ポレポレ坐 お知らせ

2012.8.10.ラフール・アチャリヤが語る、 東インド古典舞踊オリッシーダンスの世界

ラフール・アチャリヤが語る、東インド古典舞踊オリッシーダンスの世界

ヒンドゥー教の聖地、東インド・オディッシャ州で発祥し、紀元前から寺院の奉納舞として
踊られてきた東インド古典舞踊"オリッシー"。寺院彫刻にあたかも命が吹き込まれ
動き出したようなその踊りは「生きた彫刻」とも呼ばれ、現代では舞台芸術としても世界で
人気が高まっている。そのオリッシー界の若き旗手、ラフール・アチャリヤが今年二度目となる
日本ツアーのため来日。8〜9月にかけて、各地で公演「MOKSHA〜解放〜」とワークショップを行う。
彼は世界的に活躍するトップダンサーであると同時に、ヒンドゥー教、サンスクリット文学の豊富な知識と、
歴史的背景への深い理解、その芸術性の核に迫る飽くなき探究心、研究者的側面も併せ持っている。
そこで今回、世界各地で数々のレクチャーの経験を持つ彼が貴重な映像・身ぶり手ぶりを交えながら
オリッシーの魅力を存分に語る、映像トークライブイベントを開催。インド舞踊やインド文化に興味がある
方はもちろん、インド古典舞踊にまだ触れたことのない方もぜひ、悠久の大地と神々の躍動、
祈りのかたちが昇華された素晴らしいオリッシーの世界を丸ごと感じてください。
演目解説もあるので、オリッシーの舞台公演を200%楽しみたいという方にとっても見逃せない特別企画。
美味しいチャイなどを片手に、すばらしい東インド文化の世界を旅してみてはいかが!?

■日時:2012年8月10日(金) 18:30 open /19:30 start
■料金:前売2,000円/当日2,200円(+ワンドリンクオーダー別)
■予約・問い合わせ:マルメロ:03-5627-7583、スワスティカ:090-1127-1709 
 メール:marmeloyama@gmail.com
■主催・企画:マルメロ(斎藤 朋)、スワスティカ(篠原英子)
●Facebook: http://www.facebook.com/rahulacharyamoksha
●公式ブログ: http://ameblo.jp/odissi-swastika/


★Rahul Acharya ラフール・アチャリヤ
グル(=師)・デバプラサッド・ダス・スタイルの流れを継ぐ、グル・ドゥルガー・チャラン・ランビールの愛弟子として4歳からオリッシーを学びはじめる。彼の踊りの魅力は、このスタイルならではの深く力強く美しいチョウコ(オリッシーの基本ポーズのひとつで、大きく開脚した直線的で男性的な型)と、軸のぶれないダイナミックで躍動的な動きである。また、まるでスローモーションを見ているような動きのなめらかさと繊細な表現力をも併せ持つ。インドで最も栄誉ある舞踊の祭典、カジュラホ・ダンス・フェスティバルをはじめ、数々の栄えある舞台の出演はもちろん、アメリカをはじめ各地での海外公演、レクチャー、ワークショップとその活動もエネルギッシュで幅広い。2008年には、男性ダンサー初のUstad Bismillah Khan Yuva Puraskarアワードを受賞。ヒンドゥー教の神々への深い信仰心が指先まで満ちた彼のオリッシーは、まさに肉体と精神の絶え間ない錬磨による結晶そのものだ。現在、世界を舞台に活躍する若手実力派のオリッシーダンサーである。

lecturerahul2.jpg

temple.jpg

2012.8.9.小室等のコムロ寄席 番外編 文化の交差点「話の特集」物語 第二幕

小室等のコムロ寄席 番外編 文化の交差点「話の特集」物語 第二幕〜「話の特集」黎明期〜

毎度お馴染みポレポレ坐コムロ寄席。
1965年に創刊した雑誌『話の特集』の編集長矢崎泰久さんに、その歴史を語って
いただくシリーズ。第二幕は「話の特集」黎明期。
創刊号の表紙絵は横尾忠則、デザインは和田誠。噂が噂を呼び、永六輔、寺山修
司、井上ひさし、横尾忠則、竹中労、山下勇三、篠山紀信、宇野亜喜良、等々...、
ジャンルを超え、そうそうたる執筆陣が集っていった。「話の特集はぼくの青春
だった」という小室等さんのナビゲートによる一夜。ぜひお誘い合わせ の上ご
来場ください。

■日時:2012年8月9日(木)18:30 open /19:00 start
■出演:小室等
■ゲスト:矢崎泰久(ジャーナリスト・「話の特集」元編集長)
■料金:予約 3,000円/当日 3,500円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
    event@polepoletimes.jp

小室等(こむろひとし)
1943年東京生まれ。1968年 グループ「六文銭」を結成。
1971年 第2回世界歌謡祭にて「出発の歌」(上條恒彦と六文銭)でグランプリを獲得。
1975年 泉谷しげる、井上陽水、吉田拓郎と「フォーライフレコード」を設立。
現在は,自身のコンサートを中心に活動する中、
谷川賢作(pf)とのセッション、さがゆき(vo)とのユニット「ロニセラ」、
娘であるこむろゆい(vo)とのデュオ「Lagniappe(ラニヤップ)」などのライブ活動も。
また他ジャンルのミュージシャンとのコラボレーションやイベントプロデュースも多数。
テレビドラマ(NHK金曜時代劇「蝉しぐれ」TBS「高原へいらっしゃい」
「遠い国から来た男」他)映画(ドキュメンタリー「ナージャの村」他)
舞台(ミュージカル「スパイ物語」他)に音楽を提供するなど幅広く活動している。


☆矢崎 泰久(やざき やすひさ)
1933年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科に学び、日本経済新聞社に入社。
その後内外タイムスに移り社会部記者としてキャリアを積む。
'65年に父が経営する出版社、日本社から「話の特集」を創刊。
以来、'95年の休刊まで編集長を務める。
また映画、テレビ、舞台などのプロデューサーとしても数多く手腕をふるった。
現在はフリーのジャーナリスト。『月刊現代』『週刊金曜日』などで連載企画をもつ。
正しい歴史を学び、現在おこっている世の中の真実を見据える
「学校ごっこ」講師でもある。

mihon_omote のコピー のコピー.jpg


page top