ポレポレ坐 お知らせ

2012.3.22.三上敏視のお神楽ナイトVol.11「東北の神楽・民俗芸能」

三上敏視のお神楽ナイトVol.11「東北の神楽・民俗芸能」ビデオジョッキー&ミニライブ

日本列島で神楽が盛んなエリアがいくつかあるが、
東北地方もその一つで、神楽以外にも多彩な民俗芸能が行われており、
その多くは子供の頃から参加している地域文化になってる。
実は東北は日本で最も民俗芸能が進化、発達しているエリアと言えるかもしれない。
今回は被災地の復興に欠かせぬ要素、基層文化としての民俗芸能を紹介します。(三上敏視)

■日時:2012年3月22日(木)18:30open / 19:30start
■出演:三上敏視
■料金:予約2,000円/当日2,300円(+要ワンオーダー)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Email : event@polepoletimes.jp

☆三上敏視(みかみとしみ)
音楽家、神楽・伝承音楽研究家。
1953年 愛知県半田市生まれ、武蔵野育ち。
93年に別冊宝島EX「アイヌの本」を企画編集。
95年より奉納即興演奏グループである細野晴臣&環太平洋モンゴロイドユニットに参加。
日本のルーツミュージックとネイティブカルチャーを探していて里神楽に出会い、
その多彩さと深さに衝撃を受け、これを広く知ってもらいたいと
01年9月に別冊太陽『お神楽』としてまとめる。
その後も辺境の神楽を中心にフィールドワークを続け、
09年10月に単行本『神楽と出会う本』(アルテスパブリッシング)を出版、
初の神楽ガイドブックとして各方面から注目を集める。
神楽の国内外公演のコーディネイトも多い。
映像を使って神楽を紹介する「神楽ビデオジョッキー」の活動も全国各地で行っている。
現在は神楽太鼓の繊細で呪術的な響きを大切にしたモダンルーツ音楽を
中心に多様な音楽を制作、ライブ活動も奉納演奏からソロ、ユニット活
動まで多岐にわたる。また気功音楽家として『気舞』『香功』などの作
品もあり、気功・ヨガ愛好者にBGMとしてひろく使われている。
多摩美術大学美術学部非常勤講師、
同大芸術人類学研究所(中沢新一所長)特別研究員。

kagura11.gif

2012.3.18.三遊亭時松独演会 「時松歳時記〜春匂う〜」

三遊亭時松独演会 「時松歳時記〜春匂う〜」
三遊亭時松二・三席 助演:助演・林家彦丸 


■日時:2012年3月18日(日) 18:30 open /19:00 start
■出演:三遊亭時松
■助演:林家彦丸
■木戸銭:前売/当日共2000円(ワンドリンク付)ポレポレ坐にて販売予定。
■予約・問い合わせ:常盤松会 03-3771-3727(FAX共通) 
          (留守電の場合はお名前と枚数連絡先をお教え下さい。)
          to.ki.ma.tsu_sanyu-tei@nifty.com

2012.3.2.『究竟の地 岩崎鬼剣舞の一年』×『お神楽ナイト』番外編

『究竟の地 岩崎鬼剣舞の一年』×『お神楽ナイト』番外編
  「酒と芸能を楽しまナイト」

お酒(岩手の酒造・喜久盛酒造さんの日本酒)を飲みながら 鬼剣舞の映像を観て
、その魅力や楽しみ方をゆる?く語り合う集い。
もちろんお酒が飲めない方でも大丈夫!
一緒に伝統芸能を楽しみましょう!

■日時:2012年3月2日(金)20:30 open /20:45 start
■ゲスト:三上敏視さん(音楽家 / 神楽・伝承音楽研究家)
     ツバキアンナさん(現代女浮世絵師)
     田渕純さん(歌手・ムード歌謡の貴公子)
■料金:予約 2,200円/当日 2,500円(お神酒付き)
      ※映画『究竟の地』チケット(半券でも可)提示で、当日2,500円が2,200円に割引!
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
    event@polepoletimes.jp

☆『究竟の地 岩崎鬼剣舞の一年』公式サイト→http://www.kukkyouno-chi.com/index.html

2012.3.1.小室等のコムロ寄席 其の十 〜患者の達人としての永六輔の巻〜

小室等のコムロ寄席 其の十 〜患者の達人としての永六輔の巻〜

10回目を迎えたポレポレ坐コムロ寄席。
今回も永六輔さんをお迎えします!

病院というものに長年縁がなかったという永さん。
近年は時折出向くようになりました。
手術、治療、リハビリなど...。
生きてきた時間を背負ったまま思わぬ病気と相対するとき、
どんな心持ちがふさわしいのでしょう。
持つべき患者の心得とは?
永さんの最新体験談を聞いて今日からあなたも「患者の達人」に!!

■日時:2012年3月1日(木)18:30 open /19:00 start
■出演:小室等
■ゲスト:永六輔
■料金:予約 3,500円/当日 4,000円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
    event@polepoletimes.jp

小室等(こむろひとし)
1943年東京生まれ。1968年 グループ「六文銭」を結成。
1971年 第2回世界歌謡祭にて「出発の歌」(上條恒彦と六文銭)でグランプリを獲得。
1975年 泉谷しげる、井上陽水、吉田拓郎と「フォーライフレコード」を設立。
現在は,自身のコンサートを中心に活動する中、
谷川賢作(pf)とのセッション、さがゆき(vo)とのユニット「ロニセラ」、
娘であるこむろゆい(vo)とのデュオ「Lagniappe(ラニヤップ)」などのライブ活動も。
また他ジャンルのミュージシャンとのコラボレーションやイベントプロデュースも多数。
テレビドラマ(NHK金曜時代劇「蝉しぐれ」TBS「高原へいらっしゃい」
「遠い国から来た男」他)映画(ドキュメンタリー「ナージャの村」他)
舞台(ミュージカル「スパイ物語」他)に音楽を提供するなど幅広く活動している。


永六輔(えいろくすけ)
1933年東京・浅草生まれ
1952年早稲田大学文学部中退
中学のとき、NHKラジオ『日曜娯楽版』に投書をして以来ラジオ中心に作詞、
テレビ、出版の仕事を続けている。
生活の大部分は旅ぐらしで、そこで感じた矛盾や感動を語り、
書き、時には市民運動やボランティア活動を手伝っている。
1992年NHK放送文化賞受賞。
1994年都民文化栄誉賞受賞。
2000年菊池寛賞受賞。

komuro10.jpg

2012.2.24.福島泰樹×ドリアン助川×月乃光司ジョイント朗読会〜真冬の夜の魂〜

福島泰樹×ドリアン助川×月乃光司ジョイント朗読会
〜真冬の夜の魂〜 特別ゲスト:香山リカ(精神科医)

失意と混乱の寒さの中で、震える者たちよ、
男たちの言葉で「暖」をとれ!
「短歌絶叫歌人」福島泰樹、
「旅の言葉、生きる言葉」ドリアン助川、
「こわれ者の祭典」月乃光司、
朗読道を歩む三人の表現者たちによる魂の癒やしの朗読会。

☆特別ゲストの香山リカ(精神科医)と三人の朗読者による「生と死」をテーマにしたトークもあり。

☆プログラム
・トークタイム
 ?生きるということ、死ぬということ?
 福島泰樹・ドリアン助川・月乃光司・香山リカ(特別ゲスト)
・月乃光司 朗読(ギター:タダフジカ)
・ドリアン助川 朗読(ギター:田村輝晃)
・福島泰樹 朗読(ピアニスト:永幡正人)
・コラボレーション朗読(福島泰樹×ドリアン助川×月乃光司)

■日時:2012年2月24日(金)18:30open/19:00start (22:00end)
■出演:福島泰樹、ドリアン助川、月乃光司
■ゲスト:香山リカ
■伴奏:永幡正人(ピアニスト)、タダフジカ(ギタリスト)、田村輝晃(ギタリスト)
■入場料:予約3,300円/当日3,800円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
    Email : event@polepoletimes.jp
    件名に「真冬の朗読会予約」、[お名前][人数][電話番号]の記入をお願い致します
■主催:月乃光司

福島泰樹(ふくしま やすき)
歌人・僧侶。「歌謡の復権と肉声の回復」をスローガンに、「短歌絶叫コンサート」という新たなジャンルを創出。
自作の短歌のほかに、宮沢賢治、中原中也、寺山修司などの作品を30年以上にわたり絶叫。
全国でのライブは千数百回を数える。

ドリアン助川(どりあん すけがわ)
創作家・道化師。1962年、東京生まれの神戸育ち。作家名、明川哲也。
大学卒業後、フリーライターを経て、1990年、ポエットリーディングバンド「叫ぶ詩人の会」を結成。
世界を旅したことから生まれた言葉で歌をつむぐ。2000年同バンド解散後ニューヨークに渡る。
明川哲也としての執筆活動を始める。2002年に帰国。
2011年、活動の原点に戻り、リーディングを再スタート。
朗読者ドリアン助川の復活である。

月乃光司(つきの こうじ)
作家・会社員・病気ライブ「こわれ者の祭典」代表。20代をアルコール依存症、
引きこもり、自殺未遂で無為に過ごす。精神科病棟3回入院。当事者グループで回復。
「生きづらさ」脱出のメッセージ活動を続ける。著作「人生は終わったと思っていた」
(新潟日報事業社)他。
2010年新潟弁護士会人権賞、第5回安吾賞新潟市特別賞。新潟市在住。

香山リカ(かやま りか)
1960年7月1日北海道札幌市生まれ。東京医科大学卒。学生時代より雑誌等に寄稿。
その後も臨床経験を生かして、各メディアで社会批評、文化批評、
書評など幅広く活躍し、現代人の"心の病"について洞察を続けている。
専門は精神病理学だが、テレビゲームなどのサブカルチャーにも関心を持つ。
精神科医・立教大学現代心理学部映像身体学科教授。

tsukino.jpg


page top