ポレポレ坐 お知らせ

2008.12.12 玉川奈々福独演会「悲願千人斬の女」

玉川奈々福独演会 長編浪曲一挙口演「悲願千人斬の女」

■日時:2008年12月12日(金) 18:30open/19:00atart
■チケット:3,000円(全席自由/ワンドリンク付)
■予約・問合せ:090-7001-6867 projectf55@yahoo.co.jp
■出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)

<原作>小沢信男著「悲願千人斬の女」筑摩書房刊

幕末から明治にかけて、
千人斬の男遍歴をやってのけた女性が実在した!
その数奇な生涯を奈々福、
渾身でやらしていただきます!

pole002.png

2008.12.6 日本写真芸術専門学校公開講座 ゲスト:石塚元太良(写真家)

日本写真芸術専門学校公開講座 プロフェッショナルに聞く"写真のはなし"

■ゲスト:石塚元太良(写真家)
■日時:2008年12月6日 13:00start
■参加費:500円 *高校生は無料(学生証の提示)
■予約・問い合わせ:日本写真芸術専門学校 03-3770-5586(聴講を希望される方は事前にご予約下さい)

2008.12.4 ポレポレ坐投げ銭ライブその9 フラメンコギターソロ Quintaesencia

ポレポレ坐投げ銭ライブその9
フラメンコギターソロ Quintaesenciaー精髄ー


■日時:2008年12月4日(木) 19:30〜/21:00〜(続けてご覧頂けます)
■ライブチャージはありませんが、ワンオーダーお願いします。

Quinta=きんた=鈴木一義 http://quintaguitarra.typepad.jp/
これまで4度に渡りスペイン・セビリアに滞在し、
現地アーティストのクラス・クルシージョの公演等で伴奏する。
現在、自作曲を中心に、ソロギターライブの活動中。

pole003.png

2008.11.24 ふじきのしおり公演「熱が出てきた」

ふじきのしおり公演第一回 『熱が出てきた』

■日時:2008年11月24日(月・祝)16:30open/17:00start
                 19:30open/20:00start(2回公演)
■チケット:1,500円 完全予約制、全席自由、整理番号付(多分)
■予約:ふじきみつ彦の日記で10月24日(金)より受付開始

<作・演出>ふじきみつ彦
<出演>鈴木 燦、夙川アトム、春山優、真汐 純一、須加めぐみ、ふじきみつ彦
<主題歌>口口口(クチロロ)「リフレイン」

終演後、おまけの雑談あり(時間割は予定)
17:00の回 ふじき × 三浦康嗣 (口口口)
20:00の回 ふじき × 出演者全員

2008.11.18〜30 写真展+シンポジウム「写真眼2008〜それは沖縄復帰からはじまった」

2008年11月30日(火)〜11月30日(日) 月曜休 会期中シンポジウム多数
(シンポジウムの時間帯は展示のみを見ることはできません。シンポジウム日程をご確認のうえ、ご来場ください)

【写真展出展内容】
W・ユージンスミス+アイリーン・スミス「水俣」
芥川仁「水俣の肖像」
浅田恒穂「オキナワーサイゴン、34年」
池宮城繁夫「祭りの女たちー琉球文化を繋ぐ」
石川文洋「戦場の村の少女との再会(ベトナム)」
岩尾克治「東京六価クロム」
牛尾善道「夕張 1965年-2008年」
大城弘明「おばあー(祖母)」
小川卓「ベトナム戦争の終焉」
及部靖人「石油基地と環境汚染の都市(アフガニスタン)」
鍵和田良輔「戦争終結 その瞬間(ベトナム)」
神浦元彰「憲法9条の現場」
川田文子「『従軍慰安婦』の肖像」
楠山忠之「米軍の無差別空爆を追うー2003年夏・アフガニスタンの人々」
国吉和夫「KOZA 1970」
桑原史成「沖縄ー復帰前後」
小川博孝「働く知的障害者たち」
新藤健一「四川大地震」
豊崎博光「核時代の現場」
中谷吉隆「広島(1955年ー2007年)」
橋本賢司「上海の街角」
真栄田弘一「世替わり・沖縄・那覇」
松村久美「沖縄・離島 1972、2008」
松本路子「沖縄の布作家たち(『魂の布』2007年刊より)」
宮城護「『鉄の暴風』が荒れ狂った沖縄」
本橋成一「三つの後ろ姿ーチェルノブイリ」
森口豁「沖縄 糸満にて 1957」
山崎陽一「私の仕事ー1969〜2008」
山城博明「馬喰」
吉岡功「証言・アグブレイブ刑務所虐待事件(イラク)」
渡辺直之「幻のダム計画ーよみがえる五木村ー」


【シンポジウム日程】参加費1000円(ドリンク付)

11月18日(火) 18:30〜20:00「沖縄を語る」山城博明・大城弘明・真栄田弘一・石川文洋・森口豁・吉岡功ほか
       20:00〜   オープニングパーティー
11月19日(水)13:00〜13:50「ベトナムを語る」石川文洋
      14:00〜16:00「弟子から見た土門拳の仕事」牛尾喜道
      18:30〜 「表現の自由の意味ー松永裁判からの視点(映像神話の解体)」
             松永優・森口豁・吉岡攻・新藤健一
11月20日(木)19:00〜21:00「世界の『核の現場』を追い続けて」豊崎博光
11月22日(土)14:00〜17:00「気になるから書きたい、写したい」鎌田慧・本橋成一
11月23日(日)14:00〜16:00「水俣・韓国・ベトナム・沖縄」桑原史成
11月25日(火)19:00〜21:00「パレスチナの女たち」古居みずえ
11月26日(水)19:00〜21:00「『従軍慰安婦』のハルモニたちから伝えられたこと」川田文子
11月27日(木)19:00〜21:00「ベトナムと沖縄」楠山忠之
11月29日(土)14:00〜16:00「なぜ長井さんは殺されたか」神浦元彰
      19:00〜21:00「関東大震災と四川大地震を語る」新藤健一
11月30日(日)13:00〜15:00「『広島』から『フォト×ハイ句』まで」中谷吉隆
      16:00〜18:00 大討論会 (関係者全員)

2008.11.21 ポレポレ坐投げ銭ライブその8 ザ・ビューティフルナイトライブ

女子5人による「ザ・ビューティフルナイトライブ」

■日時:2008年11月21日(金) 19:00〜/20:30〜(続けてご覧頂けます)
■ライブチャージはありませんが、ワンオーダーお願いします。

東美和(ソプラノ)
小川玲子(ピアノ)
山元里亜(ピアノ)
若山智子(ヴァイオリン)
中里ゆきの(パーカッション)

舞曲・ミュージカルを中心に素敵な時間をお届けします。
情熱大陸、タイムトゥーセイグッバイ、ラプソディーインブルーなどなど盛りだくさん。
お食事も出来ます。
コーヒーやワインを飲みながらビューティフルなないとはいかが?

2008.11.15、16 共働学舎の収穫祭

【後日談】
今年も全国各地から、
1年に1度の顔ぶれが揃い、
たくさんのたべものに囲まれ
うきうきの2日間でした。

例年よりたくさんの方に
お越しいただいたように思います。
たべものに関する感心の高まりを感じます。
ご来場くださったみなさま
ありがとうございました!

第4回 共働学舎とその仲間たちの収穫祭

■日時:2008年11月15(土)10:00〜18:00
          16(日)10:00〜15:30(終了後イベントあり)
■問合せ:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)

恒例となりました「共働学舎の収穫祭」
今年も各地の共働学舎の生産物や工芸品、
共働学舎とつながりのある方たちからの
よりすぐった生産物が並びます。
実りの秋を感じにいらしてください!
(袋をご持参いただけると嬉しいです)

共働学舎より
ジャガイモ・カボチャ・玉ネギ・お米・パン・クッキー・チーズ・ソーセージ・ベーコン・味噌・豆・工芸品・ほかいろいろ

共働学舎のなかまたちより
りんご・わさび・ようかん・あわもり・オーガニックコーヒー・手づくりおもちゃ・そのほかいろいろ

<主催>共働学舎の収穫祭実行委員会
<共催>ぶどうの会(共働学舎父母の会)


共働学舎の収穫祭関連企画
第1部:声のワークショップ「耳を澄まし 声に聞く」
第2部報告会「共働学舎の四季」

■日時:2008年11月16日(日)17:00〜
■参加費:1,000円(ドリンク付)
■問合せ:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)

信州、北海道、東京にそれぞれ拠点をおいて活動している"共働学舎"は、
社会で弱い立場にある人たちとともに、自労自活、自主自立を基本に、
農業と工芸を主体に生産的労働生活を送っているグループです。

共働学舎ホームページ:http://www.kyodogakusya.or.jp/

PREV


page top