ポレポレ坐 お知らせ

2013.11.11.三つ巴モダンルーツセッションライブvol.4

三つ巴モダンルーツセッションライブvol.4

今年もやります三つ巴!!
ルーツミュージックを基盤に多様な音楽を展開している三人が、
それぞれのレパートリーをプレイしてから、予測不能の三つ 巴セッションに
突入する実験的ライブの第四回です。でも出たとこ勝負ではありません。
お互いの基盤とする音楽ももう理解できてきたので、準備もするし
単なるセッションには終わらない何かが生まれると思います。
基本的には祝祭ムードでやりますから楽しんで下さいね。(三上敏視)

■日時:2013年11月11日(月) 19:00 open / 19:30 start
■出演:ToyToy(アイヌ)、ナーグシクヨシミツ(寿/沖縄)、三上敏視(micabox/和人)
■料金:予約3,500円(ワンドリンク付き) / 当日4,000円(ワンドリンク付き)
■ご予約・お問合せ:TEL:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
 Email:event@polepoletimes.jp

mitsudomoe.jpg

2013.11.10.共働学舎の収穫祭トークイベント 生きる場所のつくりかた

共働学舎の収穫祭関連トークイベント 生きる場所のつくりかた
収穫祭の夜もポレポレへ。共働学舎ってどんなとこ?がわかるトークイベントです。

■日時:2013年11月10日(日)17:00〜
■参加費:1000円(のみもの付)
■問合せ:Tel :03-3227-1405 (ポレポレタイムス社)E-mail :event@polepoletimes.jp

☆共働学舎は、社会で弱い立場にある人たちと共に、自労自活、自主自立を基本に
生活する場として、39年前に長野県小谷村で発足しました。現在は長 野県小谷
村立屋、真木、北海道小平町寧楽、新得町、東京都東久留米市南沢の5ヶ所を拠
点に農業、酪農、工芸などの生産的勤労生活をしています。「共働学舎の収穫祭」では、
共働学舎をより深く知っていただくためのトークイベントを開催しています。

【オープニング】手話ダンスグループ"ポレポレ"のダンス
毎度おなじみ中野区を中心に活動する手話ダンスグループ"ポレポレ"のダンスでみなさんをお迎えします。
見る人も踊る人もウキウキと、心躍る時間です。

【第1部】各地の共働学舍の紹介
各地の共働学舍の個性あふれる暮らしを紹介します。真木共働学舍で撮影中の
本橋成一監督のドキュメンタリー映画の進行報告もいたします。

【第2部】生きる場所のつくりかた 共働学舍と社会の将来像を模索・35年を迎える新得共働学舍
独立自活を目指す教育社会、福祉集団、農業家族を構想に掲げる共働学舍。
35年を迎える新得共働学舍。農場のメンバーが自分と向き合いながら暮らしている様を本にまとめた
作家・島村菜津さん。ここで生き抜くメンバーの市川昌也さん。今では大家族となった農場を立ち上げから
現在までささえる代表・宮嶋望さん。農場のマスタープラン作りをまとめている金清典広さん。
変わり続けて来た歴史の中で見つける変わらない大切なこととは。四人四様の視点から社会の将来を希望的に語り合います。

対談者:作家:島村菜津、高野ランドスケープ代表取締役:金清典広
    新得共働学舍代表:宮嶋望、新得共働学舍メンバー:市川昌也

2013.11.9~10. 共働学舍とそのなかまたちの収穫祭 9回目!!

共働学舍とそのなかまたちの収穫祭 9回目!!

ポレポレ坐カフェメニューでもおなじみの、
共働学舎とその仲間たちの農産物がやってきてポレポレ坐が市場になる2日間。
年に一度の収穫祭、お出かけ下さい!

共働学舎とは、社会で弱い立場にある人たちと共に、自労自活・自主自立を基本
として農業、酪農、工芸など、生産的勤労生活をしているグループで す。
長野・東京・北海道に拠点があります。

■日時:2013年11月9日(土)10:00〜17:00
       11月10日(日)10:00〜16:00(終了後イベントあり)

■出品されるもの
   ●共働学舎より...
    ソーセージ、チーズ、パン、クッキー、ベーコン
    大根、人参、かぼちゃ、白菜、キャベツ、お米、
    大豆類、小豆、味噌、ハーブティー、工芸品、他

   ●仲間たちより...
    お野菜いろいろ、わさび、りんご、びわ茶、ケーキ、オーガニックコーヒー、
    段ボール文具、樟しょうのうなど国産材の雑貨、日本のやきもの、他

■出品する人
    立屋、真木、寧楽、新得、南沢共働学舎のみなさん
    風の畑さん
    やまびこ舎さん
    前田農園さん
    須沢トマトさん
    まるとうわさびさん
    焼菓子工房うふさん
    エコマルシェさん
    anonimo coffeeさん
    井出農場さん
    YMCA農村塾さん  
    段房具のなかやまさん
    あとみの店さん(祝島)
    北出精肉店さん などなど

■問合せ:Tel:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
     E-mail:event@polepoletimes.jp

■主催:共働学舎の収穫祭実行委員会
■共催:ぶどうの会(共働学舎父母の会)

2013.11.4.宮城まり子とねむの木学園のこどもたちスペシャルコンサート

宮城まり子とねむの木学園のこどもたちスペシャルコンサート

ねむの木学園創立45周年記念"ねむの木の詩"映画フェスティバル@ポレポレ東中野
関連イベントで宮城まり子さんとねむの木学園のこどもたちスペシャルコンサートです。
映画の帰りにぜひ足をお運びください!

■日時:2013年11月4日(月・祝) 12:30 open / 13:00 start
                15:00 open / 15:30 start
(各回、約1時間のステージを予定しています。)

■出演:宮城まり子、ねむの木学園のこどもたち
■料金:1,000円(全席自由)
■お問い合わせ:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)

nemunoki.jpg

2013.11.3. 久保田涼子バースデーライブ「Birth Vol.05」

久保田涼子バースデーライブ「Birth Vol.05」

個性豊かな出演者とオリジナルの世界観を表現している久保田涼子のバースデーライブ。
5年目の今年は東中野ポレポレ坐で行います。
あたたかく力強いサウンドをぜひご体感ください!

■日時:2013年11月3日(日)19:00 open / 19:30 start
■出演:久保田涼子(Vo.) 芳晴(二胡、Gu.)平方"トーマス"元(鍵盤)
■ゲスト:PORI(Tap)
■料金:3000円(ドリンク別)*数量限定スペシャルプレート販売あり!
■予約:Tel:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp
他、久保田涼子お問い合わせフォーム http://kubotaryoko.com/contact/index.html
Facebookのイベント参加ボタン https://www.facebook.com/events/295627167241887/ からもご予約を承っております。

※ご予約なし、当日参加も可能ですが座席数の都合で会場に入りきれない可能性がございますのでご了承ください。
※このイベントは消しゴムはんこ 津久井智子さんのありが10スタンプラリー http://tsukuitomoko.com/ariga10/ 対象イベントです。

【出演者プロフィール】

久保田涼子(くぼたりょうこ)
広島県広島市出身。東京を拠点に、様々なミュージシャン、アーティストと共に、新しいもの、場所を生み出す活動を行うアーティスト。現在、WEB デザイナーとして、サイトの制作・学校で講師をする傍ら、クリエイター集団ROOT を主宰し、イベント企画・プロデュースを行っている。また、シンガーソングライターとしてもコンスタントにライブ活動を展開。趣味は一人旅。東京〜広島間自転車縦断や、歩きお遍路など、自分の足で土地を巡り、歴史文化を体感する旅をライフワークとしている。

芳晴(よしはる)
二胡を弾きながら歌い、物語を語る独特のスタイルを持つシンガーソングライター。ナレーター。「癒しの声・癒しの音」といわれている。2003 年4 月からBS 日テレの子供番組「音楽王国」主演。「王様」に扮して番組の司会や歌を披露する。2012 年、映「流」(村上浩康/ 能勢広作品)では音楽を担当、第53 回科学技術映像祭にて文部科学大臣賞を受賞。2013年7月にフルアルバム「世界のまんなかで」をリリース。

平方 "トーマス" 元(ひらかた"とーます"げん)
隣の兄ちゃん的シンガーソングライター。中学1年生から趣味で作曲を始め、高校生の時に英語の授業で『we are the world』のビデオを見てプロの道へ進む事を決意。1994年にヤマハ主催のポピュラーソングコンテスト『MUSIC QUEST』にピアノ弾き語りスタイルで出場。日本大会にて金賞を受賞日本代表として世界大会出場を果たす。その後、バンドやユニットのボーカルを経て再びピアノ弾き語りのスタイルに。ボーカリストでありながら『平方"トーマス"元』の名でキーボーディストとしても各方面で活動している。

PORI(堀雄太)
1982 年広島県出身。桐朋学園大学芸術学科卒業。在学中に TAP ダンスに魅せられ、映画「座頭市」のTAP シーン等を手掛けたTAP ユニット「THE STRIPES」に出会う。そのメンバーである RONx?氏、HIDEBOH 氏、SUJI 氏に師事。2007 年アメリカに渡り、シカゴTAP フェスティバルに参加。帰国後、様々なダンスイベント、企画に参加しながら、同世代の選りすぐりの TAP ダンサー4人からなるユニット「Soundout」を結成。その他にも映画、舞台、振付、PV出演(雅)、CD 制作(阿部海太郎)など、その活躍は日本国内にとどまらず、近年では台北タップフェスティバル、香港TAP フェスティバルからゲストとして招かれ、ワークショップやTAP JAM、TV 出演、ステージでのSHOW CASE に参加。"ARTN TAP DANCE STUDIO"レギュラーインストラクター。

kubota.jpg

2013.11.2.宮城まり子とねむの木学園のこどもたちスペシャルコンサート

宮城まり子とねむの木学園のこどもたちスペシャルコンサート

ねむの木学園創立45周年記念"ねむの木の詩"映画フェスティバル@ポレポレ東中野
関連イベントで宮城まり子さんとねむの木学園のこどもたちスペシャルコンサートです。
映画の帰りにぜひ足をお運びください!

■日時:2013年11月2日(土) 17:00 open / 17:30 start
(約1時間のステージを予定しています。)

■出演:宮城まり子、ねむの木学園のこどもたち
■料金:1,000円(全席自由)
■お問い合わせ:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)

nemunoki.jpg

2013.10.31.エンサイクロペディア・シネマトグラフィカを見る 連続上映会5「仮面」

20世紀の映像百科事典
エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ(ECフィルム)を見る
連続上映会5「仮面」

本上映会シリーズは、20世紀を代表するこの壮大な映像アーカイブを今に生きる私たちの目線で読み直し、
虫干しして、多彩な分野の人々との対話を通して新しい息吹をふき込む試みである。
これらの映像の中に、私達の未来に必要な宝物を見つけられるかもしれない。

■日時:2013年10月31日(木)18:30 open/19:00 start
■ゲスト:福岡正太(国立民族学博物館文化資源研究センター准教授) 、吉田ゆか子(国立民族学博物館 機関研究員)
■料金:予約1,500円/当日2,000円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Email :event@polepoletimes.jp
■共催:公益財団法人 下中記念財団(平凡社の創立者下中弥三郎を記念し、教育・出版に関する助成を実施)、ポレポレタイムス社
■企画:第1回EC上映班/下中菜穂(暮らしの自由研究室)、丹羽朋子(FENICS)、ポレポレタイムス社 
■協力:川瀬慈(国立民族学博物館)、岡田一男(東京シネマ新社)
■ドイツ語翻訳 :コールハーゼ顕、星川真樹

〈連続上映会 仮面〉
仮面は、人間が作り出す造形物の中でも特別な不思議さ、謎、魅力を帯びている。人間に用いられる「仮の面」もあれば、
人間という「仮の胴」を用いて踊る仮面もある。異界のイメージを体現する仮面もあれば、異界に働きかけるための回路となる仮面もある。
ECフィルムは、我々が通常「仮面」と聞いて思い浮かべるイメージを大きく裏切る実に様々な仮面の姿を収めている。
今回はECフィルムに加えて、国立民族学博物館で作成された映像資料、そして実際の仮面舞踊のデモンストレーションをお届けします。
アフリカ、ヨーロッパ、東南アジア、日本。各地の仮面を比較しながら「仮面とは何か」と問うのもよし、
多彩な表情の仮面にふれ人間の想像力の豊かさに思いを馳せるのもよし、
仮面のもたらす非日常的な空気に身をゆだねるのもよし。一緒に仮面と戯れましょう!


〈上映プログラム〉
【ECフィルムより】
ティカール族(赤道アフリカ カメルーン草原)「夜の仮面の登場」/10ユ00モ/1977年
中央ヨーロッパ チロル「クラウバウフ行進の巨大な仮面(行動研究)」/10'00モ/1966年
バウレ族(西アフリカ 象牙海岸)「アスウアクロの仮面舞踏メグバグバモ2 赤、黒、白の仮面、蟻の仮面」/21ユ00モ/1968年
クラホ族(ブラジル トカンティンス地方)「メコクリトモ仮面編み」/14ユ00モ/1959年
クラホ族( ブラジル トカンティンス地方 )「メコクリトモ仮面舞踏」/3ユ00モ/1959年

【特別上映】
「トペン・チルボン 西ジャワの仮面舞踊」/22ユ00モ
「バロンに続け! バリ島の子どもたちによる門付け」/5ユ00モ
「鹿児島県硫黄島のメンドンに関する展示映像」/5ユ00モ


〈ゲストプロフィール〉
☆福岡正太(ふくおか しょうた)
国立民族学博物館文化資源研究センター准教授。民族音楽学専攻。インドネシア、西ジャワの音楽と芸能を研究。東京で仮面舞踊トペン・チルボンの演奏活動なども行った。近年は、芸能の映像民族誌の可能性について関心をもち、鹿児島県硫黄島などでも芸能の撮影を進めている。関連する著作に『ワヤンの広場〜東南アジアの人形と仮面』(共著、千里文化財団/2004)など。

☆吉田ゆか子(よしだ ゆかこ)
国立民族学博物館 機関研究員。専攻は文化人類学。バリ島を主なフィールドとし、2006年より仮面の芸能や、仮面と関連する儀礼実践を研究している。調査中に自らも仮面舞踊劇トペンを学び、現地の儀礼で奉納に参加している。主な著作に、「仮の面と仮の胴」(『文化人類学』76(1)/2011)、「仮面が芸能を育む」 (床呂郁哉・河合香吏編 『ものの人類学』/2011)など。

PREV

PREV


page top