ポレポレ坐 お知らせ

2010.3.14 ドキュメンタリー「宮下公園」上映&トーク

ドキュメンタリー「宮下公園」から世界を見つめる
    〜上映&スピーキングツアー2010〜

第1弾 貧困と排除〜アートが野宿者の居場所を奪う!?


渋谷駅に一番近い公園「宮下公園」ーー。 この公園が4月から
「宮下ナイキパーク」となり、スポーツ公園に前面改修される。

OurPlanetTVは5ヶ月間かけて、この背景を徹底取材し、
民主的な手続きを経ずに、渋谷区とナイキジャパンの癒着に
よって計画が進められていた事実を突き止めました。

作品を多くの人に見ていただき、この問題について議論したいと
4回にわたる上映会を企画しました。
公園とは何かーー。民主主義とは何かーー。公共性とは何かーー。
作品の中に登場している人を囲みながら、今、日本に起きて
いる課題を、この小さな公園を通して考えたいと思います。


■日時:3月14日(日)13時〜17時 ※開場12時半
■モデレーター:五野井郁夫(日本学術振興会特別研究員、政治学者)
■ゲスト:黒岩大助(渋谷・野宿者の生活と居住権をかちとる自由連合)
     岡部明子(千葉大学准教授、建築家)
     小川てつオ(246表現者会議発起人、アーティスト)
■特別ゲスト:本橋成一(写真家、ドキュメンタリー映画監督)
■資料代:1000円
■お申込み
 席に限りがありますので
(1)参加を希望する日にち
(2)お名前
(3)所属
(4)連絡先を以下にお申し込みください
 Fax:03-3296-2730  info@ourplanet-tv.org
■この上映会は4回シリーズの第1弾です。
 他の回は別会場で行われます。詳細は以下のページにアクセスして下さい。
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/412


近年、ますます貧困は広がり、野宿者を街で見かけることも少なくない。
そんな彼らの居場所は公園や公道だ。しかし彼らへの理解者はわずかで
あり、ここ数年は唯一残された空間からも排除される傾向にある。
最近、その名目にアートが利用されだしている。果たして、公共の場
とはなんなのか?公園に行き着いた生活者が暮らし続ける権利はないのか?

2010.3.16~22 永島正人展

永島正人展


■期間:2010年3月16日(火)〜22日(月・振休)期間中無休
■営業時間:火曜〜土曜 11:30〜23:00 
      日曜 11:30〜18:00 最終日 11:30~17:00
■企画:SELF-SOアートギャラリー http://www.selfsoart.jp


<永島正人>
1971年生まれ。
1988年以来、地元・滋賀県をはじめ関西を中心として毎年個展を開催。
   グループ展も多数参加。
1998年にアート・ナウ98「ほとばしる表現力『アウトサイダー・アート』の断面」
   (兵庫県立近代美術館)に出品。
1999年、第1回池田満寿夫記念芸術賞展 入選。
2003年、絵本「きらい」(二宮由紀子・文/解放出版社)を出版。
   同書はIBBY(国際児童図書評議会)の障害児図書資料センターの推薦図書に選出。
2005年秋号(16号)から2007年春号(22号)まで
   季刊『みづゑ』(美術出版社)誌上にて
   永島正人×荒井良二・競作連載。
2009年 第8回熊谷守一大賞展 賞候補。


永島正人webギャラリー http://www.selfsoart.jp/nagashima-m


nagashima-s-h.png

2010.3.11「我らが工場 命の針社」 日本公開記念上映会

「我らが工場 命の針社」 日本公開記念上映会

見た後で誰かと語りたくなる映画です。
高齢化が進んだ日本の、あちこちの町で職場で
語り合う場が生まれることを期待して
この映画を公開します。

■日時:2010年3月11日(木)
 18:30開場/19:00上映「我らが工場 命の針社」 
 *上映後にトークあり
■料金:予約900円/当日1000円(ドリンク付)
■予約・お問合せ:小林大木企画
 Tel:042-973-5502
 Mail: kook@ha.bekkoame.ne.jp
メール予約の方は(1)お名前(2)予約人数(3)住所(4)電話番号
を明記の上、件名を 「3/11ポレポレ坐上映会予約」 としてお送りください。

■作品紹介
米国ボストン近郊の小さな町にとても珍しい会社がある。
従業員の平均年齢は74歳。最高年齢96歳。
誰も解雇や退職を迫られたりしない。
定年後ここに再就職した高齢者も大勢いる。
ここには人間の「成熟」と「経験」が詰まっている。
しかも、彼らは伝統的な町工場を好成績の企業へと
転換することに成功した。
働くことの喜びとは?高齢者の幸せ、人の幸せとは?
「命の針社」で働く人々は、
私達の想像力をひろげ、希望を与えてくれる。

(ドキュメンタリー映画/2008年/52分/カラー/
監督:ベルトラム・フェアハーク/制作:デンクマル・フィルム/
原題:Pensioners Inc.)

映画ホームページ http://www.bekkoame.ne.jp/ha/kook

wareragakoujyou.png

2010.03.26 小室等のコムロ寄席  ゲスト:青山鉄兵さん

小室等のコムロ寄席 シリーズ【職】其の二『手話職人の巻』

第1部 お話【手話職人に聞く】
第2部 歌【小室等 ラニヤップ】

ひとことに【手話】と申しましてもいろいろ。
目の見えない相手の手に触りながら伝える"触手話"や、
点字のタイピングを相手の手に伝えるなど、
言葉を使わずに人とコミュニケーションする術は様々です。
普段言葉でやりとりしていると思っていても、
じつは表情や、空気や、色々なものを一緒に感じ取っている私たち。
歌もそういうものかもしれません。
"手話職人"にお伺いしましょう。

■日時:2010年3月26日(金) 18:30開場/19:00開演
■ゲスト:青山鉄兵さん
■チケット:前売3,000円/当日3,500円
■予約・お問い合わせ:Tel:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
           Mail:event@polepoletimes.jp


【プロフィール】
青山鉄兵(あおやまてっぺい)

1980年東京都生まれ。桐蔭横浜大学スポーツ健康政策学部助教。
大学で教育学を講義する傍ら、手話に関わる活動を行っている。
これまで、ろう児のためのフリースクールの教師やカルチャースクールの講師、
盲ろう者に対する通訳活動などに関わってきた。
その他、講演活動や手話通訳、TBS系列テレビドラマ「すずがくれた音」
の手話指導を務めるなど幅広く活躍中。

小室等(こむろひとし)

1943年東京生まれ。1968年 グループ「六文銭」を結成。
1971年 第2回世界歌謡祭にて「出発の歌」(上條恒彦と六文銭)でグランプリを獲得。
1975年 泉谷しげる、井上陽水、吉田拓郎と「フォーライフレコード」を設立。
現在は,自身のコンサートを中心に活動する中、
谷川賢作(pf)とのセッション、さがゆき(vo)とのユニット「ロニセラ」、
娘であるこむろゆい(vo)とのデュオ「Lagniappe(ラニヤップ)」などのライブ活動も。
また他ジャンルのミュージシャンとのコラボレーションやイベントプロデュースも多数。
テレビドラマ(NHK金曜時代劇「蝉しぐれ」TBS「高原へいらっしゃい」
「遠い国から来た男」他)映画(ドキュメンタリー「ナージャの村」他)
舞台(ミュージカル「スパイ物語」他)に音楽を提供するなど幅広く活動している。

Lagniappu(ラニヤップ)
2010年、小室等と、娘であるこむろゆいの新ユニット
「Lagniappu(ラニヤップ)」を結成。
ラニヤップとは、フランス語とスペイン語を
起源とする米南部方言で"おまけ"を意味します。
こむろゆいの柔らかい歌声と、小室等の言葉のひと言ひと言が
しっかり伝わってくる歌声のハーモニーは、
「ここ」にいる私たちの心を「どこかに」連れて行く力を持っています。
今日の音楽が持ってしまったさまざまな虚飾を捨て原点に立ち返ったような音楽は、
聴く人の心にそっと届きます。

komuroyose002.png

2010.3.12 歌と法話の夕べ「うたかたり」

「うたかたり」は小林啓子(フォークシンガー)と
天野こうゆう(真言宗僧侶)が
歌と法話で「心のみちしるべ」を示す
新感覚のライブイベントです。

■日時:2010年3月12日(金) 19:00開場/19:30開演
■チケット:前売3,000円/当日3,500円(ワンドリンク付)
■ご予約、問合せ:http://www.utakatari.com/(専用フォームから)
         もしくは Tel:080-4264-5464(西岡)
              Fax:086-466-5393

【プロフィール】

小林啓子
東京生まれ。1966年頃から、
フォークの女王「ジョーン・バエズ」のレパートリーを歌い、
学生フォーク界でひときわ注目された存在となる。
聖心女子大学在学中からプロ活動を開始。
ニッポン放送「フォークビレッジ」に出演し、
1969年には「こわれた愛のかけら」でデビュー。
その後、NHKの「ステージ 101」のレギュラーとして活躍。
長期休業の後、活動を再開。
澄んだ歌声と群を抜く歌唱力で多くのファンを魅了し続ける。
また、会社社長としての顔も持ち、
近年、女性誌等で「素敵なアラカンヌ」として、
アクティブなライフスタイルが注目されている。


天野こうゆう
1968 年、岡山・倉敷生まれ。15歳より高野山へ入る。
祖父の跡を継ぎ、第16代高蔵寺の住職となる。
高野山本山布教師(真言宗公認)として全国にて講演活動を展開。
また、作家として仏画「ほほえみほとけ」を制作、
毎年各地で個展を開催、目で見る法話として喜ばれている。
FM倉敷「拝、ボーズ!!」(第 40回ギャラクシー賞/優秀賞受賞)
「きくへんろ。」パーソナリティー、 ニュースコメンテーター、執筆家としても活躍。

utakatari.png


page top