ポレポレ坐 お知らせ

2010.12.22 徹の部屋vol.11 「浸水の森」

徹の部屋vol.11 「浸水の森」
喜多直毅(ヴァイオリン)×佐藤芳明(アコーディオン)
×小林裕児(絵画)×齋藤徹(作曲・コントラバス)

■日時:2010年12月22日(水)18:30open / 19:30start
■料金:予約3,000円 / 当日3,500円(+要ワンオーダー)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Email : event@polepoletimes.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大好評だった「浸水の森」の音楽(小林裕児委嘱・9月7日@ギャラリー椿)を再演します。
大作「浸水の森」から得たインスピレーションを元に9曲ができあがりました。
アンゲロプロスのギリシャ風だったり、トニー・ガトリフのロマ風だったり、
馬頭琴風だったり、不思議だらけだったり、踊るっきゃない音楽だったりです。
当日は、「浸水の森」も飾ることに決定!!

今の音楽状況を事実上、引っ張り、刺激を与え、発展させている
喜多直毅(バイオリン)佐藤芳明(アコーディオン)の参加は不可欠です。
クラシック、タンゴ、ロマ、アラブ、即興を弾き、
ダンスや演劇のような奏法をする直毅さんは、
ひょっとするとバイオリン史のど真ん中を体現しているのかもしれません。
日本ではあまり意識されていませんが、ヨーロッパ・アジア(ユーラシア)、
中南米で人々に広く深く愛され続けているアコーディオンで、
「今・ここ」から、さらに「過去・あそこ」
そして「未来・向こう」の音を出しているのが芳明さんです。

年末の東中野から、どこまでも旅をしましょう。(齋藤徹)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
001.jpg


喜多直毅(ヴァイオリン)
1972年岩手県盛岡市出身。
国立音楽大学にてヴァイオリンを専攻した後、英国で作編曲を、
アルゼンチンでタンゴ奏法を学ぶ。
1999年に演奏家としての本格的な音楽活動をスタートして以来、
フィールドを超えて多くの演奏家やパフォーマーと共演を重ねている。
現在、自身のリーダーセッションではオリジナル楽曲や即興音楽を中心に演奏。

佐藤芳明(アコーディオン)
国立音楽大学在学中に独学でアコーディオンを始める。
1995年~96年、パリの C.I.M.Ecole de Jazz に留学、
アコーディオニスト・Daniel Milleに師事。
ライブ、レコーディング、舞台音楽など、様々な現場で数多くの仕事をこなし、
国内外を問わず、ジャンルを越えた幅広い活動を展開。
既存のアコーディオンのイメージにとらわれない独自のサウンドを目指す。

小林裕児(絵画)
東京芸術大学油絵科、同大学院修士課程修了。84年春陽展新人賞、
87年第64回春陽展賞受賞、89年、ベルリンの壁崩壊の年、
それまでの精緻な技法の作風を捨て、古樹やアジア原産の素材に
直接ドローイングするような大胆でプリミティブな手法に転換。
96年第39回安井賞受賞。画家としての評価を不動のものとする。
齋藤徹とは、ジャン・サスポータス、岩下徹、ミッシェル・ドネダ、
上村なおか、バール・フィリップスらをゲストとして共演を重ねている。
2008年絵画「朱い場所」を題材にして作曲・演奏された齋藤徹の同名CD制作。

齋藤徹(作曲・コントラバス)
舞踊・演劇・美術・映像・詩・書・邦楽・雅楽・能楽・西洋クラシック音楽・
現代音楽・タンゴ・ジャズ・ヨーロッパ即興・
韓国の文化・アジアのシャーマニズムなど様々なジャンルと積極的に交流。
ヨーロッパ、アジア、南北アメリカで演奏・CD制作。
コントラバスの国際フェスティバルにも数多く参加。
コントラバス音楽のための作曲・演奏・ワークショップを行う。
自主レーベルTravessia主宰。

2010.12.12 三遊亭時松独演会 時松歳時記~冬煌く~


三遊亭時松独演会 時松歳時記~冬煌く~

三遊亭時松 『二番煎じ』、他二席の予定
助演・柳家ろべえ

■日時:2010年12月12日(日) 18:30 open /19:00 start
■チケット:前売/予約/当日共2000円(ワンドリンク付)

■予約・問い合わせ:常盤松会 03-3771-3727

留守電の場合は、お名前とご連絡先もお知らせ下さい、
折り返しお電話を差し上げます。
ご予約の方は人数も宜しくお願いします。

2010.12.9 小室等のコムロ寄席 其の五

小室等のコムロ寄席 其の五
〜テレビ構成・演出家としての永六輔の巻〜

永六輔さんの様々な顔をのぞくシリーズ、続いております!!


■日時:2010年12月9日(木)18:30 open /19:00 start
■ゲスト:永六輔
■料金:前売 4,000円/当日 4,500円 ワンドリンク付
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
       event@polepoletimes.jp


今はラジオでおなじみの永さんですが、日本のテレビ黎明期には
「夢であいましょう」、「テレビファソラシド」など
人気番組の構成・演出・出演・をしておられました。
そう、永さんはテレビ時代の屋台骨をつくりあげた方でもあるのです。
当時のお話にはじまり、今のテレビについてどう思っていらっしゃるかも、
聞けるかもしれません。
ぜひお出かけ下さい!

komuro.jpg     
小室等(こむろひとし)
1943年東京生まれ。1968年 グループ「六文銭」を結成。
1971年 第2回世界歌謡祭にて「出発の歌」(上條恒彦と六文銭)でグランプリを獲得。
1975年 泉谷しげる、井上陽水、吉田拓郎と「フォーライフレコード」を設立。
現在は,自身のコンサートを中心に活動する中、
谷川賢作(pf)とのセッション、さがゆき(vo)とのユニット「ロニセラ」、
娘であるこむろゆい(vo)とのデュオ「Lagniappe(ラニヤップ)」などのライブ活動も。
また他ジャンルのミュージシャンとのコラボレーションやイベントプロデュースも多数。
テレビドラマ(NHK金曜時代劇「蝉しぐれ」TBS「高原へいらっしゃい」
「遠い国から来た男」他)映画(ドキュメンタリー「ナージャの村」他)
舞台(ミュージカル「スパイ物語」他)に音楽を提供するなど幅広く活動している。
http://www.forlife.co.jp/artist/?aid=FL00021


永六輔(えいろくすけ)

1933年東京・浅草生まれ
1952年早稲田大学文学部中退
中学のとき、NHKラジオ『日曜娯楽版』に投書をして以来ラジオ中心に作詞、テレビ、
出版の仕事を続けている。
生活の大部分は旅ぐらしで、そこで感じた矛盾や感動を語り、書き、
時には市民運動やボランティア活動を手伝っている。
1992年NHK放送文化賞受賞。1994年都民文化栄誉賞受賞。2000年菊池寛賞受賞。

2010.11.29 「三つ巴モダンルーツセッションライブ」

三つ巴モダンルーツセッションライブ

■日時:2010年11月29日(月) 19:00 open /19:30 start
■料金:2,500円+要ワンドリンクオーダー
■ご予約・お問合せ:TEL:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
 Email:event@polepoletimes.jp

アイヌからは、トンコリ、ムックリ、ウポポのミュージシャンであり、
アイヌ模様を使うグッズのデザイナーでもある「ToyToy」
沖縄からは「寿」からヨシミツ
やまと(その他)からは、三上敏視

「アイヌ」「沖縄」「やまと」それぞれのソロをしてから
三つ巴のセッションへと展開していく予定です。
ありそでなかった三つ巴ライブにぜひお越し下さい。 (三上敏視)


page top