ポレポレ坐 お知らせ

2013.2.23.白崎映美atポレポレ坐 「ふるさとから上野をうたう」

白崎映美atポレポレ坐「ふるさとから上野をうたう」

山形・酒田からガタゴトと列車に揺られ、上野駅にひとりの女が降り立った。
不安を胸に抱いた東京暮らし。ふと思い出すふるさとのこと。
そんなとき、上野駅を通りかかると、行き交う人の姿には、
ふるさとの息づかいがあり、歌があった。
あれから幾年月...。いつしかその歌は、ふるさとと私をつなぐ応援歌となった。

上野駅の幕間に流れていた歌たちを白崎映美が歌い、坂本弘道(チェロ)、
服部夏樹(ギター)、山口とも(パーカッション)とともに贈る贅沢すぎる一夜。
30年ぶりに新装改訂版が刊行となった本橋成一写真集『上野駅の幕間』とのコラボレーション企画。
見逃すことなかれ!

■日時:2013年2月23日(土)18:30open/19:00start
■出演者:白崎映美(歌)、坂本弘道(チェロ)、服部夏樹(ギター)、山口トモ(パーカッション)
■料金:予約3,500円/当日4,000円(ワンドリンク付) *本橋成一写真集「上野駅の幕間」付予約7,500円
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Email : event@polepoletimes.jp
■演奏予定曲:あゝ上野駅、星影のワルツ、月夜のらくだは泣いてるだろか 他、昭和歌謡、東北民謡多数。


★白崎映美(歌)
山形県酒田市出身。"上々颱風"(しゃんしゃんたいふ〜ん)のヴォーカル。
上々颱風は、アジアを中心に世界各国のサウンドと芸能の要素を取り入れた音楽集団。
90年デビュー、91年にJAL沖縄キャンペーンのCMソング「愛より青い海」が大ヒット。スタジオジブリの映画『平成狸合戦ぽんぽこ』の音楽のほか、木の実ナナ主演ミュージカル『阿国』では、初演以来音楽を担当するだけでなく生演奏で参加、お宮役での出演もしている。
ライブではMCも務め、そこで飛び出す庄内弁や圧倒的なパフォーマンスは観客を巻き込みより一層ライブを盛り上げる。ヴォーカリストとしても様々なジャンルのアーティストと共演し、シンディ・ローパーのアルバム「Sister of Avalon」にもゲスト参加している。また上々颱風初の絵本「ハラホロの涙〜ハラホとヒレハの物語〜」(ランダムハウス講談社刊)では、文を担当するなど多才さを発揮。現在、NHK山形のテレビ番組「今夜はなまらナイト」にレギュラー出演のほか、いろいろなスタイルでのソロ活動展開中。

★坂本弘道(チェロ)
チェロから火花を出す演奏に代表される奇想、切なく美しい楽想、百戦錬磨のインプロヴァイザー。2008年ソロ公演では演奏中にチェロを燃やすというパフォーマンスを敢行。パスカルズなどのバンド活動、荒井良二、U A 、遠藤ミチロウ、川上未映子、久住昌之、巻上公一、松田美由紀ら多種多彩なアーティスト、
ジャンルとの共演、音楽ドキュメンタリー映画「We Don't Care About Music Anyway」(2009年仏)出演、2011年コクーン歌舞伎「盟三五大切」、2012年劇団昴ザ・サード・ステージ「暗いところで待ち合わせ」、結城座・江戸糸あやつり人形芝居「ミス・タナカ」など舞台の作曲・生演奏、テラヤマ見世物ミュージカル「地球_空洞説」音楽監督、2011年アート・アニメーション界最大の話題作「緑子/MIDORI-KO」の音楽制作等々、神出鬼没の活動を国内外で展開中。先鋭的音楽フェスティバル「JAZZ ART せんがわ」プロデューサー。

★服部夏樹(ギター)
1961年頃東京生まれ、湘南育ち。ギタリスト。映画館が好き、銭湯が好き。現在はラブジョイ、ジンタらムータ等に参加。

山口とも(パーカッション)
日本廃品打楽器会長。軽金属・不要品打楽器奏者
プロフィール・ノーマルなパーカッション類の他、日夜音の出そうな燃えないゴミを収集、加工しては楽器を作っている。ゴミに命を吹き込みもう一度この世を全うさせているNHKドレミノテレビの太鼓のお兄さん。譜面が読めなくとも音楽は出来るをもっとうに驀進中!
なんちゃって写真家でもある。

226.jpg

2013.2.16.くつ職人とくち職人のトーク&パフォーマンス

くつ職人とくち職人のトーク&パフォーマンス

大阪・浪速は浅草と並ぶ靴の街ですねん。伝統の手縫い職人が今も息づいておますねん。
60年のキャリアをもつ手縫いの「靴職人」に会ってみまへんか?靴の街・浪速の歴史と靴づくりの
技のすごさを大阪じこみの「くち職人」がいろいろかたらせてもらいます。
もちろん靴を注文したい方・その場で注文承りまっせ。
こんな機会めったおまへんで、気軽に来たってくださいませ。

■日時:2013年2月16日(土)18:30?
■出演:織田悟(手縫い靴職人-庭付け師)、太田恭治(本仕込くち職人-LLPあとりえ西濱代表)
■料金:500円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Email : event@polepoletimes.jp

【【スペシャル企画】】
イベントに先行して、当日14時より手縫い靴職人・織田悟師による実演を行います。
靴の注文希望の方はこの時間帯にご来場下さい。飛び込みも歓迎ですが、事前予約も受付けます。
詳しくは、下記まで(ご予約優先)
靴の問い合わせ・ご予約:06-6586-4649(LLPあとりえ西濱)Email : nishihama.k.ota@gmail.com


゜゜゜゜゜゜゜゜゜

明治に西洋式の革靴製法が伝えられ、現在は機械と接着剤の発達で手縫い職人は数少なくなりました。本格派の高級紳士靴などに
用いられるグッドイヤー製法の底付け製法を日本流に言うと「10分縫い(100%手縫い)と言うのでしょうか。
この製法は他の技法に比べ、職人の技術が重要なことと、多くの部品と手間がかかる分、たいへん丈夫で長持ちするしなやかな靴が
出来上がります。織田悟は、数少ない10分縫いの底付け師。「足にぴったり 巡り合い」を合言葉に「足に合わせる手縫い靴」を作り続けています。
そんな靴づくりの歴史とその技・職人技を太田恭治が解説します。歴史・技の話から、ウンチクや玄人が喜ぶ濃いお話を交えて解説します。
手縫い靴の素晴らしい世界を「くつ職人」と「くち職人」とが伝えます。どうぞ楽しい時間をお過ごし下さい。

゜゜゜゜゜゜゜゜゜

2013.2.14.小室等のコムロ寄席 其の十三〜芸能立ち会い人としての永六輔の巻

小室等のコムロ寄席 其の十三〜芸能立ち会い人としての永六輔の巻〜

毎度おなじみコムロ寄席。今回も永六輔さんをゲストにお迎えします。
落語や講談、文楽など伝統芸能はもとより、話芸、コメディ、歌など、
あらゆるナマの芸を間近に見てきた永さん。自身の番組でもたくさんの芸能を紹介し、
応援してきました。芸の道を歩む人たちの陰日向に立ち会い続けてきた永さんに、
芸能について語っていただきます。ぜひお誘いの上ご来場ください。

■日時:2013年2月14日(木)18:30 open /19:00 start
■出演:小室等
■ゲスト:永六輔
■料金:予約 3,500円/当日 4,000円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
    event@polepoletimes.jp

小室等(こむろひとし)
1943年東京生まれ。1968年 グループ「六文銭」を結成。
1971年 第2回世界歌謡祭にて「出発の歌」(上條恒彦と六文銭)でグランプリを獲得。
1975年 泉谷しげる、井上陽水、吉田拓郎と「フォーライフレコード」を設立。
現在は,自身のコンサートを中心に活動する中、
谷川賢作(pf)とのセッション、さがゆき(vo)とのユニット「ロニセラ」、
娘であるこむろゆい(vo)とのデュオ「Lagniappe(ラニヤップ)」などのライブ活動も。
また他ジャンルのミュージシャンとのコラボレーションやイベントプロデュースも多数。
テレビドラマ(NHK金曜時代劇「蝉しぐれ」TBS「高原へいらっしゃい」
「遠い国から来た男」他)映画(ドキュメンタリー「ナージャの村」他)
舞台(ミュージカル「スパイ物語」他)に音楽を提供するなど幅広く活動している。


☆永六輔(えいろくすけ)
1933年東京・浅草生まれ
1952年早稲田大学文学部中退
中学のとき、NHKラジオ『日曜娯楽版』に投書をして以来ラジオ中心に作詞、
テレビ、出版の仕事を続けている。
生活の大部分は旅ぐらしで、そこで感じた矛盾や感動を語り、
書き、時には市民運動やボランティア活動を手伝っている。
1992年NHK放送文化賞受賞。
1994年都民文化栄誉賞受賞。
2000年菊池寛賞受賞。

sample_omote.gif

PREV


page top