ポレポレ坐 お知らせ

2012.11.11.共働学舎の収穫祭トークイベント いのちが躍動する場所

共働学舎の収穫祭関連トークイベント いのちが躍動する場所〜共働学舍39年のみちしるべ
収穫祭の夜もポレポレへ。共働学舎ってどんなとこ?がわかるトークイベントです。

■日時:2012年11月11日(日)17:00〜
■参加費:1000円(のみもの付)
■問合せ:Tel :03-3227-1405 (ポレポレタイムス社)E-mail :info@polepoletimes.jp

共働学舎は、社会で弱い立場にある人たちと共に、自労自活、自主自立を基本に
生活する場として、39年前に長野県小谷村で発足しました。現在は長 野県小谷
村立屋、真木、北海道小平町寧楽、新得町、東京都東久留米市南沢の5ヶ所を拠
点に農業、酪農、工芸などの生産的勤労生活をしています。8 回目となった
「共働学舎の収穫祭」では、共働学舎のありかたをより深く掘り下げ、知ってい
ただくプログラムを企画しました。39年の共働学舎のあ ゆみのなかで培われて
きたものから、現代社会で忘れられがちな大切なことが見えてきます。

【オープニング】手話ダンスグループ"ポレポレ"のダンス
中野区を中心に活動する手話ダンスグループ"ポレポレ"のダンスでみなさんをお迎えします。
見る人も踊る人もウキウキと、心躍る時間です。

【第1部】自然から、勉学から、福祉から教育を考える
自然のなかで、学校で、共同生活の場で、それぞれに教育について考えてきた3
者の対談です。田舎で生活しているから自然が解るわけではありませ ん。学校
に通ったからと言って人間が完成するわけでもありません。お世話するだけが福
祉ではありません。今回それぞれの場でユニークな活動をして いる代表が集い
実験的な対談を試みます。互いの交流、刺激がそれぞれを発展させる気がしてな
らないからです。

対談者:アースマンシップ代表・岡田淳、自由学園男子部部長・高橋和也
    NPO共働学舎理事長・福澤和雄

【第2部】立屋共働学舎の暮らし
立屋は、長野県小谷村にある共働学舎発足の地です。宮嶋眞一郎の想いのもとに
39年前に始まりました。 現在の立屋共働学舎では牛や鶏、山羊による堆肥を
使って、有機栽培のお米や野菜づくりをして様々な人たちが生活しています。こ
こでは、立屋共働学舎の暮ら しがどのようにしてはじまったのか、現在の暮ら
しはどうなのか、写真スライド、歌など交えながら、このたび集った立屋のメン
バーが近況報告致しま す。

おはなし:立屋共働学舎メンバー
写真:佐藤ゆりか

2012.11.10〜11.共働学舍とそのなかまたちの収穫祭 8回目

共働学舍とそのなかまたちの収穫祭 8回目!!

ポレポレ坐カフェメニューでもおなじみの、
共働学舎とその仲間たちの農産物のがやってきてポレポレ坐が市場になる2日間。
年に一度の収穫祭、お出かけ下さい!

共働学舎とは、社会で弱い立場にある人たちと共に、自労自活・自主自立を基本
として農業、酪農、工芸など、生産的勤労生活をしているグループで す。
長野・東京・北海道に拠点があります。

■日時:2012年11月10日(土)10:00〜17:00
       11月11日(日)10:00〜16:00(終了後イベントあり)

■出品されるもの
   ●共働学舎より...
    ソーセージ、チーズ、パン、クッキー、ベーコン
    大根、人参、かぼちゃ、白菜、キャベツ、お米、
    豆いろいろ、味噌、ハーブティー、工芸品、などなど

   ●仲間たちより...
    お野菜いろいろ、わさび、りんご、みかん、ひじき、樟しょうのう
    オーガニックコーヒー、段ボール文具、びわ茶、手作りケーキなどなど

■出品する人
    立屋、真木、寧楽、新得、南沢共働学舎のみなさん
    風の畑さん
    やまびこ舎さん
    須沢トマトさん
    まるとうわさびさん
    焼菓子工房うふさん
    エコマルシェさん
    anonimo coffeeさん
    井出農場さん
    祝島市場さん
    YMCA農村塾さん  
    Totteraさん
    段房具のなかやまさん
    北出精肉店さん などなど

■問合せ:Tel:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
     E-mail:info@polepoletimes.jp

■主催:共働学舎の収穫祭実行委員会
■共催:ぶどうの会(共働学舎父母の会)

2012.10.23〜11.8. Dia de Muertos 死者の日 展

Dia de Muertos 死者の日 展

■会期:2012年10月23日(火)〜11月8日(木)月曜定休・入場無料
■営業時間:火曜〜土曜 11:30〜21:00  
         日曜 11:30〜17:00/最終日 〜17:00

<イベント>
2012年11月2日(金)
   11:30〜17:00 「死者の日」party ☆無料
     *料理人:クレイグヤマシタ、wato
     *音楽隊:栗山淳、城芽ハヤト ほか
   19:00〜 Live ☆
出演:*日本海出張美人歌手(Vo)、下村淳(G)、佐藤芳明(Acc.)
   *松本里美(Vo,G)+mamaclio[クリスチィヌ(Vn.),
    うえむらまさゆき(G,Uke),オオノシンヤ(ガイダ,笛),欠席:ロケット・マツ(Acc.)]
   *KITCHEN SISTERS(大社優子&オダギリミホ)
   *とんちピクルス
料金:予約2,500円 /当日3,000円(ワンドリンク付)
予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)E-mail : event@polepoletimes.jp

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

三千年以上前からマヤ・アステカなどの先住民が続けていた祝祭がカトリックに征服されて
現在の形になったというメキシコのお盆「Dia de Muertos ディア デ ムエルトス」。
11月1日は子供の魂、2日は大人の魂がこの世に戻ってきます。亡くなった人々の魂を蝋燭の灯りで迎えて
心からもてなし、手厚くお送りするという一連の行事。死者を弔うという意味では
日本のお盆と同じですが、メキシコでは「死者も生者も一緒に楽しもう!」
と、飲めや歌えの大騒ぎ。墓地や街に一晩中マリアッチの音が鳴り響きます。
そのお祭りを日本でもやってみたい。逝ってしまった人たちを招待して一緒に笑って歌いたい。
祝祭の風景や愛嬌に満ちたガイコツ、大切な者たちの肖像画など、死者にまつわる様々な事柄。
悲しみ、優しさ、切なさ、感謝の気持ち。そんな何もかもを雑多に並べ、
祭壇を飾るような気持ちで作品を展示します。
*11月2日のイベントは、必ず身近な死者(人数制限なし)とお誘い合わせの上、
皆さん同伴で気軽にお出掛けください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

出展作家(敬称略五十音順)
アキノイサム、荒木珠奈、Aruta Soup、石坂草子、市居みか、今井俊、
岩切章悟、大社優子、オダギリミホ、小渕仁、小野由実子、貝原浩、
木村タカヒロ、くまあやこ、クレイグヤマシタ、佐藤陽香、澤田俊治、
沢田としき(ポレポレ坐壁画)、SAYURIKA、城芽ハヤト、鈴木麻衣子、
竹田邦夫、竹田鎮三郎、田沢千草、たなか鮎子、中澤京子、永井宏、
西田幸代、二宮佐和子、早川純子、原マスミ、深津千鶴、
HONZI(CD販売)、松井明香、松本里美、丸山伊太郎、南椌椌、
宮本一、山口マオ、山口めぐみ、山福朱実、山福康政、吉澤絵理、
渡辺千尋、渡邉知樹、wato

協力:秋野和子、秋野かぬか、idehof、熊沢昌恭、世良田律子、
     水嶋徳人、山福緑、渡辺紀子、ポレポレタイムス社
企画制作:山福朱実

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

shishanohi.gif

2012.10.15.徹の部屋Vol.22「ありがとう!バールさん!」

徹の部屋Vol.22「ありがとう!バールさん!」

■日時:2012年10月15日(月)19:00 open/19:30 start
■出演:バール・フィリップス(コントラバス)、齋藤徹(コントラバス)
■料金:予約3,500円/当日4,000円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Email : event@polepoletimes.jp
■協力:EU-Japanフェスト日本委員会


・ ・・・・・・・・・・・・

照れくさいけど、そのまんまの気持ちですし、さらにはホームのポレポレ坐ですので素直にそう言っちまいました。
感謝することはたくさんあります。初来日の時の一言はいまでも鮮明に覚えています。
こう言われました。「テツさん、何言っているの?」

親代々ミュージシャンな場合は別ですが、だいたい「音楽好き」「ファン」から入って、
気がつくともう入り込んでしまって抜けられない、という場合が多いです。私もそうです。

日本で海外の音楽が好きになってしまうと、事情がさらに複雑になります。
「本場」のレコード、コンサート、批評、風土、思想、歴史、言語などを取り入れる必要がでてきます。その段階では、「ファン」です。
ファンだから悪いということではありません。好き、ファンということは、その音楽を聴取する能力が高いということでもあります。
ただ注意しなければいけないのは、「ファン」と「演奏家」は違います。

20年以上前のバールさん初来日は豊住芳三郎さんの尽力で実施されました。サブさんありがとうございました。
その頃の私はインプロファン、ベースファンの側面がかなり強かった。
そんな私にとってバールさんは憧れでした。誕生日が一緒だとわかってルンルンでした。

忘れもしません。幡ヶ谷の商店街を一緒に歩いていたとき、「私などはまだまだ始めたばかりでダメですが、
バールさんやヨーロッパのミュージシャンについて行けるように一生懸命がんばります。」と素直に言った時に先ほどの返事があったのです。
「テツさん、何言っているの?演奏する時は、特にインプロの時は、皆同格でしょ?初心者かどうかなんて関係な〜い。」

目から鱗が落ちました。日本でできる限りのヨーロッパインプロ情報を集め、追いついていこう、というのは、正にファンの考え方なのです。
この一言で、ファンと演奏家の違いに敏感になり、私は演奏家でいようと思いました。誰誰の奏法をやってみようとか、誰誰さんと演奏したいとか、の発想はキレイさっぱり無くなりました。

その後、ヨーロッパへ何回も呼んでもらったり、ミッシェルやニンも紹介してくれたり、ヨーロッパツアーで楽器を貸してくれたり、
なかんずく楽器を交換してくれたり(今日私が弾いている楽器がそうです。バールと命名しました。)いろいろなベースフェスでやっかいになったり、
家族が世話になったりです。本当に御世話になっています。
しかし、その発端になったのは実はその一言だったように思います。
ファンのままだったら、その後の展開はまったく違うものになっていたのではと思うのであります。 
ありがとう!バールさん。  (齋藤徹)


・ ・・・・・・・・・・・・


★バール・フィリップス(コントラバス)
1934年カリフォルニア生まれ。ニューヨークに進出、当時隆盛していたフリージャズ演奏を続ける。
60年代後半よりヨーロッパでの活動が増え(ジャン・ジュネとのコラボレーションもある。)
自らの音楽的指向と一致することから、1970年代よりフランス南東部プジョー・ビルに住む。
1000年前のSainte Philomene教会を発見、修復、管理し居住する。絵はがきやバッジも発行され、現在も観光客が訪れる。
その功績からフランス国籍取得を薦められるが、アメリカ国籍のまま。
The Trio、EMCレーベル最初期からのアーティストとしてヨーロッパのフリー・インプロウ゛ィゼーションでの中心的活躍を続けている。
ダンスとのコラボレーション、数多くのワークショップ、ロバート・クレイマー(映像作家)との数多くの共作があり、ISB(国際コントラバス協会)
の議長に選出され、クラシック、ジャズなどのジャンルを超え世界の
コントラバス界での尊敬を集めている。あふれるような人間的な魅力から彼の周りには
自然に多くの人々が集まり、その人々同士の出会い・繋がりがどんどんと広がっていく。
芸術的な成果だけでなくあらゆる方面で豊かな人間関係を築いていることは特筆すべきことだろう。
日本へは、演奏ばかりでなく、山形国際ドキュメンタリー映画際への招待、
阪神・淡路大震災チャリティなどで何回も来日をしている。齋藤徹とは初来日の時から
共演を重ね、世界各国でのコントラバス祭でも協力、お互いの楽器(gand&bernarde;)を交換、日本・ヨーロッパでのデュオ、
グループツアーなど、誕生日が同じ(10月27日)なこともあり友情が続いている。
阪神・淡路大震災の時はアクト神戸という運動のヨーロッパでの中心メンバーとして
チャリティーコンサート、日仏アーティストの交流などに尽力したことも忘れてはならない。


齋藤徹(コントラバス)
舞踊・演劇・美術・映像・詩・書・邦楽・雅楽・能楽・西洋クラシック音楽・
現代音楽・タンゴ・ジャズ・ヨーロッパ即興・韓国の文化・アジアのシャーマニズムなど
様々なジャンルと積極的に交流。ヨーロッパ、アジア、南北アメリカで演奏・CD制作。
コントラバスの国際フェスティバルにも数多く参加。
コントラバス音楽のための作曲・演奏・ワークショップを行う。
自主レーベルTravessia主宰。

tetsu22.gif

2012.10.11.小室等のコムロ寄席 其の十二〜ラジオ人としての永六輔の巻〜

小室等のコムロ寄席 其の十二〜ラジオ人としての永六輔の巻〜

毎度おなじみコムロ寄席。
今回も永六輔さんをゲストにお迎えします。
あらためて言うまでもなく、永六輔といえばラジオ!
NHKのラジオ番組『日曜娯楽版』に投稿した高等学校生の頃から
半世紀以上に渡り、ラジオともに歩んで来られました。
いまは「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」
「永六輔の誰かとどこかで」などでなお、しゃべり続けておられます。
常に考えていることをラジオで発信してきた永さんの
人生そのもの、ともいえるラジオの巻。満を持しての開催です。
ぜひお誘い合わせのうえご来場ください!

■日時:2012年10月11日(木)18:30 open /19:00 start
■出演:小室等
■ゲスト:永六輔
■料金:予約 3,500円/当日 4,000円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
    event@polepoletimes.jp

小室等(こむろひとし)
1943年東京生まれ。1968年 グループ「六文銭」を結成。
1971年 第2回世界歌謡祭にて「出発の歌」(上條恒彦と六文銭)でグランプリを獲得。
1975年 泉谷しげる、井上陽水、吉田拓郎と「フォーライフレコード」を設立。
現在は,自身のコンサートを中心に活動する中、
谷川賢作(pf)とのセッション、さがゆき(vo)とのユニット「ロニセラ」、
娘であるこむろゆい(vo)とのデュオ「Lagniappe(ラニヤップ)」などのライブ活動も。
また他ジャンルのミュージシャンとのコラボレーションやイベントプロデュースも多数。
テレビドラマ(NHK金曜時代劇「蝉しぐれ」TBS「高原へいらっしゃい」
「遠い国から来た男」他)映画(ドキュメンタリー「ナージャの村」他)
舞台(ミュージカル「スパイ物語」他)に音楽を提供するなど幅広く活動している。


☆永六輔(えいろくすけ)
1933年東京・浅草生まれ
1952年早稲田大学文学部中退
中学のとき、NHKラジオ『日曜娯楽版』に投書をして以来ラジオ中心に作詞、
テレビ、出版の仕事を続けている。
生活の大部分は旅ぐらしで、そこで感じた矛盾や感動を語り、
書き、時には市民運動やボランティア活動を手伝っている。
1992年NHK放送文化賞受賞。
1994年都民文化栄誉賞受賞。
2000年菊池寛賞受賞。

komuro12.gif

2012.10.7.狩野美智子×関千枝子 出版記念対談 広島・長崎から戦後民主主義を生きる

狩野美智子×関千枝子 出版記念対談 広島・長崎から戦後民主主義を生きる
広島と長崎で被曝した、80歳と83歳の女性
世代を継ぐために、いま、聞いておきたい。女性による時代の証言。

空襲や原爆、戦中の暮らしを知る二人は、深い心の傷を負いながらも、
戦後民主主義の中でわくわくするような時代を経験した。いまは語られることのない
その時代に、大学教育を受け、新聞記者、定時制高校教員として働き、
子どもを育てた二人の女性。戦後民主主義とは何だったのか。
そしていまの時代をどう見るのか。新刊「<往復書簡>広島・長崎まで-戦後民主主義を生きる」
出版を記念して、お二人にじっくりお話いただきます。

■日時:2012年10月7日(日) 13:30 open /14:00 start
■参加費:4,000円(本代込み)*参加申し込みは下記主催者へ9月末まで
■主催:(株)彩流社(東京都千代田区富士見2-2-2 電話:03-3234-5931 担当:出口)

☆狩野美智子
1929年生まれ。長崎で被爆。元都内定時制高校などの教諭。現在、文筆家

☆関千枝子
1932年。広島で被爆。元毎日新聞、全国婦人新聞記者。現在フリーのジャーナリスト。

2012.10.6 『ハダカの城』アンコール公開記念イベント

『ハダカの城』アンコール公開記念イベント

■日時:2012年10月6日(土) 12:30開場/13:00開始 
■登壇者:水谷洋一(西宮冷蔵株式会社社長)/水谷甲太郎(同社専務)
/香川今生(TVディレクター)/柴田誠監督
■料金:前売1500円/当日1800円
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)  E-mail:event@polepoletimes.jp


西宮冷蔵社長・水谷洋一と、彼を取材したマスコミが語るこの10年
今回、「ハダカの城」アンコール上映を記念し、水谷洋一本人、
監督の柴田誠、水谷社長を取材したジャーナリストを招き、トークショーを開催いたします。
水谷は10年経った今、何を想い、何を語るのか。
そして取材をしたマスコミは、この現在と合わせどう感じているのか。
本イベントと、映画の上映を通し、何が変わり、何が変わらなかったのか、
そして、これから我々はどうするのかを、考えるきっかけになる事を期待します。

映画『ハダカの城』HP http://black.ap.teacup.com/bardbone/

PREV


page top