ポレポレ坐 お知らせ

2013.7.13.ポエトリーリーディング in サブカルチャー

ポエトリーリーディング in サブカルチャー

松永天馬(アーバンギャルド)・辛酸なめ子(コラムニスト)・大森靖子(シンガーソングライター)
月乃光司(こわれ者の祭典)によるトーク&ポエトリーリーディング(朗読)イベント。
『表現活動の原点』と『サブカルチャー』についてのトークと、自作詩or文学作品のリーディング(朗読)。
集団朗読、大森靖子の歌もあり!

■出演:松永天馬・辛酸なめ子・大森靖子・月乃光司
■日時:2013年7月13日(土)18:30open/19:00start (21:30end予定)
■料金:予約2,000円/当日2,500円(+ドリンク代)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
    Email : event@polepoletimes.jp 件名に「朗読会」、[お名前][人数][電話番号]の記入をお願い致します
■問合せ:080-6618-8806(実行委員会) 
■主催:月乃光司

<一部トークタイム>
テーマ『表現活動の原点』と『サブカルチャー』
松永天馬・辛酸なめ子・大森靖子・月乃光司(司会)
大森靖子・歌

<二部ポエトリーリーディングタイム>
辛酸なめ子朗読
月乃光司朗読
大森靖子朗読
松永天馬朗読
集団朗読(松永天馬・大森靖子・月乃光司)
エンディング
※予定(変更になる場合があります)


松永天馬(まつなが・てんま)
ミュージシャン・詩人。1982年、東京生まれ。"トラウマテクノポップ"バンド・アーバンギャルドのリーダーとして、ヴォーカル、作詞作曲、アートワーク、詩の朗読などを担当。
インディーズでの活動を経て2011年シングル『スカート革命』でユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。6/19佐久間正英氏をプロデューサーに迎えた初のベストアルバム『恋と革命とアーバンギャルド』をリリース。
またSFマガジンにて小説デビュー作『死んでれら、灰をかぶれ』を上梓。ヴィデオアート、批評、DJなどのフィールドでも活動している。

辛酸なめ子(しんさん・なめこ)
東京都生まれ。漫画家、コラムニスト。巫女的な感性であらゆる事象を取材しまくる驚異のフィールドワーカーとして知られる。著書は『辛酸なめ子の現代社会学』(幻冬舎)、『女子校育ち』(筑摩書房)、『セレブマニア』(ぶんか社)、『サバイバル女道』(サイゾー)など多数。

大森靖子(おおもり・せいこ)
ポップでキュートなのにヒリヒリする、カラフルなのにどこかくすんでみえる。圧倒的な存在感で優しく包み込むような、冷たく引き離すような歌声と楽曲の魅力は、起動力の高い彼女が主演・音楽担当映画の上映を兼ねた映画館ライブ、アイドルイベント、香山リカと自殺予防お笑いイベント、田口ランディとの詩の朗読イベント、汚いスタジオ、銭湯、渋谷O-EAST、夏の魔物等の大型フェス、本屋、日本中、海外まで凄まじいバイタリティでこなす活動により、口コミで話題に。弾き語りでのライブの評判を高めつつ、2011年バンドTHEピンクトカレフ始動。2013年3月20日1stフルアルバム『魔法が使えないなら死にたい』発売。5月13日渋谷CLUB QUATTRO大森靖子ワンマンライブを決行。

月乃光司(つきの・こうじ)
メンタルヘルス・イベント『こわれ者の祭典』代表、会社員。高校入学時から対人恐怖症・醜形恐怖症により不登校になる。引きこもり生活、通算4年間を過ごす。24歳よりアルコール依存症になる。自殺未遂、アルコール依存症により精神科病棟に3回入院。自助グループで回復。27歳から酒を飲まない生活を続ける。2009年『詩のボクシング』東京大会優勝。2010年新潟弁護士会人権賞。2011年第5回安吾賞新潟市特別賞。2012年新潟日報文化賞社会活動賞。厚生労働省『依存症者に対する医療及びその回復支援に関する検討会』構成員。TVコメンテーター、著作多数。新潟市西区在住。

0713.jpg

2013.7.2~7.「吾妻渓谷は消えるのか?八ッ場(やんば)ダムは今」写真展

「吾妻渓谷は消えるのか?八ッ場(やんば)ダムは今」写真展 

八ッ場ダム(群馬県長野原町)は東京など首都圏のために61年前に計画されました。
ダムが建設されたら失われてしまう景観や動植物の写真を是非、見てください。
ダムの本体工事はまだ始まっていません。(八ッ場のカモシカより)

■会期:2013年7月2日(火)〜7月7日(日)入場無料
■営業時間:火曜〜土曜11:30〜21:00 日曜:11:30〜18:00
■トークイベント:7月7日(日)16:00〜17:00
  森まゆみ(作家)&渡辺 洋子(八ッ場あしたの会事務局)
■お問い合わせ E-mail info@yamba-net.org
■主催:八ッ場あしたの会ユースプロジェクト
■協力:パタゴニア目白ストア


yanba-hp.jpg

2013.6.21.駅はだれのものか〜上野駅と東京駅〜 森まゆみ×本橋成一トーク

駅はだれのものか 〜上野駅と東京駅〜 森まゆみ×本橋成一トーク

東京駅、上野駅、渋谷駅、下北沢駅...近年あちこちの駅がその姿を変えています。
そんななか新装改訂版が発売された本橋成一写真集『上野駅の幕間』。
そこには北からの終着駅である30年前の上野駅を行き交う、出稼ぎのひと、
人を待つひと、迷子、宴会をはじめるひと、用もないのに集まってくるひと...いろいろなひとが写っています。
人々が交差するさわがしい駅は、思い思いに居心地よく過ごせて集える広場でもありました。
日本中の多くの駅はいま、ただ通り過ぎるだけの空間となり、商業施設であふれています。
今はなき駅の姿を惜しみながら、上野駅や東京駅ほか、東京の歴史的建造物の保全に関わってきた
作家の森まゆみさんと本橋成一の駅をめぐるよもやま話の一夜。
写真集『上野駅の幕間』のスライドも上映いたします。
ぜひお誘い合わせのうえご来場ください!

■日時:2013年6月21日(金)18:30 open /19:00 start
■出演:森まゆみ(作家)×本橋成一(写真家)
■料金:予約 2,000円/当日 2,500円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
    Mail:event@polepoletimes.jp

森まゆみ
1954年東京生まれ、(早稲田大学政経学部卒、東京大学新聞研究所修了)。
出版社勤務をへて1984年、地域雑誌『谷中・根津・千駄木』通称谷根千を創刊。
町の歴史を掘り起こし、聞き書きで記憶を記録に替える。無秩序な開発に異を唱え、上野の奏楽堂、赤煉瓦の東京駅、その他地区内の民家の保存・活用に尽力。それによってサントリー地域文化賞、日本建築学会文化賞などを受ける。著書に『谷中スケッチブック』『不思議の町根津』『谷根千の冒険』『東京遺産』『鴎外の坂』『即興詩人のイタリア』など。現在は谷根千の四半世紀に集めた資料を『記憶の蔵」として準備する一方、キキガキストとして、また映像による地域の記録を続ける。て学ぶ。3・11の東日本大震災以降、父祖の地である宮城を中心に行ったり来たり、石巻の東京駅の復元用の被災スレートを東北の復興のシンボルとして東京駅で使ってもらうようJR東日本に要望。

621.jpg 
               写真集『上野駅の幕間』より

2013.6.20. 8弦ギター弾き語り 山田庵巳ライブ 紫陽花小路とナターシャ

8弦ギター弾き語り 山田庵巳ライブ 
紫陽花小路とナターシャ
第7回 『夕暮れの黄昏は夜』

■日時:2012年6月20日(木)19:00 open /19:30 start
■出演:山田庵巳(8弦ギター)
■スーパーゲスト:ケンソラ(インストゥルメントミュージックギタープレイヤー)
■料金:予約 2,000円/当日 2,500円(ドリンク別)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
    event@polepoletimes.jp

山田庵巳(8弦ギター)
1976年長野県生まれ。
中2でクラシックギターを習い始め、中学高校でバンド活動にいそしむ。
18歳で上京し、音楽専門学校に通いながらバンド活動を続け、
23歳の時、音楽出版社に所属し、楽曲提供などを手がける。
そして、25歳から独りで8弦ギターによる弾き語りのライブを始め、
都内のライブハウスを中心に活動を続ける。
自らの表現方法がスタジオレコーディング向きではないとの判断から
2011年11月、二日間に渡りライブレコーディングを行い、
記念すべき1枚目のアルバム「機械仕掛乃宇宙」が生まれる。
全てが一発勝負の一発録音。録り直しなし。
だからこそ生まれる、その瞬間だけの物語。
聞いたら必ず逢いたくなる。
生の山田庵巳の世界に。

★ケンソラ(インストゥルメントミュージックギタープレイヤー)
綿密に編みこまれた音楽とストーリー、それを確かに伝えきる高い技術、それが彼の魅力だと思います。
翁が斧を握る、その振り下ろす刃風や息遣い...
パブスナックの濡れたカウンター...
船底に隠した黒砂糖のつまった麻袋...
初めての蚊取り線香...
数え切れないイマジネーションを、私の知らない私の内部から引き出してくれる、
そんなアーティストです。
(文:スパイダー鈴木)

anmi.jpg

2013.6.16.三遊亭時松独演会「時松歳時記〜夏薫る〜」

三遊亭時松独演会 「時松歳時記〜夏薫る〜」

■日時:2013年6月16日(日) 18:30 open /19:00 start
■番組:三遊亭時松『厩火事』他一席、 助演:春風亭 正太郎
■木戸銭:前売/当日共2000円(ワンドリンク付)ポレポレ坐にて販売予定。
■予約・問い合わせ:常盤松会 03-3771-3727(FAX共通) 
          (留守電の場合はお名前と枚数連絡先をお教え下さい。)
          to.ki.ma.tsu_sanyu-tei@nifty.com

tokimatsu.jpg

2013.6.13.小室等のコムロ寄席 其の十四〜無名人名語録 裏ばなしの巻〜

小室等のコムロ寄席 其の十四 〜無名人名語録 裏ばなしの巻〜

巷に生きる無名の人々が残した言葉を、ひたすら記録してきた永さん。
ときにはドキッとするような言葉の数々を収集し、本にもまとめて来られました。
今回は その収集にまつわる裏ばなしを、おなじみ小室等さんのナビゲートで
お伺いします。いつ、どこで、どんなふうに永さんはこの言葉たちに出会ったのでしょう。
無名人の素顔をかいま見るトーク、どうぞご期待ください!

■日時:2013年6月13日(木)18:30 open /19:00 start
■出演:小室等
■ゲスト:永六輔
■料金:予約 3,500円/当日 4,000円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
    Mail:event@polepoletimes.jp

小室等(こむろひとし)
1943年東京生まれ。1968年 グループ「六文銭」を結成。
1971年 第2回世界歌謡祭にて「出発の歌」(上條恒彦と六文銭)でグランプリを獲得。
1975年 泉谷しげる、井上陽水、吉田拓郎と「フォーライフレコード」を設立。
現在は,自身のコンサートを中心に活動する中、
谷川賢作(pf)とのセッション、さがゆき(vo)とのユニット「ロニセラ」、
娘であるこむろゆい(vo)とのデュオ「Lagniappe(ラニヤップ)」などのライブ活動も。
また他ジャンルのミュージシャンとのコラボレーションやイベントプロデュースも多数。
テレビドラマ(NHK金曜時代劇「蝉しぐれ」TBS「高原へいらっしゃい」
「遠い国から来た男」他)映画(ドキュメンタリー「ナージャの村」他)
舞台(ミュージカル「スパイ物語」他)に音楽を提供するなど幅広く活動している。

☆永六輔(えいろくすけ)
1933年東京・浅草生まれ
1952年早稲田大学文学部中退
中学のとき、NHKラジオ『日曜娯楽版』に投書をして以来ラジオ中心に作詞、
テレビ、出版の仕事を続けている。
生活の大部分は旅ぐらしで、そこで感じた矛盾や感動を語り、
書き、時には市民運動やボランティア活動を手伝っている。
1992年NHK放送文化賞受賞。
1994年都民文化栄誉賞受賞。
2000年菊池寛賞受賞。

〈予告〉ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー    
小室等のコムロ寄席 番外編 文化の交差点「話の特集」物語 第五幕
〜初期執筆者との交遊録 その3〜

■日時:2013年7月25日(木)18:30 open /19:00 start
■出演:小室等
■ゲスト:矢崎泰久(ジャーナリスト・「話の特集」元編集長)
■料金:予約 3,000円/当日 3,500円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
    Mail:event@polepoletimes.jp

komuro-14.jpg

2013.6.11 『大津波のあとに』震災月命日上映+トーク

『大津波のあとに』震災月命日上映+トーク

東日本大震災直後の空気を生々しく伝え、
国内外で大きな反響を呼んだドキュメンタリー映画『大津波のあとに』。
仙台、東松島、石巻、そして108人中74人の児童が
津波に押し流されてしまった大川小学校...。
『大津波のあとに』の上映と新作に向けての撮影を続けている
森元監督のスペシャルトーク、そして石巻や女川の最新映像上映もあります!


■日時:2013年6月11日(火・震災月命日) 開場:19:00/開演:19:30
■料金:予約1,500円/当日1,800円
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Email : event@polepoletimes.jp

映画『大津波のあとに』公式サイト http://farther-on.com/o273/

PREV


page top