hawaian.jpg

2014.10.9. タブレット純のポレポレ歌声喫茶*阿佐ヶ谷姉妹さんと歌う昼下がり

タブレット純のポレポレ歌声喫茶 第六回 秋の特別編*阿佐ヶ谷姉妹さんと歌う昼下がり

芸人・タブレット純のルーツは、ムード歌謡歌手(元和田弘とマヒナスターズ)
更にそれ以前には、歌声喫茶(新宿ともしび)に勤務しておりました。
タブレット純が原点の歌に立ち返り、懐かしの歌声喫茶の雰囲気で、叙情歌・流行歌などをギターとハーモニカの伴奏で、皆様と共に唱い語らう会です。
 今回は特別ゲストとして、阿佐ヶ谷姉妹さんに出演していただけることになりました(*^^*)
ピアノに鍵盤屋たけやんさんも迎え、秋にぴったりのエレガントな音楽をお届けできたらとおもっておりますo(^-^)o


■日時:2014年10月9日(木)14:00 open / 14:30 start 〜16:00
■出演:タブレット純
■料金:1,500円(お茶付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
    E-mail:event@polepoletimes.jp

★タブレット純
幼少時よりAMラジオを通じて古い歌謡曲に目覚め、思春期は中古レコードを蒐集しながら愛聴、研究に埋没する日々を送る。
高校卒業後は古本屋、介護職など芸事と関係のない仕事をしていたが、27才の時、ある日突然ムード歌謡の老舗グループ、
和田弘とマヒナスターズに芸名「田渕純」としてボーカルで加入。以後二年間和田弘氏逝去まで同グループにて活動した。
グループ解散後都内のライブハウスにてネオ昭和歌謡、サブカル系のイベント出演の他、寄席・お笑いライブにも進出。
ムード歌謡漫談という新ジャンルを確立し、異端な存在となっている。

------------------------------------------
次回は

12月11日(木))14:00 open / 14:30 start 〜16:00
■出演:タブレット純
■料金:1,500円(お茶付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
    E-mail:event@polepoletimes.jp
------------------------------------------

PREV


page top