ポレポレ坐 お知らせ

2014.2.12.三上敏視のお神楽ナイトVol.17 〜せり歌〜VJ&ミニライブ

三上敏視のお神楽ナイトVol.17 〜せり歌〜ビデオジョッキー&ミニライブ

「神楽は演者と観客が分かれているものがほとんどだが、中には見ているものたちが囃すことによって盛り上がる"参加型神楽" もある。
その中でも「せり歌」「ごやせき」「ぜぎ歌」「囃し歌」などと呼ばれる歌があるのが宮崎の夜神楽で、中には歌垣の要素が垣間見えるところも。
ただ、最近はこの「せり歌」がでなくなってきたということで、歌える人がいるうちにということで6月に伝承音楽研究所として取材に行ったのだが、何ヶ所かで「復活させましょう」ということになり、またこの冬その確認に行ってきた。
今回は宮崎を中心に観客の歌を通して神楽の魅力を伝えます。」 三上敏視

■日時:2014年2月12日(水)18:00open / 19:00start
■出演:三上敏視
■料金:予約2,000円/当日2,300円(+要ワンオーダー)*お食事のメニューがあります。
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)E-mail : event@polepoletimes.jp

三上敏視(みかみ としみ)
音楽家、神楽・伝承音楽研究家。
1953年 愛知県半田市生まれ、武蔵野育ち。
93年に別冊宝島EX「アイヌの本」を企画編集。
95年より奉納即興演奏グループである細野晴臣&環太平洋モンゴロイドユニットに参加。
日本のルーツミュージックとネイティブカルチャーを探していて里神楽に出会い、
その多彩さと深さに衝撃を受け、これを広く知ってもらいたいと
01年9月に別冊太陽『お神楽』としてまとめる。
その後も辺境の神楽を中心にフィールドワークを続け、
09年10月に単行本『神楽と出会う本』(アルテスパブリッシング)を出版、
初の神楽ガイドブックとして各方面から注目を集める。
神楽の国内外公演のコーディネイトも多い。
映像を使って神楽を紹介する「神楽ビデオジョッキー」の活動も全国各地で行っている。
現在は神楽太鼓の繊細で呪術的な響きを大切にしたモダンルーツ音楽を
中心に多様な音楽を制作、ライブ活動も奉納演奏からソロ、ユニット活
動まで多岐にわたる。また気功音楽家として『気舞』『香功』などの作
品もあり、気功・ヨガ愛好者にBGMとしてひろく使われている。
多摩美術大学美術学部非常勤講師、
同大芸術人類学研究所(鶴岡真弓所長)特別研究員。

okagura17.jpg
                           写真:白石ちえこ

2014.1.26.金子ざんのぬけさく芸

金子ざんのぬけさく芸

★ ★ ★
本公演はご予約で満席となりました。
当日券の販売予定はございません。
何卒ご了承ください。
★ ★ ★


■日時:2014年1月26日(日)13:30 open / 14:00 start
■出演:金子ざん
■料金:予約3,000円/当日3,500円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Email : event@polepoletimes.jp

★金子ざん
1962年、足立区生まれ。寅年。
幼稚園の時『大黒さま』『大きなかぶ』の主役を演じる。顔が福々しかったと思われる。高校時代に演劇部に所属し、そのころから一人宴会芸?をいろいろ開発する。大学時代にアングラ演劇をわずかにかじるが、なぜか三宅島に赴き、小学校の教員を5年ほど経験する。その後児童劇団に所属しながら、全国を経巡り、『絵解き』や『ごぜ唄』『紙芝居』などの芸能に出会い、感銘を受ける。現在は、NPO法人あそび環境Muzeumアフタフ・バーバンの専任スタッフでありざん・ぱら・りん劇場の主宰である。浅草雑芸団所属。

演目レパートリー(一部)
ひとり歌舞伎、ひとり文楽、ひとり宝塚、ひとり京劇、ひとり近松
山の音楽家、すもう解説、仏像解説、インドの観光ガイド、絵解き(新潟県某寺伝来の涅槃図)、田谷力ミ、だれも知らない人物の物まねシリーズ(×野高校数学・英語・物理・古文)、紙芝居(くろがね童子、秘密の花園、西遊記、琵琶池のはなし、マンガポンチ、クイズなぞなぞ...)・・・

kanekozan.jpg

2014.1.24.徹の部屋vol.28 「ケ・プラセーーーーール!フリータンゴ」

徹の部屋vol.28 「ケ・プラセーーーーール!フリータンゴ」

■日時:2014年1月24日(土)19:00 open / 19:30 start
■出演:オリヴィエ・マヌーリ(バンドネオン)、さとうじゅんこ(歌)、
喜多直毅(バイオリン)、齋藤徹(コントラバス)
■料金:予約3,000円/当日3,500円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Email : event@polepoletimes.jp


フリータンゴ?何それ?日本では何となく馴染まない言葉ですね。オリヴィエ・マヌーリ(バンドネオン)が以前から提唱しています。美大出身で今も絵画の個展をしているオリヴィエは(兄は著名な現代音楽作曲家フィリップ・マヌーリ)音楽の楽しさ、人生の楽しさをバンドネオンで表しています。彼との合言葉は「ケ・プラセーーーーール!」(なんて楽しーーーい!)です。友人オラシオ・フェレールと肩を組んで飲み明かしながら二人で言い始めた言葉だそうです。

しばしばピアソラ系統のバンドネオン奏者のように言われますがそれはちょっと違います。高場将美さんがビックリしていたように彼はポルテーニャのスペイン語を話します。(ブエノスアイレスの下町ことば)古いタンゴの歌はほとんど覚えていて歌うことができます。ピアソラよりはトロイロに思い入れ深いのです。

そんな彼は、カンドンベ(ウルグアイで盛んなアフリカ系のリズムを持つタンゴのひとつ)を愛しグループを作っています。また熱心なジャズファンでもありセロニアス・モンクの曲集を出したりしています。カンドンベやジャズの自由な精神が好きなのですね。

随分前にウルグアイのピアニストと組んで「フリータンゴ」を始めました。タンゴを基調としながらより自由な展開を目指しています。この夏、喜多直毅さんがパリのオリヴィエ宅を訪れ、フリータンゴセッションをしたそうです。それを今回日本で私を含めてやります。前回「千恵の輪」企画で来日したとき、こんどはテツとフリータンゴをやろうやろうやろう!と盛んに言っていました。楽しみですね。

もう一つの楽しみ。さとうじゅんこさんがゲストで出演します!ずんこ人生初のタンゴ・フォルクローレです。これも乞うご期待!
齋藤徹

2014.1.23.小室等のコムロ寄席 其の十六 〜「誰かとどこかで」遠藤泰子さんを迎えての巻〜

小室等のコムロ寄席 其の十六
〜「誰かとどこかで」遠藤泰子さんを迎えての巻〜

★ ★ ★
本公演はご予約で満席となりました。
当日券の販売予定はございません。
何卒ご了承ください。
★ ★ ★

2013年9月、惜しまれつつお休みとなった
TBSラジオの長寿番組『永六輔の誰かとどこかで』。
今回のコムロ寄席では『誰かとどこかで』で
永さんのパートナーを長年つとめてきた遠藤泰子さんを迎え、
放送のその先へと旅にでる一夜。
新しい年の始まりとともに、是非ご一緒にお楽しみください。

■日時:2014年1月23日(木)18:30 open / 19:00 start
■出演:小室等
■ゲスト:永六輔、遠藤泰子
■料金:予約 3,500円/当日 4,000円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp

小室等(こむろひとし)
1943年東京生まれ。1968年 グループ「六文銭」を結成。
1971年 第2回世界歌謡祭にて「出発の歌」(上條恒彦と六文銭)でグランプリを獲得。
1975年 泉谷しげる、井上陽水、吉田拓郎と「フォーライフレコード」を設立。
現在は,自身のコンサートを中心に活動する中、
谷川賢作(pf)とのセッション、さがゆき(vo)とのユニット「ロニセラ」、
娘であるこむろゆい(vo)とのデュオ「Lagniappe(ラニヤップ)」などのライブ活動も。
また他ジャンルのミュージシャンとのコラボレーションやイベントプロデュースも多数。
テレビドラマ(NHK金曜時代劇「蝉しぐれ」TBS「高原へいらっしゃい」
「遠い国から来た男」他)映画(ドキュメンタリー「ナージャの村」他)
舞台(ミュージカル「スパイ物語」他)に音楽を提供するなど幅広く活動している。

☆永六輔(えいろくすけ)
1933年東京・浅草生まれ
1952年早稲田大学文学部中退
中学のとき、NHKラジオ『日曜娯楽版』に投書をして以来ラジオ中心に作詞、
テレビ、出版の仕事を続けている。
生活の大部分は旅ぐらしで、そこで感じた矛盾や感動を語り、
書き、時には市民運動やボランティア活動を手伝っている。
1992年NHK放送文化賞受賞。
1994年都民文化栄誉賞受賞。
2000年菊池寛賞受賞。

===================================
次回予告
2月20日(木) 18:30 open / 19:00 start
小室等のコムロ寄席 番外編 文化の交差点「話の特集」物語 第六幕
■ゲスト:矢崎泰久(ジャーナリスト・「話の特集」元編集長)
■料金:予約 3,000円 / 当日 3,500円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp
===================================

2013.12.25.タブレット純の聖夜の歌声喫茶

タブレット純の聖夜の歌声喫茶

■日時:2013年12月25日(水)19:00 open /19:30 start
■出演:タブレット純
■料金:予約 2,000円/当日 2,500円(ワンドリンク付))
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
    E-mail:event@polepoletimes.jp

2013.12.18.「愛のゆくえ(仮)」連続上映 ザ・ファイナル ×「百年の絶唱」

「愛のゆくえ(仮)」連続上映 Space&Caf ポレポレ坐ザ・ファイナル
「愛のゆくえ(仮)」×「百年の絶唱」

■日時:2013年12月18日(水)
■開場:18:00
■開映:第一部18:30 「愛のゆくえ(仮)」
          第二部20:10 「百年の絶唱」 ※16mmブローアップ版での上映
          トーク スピリチュアル・ムービーズ全員(仮)
          吉岡文平 井土紀州 伊藤学 桑原広考 吉川正文 高橋和博
          ※トークゲストは変更になる場合があります。
■料金:予約1,500円/当日1,800円
■予約:090-4395-4852(担当:高橋)Email :aikarimovie@yahoo.co.jp
*「愛のゆくえ(仮)」ブログ→http://aikari.exblog.jp/

aisaisyuu.jpg

PREV


page top