ポレポレ坐 お知らせ

2009.10.30 徹の部屋Vol.4 ライブペインティングの宴

徹の部屋Vol.4 ライブペインティングの宴
齋藤徹(音)×小林裕児(画)

■日時:2009年10月30日(金) 18:30open/19:00〜
■料金:一般前売 2,500円/当日3,000円+ワンオーダー
    学生前売2,200円/当日2,700円+ワンオーダー
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
       event@polepoletimes.jp

■主催:Space&Cafeポレポレ坐、
    グループ<橋>(齋藤徹、小林裕児、斎藤朋)

***

小林裕児(こばやしゆうじ)
東京芸術大学油絵科、同大学院修士課程修了。
84年春陽展新人賞、87年第64回春陽展賞受賞、
89年、ベルリンの壁崩壊の年、それまでの精緻な技法の作風を捨て、
古樹やアジア原産の素材に直接ドローイングするような
大胆でプリミティブな手法に転換。
96年第39回安井賞受賞。画家としての評価を不動のものとする。
齋藤徹とは、ジャン・サスポータス、岩下徹、ミッシェル・ドネダ、
上村なおか、バール・フィリップスらをゲストにして、
ギャラリー椿・NHKBS放送・東急文化村・岡本太郎美術館
中ノ沢美術館・ツアーで山口・広島・京都・山形・岩手などで共演を重ねている。
2008年、巨大な絵「朱い場所」を題材にして作曲された齋藤の同名CDも好評。
http://www.yuji-kobayashi.com/home.html


齋藤徹(さいとうてつ)
舞踊・演劇・美術・映像・詩・書・邦楽・雅楽・能楽・西洋クラシック音楽・現代音楽・タンゴ・ジャズ・ヨーロッパ即興・韓国の文化・アジアのシャーマニズム様々なジャンルと積極的に交流。ヨーロッパ、アジア、南北アメリカで演奏・CD制作。コントラバスの国際フェスティバルにも数多く参加。新たなコントラバス音楽のための作曲・演奏・ワークショップを行う。自主レーベルTravessia主宰。 http://web.mac.com/travessia115


***

tetsuAOUTai.png

20年前に画風が大きく変わったのはなんでだろう、に関するまったく勝手な推察
(齋藤徹)

絵の中で生き物も物も神様もとても美しく歌っていた。
「こんなに美しい歌って本当に私の歌かしら?」
ユージさんがビール2杯でご機嫌になって早々と寝てしまったあと、
絵の中の生き物たち・物たち・神様たちが話合っていた。
一番美しい瞬間をユージさんが固定してしまうので、本人達も戸惑っていたのだ。
「この姿勢って疲れるんだよね、もっとだらしない方が楽なんだけどな?」
「そうそう、逆立ちとか、時にはいいよね」「必要だよ」
「手なんか4本くらいがちょうど良い」「眼もね」
「きったない声で歌うとホントは気持ちいいんだよね」
「そうそう、スーッとするのよね」・・・・・

トイレに起きたユージさんは偶然それを聞いてしまった。
いや、夢の中だったかも?

輪郭を無くしてフワーッ、焦点を合わさずにボーッ、
重力を無視してキーン、常識を無くしてドッカン、
意味を無くしてラリラリラ? 1年に2枚くらいしか描けなかったのが、
1日10枚も描くようになったんだって。

意味や言葉に取られてしまう前に戻せば良いんだ、
ユージさんはそう思った。
それ以来、ユージさんはいつも微笑んでいる。
眼は薄く開いているけれど決して閉じない。半眼微笑。
そうしているといろいろな生き物や物や神様や
「もののけ」までもが相談に来るそうだ。
「こんど、私を描いてくださいな、本当の自分の姿を知りたいのです。
ふだんとは違う気がしてなりません。どうかお願いします」と
「よーし、わかった。でもビックリするなよ」。
今度は、ユージさんが絵の中の生き物たち・物たち・
神様たち・もののけたちを挑発する。 


ヒトの身体には「物まね神経細胞」(ミラーニューロン)がたくさんあって、
ある動作を見ると、その動作と同じ動きをする自分の細胞も動いているらしい。
ユージさんが楽しそうに描いているのを半眼微笑で見ると、
私の身体の細胞も描くように動いている。
私の演奏をユージさんがチラッと観ると、ユージさんの演奏が始まっている。

そうか、そうならば、今日お集まりの皆様は、
私たちを観て、自ら描き・演奏するばかりでなく、
ユージさんに描かせ・テツに演奏させることもできるわけですね。
さらには、ユージさんに演奏させ、テツに描かせることも。
ああ、おもしろい今宵の宴!

2009.10.27 三上敏視のお神楽ナイト "奥三河の花祭り"の巻

三上敏視のお神楽ナイト "奥三河の花祭り"の巻

■日時:2009年10月27日(火)19:00open/19:30〜
■料金:前売1500円/当日2000円(ワンドリンク付)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
       event@polepoletimes.jp


神楽探訪は実に楽しい。
この列島の環境と折り合いをつけながら生きてきた先人達の心の拠り所が、
その土地その土地で伝承されてきた神楽の随所に溢れている。
神さまと人間との絆が見える。
「ああ、昔の人達はこんな風に自然界に対して畏怖の念を抱いていたのか」
「神々と実に大らかな交わりをしていたんだなあ」
初めて訪ねた里で、何度も通っている里で、楽しい発見が待っている。

毎回そんな楽しみを与えてもらっている神楽探訪だが、
大切なことは、僕が出会っている神楽が
今の時代を生きている人達によって営まれていることだ。
その事がもの凄く大切な意味を持っている。
僕が神楽と出会ってからの十余年間だけでも、日本の状況は激変した。
強い信仰心をもとに古くからのやり方を守り伝えてきた神楽が残る場所の多くが、
今では「辺境」「過疎地」「限界集落」などと呼ばれるようになった地域にあり、
「経済優先社会」のゆがみによって「暮らしにくく」されてしまった所が多い。
でも、都会に職を求めざるを得ない若者達が神楽の日には故郷に戻って来て、
「先祖から受け継ぐ誇り」を一緒に担う。
その在り方も色々で、「古式」を守っているところ、
現在の状況に合わせて変化させているところ、
続けることが困難になっているところ、
また神楽で村おこしをしているところなど様々な姿があるが、
それは正に「今の日本の姿」そのものだ。
自然信仰を根底に持つ神楽が、
楽しさだけでなくその背景にある信仰文化の部分も理解されれば、
環境問題の解決にもつながる糸口が沢山見えてくる気がする。
映像で紹介する各地の神楽の姿から、
私たち都市生活者は現地の人々の信仰心や
「神楽をやり続ける」という意志を感じるだけでなく、
その地域や神楽を伝承していきたいと願う人達と
どのようにつながっていけるのか、
そんなことも考えてもらえればと願っています。
(三上敏視)http://www.comco.ne.jp/~micabox/

okaguraA.png

2009.10.24 Connected Cafe

Connected Cafe コネクティッド・カフェ


■日時:2009年10月24日(土)13:00open/13:30〜
■問い合せ:Connected Cafe事務局 
      info◆connectedcafe.org(◆部分は@が入ります)
■料金:1,500円(ドリンク付)

「核」という大きなテーマに対して、私は何ができるだろう?
そう考えた時に、今すぐにできることは
「知ること」、「つながること」ではないでしょうか。
知り続けていけば、自分にできることが見つかるはず。
つながりが広がれば、できることは無限に広がっていきます。
そして、必ず未来への可能性が見えてくると思います。

そこで、私たちは2種のイベントを開催することにしました。
「Connected」は事実や問題を知るための、
「Connected Cafe」は人とつながるためのイベントです。
「核」を5つのテーマに分け、
1つのテーマに対してこの2つのイベントをシリーズ展開していきます。

◇Connected − 知る
「Connected」は「知る」ことを目的に、
いろいろなテーマについて情報発信するイベントです。
難しそうな問題も、ユーモアをちょっぴり加えてわかりやすく。
時には上映会あり、スペシャルゲストあり、
サプライズ企画あり、の5回シリーズで開催します。
まずは一緒に「知る」ことからはじめてみませんか?

◇Connected Cafe − つながる

「Connected Cafe」は、「Connected」で扱ったテーマについて
ワールドカフェ風に参加者全員で語り合うイベントです。
おいしいお茶を飲みながら、一緒に未来のこと考えていきませんか?


http://connectedcafe.org/

2009.10.23 ナトセンのおもしろ学校 島田興生スライドトークショー

ナトセンのおもしろ学校/島田興生スライドトークショー
〜水爆の島 マーシャルの子どもたち〜

■日時:10月23日(金)18:30開場/19:00開演
■入場料:1500円
■問合せ:03-3227-1405 event@polepoletimes.jp(ポレポレタイムス社)


74年にマーシャル諸島をおとずれた島田興生は、
「傷つけられた人間や
救援を求めている人々がいることなど
想像さえしていなかった」と言います。
そして77年に『ビキニ マーシャル人被害者の証言』(JPU刊)
「ビキニ」と言えば女性の下着のこと
と思われていた頃です。
99年に島田は「月刊たくさんのふしぎ」10月号に
「水爆の島 マーシャルの子どもたち」を発表します。
それから13年。
なんと、復刊されました。
復刊を祝って、また核廃絶を訴えて、
島田興生のスライド・トークを行います。
(JPUとポレポレの関係も当日わかりますよ)
...名取弘文


page top