ポレポレ坐 お知らせ

2013.9.14.福島映像祭オープニングレセプション(公募映像上映&出品者のトークあり)

福島映像祭オープニングレセプション(公募映像上映&出品者のトークあり)

市民のカメラがとらえた福島の記録をアーカイブするプロジェクト「ふくしまのこえ」の映像上映と、
撮影したご本人のお話を聞きながらのオープニン グレセプション。その他「福島映像祭」出品者も多数参加予定。
福島の農産物を使った軽食もご用意します。

■日時:2013年9月14日(土)18:30 open / 19:00 start
■料金:予約1,500円/当日2,00円(上映三回券使用不可)
■予約:Tel:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Mail:event@polepoletimes.jp

福島映像祭とは】公式HPhttp://fukushimavoice.net/fes
福島第一原発事故から時間が経過する中で、事故に関する報道が減り「風化」が始まっています。今、福島で何が起きているのか、原発をめぐって何が起きているか—。知ることが難しくなってきました。「福島映像祭」は、福島原発事故にまつわる、あらゆる映像を集めて上映する映像祭です。映画、テレビ番組、そして一般市民による日々の記録まで、多様な映像を通して事故以降の福島の姿、そして「福島の今」を映し出すことが狙いです。
映像祭としては画期的な取組みとして、国内外のテレビ番組も劇場で上映。事故直後から現在まで、あの日、あのとき、何が起こっていたのかを多角的な視点から浮き彫りにすることを目指します。また、市民から公募するビデオを上映し、制作者を交えた対話の場を設けることで、今なお、続いている「福島原発事故」への思いを多くの人とともに共有し、私たちに何ができるのか、糸口を探りたいと考えています。

fukushimaeizousai.jpg

2013.9.14〜9.20.<福島映像祭2013>公募映像展示ふくまのこえ

<福島映像祭2013>公募映像展示ふくまのこえ

space&cafeポレポレ坐では、事故直後、携帯電話やスマートフォンを片手に、まわりの出来事を咄嗟にカメラにおさめたもの。
変わってしまった些細な日常を切り取ったもの。福島からは遠い地で、福島への思いを表現したもの。
各地で沸き起こる再稼動に対する人々の怒りを捉えたもの。福島の子どもたちの運動会や暮らしの風景。
あらゆる映像を対象に広く一般に募集し、上映いたします。

■会期:2013年9月14日(土)〜20日(金)会期中無休・入場無料
・9月14日(土)11:30〜17:30
・9月15日(日)15:30〜18:00
・9月16日(月・祝)11:30〜15:30
・9月17日(火)11:30〜23:00
・9月18日(水)11:30〜23:00
・9月19日(木)11:30〜16:30
・9月20日(金)11:30〜18:00

*日によって、ご覧頂ける時間が異なりますので、ご注意下さい。
【福島映像祭とは】公式HPhttp://fukushimavoice.net/fes

fukushimaeizousai.jpg

2013.9.1.ストップ!自殺 〜若者よ死にたもうことなかれ〜

ストップ!自殺 〜若者よ死にたもうことなかれ〜

日本の20代の死亡原因第一位は『自殺』という現実。
さまざまな対策により減少する日本全体の自殺率の中で、若者の自殺率は増加している。
若者の自殺の原因と対策を考察、9月10日全世界自殺予防デー直前、すべての
「生きづらさ」を持つ方々へ向けてのトーク&パフォーマンスライブ。

・4人の自殺未遂体験者が「どん底体験」と「生き残ってきた希望」を語る。
・香山リカ『生きづらさを持つ人々のサポート』、ECD『うつ病・依存症体験』、青野春秋『うつ病体験・ルームシェアの可能性』、
狐火『就職困難体験・若者の生きづらさ』、ゲストによるメッセージトーク。
・ECD、狐火、月乃光司によるメッセージ・パフォーマンス。他

<出演>
◆4人の自殺未遂体験者:月乃光司・前田昭典・由井健介・黒澤裕之
◆ゲスト:香山リカ(精神科医)ECD(ラッパー)青野春秋(漫画家)狐火(ラッパー)
◆司会:松本卓也(映画監督・シネマ健康会)


■日時:2013年9月1日(日) 15:30open/16:00start (18:00end予定)
■料金:予約1,500円/当日2,000円
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社) Email : event@polepoletimes.jp
    件名に「ストップ自殺」、[お名前][人数][電話番号]の記入をお願い致します
■問合せ:080-6618-8806(実行委員会) 
■主催:月乃光司

◆4人の自殺未遂体験者
月乃光司
1965年生まれ。会社員、詩人、朗読者。高校生の時から醜形恐怖症により不登校になる。引きこもり生活を4年間送る。リストカット、薬物乱用による自殺未遂を繰り返す。アルコール依存症により精神科病棟に3回入院。自助グループ活動で回復。「こわれ者の祭典」代表。新潟弁護士会人権賞。第5回安吾賞新潟市特別賞。

■前田昭典
1963年生まれ。心理カウンセラー。フリー編集者&ライター。生育家庭で 虐待を受け、生きづらさからアルコールにハマる。1999年、大量飲酒が原因で 発症したらしいうつ病のため、自死未遂。2000年には連続飲酒に陥り入院。これを 機にアルコール依存症者の自助グループに参加し、以後現在まで断酒継続。「自死・ 生きづらさ当事者のグループ」http://ikizurasa.exblog.jp/ 主宰。昨年、高円寺に 心理相談室サウダージ http://www.saudade.biz/ を開設。

■由井健介
1961年生。無職。思春期に父の事業の失敗によりヤクザに泣かされ、非行に走り高校を中退。子供に夢を与えんと、アニメ・漫画・似顔絵と絵を続けるが腱鞘炎で筆を折る。派遣に職を得るもリストラされホームレスに。映像制作の職を得るが、低賃金長時間労働が2年以上続き、心身共に疲弊し退職。現在、生活保護を受給しながら、裁判を検討中。

■黒澤裕之
1979年生まれ。原家族の家庭内不和の影響から、小児性鬱の状態が出現。小学校高学年から徐々に不登校が始まり、中学生時にひきこもり状態となる。10代の頃に飛び降り自殺を計画するも未遂に終わる。様々な心理療法や自助グループでの活動を通して回復。現在は心理・福祉の勉強をする学生の傍ら、ひきこもり状態のクライアントを対象としたグループカウンセリングの相談員も行う。

◆ゲスト
香山リカ
1960年北海道生まれ。東京医科大卒。豊富な臨床経験を生かして、現代人の心の問題を中心にさまざまなメディアで発言を続けている。専門は精神病理学。NHKラジオ「香山リカのココロの美容液」でパーソナリティをつとめる。精神科医・立教大学現代心理学部映像身体学科教授。

ECD
1960年生まれのヒップホップアーティスト。1982年にジョン・ライドンのインタビューでグランドマスター・フラッシュの名前を知り、ヒップホップと出会う。1986年にRUN-D.M.C.の来日公演を体感したことを機に、ラッパーになることを決意。1990年にシングル「Picocurie」でデビューを果たす。1992年には1stアルバム「ECD」を発表し、独自のスタイルを確立。当時アンダーグラウンドな存在だったヒップホップを、音楽シーンに紹介する役割を果たす。以降もコンスタントに作品を発表しており、日本語ラップのスタイルを築き上げた存在としてリスペクトされている。

青野春秋
茨城県出身。漫画家。2001年『スラップ スティック』が第45回ちばてつや賞(ヤング部門)優秀新人賞を受賞。2005年に『走馬灯』が第17回イキマンを受賞し、デビュー。2007年には初連載『俺はまだ本気出してないだけ』を月刊IKKIで開始。同作は2012年8月号にて完結し、堤真一主演により実写映画化された。

狐火
福島県出身。ラッパー。2012年、1000組以上のエントリーの中からライブ審査等をマイク1本で制し、ポエトリー・リーディングでSUMMER SONICへの出演を果たすという史上初の快挙を成し遂げた。朝日新聞はその模様を同じく初出場のももいろクローバーZと同等の好演と紙面で賞賛した。2013年03月には地元福島にて国立大学と新聞社主催の2daysワンマンライブを成し遂げ、またシンポジウムのパネラーやコラムの連載等、ヒップホップの枠を越えたジャンルレスな活動を続けている。オードリー若林氏がメディアでオススメカルチャーとして紹介、いとうせいこう氏やダイノジお二方による賞賛等、幅広い層に評価されている。

stop.jpg

2013.8.31.徹の部屋vol.26 オペリータ「うたをさがして」序章2

徹の部屋vol.26 オペリータ「うたをさがして」序章2

■日時:2013年8月31日(土)19:00 open / 19:30 start
■出演:ジャン・サスポータス(ダンス)、さとうじゅんこ(うた)、喜多直毅(ヴァイオリン)、
    早川純(バンドネオン)、齋藤徹(コントラバス・作曲)、乾千恵(脚本)
■料金:予約3,300円/当日3,800円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Email : event@polepoletimes.jp

*総合チラシには
18:30 open / 19:00 start
とありますが、正しくは
19:00 open / 19:30 start
になります。よろしくお願い致します。


ジャン・サスポータス(ダンス)
カサブランカ生まれ。1975年パリでモダンダンスを始め、79年ピナ・バウシュ舞踊団のソロ・ダンサーに。世界中の劇場で踊り続け、ピナの代表作「カフェ・ミュラー」は以来30年間300回を超える。ペドロ・アルモドバル監督「トーク・トウーハー」では「世界で一番哀しい顔の男」と評される。「カフェ・アダダンスシアター」主宰、俳優、オペラ演出、振付家、ワークショップなどで活躍。合気道から派生した「氣の道」をマスター。

さとうじゅんこ(うた)
秋田市生まれ。東京藝術大学音楽学部声楽科ソプラノ専攻修了。歌い手/作曲家。
フランスアクスマティック音楽の作曲と演奏に触れ独自の音響芸術の実践に取り組む一方で、ジャワガムランのプシンデン(女声歌手)として演奏活動を行う。グローバリズムの抱える問題とも向き合いながら創造力豊かなアートネットワークの構築を目指す。種子田郷と共にproject suaraを主宰。

喜多直毅(ヴァイオリン)
タンゴヴァイオリン奏者として研鑽を積んだ後、鬼怒無月(gt)の"Salle Gaveau"に参加。国内はもとより仏・独を中心に海外で演奏を行う。平行して翠川敬基(vc)の"緑化計画"(リーダー・翠川敬基)、常味裕司(oud)のアラブ古典音楽アンサンブル"ファルハ"に加わる。黒田京子(pf)とはアルバム『空に吸はれし心』を発表する他、コンサートシリーズ・『軋む音』を定期的に行う。その後、齋藤徹(cb)との出会いを機に『うたをさがしてトリオ』に参加。現在は自身の"喜多直毅Quartette"を中心に、ソロ、先述の黒田とのデュオ、齋藤のプロジェクトへの参加等、幅広い活動を行っている。

早川純(バンドネオン)
バンドネオンを小松亮太、西塔祐三、M.バルベーロ各氏に師事。
2012年、ドイツで行われた第49回国際蛇腹コンペティションに出場し3位入賞。
東京芸術大学音楽学部楽理科卒業。ネオタンゴ・ユニット、Tango-jackを主宰。アルゼンチンやブラジル等南米4カ国での演奏、タンゴ界の重鎮L.フェデリコ、M.グラーニャ等の日本公演に参加するなど精力的に活動。活動はタンゴの世界に留まらず、「菊地成孔とペペ・トルメン ト・アスカラール」への参加の他、様々なジャンルの演奏家と共演している。近年では小松亮太氏のアルバムへのアレンジ提供やCM音楽の作曲等、作曲家・アレンジャーとしての活動にも精力的に取り組んでいる。

齋藤徹(コントラバス、作曲、音)
舞踊・演劇・美術・映像・詩・書・邦楽・雅楽・能楽・西洋クラシック音楽・現代音楽・タンゴ・ジャズ?ヨーロッパ即興・韓国の文化・アジアのシャーマニズムなど様々なジャンルと積極的に交流。ヨーロッパ、アジア、南北アメリカで演奏・CD制作。コントラバスの国際フェスティバルにも数多く参加。コントラバス音楽のための作曲・演奏・ワークショップを行う。自主レーベルTravessia主宰。

tetsu26.jpg

2013.8.22.東京野菜コレクション2013〜前夜祭〜 &まくわうりナイト

東京野菜コレクション2013〜前夜祭〜まくわうりナイト
      <TOKYO.YASAI.COLLECTION.2013年>

「まくわうり」は、元和年間(1616〜1620)に、美濃国真桑村の農民が徳川家康に招かれて作り始めました。
以来、四百数十年にわたって栽培されてきた、江戸東京伝統野菜の一つですが、現在では手に入れることが非常に困難です。
当日は、まくわうりをはじめ、夏野菜を味わい、あわせてそれにまつわる芸能をお届けします!

■日時:2013年8月22日(木)18:30open / start〜21:00end
■出演:浅草雑芸団
■ゲスト:金子ざん
■入場料:3,000円
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Email : event@polepoletimes.jp
■主催:TYC2013実行委員会
■協力:ポレポレ坐、ポレポレタイムス、浅草雑芸団、
    NPO法人おいしい水大使館・東京野菜スタイル

2013.8.3.「愛のゆくえ(仮)」連続上映Vol.4 ×「闇打つ心臓(1982年8mm版)」

「愛のゆくえ(仮)」連続上映@Space&Cafe ポレポレ坐
Vol.4「愛のゆくえ(仮)」×「闇打つ心臓(1982年8mm版)」

2012年12月からポレポレ東中野にて公開された映画「愛のゆくえ(仮)」
第25回東京国際映画祭日本映画・ある視点部門などでも上映され話題を集める。
場所をポレポレ坐にうつし、他作品との上映、トークイベントなど様々な形で年内、連続上映していく。
Vol.1 木村文洋監督前作「へばの」。vol.2山戸結希監督「あの娘が海辺で踊ってる(完全版)」。
Vol.3島田隆一監督「ドコニモイケナイ」。Vol.4の今回は「8月のクリスマス」(2005)や「西の魔女が死んだ」(2008)
などで知られる長崎俊一監督の1982年に製作された「闇打つ心臓 (1982年8mm版)」とのカップリング上映。
「闇打つ心臓(1982年8mm版)」は逃亡劇、男女ふたり、アパートの一室。「愛のゆくえ(仮)」と設定が似ていることもあり、
撮影前にもう一度観返した作品。数あるインディーズ・ムービーの中でも伝説的な傑作!

■日時:2013年8月3日(土)
 開場:18:00
 開映:第一部18:30 「闇打つ心臓 (1982年8mm版)」※上映はDVDでの上映になります。
 第二部20:00 「愛のゆくえ(仮)」
■料金:予約1,500円/当日1,800円(第二部のみ参加の方は一律1,000円19:45から受付 ※第二部のみのご予約はありません。)
■予約:090−4395-4852(担当:高橋)Email : aikarimovie@yahoo.co.jp
*「愛のゆくえ(仮)」ブログ→http://aikari.exblog.jp/


<<闇打つ心臓(1982年8mm版) 監督:長崎俊一 >>

冒頭とラストの数分を除いてカメラが室内から出ず、ほとんどが主演二人の芝居のみで構成された密室劇である。カメラに向かい過去を語らせ、男女のセリフを入れ替え、物語に直接関係のない人物のコメントを挿入する、など実験的な試みでドラマが構築され、スリリングで濃密な劇的空間が創出される。イギリスの映画評論家トニー・レインズ氏が80年代の日本映画を代表する傑作と絶賛した8mm自主映画である。1984年度ロンドン映画祭・エジンバラ映画祭招待作品

〈あらすじ〉
自分たちの赤ん坊を殺して逃げる若い男・リンゴォ(内藤剛志)と女・伊奈子(室井滋)。友人の島本(諏訪太朗)の斡旋で空きアパートの一室に転がり込んだ2人だが、犯してしまった過ちに苦しみ、もがき、精神的に追い詰められてゆく・・・。二人は、子供を殺した苦しみから逃れるよう、狭く、暗いアパートの一室で互いを求め、慰めあう。それぞれの過去が語られ、部屋の時間は次第に淀みはじめる...。

出演:内藤剛志/室井滋/諏訪太朗
脚本・監督:長崎俊一/撮影:武藤起一/助監督:諏訪敦彦/撮影助手:川崎欣也、国松達也 音楽:大友良英 歌:原みどり・浜田真理子
(1982年/8mm/カラー/75分)
*2005年に大友良英の音楽でミックスされたバージョンでの上映となります。

aiyukue4.jpg

2013.7.30〜8.10.「炭鉱から」萩原義弘×本橋成一写真展

「炭鉱から」萩原義弘×本橋成一写真展

■会期:2013年7月30日(火)〜8月10(土)月曜休・入場無料
■営業時間:火曜〜土曜11:30〜23:00 日曜:11:30〜18:00
      ※7/30(火)、8/3(土)、8/10(土)は 17:00までの開催となります。ご注意ください。

〈オープニングイベント〉
 萩原義弘×本橋成一×正木基 トーク 
 ※トーク終了後ささやかなオープニングパーティーを開きます。
■日時:2013年7月30日(火)18:30open / 19:00start
■参加費:予約1,000円 / 当日1,200円
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)E-mail : event@polepoletimes.jp

PREV

PREV


page top