ポレポレ坐 お知らせ

2014.6.28.徹の部屋vol.30 「Two is more than company」

徹の部屋vol.30 「Two is more than company」

前回、徹の部屋vol.29は豪華絢爛・歌舞音曲、史上最多の6名の共演でした。うって変わって、今回は2人です。
いままでのさまざまなユニットでのレパートリーを見つめたり、新たなことにも挑戦して、
DUOであってDUO以上は可能か?無くてはならないDUOとして捉えたらどうなるだろうか?という動機です。
うたをさがしてトリオのもう1人、喜多直毅さんとのDUOは進行中ですが、じゅんこさんとは初めてです。
西洋のことわざで言う"Two is company, four is a party, three is a crowd. One is a wanderer.
(1人はさすらい、2人は仲間、3人は群衆、4人はパーティ)に倣って、
更にその上をねらっちゃいます。    -----------齋藤徹


■日時:2014年6月28日(土)19:00 open / 19:30 start
■出演:さとうじゅんこ(歌)、齋藤徹(コントラバス)
■料金:予約2,500円/当日3,000円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Email : event@polepoletimes.jp

さとうじゅんこ(歌)
秋田市生まれ。東京藝術大学音楽学部声楽科ソプラノ専攻修了。歌い手/作曲家。フランスアクスマティック音楽の作曲と演奏に触れ独自の音響芸術の実践に取り組む一方で、ジャワガムランのプシンデン(女声歌手)として演奏活動を行う。グローバリズムの抱える問題とも向き合いながら創造力豊かなアートネットワークの構築を目指す。種子田郷と共にproject suaraを主宰。

齋藤徹(コントラバス)
舞踊・演劇・美術・映像・詩・書・邦楽・雅楽・能楽・西洋クラシック音楽・現代音楽・タンゴ・ジャズ・ヨーロッパ即興・韓国の文化・アジアのシャーマニズムなど様々なジャンルと積極的に交流。ヨーロッパ、アジア、南北アメリカで演奏・CD制作。コントラバスの国際フェスティバルにも数多く参加。コントラバス音楽のための作曲・演奏・ワークショップを行う。自主レーベルTravessia主宰。

tetsu-30.jpg

2014.6.22.三遊亭時松独演会29「時松歳時記〜夏薫る〜」

三遊亭時松独演会29「時松歳時記〜夏薫る〜」

■日時:2014年6月22日(日) 18:30 open /19:00 start
■番組:三遊亭時松 「紙入れ」、他一席
■助演:桂 三木男
■木戸銭:前売/当日共2000円(ワンドリンク付)
■予約・問い合わせ:常盤松会 03-3771-3727(FAX共通) 
          (留守電の場合はお名前と枚数連絡先をお教え下さい。)
          to.ki.ma.tsu_sanyu-tei@nifty.com

tokimatsu.jpg

2014.6.12.タブレット純のポレポレ歌声喫茶

タブレット純のポレポレ歌声喫茶

芸人・タブレット純のルーツは、ムード歌謡歌手(元和田弘とマヒナスターズ)
更にそれ以前には、歌声喫茶(新宿ともしび)に勤務しておりました。
タブレット純が原点の歌に立ち返り、懐かしの歌声喫茶の雰囲気で、叙情歌・流行歌などをギターとハーモニカの伴奏で、
皆様と共に唱い語らう会です。

■日時:2014年6月12日(木)14:00 open / 14:30 start 〜16:00
■出演:タブレット純
■料金:1,500円(お茶付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
    E-mail:event@polepoletimes.jp

★タブレット純
幼少時よりAMラジオを通じて古い歌謡曲に目覚め、思春期は中古レコードを蒐集しながら愛聴、研究に埋没する日々を送る。
高校卒業後は古本屋、介護職など芸事と関係のない仕事をしていたが、27才の時、ある日突然ムード歌謡の老舗グループ、
和田弘とマヒナスターズに芸名「田渕純」としてボーカルで加入。以後二年間和田弘氏逝去まで同グループにて活動した。
グループ解散後都内のライブハウスにてネオ昭和歌謡、サブカル系のイベント出演の他、寄席・お笑いライブにも進出。
ムード歌謡漫談という新ジャンルを確立し、異端な存在となっている。

utagoe6.jpg

2014.5.30.三上敏視のお神楽ナイトVol.18 「神楽と韓国民俗芸能」ビデオジョッキー&ミニライブ

三上敏視のお神楽ナイトVol.18 〜「神楽と韓国民俗芸能」〜ビデオジョッキー&ミニライブ

現在の韓国の民俗芸能と神楽には見た目の共通点は多くない。しかし、かつて伎楽が朝鮮を経由して
入ってきたように中国の影響を同じように受けていたはずで、散楽の影響はどちらにも見られる。
様子はずいぶん違うが伎楽由来の獅子舞もある。そしてシャーマニズムなど土着の民間信仰はもっと似ていたかもしれない。
今回はもう10年以上通っている韓国の晋州仮面劇フェスティバルから帰ってきた直後の日程ということもあり、
「神楽と韓国民俗芸能」というテーマで動画を選んでみたいと思います。
三上敏視

■日時:2014年5月30日(金)18:00open / 19:00start
■出演:三上敏視
■料金:予約2,000円/当日2,300円(+要ワンオーダー)*お食事のメニューがあります。
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)E-mail : event@polepoletimes.jp

三上敏視(みかみ としみ)
音楽家、神楽・伝承音楽研究家。
1953年 愛知県半田市生まれ、武蔵野育ち。
93年に別冊宝島EX「アイヌの本」を企画編集。
95年より奉納即興演奏グループである細野晴臣&環太平洋モンゴロイドユニットに参加。
日本のルーツミュージックとネイティブカルチャーを探していて里神楽に出会い、
その多彩さと深さに衝撃を受け、これを広く知ってもらいたいと
01年9月に別冊太陽『お神楽』としてまとめる。
その後も辺境の神楽を中心にフィールドワークを続け、
09年10月に単行本『神楽と出会う本』(アルテスパブリッシング)を出版、
初の神楽ガイドブックとして各方面から注目を集める。
神楽の国内外公演のコーディネイトも多い。
映像を使って神楽を紹介する「神楽ビデオジョッキー」の活動も全国各地で行っている。
現在は神楽太鼓の繊細で呪術的な響きを大切にしたモダンルーツ音楽を
中心に多様な音楽を制作、ライブ活動も奉納演奏からソロ、ユニット活
動まで多岐にわたる。また気功音楽家として『気舞』『香功』などの作
品もあり、気功・ヨガ愛好者にBGMとしてひろく使われている。
多摩美術大学美術学部非常勤講師、
同大芸術人類学研究所(鶴岡真弓所長)特別研究員。

okagura18.jpg

2014.5.22.山谷初男スペシャルコンサート

山谷初男スペシャルコンサート

「はっぽん」の愛称でおなじみ俳優の山谷初男さんのスペシャルコンサートを開催!
1974年に発売された寺山修司作詞作詞・構成のレコード「山谷初男の放浪詩集 新宿」を中心にお届けします。
さらにセンチメンタル・シティ・ロマンスの細井豊さん、ムーンライダーズの武川雅寛さんが、この夜を彩ります。
80歳を迎えた山谷さんの今宵限りのスペシャルコンサートお楽しみ下さい。

★当ビル地下映画館で山谷初男出演映画『女地獄 森は濡れた』&『胎児が密漁するとき』 公開決定!!
詳細はポレポレ東中野まで

■日時:2014年5月22日(木) 19:00 open / 19:30 start
■出演:山谷初男、細井豊(センチメンタル・シティ・ロマンス)&武川雅寛(ムーンライダーズ)
■料金:予約 3,000円 / 当日 3,500円(ワンドリンク付)*映画の半券で300円引き!
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp


★山谷初男(やまやはつお)
1933年12月19日秋田県角館町出身。
劇団東芸、劇団俳優小劇場、劇団芸能座を経てフリーに。1966年には、「裏切りの季節」で映画デビューを果たし、
テレビでは、1973年NHK大河ドラマ「国盗り物語」の赤兵衛役で注目され、以後数々の映画、舞台、テレビに出演。
近作には「リーガル・ハイ」「私の嫌いな探偵」(TV) 「さまよう刃」「じんじん」(映画) 「毛皮のマリー」(舞台)。
また、ライブ活動を行なうなど、幅広く活躍している。

★細井豊(ほそいゆたか)
センチメンタル・シティ・ロマンスのメンバーとして活躍。
加藤登紀子、中島みゆき、 EPO他多くのアーティストのサポート、レコーディングに参加。
その温かい人柄と大胆なプレイに心を許せば、もう逃げることは出来ない。
鍵盤楽器の他、ハーモニカ、サックス、フルートなど、楽器に対する愛情で、すべてを弾きこなす。
作曲家としても数々の作品がある。

★武川雅寛(たけかわまさひろ)
1950年 神奈川県生まれ。
大学在学中より様々なセッションに参加した後、1972年に鈴木慶一らと "はちみつぱい"を結成。
世代を超えて今も広く愛される名盤「センチメンタル通り」 を発表後、"はちみつぱい"は解散し、"ムーンライダーズ"結成に参加する。
ムーンライ ダーズは今も先鋭的な作品を発表し続け、活動は30余年を越えた。バンドの活動と 並行し、
得難いヴァイオリンプレイヤーとしてジャンルを問わず、多数のライブ、 レコーディングに参加している。


山谷初男-omote.jpg

2014.5.17.「へばの」連続上映2014 Vol.2 すべてが消し飛んだあと、いま撮るべき映画はあるのか

『へばの』連続上映@ポレポレ坐  Vol.2 『へばの』×『花火思想』 
『へばの』連続上映2014 Space & CafxJ�?ポレポレ坐 
Vol.2 すべてが消し飛んだあと、いま撮るべき映画はあるのか
After everything is scattered away as like fireworks, do we have CINEMA ?
『へばの』×『花火思想』 

■日時:2014年5月17日(土)
開場:18:00
開映:18:30-『花火思想』
    20:10-『へばの』
    上映後、トークショー
        ゲスト 大木萠(『花火思想』監督) 
            阿佐谷隆輔(『花火思想』脚本・撮影)
            木村文洋(『へばの』・『愛のゆくえ(仮) 』・『息衝く』監督)
            ※トーク後、映画『息衝く』特報上映
■料金:当日1,800円/予約1,500円
■予約:090-4395-4852(担当:高橋)Email:ikiduku@gmail.com


いま撮るべき物語は、あるのか?
あるいは映画をいま撮る理由、上映する理由、それを残す理由。産業性はなくなりかけ、映写技師も映画館から消え、あらゆる「意志」が清掃される映画にあって、私達はなにに向かって、なにに肯くことを信じて、誰にも要請されない映画をつくるのか?
大木萠ら新星メンバーが2014年明けに日本映画に打って出た『花火思想』とは、紛れもなく何にも一切寄る辺のない、いま真に孤独な映画だった。この俳優を起用する、この原作を扱う、このいまの世情・風潮に言及する—すべてのいま映画を生み出す動機づけと、無縁のもの。
すべてが消し飛んだあとの、荒野とも呼ぶべき映画のなかに—愚直に真摯に、孤独であろうとする佇まいは、時に時代錯誤と映ったかもしれないが、だからこそ私達は気付くことがあったのではないか。いま私達は本当に撮るべき映画などを有しているのか、と。
ギターを持つことはなににでも許されても、ギターを持つ理由が分からなくなってしまった、あの主人公のように。
このつくり手たちの捨て身の佇まいに、私はどうしても同じく20代中盤に—映画を撮る理由をはらんでは幾度も流産し、26歳まで観なかった青森の奥地の光景に吸引されていった『へばの』までの時間を思い出す。
ひとはいま映画において、なにかを物語ることがまだ残されているのか?
あるいは—こうも問う。
映画でなにかを語ることに、いまつくり手は果たして容易に許されるのか?

『へばの』
監督・脚本:木村文洋 

青森県六ヶ所村。そこに住む紀美は、再処理工場で働く治との結婚を間近に控えていた。創設から工場に携わっている父・大樹(だいき)と親子二人で暮らしてきた紀美は、治と新しい家庭を築いていくことにささやかな幸せを感じていたのだった。
ある日、治は作業中にプルトニウムの内部被曝に襲われる。大樹は二人の間に生まれるであろう子供に、被曝による影響が出ることを案じて、二人が結婚することを反対する。紀美はそれでも治と一緒にいることを願うが、紀美の想いを打ち砕くようにして、治は突然姿を消してしまう。
三年の月日が経ち、紀美は静かに生活していた。その周囲で、突然治が戻ってきたという噂が囁かれる。それを聞いた紀美は、あてもなく治のことを探しに出てしまうのだが......。

出演:西山真来/長谷川等/工藤佳子/吉岡睦雄
監督・脚本:木村文洋 プロデューサー:桑原広考 協力プロデューサー:木村岩夫
撮影:高橋和博 照明:吉川慎太郎 録音:近藤崇生 メイク:増田加奈
助監督:成冨佳代/梶原由貴子 音楽:北村早樹子 主題歌 密のあはれ(「おもかげ」より) 
製作・配給:team judas 2008年/DVCAM/4:3/81分

『花火思想』
監督:大木萠
誰でも一度は夢見がちな、バンド結成や小説家デビュー。 「才能」という言葉への疑問と憤り、いまも繰り返す「挫折」。この恥ずかしさと現実に、どこまで耐えられるか?
女性監督が、「クズにもなれない馬鹿野郎」たちにおくる出口なき思想が爆発する、羞恥心と希望のロードムービー。
ある過去の出来事により、ギターを弾くことを止めた主人公・優介が出会ったのは、公園のベンチで寝泊まりし毎日を自由に生きるホームレス・船田。彼の口から出る本当とも嘘ともつかない言葉に少しずつ自分を取り戻し始めていく優介だったが、思い出からは大好きだったはずの音楽は聴こえてこない。船田がデタラメを言わなくなったその時、優介はギターを片手に走り出していた。
音楽に留まらず、「表現する」という行動に獲り憑かれた人間の矛盾と狂気が、あらゆる表現者たちと同化する。

脚本・撮影:阿佐谷隆輔 照明:草x[�╋宗‐般製�蝓�酣榔杞迷析此]寝察�芦察�邵衙Щ本n録音協力:渡邊真司 今井真 美術・メイク:大沼史歩 楽曲提供:髭SOUL/黒木明佳
宣伝協力:倉田雄一朗/齋藤晶
製作・配給:すかいふぃっしゅ 宣伝:カプリコンフィルム
2014年/HDV/16:9 /93分

hebano2.jpg

2014.5.15小室等のコムロ寄席 番外編 文化の交差点「話の特集」物語 其の七

小室等のコムロ寄席 番外編 文化の交差点「話の特集」物語 其の七

毎度お馴染みポレポレ坐コムロ寄席。1965年に創刊した日本のミニコミ誌の草分けともいわれる
雑誌『話の特集』の道筋をひもとくシリーズ、元編集長矢崎泰久さんの交友録から、お一人ずつにスポットをあててお送りしています。
今回は黛敏郎さんの巻。黛さんといえば、言わずもがな右の思想をお持ちの方。にもかかわらず「話の特集」の常連でもありました。
主義主張の異なるもの同士ながら、ご存知「題名のない音楽会」でのお仕事など、長年のおつきあいをして来られたその訳とは?
今宵もじっくり語っていただきましょう!

■日時:2014年5月15日(木) 18:30 open / 19:00 start
■出演:小室等
■ゲスト:矢崎泰久(ジャーナリスト・「話の特集」元編集長)
■料金:予約 3,000円 / 当日 3,500円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp

小室等(こむろ ひとし)
1943年東京生まれ。1968年 グループ「六文銭」を結成。
1971年 第2回世界歌謡祭にて「出発の歌」(上條恒彦と六文銭)でグランプリを獲得。
1975年 泉谷しげる、井上陽水、吉田拓郎と「フォーライフレコード」を設立。
現在は,自身のコンサートを中心に活動する中、
谷川賢作(pf)とのセッション、さがゆき(vo)とのユニット「ロニセラ」、
娘であるこむろゆい(vo)とのデュオ「Lagniappe(ラニヤップ)」などのライブ活動も。
また他ジャンルのミュージシャンとのコラボレーションやイベントプロデュースも多数。
テレビドラマ(NHK金曜時代劇「蝉しぐれ」TBS「高原へいらっしゃい」
「遠い国から来た男」他)映画(ドキュメンタリー「ナージャの村」他)
舞台(ミュージカル「スパイ物語」他)に音楽を提供するなど幅広く活動している。

☆矢崎 泰久(やざき やすひさ)
1933年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科に学び、日本経済新聞社に入社。
その後内外タイムスに移り社会部記者としてキャリアを積む。
'65年に父が経営する出版社、日本社から「話の特集」を創刊。
以来、'95年の休刊まで編集長を務める。
また映画、テレビ、舞台などのプロデューサーとしても数多く手腕をふるった。
現在はフリーのジャーナリスト。『月刊創』『週刊金曜日』などで連載企画をもつ。
正しい歴史を学び、現在おこっている世の中の真実を見据える
「学校ごっこ」講師でもある。
近著に永六輔さんとの対談集『ぢぢ放談激闘篇』がある。


page top