ポレポレ坐 お知らせ

2017.11.25 映画一揆外伝 ~破れかぶれ~『漂着物』×『行旅死亡人』

映画一揆外伝 ~破れかぶれ~『漂着物』×『行旅死亡人』上映

今回の映画一揆外伝〜破れかぶれ〜はミステリー特集をお送りする。
8mm作品『第一アパート』から最新作『漂着物』まで
井土紀州とスピリチュアル・ムービーズは「ミステリー」と共に
歩んできたと言い切ってしまっても過言ではない。
そこで今回はミステリー作品『行旅死亡人』と
最新作『漂着物』の二本立てをお送りする。
深くて暗い謎の闇に是非とも巻き込まれてみてほしい。

■日時:2017年11月25日(土)
・開場:18:30
・開映:19:00 「漂着物」32分
    19:35 休憩
    19:45 「行旅死亡人」112分
    21:35 井土紀州監督トーク 30分
■料金:1,500円(当日券のみ)
■お問い合わせ 090-4395-4852(担当:高橋)
        Email: spiritualmovies@hotmail.co.jp

『漂着物』

202X年、東京オリンピックの喧騒は過ぎ去り、様々な廃墟と
凄まじい量の廃棄物が残された首都・東京。
都心から吐き出された多くのゴミは、潮の流れに乗って東京湾の片隅に流れ着いていた。
西澤秋也は、海辺の廃墟に住みつき、流れ着いたゴミを拾って生計を立てている。
隠遁者のように暮らす秋也の生活圏に、一人の女・咲が迷い込んできた。
言葉を交わし、触れ合ううちに、次第に明らかになる二人の過去。
それはのっぴきならぬ事態に二人を追い込んでいくのだった。

出演:細江祐子 本多章一
監督:井土紀州 脚本:小谷香織 井土紀州
撮影:高橋和博 照明:俵 謙太 録音:中川究矢
俗音:近藤崇生 題字:翠川英人 編集:桑原広考
音楽:阿部友馬 助監督:遠藤 晶
プロデューサー:吉岡文平
 製作:スピリチュアル・ムービーズ
2017年/日本映画/デジタル/16:9/カラー/ステレオ/32分

『行旅死亡人』

約15年余もの間、他人の名を語り、そして死亡した男の
実際の事件をもとに構想された井土紀州監督による本格ミステリー映画。
井土が敬愛する松本清張や橋本忍の影響が随所に見られ、
自主映画の枠組みを打ち砕き本格ミステリーに挑んだ意欲作。

出演:藤堂 海 阿久沢麗加 本村 聡 長宗我部陽子
監督・脚本:井土紀州 企画:上野昻志 柳沢 均
撮影・照明:伊藤 学 録音:小林徹哉 音楽:安川午朗
助監督:宮田耕嗣 川﨑龍太 制作担当:桑原広考 吉川正文
製作協力:スピリチュアル・ムービーズ
プロデューサー:沼口直人 吉岡文平
2009年/112分/デジタル/16:9/カラー

2017.11.24 丸玉五福店present's「マルタマ傑作ショウ」

丸玉五福店present's
「マルタマ傑作ショウ」

ひと昔前の'緩み・和み'、あと'すき間'とかを、
今時の'癒し'に変換し、
唄いと笑いと話芸を三年ぶりにごった煮る
復活!マルタマ風♨混浴ミュージックショウ !
嗚呼!いい湯だな♨ビバノンノン♪

■日時:2017年11月24日(金) 19:00open/19:30start
■料金:木戸銭 予約3000円 当日3300円(ワンドリンク付き)
■予約:080-3459-3762(丸玉五福店)
    ※基本的にはショートメール、留守番電話でのご対応となります。
    Mail予約 event@polepoletimes.jp(ポレポレタイムス社)

傑作者一覧(出演順)
・松倉如子 和声ソウルシンガー/おまつとまさる氏
・鈴木和美 魅惑と蠱惑のフルート奏者/サロメの唇・カナリヤ
・渡辺勝 魂の全身音楽家/はちみつぱい・おまつとまさる氏
・プッチャリン 浅草の人気芸人/一般社団法人東京演芸協会所属
・ながはら元 大平原のタイコ奏者/exソウルフラワーユニオン
・タブレット純 幻惑と倒錯のマルチ才能人/ex和田弘とマヒナスターズ
・林家たけ平 新進気鋭な落語家そして流行歌手探訪作家/一般社団法人落語協会所属
・丸玉五福 企画/制作/構成台本/ナンチャッテ演出家

・音楽総監督 渡辺勝
・映像制作 中村幸一 
Special thanks! 斉藤哲夫 

marutama-tirasi2017.jpeg

2017.11.11、12 共働学舎とその仲間たちの収穫祭2017

共働学舎とその仲間たちの収穫祭2017

ポレポレ坐カフェメニューでもおなじみの、
共働学舎とその仲間たちの農産物がやってきてポレポレ坐が市場になる2日間。
年に一度の収穫祭、お出かけ下さい!

共働学舎とは、社会で弱い立場にある人たちと共に、自労自活・自主自立を基本
として農業、酪農、工芸など、生産的勤労生活をしているグループで す。
長野・東京・北海道に拠点があります。


▼収穫祭販売
日時:2017年11月11日(土) 10:00~17:00→終了後「アラヤシキの住人たち」上映あり
     12日(日) 10:00~17:00→終了後イベントあり

販売品 
○共働学舎より 
   野菜,米,豆,味噌,パン,チーズ,ソーセージ,クッキー,工芸品 他
○仲間たちより
   野菜,りんご,わさび,オーガニックコーヒー,ケーキ,びわ茶, 他


▼イベントその1)共働学舎の紹介・報告会
日時:2017年11月12日(日)17:30〜
会場:ポレポレ東中野
参加費:1,000円 参加者にはもれなく真木の手拭いをプレゼント!
(当日先着順入場 / 17:15〜)

「共働学舎の収穫祭」では、毎年共働学舎を
より深く知っていただくためのトークイベントを開催しています。
今年は、水車製材所の建築準備が進んでいる真木共働学舎にスポットをあてて行います。

○第一部:共働学舎の活動、暮らし紹介
北海道、長野、東京の各学舎での生活の様子を
写真を交えてご紹介します。収穫祭にあわせて上京したメンバーたちも会場に集まります。

○第二部:人の生きる原点ー真木にさぐる
真木共働学舎で撮影された映画「アラヤシキの住人たち」撮影から4年。
真木を旅立った人もいれば、新たにやってきた人もいます。
新しい家族が増えたりもして、日々呼吸するようにアラヤシキも変わり続けています。
一方でメンバーが住み続けてきた民家たちは歳を重ね、
地震と大雪に見舞われた2015年の1月には「小和出」という家が倒壊してしまいました。
それを機に、これからの真木の暮らしを見据えた一歩として、
水車の動力で木材を製材する製材所づくりを進めています。
いまもなお車の通わない真木集落のこれからの暮らしを考えることは、
人の生きる原点をさぐることにも思えてきました。
真木での建築をサポートしてくださっている伝統木構造の会のみなさん、
水車づくりの発起人本橋成一さんを交えて共働学舎メンバーが語り合います。

登壇者:岩越松男(伝統木構造の会)、小野田健(新月の木国際協会)、
本橋成一(写真家/映画監督)、宮嶋望(新得共働学舎)、
井上宗高(真木共働学舎)、伊藤真弥(真木共働学舎)

________________________


▼イベントその2) 映画『アラヤシキの住人たち』アンコールロードショー
北アルプスの山裾、長野県小谷村。
車の通わない山道を1時間半歩いたところにある
真木共働学舎の四季を追ったドキュメンタリー。

本橋成一監督作品
2015年/117分/HD

日時:11/11(土)~17(金)※11/12(日)は上記イベントのため休映
  連日17:30より 1日1回上映
初日11/11(土)は宮嶋信(信州共働学舎代表)ほかによる舞台挨拶あり!
会場:ポレポレ東中野
03-3371-0088 / www.mmjp.or.jp/pole2/
料金:1300円均一

polepole_omote.jpg

polepole_ura.jpg

CATEGORIES

BACKNUMBER

RSS


page top